ガンプラ0079

Category: ダグラム完成品 > ビッグフット   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  完成品  

SOLTIC HT128 ビッグフット、完成しました

FSvwNnBY.jpg


マックスファクトリー製 SOLTIC HT128 ビッグフット、完成しました
制作ご依頼品になります。

制作途中の記事はこちらです
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その4
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1



DPP_8415.jpg


今回、塗装中の写真は撮っている時間が無かったのですみません
また記事を書きますが、ハンドピースを新しいものに変更してみました。
そのお陰で、かなり快適に塗装出来ています



DPP_8416.jpg


DPP_8417.jpg


DPP_8418.jpg


ハッチオープン出来ます。




DPP_8413.jpg


ダグラムシリーズで、前回制作したブロックヘッドと同様に搭乗者は2名いますね。
パイロットとガンナーに分かれているそうです。



DPP_8414.jpg






DPP_8419.jpg


武装(リニアガン)を装備。
今回の機体も頭が埋まっていて、重心が低くて良いデザインですね~



DPP_8420.jpg


色々ポージング写真を撮ってみました。
とはいえ、ガンダムみたいにスタイリッシュじゃないのでバリエーションがあまり無いですが・・・
この歩兵感が何とも堪らない感じです。



DPP_8421.jpg


DPP_8422.jpg


DPP_8423.jpg

DPP_8424.jpg


DPP_8425.jpg


DPP_8426.jpg


以上、ダグラムシリーズよりビッグフットでした。
ご覧頂きまして有難うございました

先日ホビージャパンの作例も納品したばかりで、慌ただしくしていますが
今月も作例、展示会用の新作と、目一杯やっていくつもりです!

実は8/5に大阪の展示会に出る予定ですので、こちらも後日改めて告知させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いします





IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  制作記事  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その4

DPP_8279_20180622081642635.jpg


ビッグフット、制作記事4回目になります~。
私生活で仕事が忙しくなってしまい(模型制作以外のお仕事)、気付けば記事の更新が滞っていて
「もう1ヶ月も経ったっけ・・・」な状態で困惑しております、いつも遅くてすみません

今回は塗装前までの改修記事になります。
前回までの記事はこちらです

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1



DPP_8348.jpg


最初の記事で書いたと思いますが、どうしようかと考えていました背中の合わせ目部分です。
一応、説明書の完成見本でもここに関しては合わせ目が残ったまま仕上げてありましたので、
消しても大丈夫な構造ではあったのですが今回は残しておく事にしました。



DPP_8349.jpg


ただ、そのままというのもなんだか芸が無いので、ダンモを使って段落ちを作っています。
スジボリ堂 - BMCダンモ

ダンモの中サイズで、0.8mm幅の段落ちを入れました。


DPP_8350.jpg


コクピット横の砲台?みたいな部分ですが、ここは開口しています。
3mm穴を開けてありますので、メタルパーツを入れる予定です。



DPP_8360.jpg


上半身の改修が終わりまして、こんな風に仕上がっています。



DPP_8361.jpg




DPP_8362.jpg


さてさて、全体を組んでみてこんな感じに仕上がったのですが、


DPP_8364.jpg



DPP_8362x.jpg


1点気になった箇所がありまして、
胸部のこの面なのですが、何もない平らな面になっていますよね?



DPP_8371.jpg


それなのに、説明書の見本ではこの様なディテールが入っていまして・・・

見本の制作を手掛けた方が自分で独自にディテールを追加するという事はしないはずなので、
おそらく初期のテストショットの段階ではディテールが入っていたのだろうと思うのです。
何で製品版ではつるぺたになってしまったのかわかりませんが、
せっかくなので同じディテールを私の方でも追加してみます。



DPP_8367.jpg


タガネを使ってラインを彫り込み、丸リベットを追加してみました。
シモムラアレック- 丸RIVETS PRO

ひと手間加えただけで、何もなかった状態より見栄えが良くなったと思います。




DPP_8366.jpg


他にも全身リベットを加えたりしてあります。



DPP_8368.jpg

DPP_8369.jpg

DPP_8370.jpg


塗装前までは、こんな感じに仕上がりました。



xDPP_8279x.jpg


素組との比較です。


xDPP_8280x.jpg



それでは、ここまでご覧頂き有難うございました

また、塗装後に完成記事を載せたいと思います。
(塗装中の記事は書けないかもしれません・・・

現在作例の仕上げ真っ最中ですので、落着いたらまた記事をアップしたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします~!



