ガンプラ0079

Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  プラモデル  クアトロポルテ  塗装  溶剤  エアブラシ  

6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております

xUR0344.jpg


掲載されている、といっても出ているのは私自身なんですけどね~
最近フリー素材化が激しいっ!

今回は、編集部で塗装してみましたという記事です。
クアトロポルテのマルチシンナー、ウォッシュシンナー、プライマーサーフェイサーを使用してきました。

本誌では私と編集部との会話形式で文章が掲載されていますが、
多分私あんな喋り方はしていないんですけど、、、(笑)



xUR0345.jpg


クアトロポルテの溶剤はお値段が高いので、購入を躊躇している方もいるかもしれません。
でも結構いろんな方が取り入れていて、良いよ~良いよ~なんて言っている声が
聞えてくるのもまた事実・・・。
このお高い溶剤の何がそんなに良いのか?溶剤ってどれも大差ないんじゃないの?
という疑問に、お答え出来ればなぁという方向で企画がスタートしました。

クアトロポルテさんのインタビュー記事も載っていますので、併せて読んで頂ければ
何が良いんだろう?の疑問が少し解決するかもしれません。



xUR0346_20190625130731e4c.jpg


ガイアノーツの溶剤も使用して同じパーツを塗り、違いを比べてみたりもしましたが。
パーツを写真に撮ってみても、さすがにどう違うのかまでは写しきれないですよね

ちなみに私はガイアノーツからクアトロポルテに完全に移行してしまったので、
これまで使っていたガイアノーツの溶剤ボトルにクアトロポルテの溶剤を移し替えて使っています。

やっぱりね、ガイアさんの500ml容器ととんがったノズルキャップ、この使い勝手は最高なんですよね!
溶剤が注ぎやすくて楽々なんですよ・・・。
一応間違ってしまわないように、ガイアノーツのラベルは頑張って剥がしました。

クアトロポルテさんも、こういう形状のとんがりノズルキャップを販売して頂ければ良いのですが・・・。
一応クレオスのノズルキャップが径もピッタリで合いますけど、いかんせん注ぎにくい。

編集部で塗装するにあたり、編集部に備え付けのコンプレッサー、ハンドピースで塗装したのですが
やっぱり慣れていないので使いづらかったです、、、
せめてハンドピースは持って行けば良かった
あとコンプレッサーの圧がうろ覚えで、0.4MPaに上げてもらって吹きましたけども
実際家に帰って自分のコンプレッサーを見てみたら、圧が0.36MPaになっていました。
0.4はさすがに強過ぎた


そんなこんなで、クアトロポルテマルチシンナー、ウォッシュシンナーをレポートさせて頂いています。
以前はなかなか在庫が無い状態が続いていましたが、先日のリニューアル後
流通がだいぶ大きくなりましたので、今ではヨドバシカメラなんかでも普通に並んでいる状態に。

気になっている方、是非この機会に製品の良さをお伝え出来ればと思っています~。
誌面の方どうぞ宜しくお願い致します






* 関連記事 *
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】
Category: 【塗装ブース】MOTOブースを購入してみたお話   Tags: 塗装ブース  MOTOブース  タミヤツインファン  プラモデル  エアブラシ  コンプレッサー  

【塗装ブース】5万円のMOTOブースを購入してみたお話

39810.jpg


MOTOブースという塗装ブースを購入してみました
MOTO6さんというモデラーさんが、ご自分で自作販売されている塗装ブースです。
価格5万円也。
MOTOブース(MOTOTOOL) 制作依頼、予約はこちらから

今回はこれを設置していく様子や、実際にタミヤのツインファンと塗装比べをしてみた動画も載せていきたいと思います。



50332.jpg


開封します~。
梱包もとても綺麗です
送料は着払いで、北海道からゆうパック170サイズです。
神奈川県まで2320円。


51648.jpg


出ました~。
これから新しい相棒になってもらう塗装ブースです。
私は家の3階を塗装部屋として使っているので、これから3階まで運びます。
重量はそこそこありますが、1人でも全然運べますし持ち上がります



DPP_1686_20190321101040d46.jpg


今までの私の塗装スペースは、このような感じでした。
最初に購入したタミヤのペインティングブースII、ツインファンももう7年が経過しまして・・・
先日、作例の為に数日間塗装し続けていたところ、
塗装後1週間近く家の3階全体がシンナー臭くて、正直ヤバイと思いました。

もともと、タミヤのツインファンはそこまで大容量ではない・・・ といいますか
きっと私の塗料濃度が濃かったり、その為にエアー圧が妙に高かったりする事も原因だとは思いますが、
いつも1作品か2作品作ったら分解して洗浄しないと、吸引が悪くなっていました。

正直、その為に家の3階から玄関まで塗装ブースを下ろし、ネジを何本も分解して洗浄して
乾かしてから組み立てて、の一連の作業が面倒になっていたのもあります。

ただ、今回3月頭に塗装していた際 電源ON時に「カラカラ・・・」と妙な音がし始めた事と、
塗装が終わってからも3階全体にシンナー臭が充満している事で、
「ここが塗装ブースの買い替え時!」と思い切りました。



UR0202.jpg


新しくなった塗装スペースがこちらです~。
ブースを置く為の台も新調してみました。私は立って塗装するので、丁度良い高さまでかさ上げしています。

それで今回、タミヤのツインファンから何でMOTOブースに移行したのかですが
他に検討した塗装ブース候補:
互換ブース 25,920円+送料2000円
ネロブース 48,600円+送料4100円~

このくらいしか同等の候補を知らなかったので、検討はしてみたのですが
どちらも売り切れなので、どうにもなりませんでした。
作例の納期的に、また3月末には塗装しなくてはいけないので
「今すぐに在庫があること」が条件となり、結果的にMOTOブース一択だった訳なのです。

MOTOブースは以前からチェックしていたのですが、ちょうど買い替えを決意した時に
1台だけすぐに出せる限定モデルがありますよ~というツイートを発見。
本当にタイミング良く譲って頂く事が出来ました



UR0203.jpg


衣装ケースみたいなボックスは、もうずっと何年も使っているもので、
中に塗料瓶とか調色した塗料とかが大量に入っています。
上の部分に、塗装したパーツを置いて使っています。



UR0204.jpg


今回ブースの為に新調したシェルフ。
置くものはそんなに無いのですが・・・
JPボトルは、よく使うサフやトップコート、調色済みのグレーやホワイトなんかが入っています。



UR0205.jpg


愛用のコンプレッサー、ツールズアイランドのTKF002です。
2016年の7月から使っています。12000円くらいで買った中国製なのに、全然壊れません。
これも、以前コンプレッサーが壊れて急遽新品が必要になった時に駄目もとで買ってみたバクチ品だったのですが、
予想に反してめちゃくちゃ良い仕事してくれる凄い奴です。オススメです。

エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話



UR0198.jpg


裏側にLEDライトが内蔵されているので、スイッチを入れると手元がとっても明るくなります~。
作業する時には明るさは大事、有難いですね
スイッチの下には、温度計、湿度計も組み込まれています。



