ガンプラ0079

Category: ダグラム制作記事   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  制作記事  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3

DPP_8279_20180422141909c7c.jpg


今回も引き続き、ビッグフットの制作記事第3回目です
前回までの記事はこちらです~。
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2



DPP_8325.jpg


ビッグフットの腰の部分のパーツです。
ここは横溝の彫りが浅いので、ヤスリがけするとかなり消えてしまいます。
ですので、タガネで全周彫り直してあります。



DPP_8326.jpg


裏側です。



DPP_8327.jpg


腰のアーマーパーツを付けるとこんな感じになります。



DPP_8328.jpg

DPP_8329.jpg




DPP_8330.jpg


両手銃の様な武器です。
こちらも合わせ目消しをしてヤスリがけしました。



DPP_8331.jpg


白い持ち手部分の裏側は肉抜きになっているので、埋めてあります。



DPP_8332.jpg


左肩に付いている、ロケットランチャーの様なパーツです。
こちらも合わせ目消し、ヤスリがけを行いました。



DPP_8333.jpg


ここは、胸の中心部のパーツに両側から胸をはめる様なパーツ構成になっているのですが、
赤丸をしてある部分の突起がコックピットの紺色のパーツに刺さる様にできています。

この突起部分はニッパーで切り落としてしまいます。



DPP_8334.jpg


そうするとコックピット部分が自由に取り外せる様になりますので、塗り分けやパイロットの接着、
座席やモニターの取り付けも簡単になります。

あとは両サイドのパーツ形状が複雑なので、なかなか中心部に密着してくれないのですが
ここの突起を切り落とすと、かなりはまり具合が良くなります。



DPP_8335.jpg


次に肩の部分を上から見た図ですが、赤丸の部分の形状が気になるので少し変更していきます。



DPP_8336.jpg


コの字型の蓋みたいになっていた部分を切り落としました。
中がどうしてこういう形状になっているのかと言いますと、左肩にはランチャーの様な赤いパーツが入るのですが
右肩にも、同じ構造が用意されているんですよね。
ですが右肩にランチャーを付け替えたりはしないですので、ここは変更してしまいます。



DPP_8337.jpg


エバーグリーンのスリット入りプラ板を切り出し、段落ちのディテール風にしました。




DPP_8338.jpg


頭頂部の、合わせ目消しの方法を考えていた部分ですが・・・。
中に、こういう形状のクリアパーツが入っています。



DPP_8339.jpg


前後の部分はセンサーになってますし、こんな風にアンテナパーツを取り付ける為の
基部になっていたりもしますので、中心部分は中に残しつつ両端のセンサーを切り出したいと思います。



DPP_8340.jpg


こんな風に分割してみました。
前後のセンサーの部分は塗装して、後から接着するようにします。
こういった際のパーツの切り出しには、シモムラアレックの職人かたぎ ハイパーカットソーを使用しています。



DPP_8341.jpg


中心部分はこんな風に中に残したまま、頭頂部分の合わせ目消しをします。



DPP_8342.jpg


接着前はこんな感じです。



DPP_8343.jpg


合わせ目消しを行いました。
これで後ろのセンサーはあとから取り付けられますし、アンテナや前側のセンサーも取り付ける事が出来ます。





DPP_8344.jpg


頭頂部を接着してしまうと、キャノピーも取り付けられなくなってしまうので基部を加工しています。
本来こんな風に、後ろ側からスライドさせて取り付ける様になっています。



DPP_8345.jpg


ここの突起があるお陰で、裏からはめても前にすっぽ抜けないようになっているのですが、
そもそも頭頂部を接着してしまうと裏からはめる事も出来なくなってしまいますので
ここを切り落としてしまいます。



DPP_8346.jpg


こんな風に切り落としました。



DPP_8347.jpg


単純に前から差し込むように、キャノピーを取り付ける形にしています。

前の加工で、コクピット部分を後ハメ出来る様にしてありましたが
本来のキャノピーの付き方だと、キャノピーが少ししか上に持ち上がりませんので
コクピット部分が抜き差し出来なくなってしまいます。

これだと、キャノピーが外せますので中のパイロットも眺められますし、
普通に閉じた状態にも出来ますので結果オーライかなと思います



それでは、制作その4に続きます




* 関連記事 *
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  制作記事  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2