* 関連記事 *
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  制作記事  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3

DPP_8279_20180422141909c7c.jpg


今回も引き続き、ビッグフットの制作記事第3回目です
前回までの記事はこちらです~。
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2



DPP_8325.jpg


ビッグフットの腰の部分のパーツです。
ここは横溝の彫りが浅いので、ヤスリがけするとかなり消えてしまいます。
ですので、タガネで全周彫り直してあります。



DPP_8326.jpg


裏側です。



DPP_8327.jpg


腰のアーマーパーツを付けるとこんな感じになります。



DPP_8328.jpg

DPP_8329.jpg




DPP_8330.jpg


両手銃の様な武器です。
こちらも合わせ目消しをしてヤスリがけしました。



DPP_8331.jpg


白い持ち手部分の裏側は肉抜きになっているので、埋めてあります。



DPP_8332.jpg


左肩に付いている、ロケットランチャーの様なパーツです。
こちらも合わせ目消し、ヤスリがけを行いました。



DPP_8333.jpg


ここは、胸の中心部のパーツに両側から胸をはめる様なパーツ構成になっているのですが、
赤丸をしてある部分の突起がコックピットの紺色のパーツに刺さる様にできています。

この突起部分はニッパーで切り落としてしまいます。



DPP_8334.jpg


そうするとコックピット部分が自由に取り外せる様になりますので、塗り分けやパイロットの接着、
座席やモニターの取り付けも簡単になります。

あとは両サイドのパーツ形状が複雑なので、なかなか中心部に密着してくれないのですが
ここの突起を切り落とすと、かなりはまり具合が良くなります。



DPP_8335.jpg


次に肩の部分を上から見た図ですが、赤丸の部分の形状が気になるので少し変更していきます。



DPP_8336.jpg


コの字型の蓋みたいになっていた部分を切り落としました。
中がどうしてこういう形状になっているのかと言いますと、左肩にはランチャーの様な赤いパーツが入るのですが
右肩にも、同じ構造が用意されているんですよね。
ですが右肩にランチャーを付け替えたりはしないですので、ここは変更してしまいます。



DPP_8337.jpg


エバーグリーンのスリット入りプラ板を切り出し、段落ちのディテール風にしました。




DPP_8338.jpg


頭頂部の、合わせ目消しの方法を考えていた部分ですが・・・。
中に、こういう形状のクリアパーツが入っています。



DPP_8339.jpg


前後の部分はセンサーになってますし、こんな風にアンテナパーツを取り付ける為の
基部になっていたりもしますので、中心部分は中に残しつつ両端のセンサーを切り出したいと思います。



DPP_8340.jpg


こんな風に分割してみました。
前後のセンサーの部分は塗装して、後から接着するようにします。
こういった際のパーツの切り出しには、シモムラアレックの職人かたぎ ハイパーカットソーを使用しています。



DPP_8341.jpg


中心部分はこんな風に中に残したまま、頭頂部分の合わせ目消しをします。



DPP_8342.jpg


接着前はこんな感じです。



DPP_8343.jpg


合わせ目消しを行いました。
これで後ろのセンサーはあとから取り付けられますし、アンテナや前側のセンサーも取り付ける事が出来ます。





DPP_8344.jpg


頭頂部を接着してしまうと、キャノピーも取り付けられなくなってしまうので基部を加工しています。
本来こんな風に、後ろ側からスライドさせて取り付ける様になっています。



DPP_8345.jpg


ここの突起があるお陰で、裏からはめても前にすっぽ抜けないようになっているのですが、
そもそも頭頂部を接着してしまうと裏からはめる事も出来なくなってしまいますので
ここを切り落としてしまいます。



