>コトブキヤ フレームアームズガール スティレットフェイスパーツのメイク方法やハイライトの処理、詳細な改修等についてはこちらに記載してありますので、是非併せてご覧くださいませ>>フレームアームズガール スティレットフ...コトブキヤ フレームアームズガール スティレット、フェイス部分の制作・改修に関する記事です。スティレット完成品はこちらをご覧下さい>>フレームアームズガール スティレット完成品【HJ別冊 ホビージャパンエクストラ掲載】表情パーツは全部で7個制作しています。HGすーぱーふみな制作の際にも同じ方法をとっているのですが、タミヤウェザリングマスターのH、Gセットを使ってメイクしています。最初に編集部の方から「実際のメ...10/31発売、ホビージャパン別冊になります 【ホビージャパンエクストラ】2016 Winter にて表紙にもなっているフレームアームズガール・スティレットの作例を担当させて頂きました~。使用キットはこちらです >> コトブキヤ フレームアームズガール・スティレット先に発売されていたフレームアームズガール・轟雷の作例を担当されました吉村晃範さん、スティレットのミキシングビルド担当:鳥山とりをさん、コトブキヤの企画担当野...\" /> フレームアームズガール - ガンプラ0079

ガンプラ0079

Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  50周年半世紀祭り  ベルサール秋葉原  吉本プラモデル部  フレームアームズガール  

ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ

xD79LhX8V4AE3pX3.jpg


6/2にベルサール秋葉原会場で行われました、ホビージャパン半世紀祭りに出演したお話です。

とはいえ、こちらのお祭り?なのですが
ホビージャパンの公式ツイッターでも、「ホビージャパン半世紀祭りまであと5日!」
っていうツイートが一番最初の告知だったはずです・・・(笑) あと5日って!

月刊ホビージャパンの方に広告が出たのも、5/25発売の号だったはずですし
(しかも巻頭とかではなくめっちゃ後方)
正直そこまで一般の認知度があるイベントなのだとは思っていませんでした・・・。


そもそも会場になるベルサール秋葉原も知らなかったので、規模なんて想像する余地も無かったのですが
私は「作例を展示してその横に立っててください」という事だったので、
10作品くらい持ち込むにあたり当日朝の搬入はバタバタするだろうと思い、
前日の6/1に会場入りしました。





63037.jpg


「15時に来てもらえれば設置出来ますよ」と言われて正直に15時に行くも、
実際に設置出来たのは17時でした。
まぁよくある感じですよね(笑)

それまで会場をウロウロしたり、控え室で遊んでたりしてました。



63831.jpg


なんかよくわからないけれど、とにかく会場がデカイ・・・!!

更に、よくわからない私の出演するトークショーがあるらしいのですが、
そのセットが秋葉原駅前の通りにババンと面している!

イベント会場の隅っこの方でやるものだと想像していたので、
まさかの公開処刑っぽい雰囲気に戦慄が走りました。



3150026.jpg


会場に着くやいなやセイラマスオさんと会ってしまったので、容赦なく写真を撮ってもらう。

やっぱり、セイラさんみたいに全く表に出てこないけど有名な人って、どこかこう
気難しいのかなとか、勝手な想像をしてしまいがちなのですが

「裏花さんですか!!作例いつも拝見しておりますーーーーー!!!」
ってものすごい勢いで挨拶されたので、あ、この人絶対普通のいい人だって思いました。
作品は普通じゃないですけど、人間的には奇人変人の類ではなかったです。



5413570.jpg


そこにせなすけさんが現れる!!

対面するのは初めてだったので、ミーハーなファンみたいな対応になっていた私。。
すかさず写真を撮る。

せなすけさん、元ヤンキーみたいな雰囲気の方だったらどうしようって実はずっと思っていたんですけど、
(写真のイメージによる勝手な思い込み)
全然真逆というか、物腰の柔らかい綺麗なお姉さんという感じで、とってもほわほわしていた!!
あぁ、良かった・・・!ってめっちゃ安心しました、、、



0105895.jpg


山田卓司先生もいらしたので、更に写真を撮ってもらう。(恒例)
抱っこされてるのはせなすけさんの息子さん、せいのすけ君。
なんかすごくくっ付いてきてくれて、ずっと一緒に遊んでました。

この後作例を展示台に並べて、終わってから山田先生、セイラさん、せなすけさんと
編集長、編集部の方々と一緒に焼肉に行ってきました。

人の金で焼肉を食べたい!を久しぶりに実践してきましたよ。



160933.jpg


そんなこんなで当日になったのですが、、
9時くらいから既にこんな感じで・・・ 緊張感がすごい。

まぁ私はこの中のほとんどの人が「表紙撮影体験コーナー」の為に並んでいるんだろうと思ってましたが・・・
待機列作らなくて大丈夫なのかな~って思いながら見てたんですけど、
後の大混乱に繋がるとは当の編集部の方達は思ってもいなかったようで・・・



94050.jpg


開場前。

コボパンダさん、前日搬入には来なかったので編集部の方々が作例を展示していたのですが、
展示が終わってからセイラさんと2人でガン見してました。

「ここがヤバイ!ここがこう!」とか言いながら
2人でめちゃくちゃ眺め回していたのですが、当のコボさんは知る由もない・・・



xD8BD-ZeU0AAPcD5.jpg


こちらはレジェンドコーナー。(セイラさん命名)
MAX渡辺さん、野本憲一さん、山田卓司さんの展示スペース。



xD8BD-ZaU0AAJBTU.jpg


表紙作例を展示するスペース。
私のミクさん、keitaさんのV2アサルトバスターがありますね。

吉本プラモデル部の皆さんの作品も展示されていました。


185450.jpg


そんなこんなで10時に開場したのですが・・・
「HJガールズトーク」なるイベントが11:30からの為、あまり表にいる時間もなく
編集長に呼ばれて控室待機と、トーク内容の打ち合わせ。