UR0197.jpg


ここが肝心のファンです。横にコンセントがありますが、余りがありますので自由に使えますよ。
このブースは、HiとLoの2種類のパワー調節が出来ます。



UR0195.jpg


黒っぽい留め具を外すと、ファン自体を引っ張り出す事が出来ます。
万が一、ファンが故障した時にも同じ物を買って、ここにはめ込めばまた使う事が出来ます



UR0196.jpg


ファンの中も、こうやって直接拭いたり綺麗にする事が出来ますね~。
こういう作りになっているのはとても有難いです。
タミヤのツインファンで、作品作るごとに分解して洗っていた私からすれば手入れが楽すぎます



UR0199.jpg


ファンのダクトの口径は125φです。
カクダイ アルミフレキ 437-570-125

このアルミホースを買って、ファンに取り付けました。
ファンの出口に被せるような感じです。
ホースは塗装ブースの真上に向かって出る形になります。
ただ、結構大きいホームセンターを回ってみたのですが口径が100、150のものだったらほぼ置いてあるのですが
125っていうのは店頭で見かけないんですよね・・・。店頭で見つけられれば1本1000円くらいの品物なのですが。



UR0200.jpg


塗装ブースの中はキッチンパネルで出来ています。
ですので、使っていくうちに汚れが付着しても簡単に落とせます~。



UR0201.jpg


塗料をうがいしている時の、最後の方の綺麗な溶剤をそのままバーッと吹きかけまして、
キッチンペーパーなどで吹き取ります。それだけでもうピカピカです
奥にあるヤシマットは、掃除機のブラシヘッドでごしごしすれば塗料がポロポロ取れてきます。



UR0206.jpg


塗装ブースのサイズは、幅43㎝ 奥行35㎝ 高さ60㎝です。排気は真上方向になります。

互換ブース:スタンダードタイプ / 幅45cm 奥行45cm 高さ45cm (スリムタイプ奥行35cm)
ネロブース:幅50cm 奥行50cm 高さ50cm (+ファンの高さ47cm)

このクラスの排気レベルのブースになってくると、設置サイズに関しては致し方ないですよね。
ですが、塗装ブース自体が大きい方がパーツも塗装しやすく、作業がしやすいです。


あと、気になる点は音だと思いますが・・・
MOTOブースは実際に計測した数字がありますので、ご覧ください。

x9a9HliRF.jpg


LoとHiの状態で計測した数値です。
ネロブースはサイト情報によると43dB、互換ブースは64dBとなっています。
どちらも稼働させての実測値ではないので、あくまでご参考程度に。。
あくまで、ファンのメーカーが公開している数値になります。


実際に互換ブースを使っている方が、「互換ブースはうるさい」と言っていたのですが
あながち間違いではないのかもしれません・・・。
展示会等で実演を見る機会はありましたが、ああいう会場で聞いても音はわからないんですよね。
実際に、自分の部屋に設置してみるとまた全然違うかと思いますし。







(※スマホで表示している場合動画が見切れてしまうようなので、スマホ右上あたりのボタンから「PC表示」に変えて頂けると綺麗に見られます)
という訳で、ここから実演です。
まず、MOTOブースをLo、Hiと切り替えコンプレッサーを稼働、
エアブラシを使用と順々にやっていった動画を撮影してみました。

ただ、動画にしてみたところで本当の音は自分の家で聞いてみないとどうにもならないのですが、
とりあえずの参考になってくれたら嬉しいです。






こちらは、せっかくなのでタミヤのツインファンとMOTOブースで比較動画を撮ってみました。
迷わず廃棄予定だったツインファンですが、この撮影の為にもう一度分解して洗浄して、万全の状態で稼働しています~。
・・・なんですけど、ツインファンのもうもうとした粒子がすごくて引いてます
今まで、この環境の中で7年も塗装していたのかー!

多分、希釈がシャバシャバで低圧で何度も吹く様な方法なら、こんな風にはならないのかもしれませんね。。
ただ自分は濃い希釈で、高圧で一気に吹くやり方なので今回塗装ブースを変更したのは良かったと思います。
むしろ、遅かった??


という訳で、塗装ブースを新調してみたお話でした。

模型をやる上で、エアブラシと塗装ブースって大きな壁ですよね。
ぱっと買っちゃう人も、一大決心が必要な方も様々だと思いますが、
何か選択の参考にでもなれたら嬉しく思います。





* 関連記事 *
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話
エアブラシを新調してみたお話
エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話
FA:Gのフェイスパーツをメイクアップしてみます
一眼レフで、模型撮影が上手くなるまでのお話
Category: 制作方法&ツール紹介 > エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話   Tags: エアブラシ  塗料  希釈  濃度  割合  コンプレッサー  

エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話

UR0089.jpg



これまで、ブログ内でも何度か私の塗料の割合は1:1くらいですとか、
かなり濃いです、という事をちょこちょこ書いていたのですが
いつも塗料1に対して溶剤1~1.3くらいで希釈しています。

これまでの経験則で、サフ、艶消しトップコートは重いので1:1.5くらいを目安にしています。
多分、2倍の濃度で希釈するという事はあんまりした事がありません、、


もちろん、エアブラシを購入して一番最初の頃は塗料1に対して溶剤3くらいで希釈していました。
それが、どうしてこんなに濃く吹く様に変化していったのかのお話と、
コンプレッサーの変化も併せて記事を書いてみたいと思います



UR0085.jpg

「MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き!」 
*2002年ホビージャパンMOOK

私、ガンプラを始めた2010年の頃この本をよーく読んでいました。
MAX渡辺さんとオオゴシトモエさんが、ガンプラ初心者の為に模型の作り方をレクチャーしてくれている本です。

もちろん、最初はニッパーでのパーツの切り離し方や素組み、ガンダムマーカーの使い方、
シールの貼り方などから入っていくのですが、
次に接着してみたり、ヤスリをかけてみたり、ヒケを消してみたりしていくんですね。

そうなると、だんだん「エアブラシで塗装してみよう!」のコーナーに移っていきます。



UR0087x.jpg


・・・ところが、まさかのエアブラシを始める前に塗装ブースを作る展開に。。
「えっ塗装ブースって自分で作るの!?」 *心の声

さすがに、初心者は塗装ブース作ろうとは思わないかなぁ、、、?
この本、「ビギナーの為の模型製作ガイド」と書いてあったのですがなかなかに手強いですね


さてさて、模型を始めて半年間、当初ひたすらタミヤの缶スプレーで塗装をしていた私もですね、
とうとうエアブラシで塗装してみようという気になりまして。

マスターグレードとか塗ってみると缶スプレーが何本あっても足りないので、
これだったらエアブラシ買ってしまった方が安いのでは??と思ったのです。


晴れてエアブラシを購入後、この本の教え通りに塗料:溶剤の割合を1:3にして塗装してみる訳なんですね。



UR0088x.jpg


とにかく、「塗料の濃度は薄くするんだ!」って書いてあるのでその通り薄くしてみるのですが、
まず色が全く乗らない、
乗らないから更に吹き付ける、
角っこのあたりに塗料が水みたいに溜まる
何これ!?ってなる訳でして・・・

よくよく本を読み返し、
「薄い塗料を吹くには、それなりにテクニックがいるけど、時間をかけて薄い塗料を何回も重ねていくと、
格段に仕上がりがきれいになるよ。」

「エアブラシは薄い濃度の塗料を、何度も吹き重ねていくから、ムラなくキレイに仕上がるんだよ。」

「薄い塗料を塗るのには忍耐は必要だね。でも、あくまで美しい塗面のための遠回りなんだから、焦りは禁物だよ。」


というMAXさんからの言葉が書かれてあるので、とにかく薄い塗料を何度も何度も重ねるのか・・・なるほど~
と思いましたが、どういうタイミングで重ねるのかもよくわからなくて、試行錯誤していました。