DPP_8346.jpg


こんな風に切り落としました。



DPP_8347.jpg


単純に前から差し込むように、キャノピーを取り付ける形にしています。

前の加工で、コクピット部分を後ハメ出来る様にしてありましたが
本来のキャノピーの付き方だと、キャノピーが少ししか上に持ち上がりませんので
コクピット部分が抜き差し出来なくなってしまいます。

これだと、キャノピーが外せますので中のパイロットも眺められますし、
普通に閉じた状態にも出来ますので結果オーライかなと思います



それでは、制作その4に続きます




* 関連記事 *
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: ビッグフット  太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  制作記事  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2

DPP_8279_20180422141909c7c.jpg


今回は、ビッグフットの制作記事第2回目です
前回の記事はこちらです~
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1



DPP_8298.jpg


今回は腕パーツ、脚パーツと制作していきますがまずは肩の部分からです。

これは肩の内部に入っているパーツで、合わせ目が若干見える事もありますので接着しています。
ここからヤスリがけをしていって、合わせ目を消します。



DPP_8299.jpg


先程合わせ目を消したパーツを中に入れて、外側に肩パーツをはめ、更に接着します。
矢印で示した部分にあるのが先程のパーツです。

接着したパーツを更にヤスリがけして、合わせ目を消していきます。



DPP_8300.jpg


先程の合わせ目消しした肩パーツに、肩アーマーをはめて丸いパーツを取り付け、完成です。
肩アーマーは、裏側も見えるのできっちりヤスリがけしておきます。



DPP_8301.jpg


次は肘のパーツです。
前回触れた通り、肘関節は内側に来る部分が肉抜きされているのでパテで埋めてあります。

400番の紙ヤスリで全体をヤスリがけしたのですが、パーティングラインが消えるまでヤスリがけすると
関節のスジみたいな模様まで歪んでしまうので、ここを彫り直していきます。



DPP_8302.jpg


BMCタガネの0.15mmで彫り直しました。



DPP_8303.jpg


この肘関節の両側を腕のパーツで挟み、合わせ目を接着します。
矢印部分のパーツが先程の関節パーツです。



DPP_8304.jpg


腕のパーツをヤスリがけして、合わせ目消しが終わりました。
手首側のパーツも、きっちりヤスリがけしておきます。



DPP_8305.jpg


肘関節のパーツ、肉抜き埋めをした部分の写真を撮っていなかったのですが、
表側と同じになる様、0.15mmのタガネでしっかりとスジ彫りを入れています。

面の広い、パテの上の部分はガイドテープを貼って彫り込んでいますが、
表側と繋がるC面の部分、そこはフリーハンドで彫っています。



DPP_8306.jpg


こうして、両腕のパーツが完成しました。



DPP_8307.jpg


次は、脚の制作に移ります。
膝関節のパーツは合わせ目消しが必要なので、接着剤を使って接着します。



DPP_8309.jpg


全体をヤスリがけすると、この様な感じになります。



DPP_8308.jpg


反対側です。
接着した部分の横溝が消えてしまっていますので、またタガネで彫り直していきます。



DPP_8310.jpg


ここも0.15mmで彫り直しています。
タガネで彫った後、そのスジに紙ヤスリを入れて慣らしてあげると綺麗に仕上がります~。



DPP_8311.jpg


先程仕上がった膝関節のパーツを中に入れて、太もも部分のパーツで挟み接着します。
膝関節と太ももとでは色が違うので、後ハメにしたかったのですが中の構造上難しそうだったので、
このままマスキングで塗り分ける方法を取りたいと思います。



DPP_8312.jpg


このパーツは足のかかと部分なのですが、結構ばっちりヒケています。
中央辺りが凹んでいるのがわかるかと思うのですが、



DPP_8313.jpg


当て板のあるヤスリで面出ししてみると、こんな風になっています。
他にも、ここまでヤスリがけしてきたパーツの中にもこんな状態のものが結構あります。

「ヤスリがけって何の為にするのか?」っていうのがたまに話題になったりしますが、
特にプラモデルを始めた頃だと本に載っていたからとか、塗料を乗せやすくする為とか、
皆やっているからとか色々ありますが、一見平らで綺麗に見えるキットのパーツでも、
こうやって実は歪んでいる部分がたくさんあるので、それはヤスリがけしてみないとわからなかったりします。