そもそもこのイベント、全く聞かされてなかったです。
自分でホビージャパン半世紀祭りの公式HPを見ていたら、
「HJガールズトーク」
出演:urahana3、せなすけ、森本がーにゃ、香坂きのって。

「ホビージャパンとプラモデルについて語ります!」とか書いてあって、
えっ?語るんだ??みたいな。

その後おおまかな概要書がメールで届いたのを覚えています。
大体いつもこういう感じなので驚かない



234703.jpg


トークは何だかもう覚えていないです・・・後半は結構喋ってた気がしますが・・・
ホビージャパンもう1人の女性ライター、こねこのしっぽ。さんが
わざわざ最前列で見ていた事しか記憶にありません。
格好も頭もド派手な人が目の前に立っているので、いきなり目が覚めました。

何にも面白い事喋れなかったですが、
見た人からは「面白かった!」って結構言ってもらえたので
全て進行のきのさんのお陰です。

よくわからないけど、終わって良かった。



821622.jpeg


控室に戻って、4人で写真撮りました (森本がーにゃさん提供)
がーにゃさんの事全然知らなかったので、共演するって知ってから
めっちゃツイッター漁ってたんですが、想像通りの感じの人でいろいろ最高でした。

せなさんがやっぱりぽわぽわした感じで可愛かった。

きのさんはめっちゃ喋る。(知ってる)
私が自分の使ってるナイフの名前をド忘れした時すかさず「NTカッター?」って言ってくれた。

人前で喋るのとか、そんなになぁ・・・って思ってましたけど
模型の話前提なら、案外喋れるなぁって思ったそんなトークショーでした。



160231.jpg


ところ変わって、絶対一番人気だった「表紙風撮影体験コーナー」。
自分で持って行った作品を、ホビージャパンの表紙風にプロが撮影・編集してくれる上
写真をその場で提供、データはUSBで渡してもらえる。という夢の体験コーナー

普通に考えて、これが一番の目玉イベントですよね??
作例が見られるとかより、大多数はこっちだと正直私は思った・・・。



153135.jpg


153137.jpg


最初30名だけの予定だったらしいです。
少なっ!!!

そりゃ、ホビージャパンの読者が全国から集まってくる訳ですから
誰だって自分の作品を撮ってもらいたいですよね・・・。

ただ、「はいパシャッ」って撮ってプリントして終わり~、ではないので
その後構成、フォント、色、仕上がりなどめちゃくちゃ本格的なプロチームが
連携して仕上げてくださるので、1枚の完成までに結構な時間がかかるものだったのです。


それにしても、この神コーナーで30人しか受け付けられないなら、
開場前から待機列作って全員で抽選形式にした方が良かったのでは・・・と思っていましたが
編集の方いわく、
「こんなに人来るなんて思ってなかった」
との事なので・・・

完全に見込み違いだったみたいです。

でもこれ、1000円くらいかかってもやってもらいたいですよね?
今後もホビージャパンのイベントが何かあるなら、有料でやっても集客間違いなしですよ




xD8CofSyUcAAmsl0.jpg


xD8DgOeLUYAUgP_l.jpg


xxD8Dj8IIUIAA5DPD.jpg


実際に表紙にしてもらった方々の作品。

背景決め、構図決め、フォントや構成、色デザイン、たくさんのプロ達が連携して出来た
世界で1枚の表紙です~。
実際のライティングや機材、カメラなど本格的な道具の数々や
現場での連携の取れた仕事ぶりに、たくさん称賛の声が上がってました



4205329.jpg


午後、展示会などでよく顔を合わせるガール系モデラーの方達がたくさん来てくださいまして、
やっぱり表紙撮影の抽選に漏れてしまったという事だったので
せっかくの持参した作品を見せて頂きました

皆さんまだまだ20代とか若くて、こういう中から新しいライター候補が出てくるのかな・・・なんて思ったり。

あ、1人既にライターの人が混じってますが(笑)



185202.jpg



控え室は吉本の方達と同室だったので、ずっと一緒に待機したりお弁当食べたりしていました。

実はこの日、主人や子供たちも一緒に来たので控え室に入っていてもらったのですが、
うちは普段お笑い番組などを全く見ないのが悪いのですが
10歳の息子は吉本の人達誰の事も全く知らず、「おおっ!」とか一切ありませんでした



160109.jpg


で、その息子
「トイレに行く」と言って出ていったきり、1時間近く帰ってこない。
どうしたのかと慌てていたら、なんとちゃっかりカードゲーマーかるたコーナーに参加していた。
いきなり大人に混じってかるたやってたので仰天ですよ・・・。

「クイズの内容全くわからなかった!」って言ってました。そりゃそうだ・・・



D8DVz9iUcAEveO0.jpg


xD8DV1XSUcAE3zL6.jpg


せなすけさんの作品。スゴイ!!!!!
このペイント技術はもはや天才の域・・・。
これからはせな神て呼ぶことにします。

ある日突然キット触ってみて、いきなりこんな風に塗れちゃう人が世の中にはいるんですねぇ・・・。



152146.jpg


セイラマスオさんの展示。

前日から色々お話を聞いていて、パーツには一切ヤスリがけをしないんだとか
合わせ目消しの為に接着はするけど、その面だけにしかヤスリはかけないとか
ヒケや歪みはディテール掘ったりチップ貼ってごまかすんだとか
ランナーを削ってプラチップを作るので、プラ棒やプラ板を買った事が無いだとか