まず、青で塗るパーツを全部青で1回吹いて、乾くまで待つ。
乾いたらもう1回青を吹く。
また乾いたら青を・・・ って、何度も重ねるってこういう事なのかな?と思いながら
30分くらい放置したりするのですが、その間エアブラシの中に塗料を入れっぱなしなのもどうかと思いまして
1回1回塗料を戻してエアブラシを綺麗にしたりしていた当時の私。

塗装の為に手間ばかりかかって、エアブラシが嫌になりそうでした。
しかも、何回この工程を繰り返せば「ちゃんと発色した状態」になっているのかすら自分ではわからず・・・。
基準がないので、どうなったらちゃんと塗れてるのかがわからないんですよね。

「なるほど、初心者が理解出来ないのはこういうところなのか・・・」って感じです。



それで、次に何をしたのかといいますと
その「薄く何度も重ねる」やり方を一生懸命マスターするわけでもなく、

「ええい、これはやめ!もっと一発でバシッと色が乗る方法はないものか!」
って思ってしまいまして、勝手にどんどん塗料を濃くしていきました。

1:2から、1:1.5から、1:1.3まで、どんどん攻めてみます。
吹いてみると、塗料を見たままの色がバッと乗って、最高に気持ちいい~。
しかも1回ですぐ塗り終わるので、何回も乾燥待ちする必要もなく・・・
これだ!と思いました。


しかしその後、どんどん塗料を濃くしていった事で意外な落とし穴が待っていました・・・
エアブラシから塗料が出てこなくなったのです。



IMG_7809.jpg


私が初めて購入したエアブラシは、タミヤのスプレーワークス HGレボでした。
写真手前のものです。
これは、風圧のMAXが0.11MPaというものでした。

「多分風圧が弱いのでエアブラシが詰まるのではないか」と考えたんですよね。
自分の希釈が濃い事はわかっているので、コンプレッサーがもっと強い風圧のものになれば
濃い塗料でもバーッと詰まらずに吹けてしまうのではないかという結論に。


当時、よく通っていた模型店に行きまして、お勧めのコンプレッサーでエア圧が強いものを伺いました。
そこで勧められて、購入したのが先程の写真の奥側、アネスト岩田のIS-800Jというコンプレッサーです。
風圧は0.4MPaなので、格段に強くなりました。


ただその時、店員さんから綺麗な塗膜のお話をして頂いたのですが
「フィニッシャーズとかの高性能な溶剤で塗料を希釈するなら、風圧は0.1MPaとかのコンプレッサーでも大丈夫だけど、」
「クレオスとかガイアの溶剤でやるんだったら、最低でも0.15MPaは出るコンプレッサーを使った方が良いよ。」

(※ピストン押し込み時に0.15MPa以上出ていること)
と言われたんですよね。


そもそも、溶剤に性能の差なんてあるのか・・・?
高い風圧で吹くと何で綺麗になるの?
とかが、当時の自分にはサッパリわからなかったのです。

というか、風圧の部分はいまだにわかっていませんけど・・・

この模型店は、実はプラモデル関係のお仕事をされている方々の経営するお店で
ガンプラの箱の横や、説明書に完成見本が掲載されていますよね、
それを制作していたりする現場兼プラモデル店という変わったお店でした。


フィニッシャーズの溶剤は粒子が細かくて品質が良いんだよ、というお話をされていたのですが
ちょっとしか入っていない上に値段が高いので、結局溶剤は今でもガイアノーツのままなんです、私。
ただ、最近ツールウォッシュだけは値段の高いクアトロポルテのウォッシュシンナーを使うようになったので、
溶剤の方もクアトロポルテの高い溶剤に変えたいのですが、いつ見ても売り切れなのでムキーッってなっています。



DPP_1681.jpg


さて、2代目のコンプレッサーだったアネスト岩田のIS-800Jはある日突然電源が入らなくなってしまいまして、
急遽買い替えたTKF002というコンプレッサーを今は使っている訳なんですけれど、
これはMAXの風圧が4.0kgf/c㎡という単位になっています。
ほぼ0.4MPaと同等という事なので、岩田のものとほとんど同じ強さです。


現在私がどのくらいの風圧で塗料を吹いているのかと言いますと、
上のレギュレーターの目盛りで3.2くらいの位置で合わせています。

実際にピストンを押し込むと少し圧は下がりますので、その時に2.8くらいを指す感じになっています。
つまり0.28MPaくらいの強さで塗料を吹いている感じです。


これもですね、実際上の写真では針が2.5辺りを指していますでしょ?
なので吹く時には2.2くらいに下がるのですが、このコンプレッサーを買った当初(2016年)は
このくらいで塗装していたんですよ。つまり0.22MPaくらいの強さです。

だんだん、使っていくうちに
「もっと強くてもいけるんじゃない?」「まだ上の方がいいんじゃない?」
みたいになってしまって、どんどん強風になっていっています、、塗料の希釈濃度の時と一緒ですね

私のこういうところって一体何なんでしょうかね・・・ どこまでいけるか試したい性格なんでしょうか



DPP_8647.jpg


DPP_8623_20181115172249af9.jpg


UR0091x.jpg


5548.jpg



実際に私の作品は
塗料:溶剤の比率は1:1~1:1.3くらいで、風圧は0.28MPaくらいで塗装している という感じなのです。

この「1:1.3」というのは、実際にグラムを計ったりしている訳ではなくて感覚的なものなのですが、
例えば塗料の瓶を丸々1本希釈するという時に、瓶の中身を全部撹拌用のタミヤ瓶などに移しまして
空になった塗料の瓶に、希釈用溶剤を一杯まで入れますよね、それをよく振ってからタミヤ瓶に移します。

この状態で「1:1」ですよね。それから、ちょっと溶剤を足してあげる感じです。
なので、感覚的にはそのくらいだろうと思っています。



ここまで書いてきまして、塗料を濃く塗装するというのは何かしらの考えや知識があってやった訳ではなくて
「早く簡単に塗装がしたい」、っていうだけの理由だったのがわかって頂けたでしょうか


単純に私はベタ塗りの作品が多いので、そういう塗装に対してこれが合っていた、という感じです。
もちろん塗装は表現の手段なので、重ねて発色させていく塗り方がフィットする作品もありますので
希釈の濃い塗装を勧めたいわけではなく、ひとつのやり方としてお伝え出来たらなぁ、と思っています


そういえば、「そんなに濃い希釈で塗装しているのにどうして塗膜が薄いのか」という話になる事がよくあるんです。

シャバシャバの塗料で、何回も薄く重ねて発色させていった方が塗膜は薄くならない?という話なのですが
私は例え濃い塗料でも、1回で済んでしまう方が塗膜は薄くなるのでは?と思うのです・・・

「塗料が濃いと、厚ぼったくなるはず」と言われるのですが、
薄く何度も重ねた方が結果的に厚くならないでしょうか?
あくまで私の感覚ではそうなのです



*展示会のお知らせ*

2019年 1月12日:八王子模型展示会「八展」
(東京都八王子市いちょうホール)