全部のパーツにヤスリがけしていくのは時間も掛かりますし、面倒で苦痛な作業に感じるくらいだったら
やらなくて全然良いと思うのですが、プラモデルをずっと作っているとそのうち
「ヤスリがけしないで塗装したもの」 「ヤスリがけして塗装したもの」 の違いがわかる様になってしまうので、
そうなると面倒でもやろうかなぁ・・・ という気持ちになっていってしまうと思います。


やるかやらないかは、「ヤスリがけした作品の良さがわかるかどうか」じゃないかなと思います。
多分、ヤスリがけする意味ってあるの?と思っている頃は、完成した後の「違い」がわからない・・・ のではないでしょうか。

私もそうで、LBXの昔の完成品はろくにヤスリがけせず完成させていたものが結構あります。
それでもその頃は良く出来ていると思っていました。
ヤスリがけにも段階があって、エッジを出す為にヤスリがけするとか、元のキットを更に昇華させるレベルになっていくと
それ用の道具も必要になってきますし、難易度も上がっていきます。
目指す場所がどこか、で自分に必要なヤスリがけの度合いも変わってくるのだろうと思います。



DPP_8314.jpg


かかと部分のパーツですが、ヒケが無くなるまで潰す方向でヤスリがけしました。
ヒケが大きいと、凹んでいる部分にパテを盛ったりして修正する事もありますが
面倒なので私はあまりやりません

そのままヤスリをかけ続けて、凹み部分と他の部分が同じ高さになるまで削って平らにする事が多いです。



DPP_8315.jpg


その他のパーツも全部ヤスリがけしまして、こんな風に両脚が完成しました。

ダグラムシリーズは、かど部分のエッジがカチッとついている部分、逆にしっかりC面がついている部分と
はっきり分かれているので、そこもC面でなければ思いっきりエッジを立てる様に削る、
C面部分は等幅で仕上がる様に注意しながら、面と面の境がダレない様にエッジを意識して仕上げていっています。


それでは、制作その3に続きます





* 関連記事 *
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  ビッグフット  マックスファクトリー  制作  

1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1

DPP_8278.jpg


現在、こちらのキットを制作しています。
マックスファクトリー製 1/72ソルティックHT128 ビッグフット

太陽の牙ダグラムというアニメ作品の登場機体で、これまでにも何体か制作してきました。
今回は久しぶりに、最初の素組~完成まで、キット制作手順を追って公開しながら記事にしていこうと思っています。



DPP_8279.jpg


まずは素組してみた状態がこちらです~。
大きさとしては、かなりありますね~。MGクラスより若干小さめ、くらいです。
この頭が潰れて埋まっている感じ、、とても良いですね!



DPP_8280.jpg


以前ヘイスティという機体を制作したのですが、それに近い感じがあります。
今まで制作してきたダグラムシリーズの中で、一番気に入っている機体です~。
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました

それでは、今回もカッコいい仕上がりを目指して頑張っていこうと思います
まずは素組状態を見まわして、改造するポイントをチェックしていきます。



DPP_8281_20180413145233008.jpg


脚の膝関節ですが、ここには合わせ目があるので接着して消す事にします。

それで、ダグラムシリーズ全部そうなのですが関節がギザギザになっているんですよね、、
どの機体も細かく横線が入っているんです・・・関節に。
なので、このまま接着するとギザギザが埋まってしまいますので、ヤスリがけした後に溝を彫り直す作業が必要になります。



DPP_8282_20180413145234e58.jpg


脚のモモ部分ですが、ここにも合わせ目があるので消していきます~。



DPP_8283_2018041314523519f.jpg


腕にも合わせ目がありますので、ここも消していきます。



DPP_8284.jpg


ヒジの関節には合わせ目が無いのですが、その代わり片側にしかディテールが無く、
裏側は肉抜きになってしまっています。
ですので、この部分をパテで埋めてから表側と同じ様に、溝を彫ってディテールを入れたいと思います。



DPP_8285.jpg


背中の下側部分・・・ ここに合わせ目が出るのですが、説明書の完成見本ではここを消していないので、
構造上消さないで作った方が良いのかまだわかりません。
消さない場合段落ち加工で、無理なく消せそうならば接着して、どちらかでやっていこうと思います。