なんか色々教えてもらったのですが、一番衝撃だったのは携帯を持ってないって事ですかね、、、
パソコンすら持っていないらしい。

特になくても生きていけるって事だったんですけど、
セイラさんはわざとSNSやブログをやっていないのではなくて
そもそもできない って事だった。

まぁ、それはそれで良い方向に作用していて
結果的によくわからない人、みたいになってて良いかな?って思ってるらしいです。

せっかく仲良くなったけれど、連絡取りたかったら
家の固定電話にかけるしかないみたいですね。




0521337.jpg


「アーマーモデリング」の編集者、さとうみなみちゃんと
みなみちゃん超~美人さんで、私の大好きな顔です

一緒に写ってる半目の人は私の担当さんです。
ほら、もうフリー素材なので載せても大丈夫かなっていう事で・・・

私も半世紀祭りでバンバン顔が出ちゃってるので、もうこれからはフリー素材としてやっていこうかなって思ってます。


それでは、わざわざ会いに来てくださった皆さん、ステージを用意してくださったスタッフの皆さん
ホビージャパン編集部の皆さん、本当に本当に有難うございました~

またこのようなイベントがあったら、精一杯頑張りたいと思います
これからも是非宜しくお願いします!






* 関連記事 *
FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAGフレズヴェルク (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 10式戦車Ver. (ホビージャパン掲載作品)
ドゥカティ1199パニガーレS & FAG迅雷Indigo Ver. ホビージャパンEX掲載作品
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  FAG  レティシア  作例  フレームアームズガール  

ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】

re101.jpg


3/25発売、ホビージャパン5月号にてFAガール:レティシア オリジナル作例を担当致しました。
先日発売になりました、コトブキヤM.S.G ウォーターアームズの武器を持たせています~。

水鉄砲タイプ、エアブラシタイプと2種類セットになっているのですが、今回エアブラシタイプを使用しました。



re102.jpg


エアブラシの塗料カップ、なんで赤なんだろう?って思われるかもしれませんが
これ、テストショットを2月に頂いた時、もともと塗料カップが黄色いクリアパーツで出来ていたんですよね。

元が黄色だと、出来る色が限られるので結局黄色のままか、赤に変えるくらいしか出来ないのですが
そこでメタリックで塗装しちゃったりすると、せっかくクリパーツなのにもったいないなと思いまして。

でも黄色っていうのもアレなので、それじゃあ赤かな~と。
クリアレッドの塗料カップにしてみました

正式発売になった製品版では、無色のクリアーになっているんですよね!
何でも好きな色に出来ると思うので羨ましいです~。
最初から無色だったら、クリアピンクとかにしたかったです・・・



re103.jpg


表情パーツは5種類用意して、かわいくしてみたので是非誌面にてご覧頂けたら嬉しいです~。
動きもアクロバティックに付けて頂いたので、弾ける感じに仕上がっています
どうぞ宜しくお願いします






* 関連記事 *
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】
ホビージャパン1月号、掲載されております
ホビージャパンライターって何するの?のお話
ホビージャパン12月号、掲載されております
Category: フレームアームズガール完成品 > グライフェン海賊Ver.   Tags: ホビージャパン  FAG  フレームアームズガール  グライフェン  改造  作例  

FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)

UR0104x.jpg


FAガール・グライフェン、海賊アレンジVer.です。
ホビージャパン1月号に掲載されています~。



xUR0043_20181229162958cc3.jpg


今回のホビージャパンはオラザク選手権の号でもありまして。
私は審査員もさせて頂いております・・・。
素晴らしい作品揃いですので、是非併せてご覧ください



DPP_8658.jpg


さてさてグライフェンですが、改修の内容を載せていきたいと思います~。

靴ですが、これめちゃくちゃ厚底ブーツにしてみたくて思いっきり底上げしました。
エバーグリーンの0.75mm厚のプラ板を3枚積層して、綺麗に整形しています。
つま先の可動部分は無くして、つるんとした形状に直しています。



DPP_8661.jpg


マントですが、MGのエクシアリペアの物を加工して流用しました。
あの左肩に付いているやつです~。
グライフェンの首に付いているリングみたいなパーツに一体化させて、首に巻いてる風にしてみました。



DPP_8664.jpg


肩章というパーツを作ってみました。
海賊をやるにあたって、「どんなパーツが付いていれば海賊に見えるのか」を考えて
色々画像検索してみたのですが、やっぱり一番はドクロのついた帽子なんですよね。
次に、意外と肩にこれが付いているキャラクターが多かったので、これもやってみる事に。

まず、中心の半円みたいなちょっと盛り上がったパーツを作って・・・
使うのは全部マジックスカルプというエポパテです。

その外側に、太めの紐みたいにしたマジスカをくっ付けて囲みます。
残りは外側に付くヒラヒラですが、マジスカを30本くらい人差し指でこよりにした物を作って、
ちょっとしたカーブをつけてみたりしながら完全に硬化するまで放置しておきます。

その後ピンセットでつまみまして、半円みたいなパーツに接着剤でちまちま付けていくのですが・・・
ふさふさ感というか、自然に紐が出ているみたいな状態を演出したかったので、
上下に高低差をつけたりカーブの角度を上手く組み合わせてみたり、
とにかく自然な紐感に気を付けていました。