2019年 2月16日:立川ガールズモデル展示会「モデラーズアンサンブル」
(東京都立川市RISURUホール)

年明け、2019年はこの2つの展示会に出ますので、
私の作品をご覧になる機会があれば こうやって塗ってるのがこれか~と思って見て頂けたら幸いです。
名刺も新しくしたので、是非話してやってください~

ホビージャパンの作例ばかりになりますが、6点くらい展示する予定です。
ただ、そのうち2点は編集部内で行方不明になっているそうなので、見つからなければ4点になります・・・(笑)


それでは、今回もお付き合い頂きまして有難うございました





* 関連記事 *
エアブラシを新調してみたお話
エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話
一眼レフで、模型撮影が上手くなるまでのお話
ヤスリがけに!PROXXON ペンサンダーを購入しました
制作方法~ヤスリがけ、整形
制作方法~塗装編1
制作方法~塗装編2
制作方法~撮影編
Category: 制作方法&ツール紹介 > エアブラシ(クレオス プロコンBOY)   Tags: クレオス  プロコンBOY  アネスト岩田  エアブラシ  掃除  洗浄  

エアブラシを新調してみたお話

DPP_8577x.jpg


エアブラシ(ハンドピース)を新調しました。
クレオスのプロコンBOYプラチナ 0.3mmです。

新しくしたのは実は6月の事で、実際にこのエアブラシを使って6作品を制作してみました。



DPP_8577xx.jpg


ただ「新しいもの買ったよー!」というだけではあんまり意味がないなぁと思ったので、
実際にいくつか作品を作ってみて、それでも不具合無く良いものかどうか確かめたいと思っていました。

なので、ここ最近制作していた作品はこのエアブラシで塗装しています



DPP_8579.jpg


ちなみにこちら、買い替え前に使っていたアネスト岩田製エアブラシです。
上がHP-CS、下がHP-C Plus。


DPP_8580.jpg


何でかよくわからないのですが、岩田製エアブラシを使用して1年くらい経過すると
赤丸の部分(ピストン周辺)にまで塗料が逆流してくるんです、、、
本当に何でなんでしょう?同じ様な症状になった方、いらっしゃいませんかね?

塗装している最中に、いつの間にかピストン辺りから塗料が漏れてくるんです。
結構な恐怖です。。だって、逆流していて手袋とかにまで付いてしまって、その度に塗装中断しまして
エアブラシ分解、洗浄、再度塗装に戻る、みたいな無駄な時間を強いられていましたので。

そもそも岩田のエアブラシを使っていたのは、購入した岩田製コンプレッサーに最初から付属していたからです。

最初の付属品だったエアブラシで、塗料の逆流現象が起き始めてしまって
先程の写真のHP-CSに買い替え、1年くらい経過してからまた塗料が逆流しだします。
そして、写真下段のHP-C Plusに買い替え。

1年くらいしてまた塗料が逆流。今になって思えば、どうしてここまで頑なにアネスト岩田にこだわっていたんだろう?
としか思えませんが、ずっとアネスト岩田製エアブラシを乗り継いでいました(笑)

今回、やっぱり塗装中に塗料が逆流してしまう現象が起きてしまい、しかも何度掃除しても逆流が続くありさまで
しかもそれが作例を制作中、納品前で全く時間が無い状況だったため
とにかく掃除しているよりも、即納可能なエアブラシを買った方が早い!という事でアマゾンを探しまわり、
翌日配送が出来る物の中でクレオスのプロコンBOYプラチナ 0.3mmを選んだ、という事だったのです。



DPP_8581.jpg


プロコンBOYを購入して一番使い勝手が違っていたのは、「うがい」の仕方です。
先端のこの部分を2mmくらい緩めて、エアーを吹くと空気が逆流してうがいが出来る仕組みになっているんですよね。
大抵のエアブラシは先端を押さえてエアーを吹いて逆流させる、という方法だと思います。



DPP_8582.jpg


下のネジで、空気量を調節出来るようになっています。
私は常に全開でしか使っていないので、ここをいじる事は全くありません、、

それで、アネスト岩田のエアブラシですが「ノズルの先端が詰まるから塗料が逆流している」わけではないんです・・・
普通に塗料を吹けている状態で、何故か逆方向にも塗料が上がって来てしまうんです。

それでもエアブラシ1本で1万円以上するものでしたし、逆流してしまっても分解して分解して
隅々まで掃除して、一生懸命使っていましたが
「掃除している時間の無駄さ加減」に耐えられなくなってしまい、とうとうアネスト岩田を卒業しました

多分、アネスト岩田のエアブラシと私の使い方の相性が全く合わなかったのだろうと思っています。。
私、塗料と溶剤の比率が1:1に近いくらい濃く作るので、それのせいなんだろうな~とか。
でも正直よくわかりませんので、アネスト岩田で上手く使えている方がいましたら教えてほしいです


***補足です***

03b.jpg


実は、ニードルやピストンなど色々外した状態でエアブラシを後ろから覗くと、
こんな風にマイナスドライバーを突っ込んで開けるネジがありまして
ここを外すと、黒くて小さいゴムパッキン(Oリング)というものが入っているのだそうです。

逆流している原因は、
パッキンが劣化している
ここのネジの締まりが甘くて逆流している(ちょっと緩い)
という事だそうなので、細いマイナスドライバーを突っ込んでみて
ネジを締めてもまだ逆流する場合は、パッキンを交換しましょう!という事だそうです~。

全然知りませんでした、今回この記事を書いた事で教えて頂き、初めてパッキンの存在を知る事が出来ました!
「ハンドピースのゴムパッキン(Oリング)交換方法」

こちらのサイトに詳しい分解手順が書かれていますので、同じように塗料の逆流に悩まれている方がいましたら
分解、交換してみてはいかがでしょうか~?

ちなみに、この記事を読んでからアネスト岩田の2本を直そうと試みたのですが、
1本はピストンの先端が外れて空気穴に埋まってしまっており、取り出せない
1本は、ピストンを押さえている部分のパーツのネジが固着してしまっていて全く動かない
多分放置していたせいなのですが、もう修復不能になってしまっていました・・・

ただ、今回購入したプロコンBOYプラチナの使い勝手が良すぎてこちらに慣れてしまったので、、
アネスト岩田は高い勉強代だったと思う事にします






ちなみに、コンプレッサーはツールズアイランド TKF002を使用しています。
2年くらい前に、アネスト岩田のコンプレッサーからこちらに買い替えました。
その時も、作例の塗装中に岩田のコンプレッサーが壊れてしまい一刻の猶予も無い状況で、
翌日配送が可能なコンプレッサーをアマゾンで探しまわったんですよね・・・(笑)

海外製で格安なコンプレッサーなのですが、性能は最高です!
気になる方は、是非こちらの記事をご覧ください 私のオススメ品です~。
「エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話」




UR0066.jpg


ここからは、さんざんエアブラシの分解を強要されてきました私の経験則に基づきまして
どう分解し洗浄したら効果的か?をまとめていきたいと思います

まだエアブラシを分解した事の無い方、メンテナンスの仕方に興味のある方は是非読んでみて頂けたら幸いです~。
まず、写真のタミヤ エアーブラシ用クリーニングセットが必要になるのですが
これさえあれば一生メンテナンス出来るくらいのセットですので、是非用意してみてください