DPP_8279_20180422141909c7c.jpg


今回は、ビッグフットの制作記事第2回目です
前回の記事はこちらです~
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1



DPP_8298.jpg


今回は腕パーツ、脚パーツと制作していきますがまずは肩の部分からです。

これは肩の内部に入っているパーツで、合わせ目が若干見える事もありますので接着しています。
ここからヤスリがけをしていって、合わせ目を消します。



DPP_8299.jpg


先程合わせ目を消したパーツを中に入れて、外側に肩パーツをはめ、更に接着します。
矢印で示した部分にあるのが先程のパーツです。

接着したパーツを更にヤスリがけして、合わせ目を消していきます。



DPP_8300.jpg


先程の合わせ目消しした肩パーツに、肩アーマーをはめて丸いパーツを取り付け、完成です。
肩アーマーは、裏側も見えるのできっちりヤスリがけしておきます。



DPP_8301.jpg


次は肘のパーツです。
前回触れた通り、肘関節は内側に来る部分が肉抜きされているのでパテで埋めてあります。

400番の紙ヤスリで全体をヤスリがけしたのですが、パーティングラインが消えるまでヤスリがけすると
関節のスジみたいな模様まで歪んでしまうので、ここを彫り直していきます。



DPP_8302.jpg


BMCタガネの0.15mmで彫り直しました。



DPP_8303.jpg


この肘関節の両側を腕のパーツで挟み、合わせ目を接着します。
矢印部分のパーツが先程の関節パーツです。



DPP_8304.jpg


腕のパーツをヤスリがけして、合わせ目消しが終わりました。
手首側のパーツも、きっちりヤスリがけしておきます。



DPP_8305.jpg


肘関節のパーツ、肉抜き埋めをした部分の写真を撮っていなかったのですが、
表側と同じになる様、0.15mmのタガネでしっかりとスジ彫りを入れています。

面の広い、パテの上の部分はガイドテープを貼って彫り込んでいますが、
表側と繋がるC面の部分、そこはフリーハンドで彫っています。



DPP_8306.jpg


こうして、両腕のパーツが完成しました。



DPP_8307.jpg


次は、脚の制作に移ります。
膝関節のパーツは合わせ目消しが必要なので、接着剤を使って接着します。



DPP_8309.jpg


全体をヤスリがけすると、この様な感じになります。



DPP_8308.jpg


反対側です。
接着した部分の横溝が消えてしまっていますので、またタガネで彫り直していきます。



DPP_8310.jpg


ここも0.15mmで彫り直しています。
タガネで彫った後、そのスジに紙ヤスリを入れて慣らしてあげると綺麗に仕上がります~。



DPP_8311.jpg


先程仕上がった膝関節のパーツを中に入れて、太もも部分のパーツで挟み接着します。
膝関節と太ももとでは色が違うので、後ハメにしたかったのですが中の構造上難しそうだったので、
このままマスキングで塗り分ける方法を取りたいと思います。



DPP_8312.jpg


このパーツは足のかかと部分なのですが、結構ばっちりヒケています。
中央辺りが凹んでいるのがわかるかと思うのですが、



DPP_8313.jpg


当て板のあるヤスリで面出ししてみると、こんな風になっています。
他にも、ここまでヤスリがけしてきたパーツの中にもこんな状態のものが結構あります。

「ヤスリがけって何の為にするのか?」っていうのがたまに話題になったりしますが、
特にプラモデルを始めた頃だと本に載っていたからとか、塗料を乗せやすくする為とか、
皆やっているからとか色々ありますが、一見平らで綺麗に見えるキットのパーツでも、
こうやって実は歪んでいる部分がたくさんあるので、それはヤスリがけしてみないとわからなかったりします。

全部のパーツにヤスリがけしていくのは時間も掛かりますし、面倒で苦痛な作業に感じるくらいだったら
やらなくて全然良いと思うのですが、プラモデルをずっと作っているとそのうち
「ヤスリがけしないで塗装したもの」 「ヤスリがけして塗装したもの」 の違いがわかる様になってしまうので、
そうなると面倒でもやろうかなぁ・・・ という気持ちになっていってしまうと思います。