後は、根元に接着剤の跡が残るのでそれを消したり、1本1本の隙間を綺麗に整形したりと、
このパーツは本当に手間がかかりました




DPP_8665.jpg


首に付いているヒラヒラした布みたいなパーツ。
中世の貴族みたいなイメージなのですが、これもやりたかったので作ってみました。

マジスカを伸ばして伸ばして布っぽくまとめていくのですが、
もちろん最初は全然こんな形状じゃなくて、もっと塊っぽかったものを
溝を掘ったり薄くしたりしながら、布に見えるように直していった感じです。



DPP_8663.jpg


海賊の帽子。これはマストアイテムですね~。
グライフェンは元からベレー帽を被っていたので、それの周りにマジスカの壁を作るみたいなイメージで
薄く伸ばしたマジスカで周りを囲んで、硬化するまで放置です。

硬化後に、てっぺんのカーブをつけていって中も外も綺麗に整形して、帽子のベースが出来上がりです。
やっぱり海賊帽は金の縁取りが欲しかったので、0.5mm厚のプラ板を帽子のフチと同じ形に切り出しまして
接着剤で密着させながら貼り付けていき、その後は隙間を埋めたり接着跡を消したりしていきました。

ドクロマークは、SDのクロスシルエット・クロスボーンガンダムのパーツです。



DPP_8666.jpg


腰にベルトみたいな、飾りのパーツを作ってみました。
全体のバランスを考えた時に、腰にひとつアクセントがほしかったので・・・。

これも本体にメンソレータムを塗ってから、マジスカで密着するようにリング状のパーツを作り、
硬化してから取り外します。このリングを、綺麗に整形しておきます。
あとは0.5mm厚のプラ板を正方形に手で切り出して、ヤスリがけしてから貼り付けていきます。

カクカクッときっちり真四角だと、あんまりアクセサリー感が出ないと思ったので
わざとフリーハンドで切り出して、ヤスリがけしてみました。
さらにその上に金属製のエッチングパーツを貼りつけて塗装しています。



DPP_8659.jpg


グライフェンの握りこぶし。
これ、人差し指と親指が合体してしまっているので、、、
デザインナイフで削っていって、ちゃんと分離しているようにしてみました。

結局、私も誌面の方でも、写真のカットでこのハンドパーツ使わなかったんですけどね(笑)



DPP_8662.jpg


眼帯です~。
顔パーツが3つあるので、内ひとつは眼帯付きの顔にしてみました。
これもマジスカをくっつけて制作しています。



DPP_8660.jpg


武器です。これはLBXトリトーンの、シーホースアンカーという武器を使いました。
海賊を演出するのに、碇型の何かを持たせたいと思っていたのですがちょうど良い物がありましたね。

グライフェンの手は、丸棒ではなく角棒の物を持つように出来ているので、持ち手の部分は作り変えています。



xIMG_7563.jpg


むかーし制作したLBXトリトーン。
ダンボール戦機というアニメが元の機体です。
私がホビージャパンのライターとしてデビューしたのはそもそもLBXの作例だったので、
このパーツの流用で作例を作る事は結構感慨深かったですね~。

LBXはもう絶版なのでキットは手に入らないので、トリトーンはメルカリで買いました(笑)
中古で組み立て済みの物が900円で売っていました。出してくれた人、ありがとう~!




DPP_8640.jpg


塗装前の状態がこちらです。
両脚に付いているメカっぽいのは、グライフェンがつけている武装のパーツを切ったり組み変えたりして
作ってみました。グライフェン以外のパーツは使っていません。



DPP_8639.jpg


後ろ姿です。



DPP_8653_2018122916313670f.jpg


塗装してみると、こうなります。

塗装って、本当に大事ですよね・・・。作品に命が入る様な感覚があります。
メインは黒なのですが、合わせて金と茶色、マゼンタと紫を配色してみました。

髪はピンク系のグラデーションで、武装は青緑みたいなカラーがメインです。
海賊なので、海のイメージで青系のカラーも入れ込みました。

オリジナルで作る時って、カラーリングと配置にものすごく考える時間を取られます・・・。
私が色を考える時は、全て頭の中だけでやっています。
カラーパレットみたいな紙や、パソコンでデジタル彩色してみて決めるような事は全くしていません

特にパソコンで色を塗ってみるみたいなやつ、とても便利そうですよね~。
そういう最先端な事が出来るようになりたい・・・。



DPP_8642.jpg


両脚の武装は3mmプラ棒で接続しているだけなので、外す事が出来ます。
素体状態みたいな感じですね。



DPP_8643.jpg


DPP_8645.jpg


脚の武装をセットしてみます。



DPP_8647_20181229163348c13.jpg


武器も装着。
というか、これ使って戦うのかどうかよくわかりませんが・・・
脚の武装、でっかい手みたいなパーツはどうしても使いたかったので
これをメインで、周辺のゴチャゴチャを考えていきました。



DPP_8649.jpg


DPP_8650_20181229163351043.jpg


DPP_8652.jpg


DPP_8654.jpg


帽子を外して、頭が出ている状態にも出来ます。
ここは元のグライフェンと一緒ですね。
帽子取ってみないと、髪の毛のグラデーションがよくわかりません(笑)



DPP_8655.jpg


DPP_8656.jpg


DPP_8657_201812291634452d5.jpg


FAガール グライフェンでした。
ここまでご覧頂き有難うございました~。

実は、これの前にやったFAガール白虎の時に海賊モチーフって既に考えていたんですよね。
でも、白虎にはあまり海賊要素が無かったので作るのが難しくて、やめていました。