UR0067.jpg


セットに入っている小さなレンチで、エアブラシのノズルを外します。
これは、購入したエアブラシには最初から同梱されている事が多いですね。

外す際にポロッと落として行方不明になりやすいですので、慎重に外してください~。



UR0068.jpg


次に後ろ側です。
ニードルを止めているネジを緩めて、ニードルを引き抜きます。



UR0069.jpg


こちらは、クアトロポルテ Tipo ウォッシュ シンナーです。
うがいする時、今はこれオンリーでやっています。
前まではガイアノーツの溶剤を使っていましたが、今は断然こちらです

性能が素晴らしくて、残量が少なくなってくるとヒヤヒヤしてしまう洗浄用溶剤です。
エアブラシの洗浄にもこちらを使っています。
もちろん、普通の溶剤やツールウォッシュでも大丈夫です~。



UR0069x.jpg


小林製薬のマイクロ歯間ブラシI字型 超極細タイプ SSSS
こちらを用意します。


UR0069xx.jpg


先程外した先端ノズルと並べてみますと、こんな感じです。
これを使ってノズルを掃除します。



UR0069xxx.jpg


さすがに出口まで突き抜けてくれる訳ではないんですけどね、、、
それでも、半分以上は入っている感じです。
このSSSSよりも更に細いブラシがあれば、どなたか教えてほしいです

歯間ブラシを先程の溶剤に浸して、ノズルの中をグリグリ掃除しましょう~。



UR0070.jpg


次に、ノズルを外した先端からクルーニングセットの中に入っている細いブラシを突っ込みます。
溶剤に浸して、奥までグリグリ入れましょう~。



UR0071.jpg


カップの中を通り抜けて、ピストンにぶつかるまで突っ込みます。
ごりごり往復させると、汚れが取れますのでしっかり掃除しましょう。



UR0072.jpg


次に、後ろ側のこの部分を外していきます。



UR0073.jpg


外すとこんな風になっています。

アネスト岩田のエアブラシで逆流が起きた時は、この辺りまで塗料でベタベタになっていました



UR0074.jpg


そうしたら、ピストンが抜けますので外してしまいます。



UR0075.jpg


ピストンを外すと、ここ!
この穴の中が結構汚れていますので、綿棒を溶剤に浸して掃除しましょう。
私はタミヤ クラフト綿棒 丸 XSサイズを使っています。
この穴にぴったり入って、掃除に威力を発揮します~。



UR0076.jpg


掃除が終わったら、ピストンの先端にグリスを塗ります。
メンテナンスセットの青い蓋のグリスを使用します。

塗るというより、グリスの中に先端部分を突っ込みまして
ティッシュなどで拭き取ると良い具合になります。
多分、一生かかっても使い切れないくらいのグリスの量です(笑)



UR0077.jpg


これで、掃除はあらかた終わりです~。
ここからは、分解したパーツ達を組み付けていきます。



UR0078.jpg


まずノズル先端のパーツを取り付けるのですが、ネジの部分にノズルシール剤を薄く塗ります。
タミヤ クラフト綿棒 三角 XSサイズが使いやすいのでおすすめです



UR0079.jpg


次にノズルキャップを付ける部分のネジにも、シール剤を薄く塗ります。
微細なエア漏れなどを抑える効果があります



UR0080.jpg


先程、グリスを塗ったピストンを空気穴の中に差し込みます。



UR0081.jpg


ピストンを押さえる部分のパーツを後ろからはめ込みます。



UR0082.jpg


最後にニードルを差し込んで、ネジを付けて、後ろのキャップを付けます。



UR0083.jpg


これで元通りのエアブラシです~。

一通り分解すると大変ですが、いくつか作品を作った後で定期的に分解洗浄してみる事をお勧めします
汚れがたくさん取れて、最高ですよ~。



UR0084.jpg


5ヶ月くらい使ったプロコンBOYですが、本当に快適で先端ノズルの詰まりも起きません。
もちろん塗料が逆流する気配すらありません・・・(笑)
とっても優秀だと思います。もっと、4年前くらいにこれを買っておきたかったです

もしエアブラシに悩まれている方がいましたら、本当におすすめです。
コンプレッサーが1万円、エアブラシが8800円で揃います~。レッツエアブラシ塗装です!

ただ、大抵塗装ブースを用意しなくてはならないと思いますので、エアブラシ導入のカギは
塗装ブースだと思うんですよね・・・。あとはコンプレッサーの音の問題でしょうか。
他には溶剤のニオイ問題とか、設置スペース問題とか、色々ありますよね。

エアブラシ自体は(これで満足して頂けるなら)そこまで高いものではないかと思うのです。
実際に私はこの組み合わせで作品を制作していますので、クレオスのL5高いよ!とか思っている方がいましたら
是非このセットから入って頂きたいです~。

それでは、エアブラシ新調のお話と掃除に関するお話でした。
また見てやってください




* 関連記事 *
エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話
一眼レフで、模型撮影が上手くなるまでのお話
ヤスリがけに!PROXXON ペンサンダーを購入しました
瞬着パテ(Mr.SSPパウダー)をベビーパウダーで代用してみる
制作方法~ヤスリがけ、整形
制作方法~塗装編1
制作方法~塗装編2
制作方法~撮影編
Category: 制作方法&ツール紹介 > 【お勧め】格安コンプレッサーTKF002   Tags: エアブラシ  コンプレッサー  TKF002  

エアブラシご検討中の方へ:格安コンプレッサーを購入してみたらとても良かったお話

DPP_1682.jpg


先日エアブラシというかコンプレッサーが壊れまして、時間が無い中急遽買い替えを迫られたのですが
とにかく急いでいた為・・・ あまり品物を吟味する時間も無く、あろう事か海外製の製品を購入してしまいました。

翌日に届いたのがこちら、「TKF002」とかいう怪しさ満点のパッケージ。
価格は12,000円程度です。

説明書はあって無いような物で、保証書も無し、社名も「ツールズアイランド」とだけ記載されており、
具体的にどこ製なのか一切書いていない始末・・・。
(多分中国製っぽいのですが)

アマゾンで購入したのですが、この商品です。
オイルレス・ミニエアーコンプレッサー3Lタンク付き 【簡易日本語説明書付き】 静音


ちなみに、3年半の間私が使用していたコンプレッサーがこちらです。


IMG_7814_20160702142553b35.jpg

アネスト岩田 オイルフリーミニコンプレッサー IS-800J


今回不慮の故障で買い替えざるをえなかったコンプレッサーですが、
とにかく何でもいいから怪しい海外製品を選択した訳ではなくてですね、
出どころ不明の商品ながらアマゾンのレビューが異常に良かったのですよ。
なんだか、「買ってみたら良かった」「これはすごい」といったレビューばかりなんです。

サクラかもしれないですし、信憑性が計れないながらもイチかバチか、
このタイミングでしか買わない製品だろうと思ったので、思い切って注文してみました。



DPP_1683.jpg


届いたものがこれ・・・
裏も表も「TKF002」としか書かれていない、およそ何が入っているのかすらわからないパッケージです。
それで中を開けてみますと、


YkUImtgL.jpg


中身はこのようになっております。
これ、通常のエアブラシで使用するコンプレッサーは一般的にコンプレッサーのみなのですが、
3L分の空気を溜めておけるエアタンクが合体しているんですね。