やるかやらないかは、「ヤスリがけした作品の良さがわかるかどうか」じゃないかなと思います。
多分、ヤスリがけする意味ってあるの?と思っている頃は、完成した後の「違い」がわからない・・・ のではないでしょうか。

私もそうで、LBXの昔の完成品はろくにヤスリがけせず完成させていたものが結構あります。
それでもその頃は良く出来ていると思っていました。
ヤスリがけにも段階があって、エッジを出す為にヤスリがけするとか、元のキットを更に昇華させるレベルになっていくと
それ用の道具も必要になってきますし、難易度も上がっていきます。
目指す場所がどこか、で自分に必要なヤスリがけの度合いも変わってくるのだろうと思います。



DPP_8314.jpg


かかと部分のパーツですが、ヒケが無くなるまで潰す方向でヤスリがけしました。
ヒケが大きいと、凹んでいる部分にパテを盛ったりして修正する事もありますが
面倒なので私はあまりやりません

そのままヤスリをかけ続けて、凹み部分と他の部分が同じ高さになるまで削って平らにする事が多いです。



DPP_8315.jpg


その他のパーツも全部ヤスリがけしまして、こんな風に両脚が完成しました。

ダグラムシリーズは、かど部分のエッジがカチッとついている部分、逆にしっかりC面がついている部分と
はっきり分かれているので、そこもC面でなければ思いっきりエッジを立てる様に削る、
C面部分は等幅で仕上がる様に注意しながら、面と面の境がダレない様にエッジを意識して仕上げていっています。


それでは、制作その3に続きます





* 関連記事 *
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  ビッグフット  マックスファクトリー  制作  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1

DPP_8278.jpg


現在、こちらのキットを制作しています。
マックスファクトリー製 1/72ソルティックHT128 ビッグフット

太陽の牙ダグラムというアニメ作品の登場機体で、これまでにも何体か制作してきました。
今回は久しぶりに、最初の素組~完成まで、キット制作手順を追って公開しながら記事にしていこうと思っています。



DPP_8279.jpg


まずは素組してみた状態がこちらです~。
大きさとしては、かなりありますね~。MGクラスより若干小さめ、くらいです。
この頭が潰れて埋まっている感じ、、とても良いですね!



DPP_8280.jpg


以前ヘイスティという機体を制作したのですが、それに近い感じがあります。
今まで制作してきたダグラムシリーズの中で、一番気に入っている機体です~。
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました

それでは、今回もカッコいい仕上がりを目指して頑張っていこうと思います
まずは素組状態を見まわして、改造するポイントをチェックしていきます。



DPP_8281_20180413145233008.jpg


脚の膝関節ですが、ここには合わせ目があるので接着して消す事にします。

それで、ダグラムシリーズ全部そうなのですが関節がギザギザになっているんですよね、、
どの機体も細かく横線が入っているんです・・・関節に。
なので、このまま接着するとギザギザが埋まってしまいますので、ヤスリがけした後に溝を彫り直す作業が必要になります。



DPP_8282_20180413145234e58.jpg


脚のモモ部分ですが、ここにも合わせ目があるので消していきます~。



DPP_8283_2018041314523519f.jpg


腕にも合わせ目がありますので、ここも消していきます。



DPP_8284.jpg


ヒジの関節には合わせ目が無いのですが、その代わり片側にしかディテールが無く、
裏側は肉抜きになってしまっています。
ですので、この部分をパテで埋めてから表側と同じ様に、溝を彫ってディテールを入れたいと思います。



DPP_8285.jpg


背中の下側部分・・・ ここに合わせ目が出るのですが、説明書の完成見本ではここを消していないので、
構造上消さないで作った方が良いのかまだわかりません。
消さない場合段落ち加工で、無理なく消せそうならば接着して、どちらかでやっていこうと思います。



DPP_8286a.jpg


肩のアーマーを取った中身の部分ですが、ここにも2箇所合わせ目が出ますので
接着して消したいと思います。



DPP_8287.jpg


頭頂部ですが、ここにも合わせ目が出るので消そうと思うのですが・・・
ざっと見た限り、どうやって消すのかちょっと方法が思い付かないでいます
キャノピーの開閉軸が入り込んでいるので、どうしようかこれから考えます~。