今回のグライフェンも、ライドビークルに乗った姿とかすごく鳥山明メカっぽいイメージがあったので
ものすごくポップなカラーリングで鳥山キャラっぽい世界観を考えていたのですが、
何だか気付けば海賊でいく事になってました・・・。

FAグライフェンが水中用メカだった、というのは実は知らなかったので偶然で、
編集さんが海賊=結果オーライ!みたいに上手くまとめてくれた感じです(笑)

グライフェン、2019年1月12日開催の八展で展示しますので、どうぞ宜しくお願い致します~。






* 関連記事 *
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話
エアブラシを新調してみたお話
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  フレームアームズガール  モデリングコレクション  FAG  

ムック本「フレームアームズガール モデリングコレクション」発売になりました~

DPP_4000.jpg


2/28に、ホビージャパンより「フレームアームズガール モデリングコレクション」が発売になりました

これまでホビージャパンにて掲載されたFAG作品が、一堂に会した写真集となっております~。
月刊誌とは違って、写真主体の「魅せる」本となってます。とても素敵な仕上がりなので、
是非お手に取って頂けましたら嬉しいです



DPP_2368x.jpg


DPP_1995x.jpg


DPP_2506x.jpg



私も、気付けば8作品も掲載されておりまして、1人でここまで作っているのは完全に私だけですね
特に昨年は、FAG尽くしだった1年でした。

ちなみに、フィギュアJAPANという本に掲載されるものだと勘違いしていたのですが、、、
全然違いまして、「フレームアームズガール モデリングコレクション」です!失礼致しました


どうやら、私のFAG作品は現在ヨドバシカメラ新宿西口店に展示されているそうなのですが、
このムック本の撮影の為に全てのFAG作品を編集部に預けていますので、
一体どれが展示されているのかわかりません
まさか全部展示されている訳はないと思いますので、多分ルフスさんあたりだと思うのですが・・・

もし機会がありましたら、こちらでも展示作品をご覧になってくださいませ
多分、掲載された皆さんの作品がたくさん並んでいる事と・・・ 思います




* 関連記事 *
ホビージャパン2/25発売号、掲載されております~。
ホビージャパン12/24発売号、掲載されております~。
ホビージャパン11/25発売号、掲載されております~。
56全日本模型ホビーショー コトブキヤブースにて展示されます
8/31発売 ホビージャパンエクストラ、掲載されております~
Category: 日記   Tags: FAG  フレームアームズガール  ホビージャパン  フィギュアJAPAN  

2017年を迎えまして&FAガールアニメ化などいろいろ

358x.jpg

416x.jpg

171x.jpg

368x.jpg



2017年になりました!皆様、明けましておめでとうございます。

上の画像は2016年中に制作した作品です~。昨年も、なんだかんだと結構制作しておりました。
特に、2015年の後半にFAGスティレットの制作をホビージャパンにてさせて頂いた事をきっかけに、
2016年はフレームアームズ・ガールがたくさん!な感じになりまして・・・。
作例のお仕事はほとんどフレームアームズ・ガールでした。

思えば初めてスティレットの作例のお話が来た時は、FAGシリーズもまだ轟雷というキットが出ただけの状態で、
私にとっても「フレームアームズ・ガールって何?女の子を作るってどういう事なの?」みたいな状況でした・・・。

キットを組み立ててみても、これ、本当に私が作るのかな~?と半信半疑だったり

肌色を塗るという事自体した事がなかったですし、目のデカールを貼るとか本当に想像を超えていました。
それまで、LBXやガンプラしか制作していなかったですので、人間を作るという事が全然想像できず・・・
その時はまだ、HGのすーぱーふみなも発売されていませんでしたので。。


色々と試行錯誤でやってきたFAG制作でしたが、最近はある程度作り方も安定してきまして。
今や飛ぶ鳥も落とす勢い!なコトブキヤ美少女コンテンツですが、私も新年さっそくFAG作例の新作を作っております。
2/28発売、「フィギュアJAPAN 『フレームアームズ・ガール』 編」にて掲載される予定です~。



HJ425-993.jpg


これまでホビージャパンにて掲載されてきましたFAG作品の集大成的なMOOK本となる形なのですが、
私の現在制作している作品はこの本の為の完全新作で、本誌未掲載の作品となります。

この「フィギュアJAPAN 『フレームアームズ・ガール』 編」・・・ 既に予約終了となっているところも出ている様です~。
FAG作品全開の誌面に加え、ホビージャパンオリジナルの「赤いバーゼラルドプラモデル」付き
手足の肌色ランナーや、マテリアの新色髪の毛パーツなども一緒です。

まだ予約受付中な店舗もありますので、是非ご検討くださいね
あみあみ商品ページ
ビックカメラ.com商品ページ
ソフマップ・ドットコム商品ページ
でじたみん楽天市場店商品ページ





そして、2017年はとうとうFAGがアニメ化されますね!
どういう形で放送されるのか、いまいちわかっておりませんが・・・。
しかも、どういう内容なんでしょうかね~
彼女達は完全に全高15cmのプラモデルとして、マスターみたいなご主人がいる設定なんでしょうか。
それとも彼女達だけの世界でのお話なんでしょうかね~。

ところで、コトブキヤさんのホームページでは既にFAGアニメのブルーレイが4巻まで予約受付中ですが・・・
なんと、プラモデル同梱ブルーレイという事でなんだか凄い事になっております



sty.jpg
sty2.jpg


ブルーレイ1巻に同梱される轟雷・素体バージョン、2巻に同梱されるスティレット・素体バージョンです~。
どちらもヘッドギアがないので、前髪の自然な再現がなされていますね!
オリジナル改造をする上で、前髪の造形に苦労された方も多いはず、、、