使い方は至ってシンプルで、電源コードをつないで、圧力計のところにあるネジ穴に
エアホースをつなぎ、ハンドピースをつける、というそれだけのものです。
付属のエアホースがとても長いので、画像ではエアテックスのブレイドホースに変更してしまっていますが、
エアホースもちゃんとついていますので、自分ではハンドピースを用意するだけでOKです。
一般的なハンドピースなら何でもつきますので、径を変更するジョイントなどは一切不要です。

私のハンドピースは、アネスト岩田 HP-CPというものを使用しています。



DPP_1684.jpg


反対側から見た図。
装飾も無く、ごく普通のタンク付きコンプレッサーといった具合です。



DPP_1685.jpg


右側にある黒いエアホースが、この製品に付属で入っているホースです。
これも、ただのゴムチューブではなくメッシュホースになっていて、かなり高性能なんですよ~。
ただ、長さがかなりあるので短いタイプに付け替えましたが、置き場所や塗装環境次第だと思います。



DPP_1681.jpg


電源をさして、スイッチを入れると黒いタンク部分に空気が溜まり始めます。
圧力計の隣にある黒いツマミを左右に回して、エアー圧を調整する事が出来ます。
私は、何もしていない状態で空気圧が3になるあたりに合わせています。
(塗装中、エアーを出すと2.6~2.8程度まで下がります。)

エア圧は4.0kgf/c㎡までかける事が出来ます。

これを使用してみて、何が素晴らしいのかと言いますととにかく水を吹かないんです~。
これまで、アネスト岩田のコンプレッサーを使用してきた3年半の間、とにかく塗装中に水が混じらない事に
ものすごく苦心してきました。部屋の温度を下げたり、エアコンをつけたり、除湿したり、
ハンドピースの持ち手にはドレン&ダストキャッチャーをつけ、塗装しながらも途中でホースを分解して
空気だけを出す時間を作るなど、本当にいろいろ工夫しながら塗装作業をしていました。

それでもどうしても水分は混じってしまい、塗料の中に入り込むので塗装をやり直す事も多々ありました、、、


しかしこのコンプレッサー、多分エアタンクがついている恩恵かと思うのですが、
何の気遣いもしなくても全く水が出てこないのです~。
通常のコンプレッサーにエアタンクを外付けでつけると、水を吹かなくなるという話は目にしていました。
でもこれ、外付けというより一体に近いので、水分除去効果はいかがなものかと思っていたのですが
予想を上回る性能で、コンプレッサーとして申し分なくパワフル、レギュレーター&水抜き付き、
3Lエアタンク一体、簡単設計で静音、コンパクトと、ものすごく「当たり」な製品だったのです


価格も12,000円ですし、あとはお好みのハンドピースだけ用意してあげれば、すぐにエアブラシデビューが出来ます!
ハンドピースの選択に迷われるかもしれませんが、0.3mmであればトリガータイプでもダブルアクションでも使い勝手次第なので、
まずはよく売れているものなど選んでみてはいかがでしょうか~。

そろそろ塗装してみたいなぁ・・・ と思っている方、コンプレッサーの買い替えを検討している方、
今確実にこちらをお勧め致します


本当は中国製なんで、使ってるうちに爆発するんじゃないかと思ったりもしましたが!
そんな事はなく、アマゾンのレビュー通り素晴らしい一品でした。こういう買い物もあるんですね・・・。

設置場所の目安として、この製品のサイズはL310×W130×H310 mmです。


あとは、エアタンク独特の使用感としてタンク内にエアーが満タンになると、自動で本体が止まります。
止まるけどエアーは出ますので、吹き続けているとタンク内にエアーを溜めるべくまた動き出します。
WAVEのコンプレッサーにあるような、自動ON/OFF機能とは違いますのでご安心ください。

ちょっと手を離した時や、塗料を出している時など、自然とエアが満タンになって勝手に止まってくれるので、
静かでとても良いですよ~。詳しくはアマゾンのレビューも読んで頂き、興味のある方はご検討ください!




* 関連記事 *
新レンズを購入しました:sigma 30mm F1.4~撮影や画像編集の話など
ドレン&ダストキャッチャーIIライト、購入しました~
特注治具の威力!
PEAK ヘッドルーペ買いました。
バローベ HSS極細彫刻刀でモールド作りしてみます
Category: 制作方法&ツール紹介 > ドレン&ダストキャッチャーIIライト   Tags: ドレン&ダストキャッチャーII  ライト  エアブラシ  

ドレン&ダストキャッチャーIIライト、購入しました~

wBHmFcnR.jpg

クレオスが出していた「ドレン&ダストキャッチャーII」が、
新しくリニューアルされて「ドレン&ダストキャッチャーIIライト」になったので、購入してみました~。

エアブラシの持ち手にかませる事で、エアー内の水分やホコリ等をここで取り除いてくれる、
キャッチしてくれる便利アイテムです~。
特に空気中の水分が塗装には大敵で、コンプレッサーに水抜きも付いているのですが
それでも微細な水がエアーに入り込んでくる時もあるので、そうなると塗膜が台無しになってしまいます

本当に本当に、ほんとう~に0.1mmの水分も嫌なので、ホコリよりも塗装時は気を遣っています~・・・
それで、このドレン&ダストキャッチャーを付けると見事に水を吹かなくなるのでずっと愛用していたのですが、
これが先日リニューアルされたので交換してみました。


IMG_8960_20160204211019d38.jpg

今までのドレン&ダストキャッチャーII。52.5gです。
多分ステンレス製なので、結構重さがあります。


IMG_8961_20160204211020233.jpg

新しく出たドレン&ダストキャッチャーIIライト。
24.5gで、ほぼ半分ですね~。今回はアルミ製で、カラーアルマイトもされていて
見た目もなかなかGoodです

もう1個、「ドレン&ダストキャッチャーIIライト エア調整機能付」という物も出ていまして
こちらはブルーアルマイトなので、また違った雰囲気です~。
違いは、ダイヤルが付いていてここで風量を絞ったり出来る、という事なのですが
あまり風量調節はしないのと、本体の方で変えられるのでそれほど恩恵が無く・・・

このダイヤル分だけでも軽さに繋がるかな~と思いまして、調節無しのタイプにしました


IMG_8963.jpg

こんな風にハンドピースに接続して使うので、ちょっとの重さでもすごく疲れるんです
今までの物は結構重かったので、長時間塗装し続けていると本当に手首が痛くなってしまってました。

でも新しい物に変えてから、取り回しが楽で疲れがかなり軽減しています~。
ハンドピースも振りやすくなってお気に入りです
水分の除去力、ダストキャッチャーとしての機能も申し分ない働きぶりでした!