DPP_8288.jpg


肩に付いているミサイル部分も合わせ目がありますので、ここも消していきます。

一応、さらっと見た限りこの辺りが改造ポイントかなと思います。
他にもやった方が良いポイントが出てきたら、追加しつつ作業していきます~。

それでは、早速ですがまずは肉抜き埋めが必要なパーツから処理していきたいと思います。
いざ、制作開始!です




DPP_8289.jpg


ダグラムシリーズの手は、指に肉抜きがあるのでかなり細かいですが、ここを埋めていきます。
こういう肉抜きを埋めるパテは、いつもの定番ですがベビーパウダーにシアノンDWを混ぜて爪楊枝で盛っていきます。
度々紹介しているのですが、多分専用のツール紹介ページは作っていなかった・・・ですかね。

パテのページ、ヤスリのページ、塗装器具のページ、撮影機材のページ、と独立して記事を作っていきたいな~と
思っているので、このビッグフットが完成してから徐々に作成していこうと思います



DPP_8290.jpg


埋め終わったのが、こんな感じです。
ほとんどが手のパーツですね。
あとは武器の持ち手のパーツ、先程アップしていたヒジ関節のパーツです。

全て肉抜きの穴から少し盛り上がる様に(多めに)パテを盛ってありますので、
ここからヤスリがけをして綺麗にならしていきます。



DPP_8291.jpg


ヤスリがけした状態がこちらになります~。
ヤスリですが、タミヤの紙ヤスリ400番と、スリーエムのスポンジヤスリ#320~600相当、この2つがほとんどです。
と言いますか、ほぼこの2つだけで全てのヤスリがけ作業をやってしまっています。



DPP_8292.jpg


次に、合わせ目の出る部分を接着します。
手の甲のパーツが付くので、そこまで合わせ目は気にならないのですが、
若干見えてしまう部分があるので気になるところを接着しています。



DPP_8295.jpg


瞬間接着剤ですが、もういつから使い始めたのか覚えていませんが、
このロックタイトのピンポインターゼリー状を愛用しています。
これに変える前は、ガイアノーツの瞬間クリアパテRを長い事使っていましたが、使用本数はもうこちらが上回っていると思います。
容器がとにかく良く、いつ使っても中身が新鮮で、接着強度も問題なく、最高に使いやすいです。

ロックタイト 強力瞬間接着剤 ピンポインター ゼリー状

メタルパーツの接着もこれでやっていますし、アルテコスプレーの様な硬化スプレーも使えますし、
他に変える理由が無いくらいに現状完璧なアイテムです



DPP_8293.jpg


手の甲パーツもヤスリがけしまして、合計6個の手が完成しました。
ハンドパーツは、指1本1本の側面にパーティングラインが入っていますのでヤスリがけが面倒ですが、
きちんと消しておくと完成度がより高まると思います~。


それでは、この様な感じで
残りの腕や脚、胴体など、順に制作してアップしていきたいと思います




* 関連記事 *
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 (ホビージャパン掲載作品) 2018/05/20
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 【2日間制作方法】 2018/05/13
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3 2018/05/03
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。 2018/04/26
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2 2018/04/22
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1 2018/04/13
ブロッカーズフィオーレ プリムラ制作ポイント 2018/03/31
ブロッカーズフィオーレ プリムラ(オリジナル作例) 2018/03/29
ARX-7 アーバレスト(ホビージャパン掲載作品) 2018/03/14
2018年「八展」 参加してきました 2018/02/08
ホビージャパン1/25発売号、掲載されております(アオシマ1/48 アーバレスト) 2018/01/25
八王子模型展示会「八展」 参加のご案内 2018/01/08
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品) 2017/12/08
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 完成しました 2017/10/06
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 改修内容 2017/09/14
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ ダイバーエースユニット 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ セラヴィーガンダムシェヘラザード 1/144 HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ ダイバーズブルー&プラカード 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ シューティングオレンジ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ベーシックグリーン HGBD ガンダムビルドダイバーズ ジムIIIビームマスター 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ グリモアレッドベレー 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ ダイバーギア HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムAGE IIマグナム 1/144
 
フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