そして、マテリアのキットを買わなければ再現できなかった素の腕と脚があります~。
シンプルなのに、すっごく可愛い
髪型は、今度発売されるFAGイノセンティアの頭と共通なのでしょうか?
ツインテール仕様や、猫耳もとっても可愛いですね

ブルーレイ、1巻12,500円ですが、、、この付属プラモデルの為だけに買ってしまいそうです、、、
(もしくは、この素体バージョンの作例を私にやらせて頂けたら最高に嬉しいのですが~!・・・)

FAGとは違ったアプローチの美少女プラモデル、メガミデバイスもとても好調な様ですし、今後ヘキサギアシリーズも始まりますね!
2017年もコトブキヤはキラーコンテンツ目白押しになりそうですね~。
私も、フィギュアJAPAN用の新作が終わった後は続けてFAG作品の制作が決まっております。
どうも私はホビージャパン初の女性ライターらしいのですが、FAGというコンテンツがこのタイミングで始まって、
私に作例が回ってきた事に少なからず不思議な縁を感じてしまいます・・・。

2017年もプラモデル制作にお弁当作りに、色々と邁進していきますのでどうぞ宜しくお願い致します!




* 関連記事 *
FAG轟雷 10式戦車Ver. (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 褐色肌の作り方とメイク方法(10式戦車Ver.)
FA:G バーゼラルド サキュバスVer. (ホビージャパン掲載作品)
ドゥカティ1199パニガーレS & FAG迅雷Indigo Ver. ホビージャパンEX掲載作品
FA:G 轟雷/赤ずきんVer. (ホビージャパン掲載作品)
Category: フレームアームズガール完成品 > スティレット   Tags: コトブキヤ  フレームアームズガール  スティレット  

フレームアームズガール スティレット (ホビージャパンエクストラ掲載作品)

JdU9dbiC.jpg

ホビージャパン別冊 ホビージャパンエクストラ(2016 Winter. 10/31発売)にて誌面掲載して頂きました、
コトブキヤ フレームアームズガール スティレットの作例品です。
使用キットはこちらになります。
>>コトブキヤ フレームアームズガール スティレット


フェイスパーツのメイク方法やハイライトの処理、詳細な改修等については
こちらに記載してありますので、是非併せてご覧くださいませ
>>フレームアームズガール スティレットフェイス改修


コトブキヤから元々発売されていた「フレームアームズ」というシリーズ物ですが、
そのラインナップ上にいたスティレットという機体が擬人化、美少女キャラ化したものが
今回の作品、フレームアームズ・ガールだそうです。
お話を頂いた時は、まさかの美少女モノだったので驚きました~。

順番前後してしまいますが、すーぱーふみなもこれを制作した事がきっかけになっています。
プラモデルの美少女モノ、凄く楽しいので今後も作っていきたいです


カラー:(クレオス(C) ガイアノーツ(G) フィニッシャーズ(F))

肌:ノーツフレッシュホワイト(G)下地→ キャロットオレンジ(C) → ノーツフレッシュ(G) + ペールオレンジ(C)
装甲青:ブライトロイヤルブルー(G) + ライトブルー(C) + パープルバイオレット(G)
グレー:ニュートラルグレーIII(G) + ニュートラルグレーIV(G) + GXアイスシルバー(C)
髪の毛:ライトブルー(C) + GXクールホワイト(C) + ラベンダー(G)
黒:カーボンブラックマット(F)
白:アルティメットホワイト(G)
武器:タイヤブラック(C) + ニュートラルグレーIV(G) + ライトガルグレー(G)
他、ブレードシルバー(G)、ガンメタル(G)、ヴィクトリーブラウンゴールド(G)等を部分塗装

各所にメタルパーツを配置し仕上げています。
頭部アンテナ部分に鋼魂丸ノズルエッチングパーツ、
肩口にHiQ 1.5mmツインパイプ、
腰横に1.5mmマイナスモールド、
膝部分に2mmUSリベット、
膝アーマー上部両脇に1mmスチールボール、
足の車輪横には2mmUSリベット、
車輪片側には4mmUSリベット、
かかと部分には3mm平リベット。
他、武器にもメタルパーツを追加。

丸いディテール部分には、今は廃盤のHiQパーツメタルリングを使用しています。
他、腰アーマーの一部分、足のすねにあたる部分にスジ彫りを追加しています。



DPP_0431.jpg

比較用に、素組の状態で写真を撮っておけば良かったなぁと思いました・・・
この子、塗り分けとマスキング箇所がすごく多いです。塗装は地味に大変でした。


DPP_0437.jpg

DPP_0432.jpg

頭部をぐるっと囲っている青いパーツですが、ちょうど後頭部に合わせ目が出てしまうので
そこを処理する為、髪の毛を後ハメ加工にして合わせ目を消しています。

髪の毛も頭頂部は合わせ目を消していて、途中から自然な両結びの髪型になる様に
髪の分け目を処理しています。


DPP_0438.jpg

スティレット、実際の大きさは全高15cmほどです~。


DPP_0433.jpg

左手と左足を差し替える事で、別モード?の様な形態になります・・・
パッケージイラストがこの状態なんですよね。


DPP_0434.jpg

DPP_0435.jpg

髪の毛は、先端に向かって紫になるようにグラデーションを入れています。


DPP_0436.jpg


DPP_0440.jpg

ガトリングガンと、アサルトライフルを装着したところです。

肘と手首の保持力はかなり高いのですが、どうにも肩が弱い様で重い武器を持たせると
肩が下がってしまいます。ですので軸部分を瞬着で太らせて、きつめに調整しています。


DPP_0424x.jpg

武器に関しては日本刀2本(抜いた状態)、鞘に収まった状態のもの2本と、
ガトリングガンがあります。(キット付属)
ガトリングガンに接続して使用出来る【コトブキヤM.S.G ウェポンユニット30 ベルトリンク】が発売されていますので
こちらも併せて制作してみました。