そんな訳で、エアブラシ塗装する方にはとってもオススメのアイテムです



* 関連記事 *
PEAK ヘッドルーペ買いました。
バローベ HSS極細彫刻刀でモールド作りしてみます
ヤスリがけに!PROXXON ペンサンダーを購入しました
i-craft ツールクリーナージェルの活用法
瞬着を「瞬着」に!硬化促進剤を気化させて使う方法を試してみました
Category: 制作方法&ツール紹介 > i-Craft ツールクリーナージェル   Tags: エアブラシ  ハンドピース  ツールクリーナージェル  

エアブラシお手入れ方法をご紹介(i-Craft ツールクリーナージェル)

IMG_3747.jpg

以前ハンドピースが使えなくなり、急遽ホビーショップカサレさんで修理して頂いてからというもの、自分でもハンドピースを分解洗浄するようになったので
今日は新兵器の便利アイテム「i-Craft ツールクリーナージェル」も交えて、普段やっているお手入れ方法をご紹介したいと思います

まず後ろを外してニードル(細い針)を抜き取るんですが、ハンドピースはしばらく使っていないと先端内部に塗料が固着して
ニードルが抜けなくなったりするので、私は塗装が終わると必ずニードルを抜いた状態で保管しています。

IMG_3749_20141121093014327.jpg

で、更にここまで分解していきます。
ハンドピースの構造はどれも似た様なものなので、大体は一緒ですから数回分解してみれば組み立ては楽に出来るようになるかと思います~
必ず説明書が付属していると思いますので、心配な方は見ながら分解して下さいね!
そして、これも必ず付属している「レンチ」ですが、これを使って一番肝心な先端部分を取り外します。

IMG_3750_20141121093036157.jpg

この一番先端、ニードルの針が出てくる部分「ノズル」を、レンチを使って取り外します。
ものっすごく小さいので、外した際に落とさない様気を付けて下さい~!簡単に行方不明になります
そして、出来る限り水平に回してやらないと、ネジが途中で折れて悲惨な事になります。
これ本当に折りやすいので(というか私もやりました )折れてしまった場合は中に残った残骸を救出する為のアイテムもあります~


エアテックス ノズルレスキュー
ほとんどのメーカーのノズル救出に使用出来るので、もしやっちゃった方はこれで取り出しましょう!


IMG_3753.jpg

まずこれがハンドピース掃除用の基本セット、タミヤのエアーブラシ用クリーニングセットです。
ハンドピース内部を掃除する為の極細ブラシ、中ブラシ、グリス、ノズルシール剤、先程のレンチと、分解洗浄する為の道具が全て揃います
なんでか「上級者向け」って書いてありますが、別に上級者向けでも何でもありません・・・
ハンドピースは洗浄しないと使用感も悪くなってくるので、エアブラシ使っている方は是非とも分解しましょう!

IMG_3920_20141121092652a11.jpg

そしてこれ!
「i-Craft ツールクリーナージェル」を使用してパーツを洗浄していきます~
前から使ってみたかったのですが、昨日アイテムクラフトさんで注文させて頂いた物が届いた為、早速使用してみました

IMG_3921.jpg

まずこれ、ジェルです。塗料皿なんかに出して、洗浄したいパーツを漬けたり、穴の中に直接垂らしたりして10分程放置します。
そうすると塗料の溶解が始まって、10分後には水で洗い流せます
ハンドピースが詰まる一番の要因は、↑このノズルです~。この極小径のノズルの中に、微細な塗料の粉塵や、
メタリック塗料の粒子なんかが残存して固着してしまったり、出が悪くなるんですねー。
これを念入りに洗浄する為、今回30分くらい漬けっぱなしにしておきました。

IMG_3757.jpg

これまでは、ツール洗浄といえばこのMr.ツールクリーナー改を使用していましたが・・・
とにかく、強烈なシンナー臭で・・・
キッチンの換気扇の下で、そこらじゅうの窓を全開にして使用していても、パーツの漬け置きなんかやった日には
部屋中に臭いが残り、頭痛がするわで本当に大変だったんです
しか~し、今回導入した「i-Craft ツールクリーナージェル」さん・・・ 全くの無臭!なんです。
しかもジェル状なので使用量が少なく、ピンポイントで洗浄したい部分に付けられて、更に水で洗い流せる!!
特に私は塗装の頻度が高いので、塗装ブースもハンドピースもしょっちゅう分解してるんですが、
その度にツールクリーナーの強烈な臭いにやられてきたので・・・ 本当に大助かりなアイテムなんです

IMG_3760.jpg

更に、ブラシにジェルを付けてハンドピースの先端をゴシゴシ掃除。

IMG_3761.jpg

ハンドピース後ろ側の、ニードルが通る部分の部品もゴシゴシ。

IMG_3762.jpg

中心部なんかも中ブラシで洗浄します。

IMG_3765_2014112109311514f.jpg

そして、大事なピストン部のグリスアップです~。
ここの形状は各ハンドピースによって違いますが、ピストンの根元やハンドピース本体と摩擦する部分に、薄くグリスを塗ります。
ハンドピースってずっと使っていると、このエアーボタンが固くなったり、押されっぱなしになってエアーが吹きっぱなしになったりしてしまうんですね~
先程のクリーニングセットに入っていたグリスは本当に貴重なアイテムなのです(これ1個あれば一生使える量ですし。)
これを爪楊枝や綿棒なんかでうっすら塗っておきます

IMG_3766_2014112109311778e.jpg

黄色く囲ったネジ部分も、先程のグリスを薄く塗っておきます。次に分解する際、外しやすくなります
そして、クリーニングセットに入っていた「ノズルシール剤」を、ごく小さいノズルの根元部分にだけ塗ります。
これも塗ってあると、次回分解する際に「ネジが途中で折れた!!」っていう残念な現象を防ぎやすくなります

IMG_3767.jpg

最後に全て組み立てて、終了です~。
愛用のアネスト岩田のハンドピース、2本を分解洗浄しました。
ハンドピースの分解は、塗装ブースを洗う作業に比べれば時間も手間も少ないと思うので、高いアイテムを長く使う為に
是非念入りにやってみて下さいね
今日は朝6時から、家の前で塗装ブースも分解洗浄してました。
この時期、塗装関係のいろいろは一番こたえますなぁ・・・

* 関連記事 *
【瞬間クリアパテR】 リニューアル販売開始、さっそく使ってみました!
いつも使っているプラモデル制作道具をご紹介します
アネスト岩田 IS-800J
制作方法~ヤスリがけ、整形
制作方法~塗装編1
制作方法~塗装編2
制作方法~撮影編
Category: 制作方法&ツール紹介 > アネスト岩田 IS-800J   Tags: エアブラシ  アネスト岩田  IS-800J  

アネスト岩田 IS-800J

IMG_7679.jpg

先日買った、アネスト岩田のコンプレッサー&エアブラシのセットです。
これを購入した理由は色々あったのですが詳細は後にして、とりあえずは開封した状態を

これからエアブラシの購入を検討している方は、是非お付き合い下さいませ~

IMG_7814.jpg

中身です。
コンプレッサー、ハンドピース、レギュレーター、圧力計、ホース×2。
とりあえず全部つないでみました。

IMG_7809.jpg

手前は、私がこれまで使ってきたタミヤのスプレーワークス HGレボ。
大きさはそんなに変わらないですねー。

IMG_7818.jpg

レギュレーター。
下のツマミで風圧を調整します。水抜きもしてくれます。
水抜きって必要?というと、梅雨の時期とか雨の日など湿度の高い日は、空気中に水分が多いので
エアの中に水が混じって、塗料と一緒に噴き出してくる事もありますので・・・
それを防げるので、あれば便利です

IMG_7821.jpg

圧力計。
MAXは0.4MPaです。この辺の各機種別風圧比較も最後に書きます

IMG_7829.jpg

付属のハンドピース、HP-CP。0.3mmノズル、ダブルアクション。
今回、いつもお世話になっているホビーショップ カサレさんでこのセット品を購入したのですが、
かなりの破格で譲って頂けた事もあり購入を決めました。有難うございます~!