DPP_0427x.jpg

こちらは【コトブキヤM.S.G ウェポンユニット26 ダイナミックチェーンソー】です。
塗り分けを入れてオリジナルに制作しています。

DPP_0430x.jpg

こちらは【コトブキヤM.S.G ウェポンユニット31 アサルトライフルTYPE-H】
色々と塗り分けを入れて制作しました。
照準センサーの部分は、緑のメタリックシールにレジンを乗せるようにして
硬化させた物を制作してみました。


DPP_0441.jpg

DPP_0442.jpg

ベルトリンクのタンク部分は、腰についている3mm接続穴に接続させています。


DPP_0444.jpg

DPP_0446.jpg

DPP_0447.jpg


DPP_0450x.jpg

アサルトライフル+ダイナミックチェーンソーを装備した状態です。


DPP_0448x.jpg

DPP_0449_2015092417480842d.jpg

UaaJ8FVL_20151114115543e72.jpg

こちらの表情はHiQパーツから発売されている「瞳デカール 5-A」を使用しています~。
頂いた表情パーツが多かったので、遊び要素で制作してみました。
目の部分はいったんパテで埋めて、ラインを消してから整形しています。


MrOkY8jS.jpg

こちらの表情は「瞳デカール 6-A」です。
よりアニメチックな感じになっていますね~


DPP_0454x.jpg

キット付属武器の日本刀を装備したところです。


DPP_0455.jpg

DPP_0457.jpg

DPP_0456.jpg

DPP_0458.jpg

以上、フレームアームズガール スティレットでした。

表情パーツの制作手順に関しましては、こちらをご覧下さい
>>フレームアームズガール スティレットフェイス改修

おそらく制作依頼がなければ美少女プラモを作ろうなんて思いもしなかったでしょうし、
個人的には作るきっかけすら無かっただろうと思います
ですがどんなに系統の違う作品でも、実際に制作してみると糧になる事が沢山あり、
大変良い勉強になりました。本当にとても楽しかったです。

最後までご覧頂きまして有難うございました

* 関連記事 *
フレームアームズガール スティレットフェイス改修
LBX烈伝 History of Justice~ホビージャパンMOOK、発売されました~
ホビージャパン11月号、エンペラーM5が掲載されました。
ホビージャパンと契約いたしました~
ホビージャパン 8/25発売号 エンペラーM5作例企画のスタートです!
ホビージャパン8月号に掲載されました~
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: コトブキヤ  フレームアームズガール  スティレット  

フレームアームズガール スティレットフェイス改修

DPP_0471.jpg

コトブキヤ フレームアームズガール スティレット、フェイス部分の制作・改修に関する記事です。

スティレット完成品はこちらをご覧下さい
>>フレームアームズガール スティレット完成品【HJ別冊 ホビージャパンエクストラ掲載】

表情パーツは全部で7個制作しています。


VBOlvqGp.jpg

HGすーぱーふみな制作の際にも同じ方法をとっているのですが、
タミヤウェザリングマスターのH、Gセットを使ってメイクしています。

最初に編集部の方から
「実際のメイクではなくて模型的にメイクの要素を入れてほしい」との要望を頂き、
こちらのウェザリングマスターを使って表情パーツに変化をつけてみました。

最初に一番濃いマロンで輪郭の全周にシェーディングを入れます。
そして頬骨の高い位置から目尻側に向かってはね上げる様に、チークを入れていきます。

デカールを貼る前の目はこんな風になっているので、窪んだ部分に沿って
マロンでアイシャドウ的なラインを入れています。
結局デカールが被さるのであまり効果はないのですが、、、
目線変更のデカールを貼った際は、若干白目のキワがはっきりする感じに仕上げられます。

唇部分にも陰影&リップの効果をつけています。

なのですが、これは私が渡されたテストショットのみの仕様だそうで、
実際の製品版では最初からフェイスパーツに目や唇が印刷されているんだそうです。
デカールを貼る必要がないのですね
ですが、全塗装で顔も塗装する人にとっては結局デカールを貼る事になるのだと思いますが・・・


DPP_0460.jpg

ガイアノーツから発売されている「UVジェルクリア」を使用してみました~。
紫外線で硬化する一液タイプのレジンなのですが、
これを瞳部分に使用してみます。


6sOZ1yeC.jpg

瞳デカールを貼った後、艶消しトップコートをしているので未加工だとすごくマットなのですが、
ジェルクリアを付けると目に生気が宿ったような感じになります。
実際に見ると結構違うのですが、写真だといまいちわかりづらいですね・・・


hMIVUOlD.jpg

デカールを貼っただけの状態でも、瞳の中に印刷されているハイライトのお陰で
光った様な感じにはなっているのですが、
実際にジェルを付けて艶を出すと瞳の感じがぐっと良くなります


y79Et286.jpg

こちらは、唇にも付けてみたところです~。
すごくつやっとして、綺麗な感じになります。
実際の口紅を塗ってあげてこれでコートするのも、良い方法かもしれませんね

そして、ほっぺたのハイライトですがこれはデカールです。

nc05_100_03.jpg

この白い点をどうやって入れようか悩んだのですが、
筆で塗るよりもデカールかな・・・と思いまして色々探した末、
HiQパーツさんのNCデカールの一部分を切り出して貼る事にしました。
このデカールの白バージョンです。(今は廃盤らしいですが似たものが出ています)