IMG_7834.jpg

セットした状態がこれです
ここが私の塗装場所です~。ちゃんと見せるのは初めてではないでしょうか・・・。
塗装ブースを置くのに使っているのは、キッチンによくあるレンジ台です(笑)
私は立って塗装するので、この高さがちょうどいいんですよ!この台は手放せませんね~

よく突っ込まれますが、椅子に座って塗装すると本当に落ち着かなくて、上手く塗れないのです
立って塗装するのだけはやめられません、、、!

IMG_7836.jpg

レギュレーターからエアテックス 3連ホースジョイント S型を接続して、エアブラシを3本増設出来るようにしてあります。
ツマミを回す事で、どのエアブラシにエアを送るか選択できるようになっています。

ホースは、付属のゴム製ではなくエアテックス ブレイドホースに交換しています。
耐久性が高いのもあるのですが、取り回してもホースがからまないので、それが一番良いところです

IMG_7839.jpg

WAVEのエアブラシハンガーHGを使用してハンドピースを置いています。
先日頂いた、エアテックス Beauti4+ も一緒に使用できるようになりました

持ち手部分には、クレオスのドレン&ダストキャッチャーIIを付けています。

さて、前々からコンプレッサーの風圧が弱い事を痛感していまして、今回たまたまカサレさんでこれを勧められたのですが、
元はフィニッシャーズのトップコートを使う際、溶剤もフィニッシャーズ製が良いのかどうか?を聞きに行ったのがきっかけだったんです~。

その時のお話が、
フィニッシャーズの溶剤は粒子の細かさが違うので、例えばクレオスやガイアの溶剤で希釈した場合に比べて
塗膜が段違いに綺麗に仕上がる。正直、クレオスやガイアの塗料を使う場合でも溶剤はフィニッシャーズを
使う方が良い。ただ、コンプレッサーの圧が十分で常圧0.15程度出るのであれば他の溶剤でも良いと思う。


という事だったんですよね~
私の場合、メタリックなど特に重くて吹きにくいので、風圧の弱さを感じていたのですが
風圧によって塗膜の仕上がり自体が変わるとは、全く思ってもいませんでした
そこで、IS-800Jを購入してみる事にしたんですね!


タミヤエアーブラシシステム No.44 スプレーワーク コンプレッサー レボ II (HGトリガーエアーブラシ付き) 74544
タミヤ スプレーワーク コンプレッサー レボ II
MAX 0.11MPa 単品:\14000前後 セット:\25000前後

これが私が最初に購入して、1年半使用してきたタミヤのレボです。今は2になっていますが、
風圧はMAX0.11MPa。塗装を始めるにあたり、ガンプラ等を塗装するのであれば風圧は0.1MPaあれば十分、
という内容を読んだのでこれを選びました。

しかし今更わかったのですが、MAX0.11MPaであってもエアを噴射している状態では圧が下がるので、
おそらく0.05~0.08MPa位しか出ていないと思います。

Mr.リニアコンプレッサーL5/レギュレーターセット PS310
クレオス Mr.リニアコンプレッサーL5
MAX 0.12MPa 単品:\20000前後 セット:\31000前後

売れ筋のクレオスのL5です。私も一時期これを買おうと思っていました~
しかしこれも、性能的にはタミヤのレボと大差はないってお話でした。

Mr.リニアコンプレッサー L7 PS254
クレオス Mr.リニアコンプレッサー L7
MAX 0.15MPa 単品:\22000前後 セット:\35000前後

L5の上位機種、L7です。L5やL7は値段も高いし、性能は段違いなのかと思っていましたが
正直レボ~L7までどれを買っても見違える様な違いはない、という話でした。
L7もMAX値が0.15MPaなのであって、エアを噴射している時には0.1MPa出てるかどうかくらい。


お店で勧めて頂いたのは以下3点でした。

エアテックス コンプレッサー APC-001R
エアテックス APC-001R
MAX 0.35MPa 単品:\14000前後 セット:\23000前後

塗膜を美しくするには常圧0.15MPa出るコンプレッサーを選ぶ事、という事でこれなら0.2くらいでも吹けそうです。
レギュレーターがあるので風圧は下げる事が出来る訳なので、MAX値が高い分には何も困らないですよね~

これはレギュレーターがコンプレッサー直付けなので、水抜きの機能に難があるらしいです・・・
コンプレッサーとレギュレーターがホースで繋がっているのであれば、効果はあるらしいのですが。
先に書いた、ドレン&ダストキャッチャーの様な物を併用した方が良いそうです。

ウェーブコンプレッサー 317 エアブラシ付フルセット
ウェーブ 317
MAX 0.4MPa 単品:\17000前後 セット:\27000前後

これも風圧は十分ですね~!電源の自動ON/OFF機能があるのですが、これが使いやすい人と駄目な人が両方いるようで、
使用感が合うか合わないかは使ってみないとわからない、、、みたいです。

アネスト岩田 オイルフリーミニコンプレッサー IS-800J
アネスト岩田 IS-800J
MAX 0.4MPa 単品:\20000前後 セット:\25000前後

アネスト岩田は塗装専門の会社で、コンプレッサーのシェアで言えば国内一だそうです~
これのセットを今回買ったのですが、私の買ったものはもう出していないそうなので似たセットが楽天でありました。
【送料無料】アネスト岩田エアーブラシ・スタンダードキット【HP-ST800-PK】

ちなみに、店員さん一番のお勧めは エアテックス コンプレッサー サイレントII APC-007B だそうです
MAXは0.7MPaで83000円! 動作音はものすごく静かで、ハイパワーと静粛性を両立させた逸品!なんですと。
・・・いつか買ってみたいもんですね~

ここをご覧になっている方でこれからエアブラシを導入しようと思われてる方もいらっしゃるかと思いますので、
5000円程度の違いであとあと後悔する物を選ばないように、何かの参考にして頂ければ幸いです


* 関連記事 *
エアブラシお手入れ方法をご紹介(i-Craft ツールクリーナージェル)
制作方法~ヤスリがけ、整形
制作方法~塗装編1
制作方法~塗装編2
制作方法~撮影編

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
RE 1/100ガンイージ改造 ガンブラスター(ホビージャパン掲載作品) 2019/10/13
9/21 「ホビージャパン50周年記念号を世界で一番早くみんなで読む会」に出演します 2019/09/15
ホビージャパン9月号、掲載されております 【FAガール バーゼラルドVer.2.0】 2019/07/25
6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております 2019/06/25
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ 2019/06/06
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ 2019/05/25
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~ 2019/05/16
5/11・12 静岡ホビーショーに参加します~ 2019/05/02
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】 2019/03/25
【塗装ブース】5万円のMOTOブースを購入してみたお話 2019/03/21
HF版LBXルシファー 2019/03/16
モデラーズアンサンブル2019 参加します~【模型展示会】 2019/02/14
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~ 2019/02/11
1/12、八王子模型展示会「八展」に参加します~ 2019/01/06
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】 2019/01/01
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作代行等専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆制作代行しております◆
FAガール、ガンプラ、LBXなど何でもOKです
お問い合わせはこちらにお願い致します。
urahanana@gmail.com

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