本当は丸い物を探していたのですが、手持ちのデカールで丸いものはどうしても余白が付いていて
切り出すのが難しかったんですね・・・ この四角部分も大きさ0.6mmほどです。
全く余白無しの状態で転写したかったので、これを選んで使いました。
更に余白ゼロまで切り出して使用しています。


DPP_0842.jpg

そうしたら何と、「フィギュア用ハイライトデカール」なるものが売っているらしいのです
偶然、お世話になっている模型用品通販店i-craftさんのツイッターで流れてきまして
「在庫限りで廃盤です」とか書いてあるので、これはイカンと全部購入しました・・・
(全部と言ってもすでに在庫2枚)

今後の制作でも使いたいのですが、FAGなどこれだけフェイスパーツの数があると
1体作るだけでデカールが無くなってしまいそうです~!
このデカール、どこかで後継版は作られていないのでしょうか??




zSTx9v0I.jpg

表情パーツの交換の際に前髪部分を外さなくてはいけないのですが、
この部分にネオジム磁石を仕込んで簡単に交換できるようにしました。
編集部の方に実際に会って説明する訳ではないので、改修箇所に関しては
こんな風に画像に文字を入れてメールで説明しています。


6FOPK6iX.jpg

表情パーツ自体にも、2.5mmのネオジム磁石が仕込んであります。
これで交換がしやすくなっています。


DPP_0474.jpg

多分、本来だとあごに付いている白い棒みたいなパーツを外さないと
表情の交換が出来ないと思うのですが・・・。
それだといちいち面倒なので、そのまま前髪も表情パーツも外せる様に
干渉を少なくして、クリアランス処理をしてあります。


Ux3_dxpY.jpg

表情パーツの上部には穴を開けてあって、外しやすくしてあります。
何も無いと、掴むところがないので引っ張りにくいんですよね・・・。
表情に関しての改修はこんな感じです。


DPP_0481.jpg

こちらはスティレットのしましまパンツです~。
このキット、パンツのパーツのお尻の割れ目あたり?に、シワが寄ったようなディテールが入っていて
最初見た時驚いたんですよね~、ここには制作した方の並々ならぬこだわりのようなものを感じました、、、

なので、パンツの模様はデカールが付属していたのですが、
折角なのでシワに沿った形で模様がよじれる様にマスキングしてみたんです。
スミ入れもしてあります。ちょっと本物っぽい雰囲気が出ていれば良いのですが・・・。


表情パーツだけでなく、体にも全体にウェザリングマスターで陰影の効果をつけてあるので、
全体的に肌に柔らかい雰囲気が出る様にしてあります。


JdU9dbiC.png

完成品はこの様な感じになります~。
記事はこちらからご覧下さいませ
>>フレームアームズガール スティレット完成品【HJ別冊 ホビージャパンエクストラ掲載】


Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパンエクストラ  フレームアームズガール  スティレット  

【ホビージャパンエクストラ】2016 Winterにて作例担当致しました。

IMG_7769.jpg

10/31発売、ホビージャパン別冊になります 【ホビージャパンエクストラ】2016 Winter にて
表紙にもなっているフレームアームズガール・スティレットの作例を担当させて頂きました~。

使用キットはこちらです >> コトブキヤ フレームアームズガール・スティレット

先に発売されていたフレームアームズガール・轟雷の作例を担当されました吉村晃範さん、
スティレットのミキシングビルド担当:鳥山とりをさん、
コトブキヤの企画担当野内秀彦さんと作例ご一緒させて頂いています。

スティレットの基本的な制作解説からフレームアームズ・ガールの開発秘話、
過去ホビージャパンにて掲載された「フレームアームズ」の作例一挙公開、
更にNMB48・三田麻央さんの日本刀(刀剣乱舞)に関する記事や
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の車両作例など、盛り沢山な内容となっています。


私個人でもスティレットの撮影をしてありますので、
おおよそ2週間くらい経ちましたら作品を公開したいと考えております~

一般書店に置いてあるのかはわかりませんが・・・
もし見かけられましたらお手に取って頂けますと嬉しいです

どうぞよろしくお願い致します


* 関連記事 *
LBX烈伝 History of Justice~ホビージャパンMOOK、発売されました~
ホビージャパン11月号、エンペラーM5が掲載されました。
ホビージャパンと契約いたしました~
ホビージャパン 8/25発売号 エンペラーM5作例企画のスタートです!
ホビージャパン8月号に掲載されました~

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております 2019/06/25
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ 2019/06/06
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ 2019/05/25
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~ 2019/05/16
5/11・12 静岡ホビーショーに参加します~ 2019/05/02
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】 2019/03/25
【塗装ブース】5万円のMOTOブースを購入してみたお話 2019/03/21
HF版LBXルシファー 2019/03/16
モデラーズアンサンブル2019 参加します~【模型展示会】 2019/02/14
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~ 2019/02/11
1/12、八王子模型展示会「八展」に参加します~ 2019/01/06
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】 2019/01/01
FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載) 2018/12/29
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話 2018/12/14
エアブラシを新調してみたお話 2018/12/08
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作代行等専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆制作代行しております◆
FAガール、ガンプラ、LBXなど何でもOKです
お問い合わせはこちらにお願い致します。
urahanana@gmail.com

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