DPP_8286a.jpg


肩のアーマーを取った中身の部分ですが、ここにも2箇所合わせ目が出ますので
接着して消したいと思います。



DPP_8287.jpg


頭頂部ですが、ここにも合わせ目が出るので消そうと思うのですが・・・
ざっと見た限り、どうやって消すのかちょっと方法が思い付かないでいます
キャノピーの開閉軸が入り込んでいるので、どうしようかこれから考えます~。



DPP_8288.jpg


肩に付いているミサイル部分も合わせ目がありますので、ここも消していきます。

一応、さらっと見た限りこの辺りが改造ポイントかなと思います。
他にもやった方が良いポイントが出てきたら、追加しつつ作業していきます~。

それでは、早速ですがまずは肉抜き埋めが必要なパーツから処理していきたいと思います。
いざ、制作開始!です




DPP_8289.jpg


ダグラムシリーズの手は、指に肉抜きがあるのでかなり細かいですが、ここを埋めていきます。
こういう肉抜きを埋めるパテは、いつもの定番ですがベビーパウダーにシアノンDWを混ぜて爪楊枝で盛っていきます。
度々紹介しているのですが、多分専用のツール紹介ページは作っていなかった・・・ですかね。

パテのページ、ヤスリのページ、塗装器具のページ、撮影機材のページ、と独立して記事を作っていきたいな~と
思っているので、このビッグフットが完成してから徐々に作成していこうと思います



DPP_8290.jpg


埋め終わったのが、こんな感じです。
ほとんどが手のパーツですね。
あとは武器の持ち手のパーツ、先程アップしていたヒジ関節のパーツです。

全て肉抜きの穴から少し盛り上がる様に(多めに)パテを盛ってありますので、
ここからヤスリがけをして綺麗にならしていきます。



DPP_8291.jpg


ヤスリがけした状態がこちらになります~。
ヤスリですが、タミヤの紙ヤスリ400番と、スリーエムのスポンジヤスリ#320~600相当、この2つがほとんどです。
と言いますか、ほぼこの2つだけで全てのヤスリがけ作業をやってしまっています。



DPP_8292.jpg


次に、合わせ目の出る部分を接着します。
手の甲のパーツが付くので、そこまで合わせ目は気にならないのですが、
若干見えてしまう部分があるので気になるところを接着しています。



DPP_8295.jpg


瞬間接着剤ですが、もういつから使い始めたのか覚えていませんが、
このロックタイトのピンポインターゼリー状を愛用しています。
これに変える前は、ガイアノーツの瞬間クリアパテRを長い事使っていましたが、使用本数はもうこちらが上回っていると思います。
容器がとにかく良く、いつ使っても中身が新鮮で、接着強度も問題なく、最高に使いやすいです。

ロックタイト 強力瞬間接着剤 ピンポインター ゼリー状

メタルパーツの接着もこれでやっていますし、アルテコスプレーの様な硬化スプレーも使えますし、
他に変える理由が無いくらいに現状完璧なアイテムです



DPP_8293.jpg


手の甲パーツもヤスリがけしまして、合計6個の手が完成しました。
ハンドパーツは、指1本1本の側面にパーティングラインが入っていますのでヤスリがけが面倒ですが、
きちんと消しておくと完成度がより高まると思います~。


それでは、この様な感じで
残りの腕や脚、胴体など、順に制作してアップしていきたいと思います




* 関連記事 *
IRONFOOT F4X ヘイスティ、完成しました
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: その他の完成品 > あるてぃめっと!ニパ子   Tags: ニパ子  プラモデル  マックスファクトリー  

あるてぃめっと!ニパ子ちゃん、完成しました

u0R9eXjF.jpg


マックスファクトリー 1/20スケール、あるてぃめっと!ニパ子ちゃん完成しました~。

究極のニッパーでお馴染み、「アルティメットニッパー」を手掛けるゴッドハンドさんが誕生させた
ニッパー擬人化キャラクター、ニパ子ちゃんのプラモデルです。

1/20スケールという事で、全高8cmしかありませんので普段制作しているFA:Gシリーズよりも全然小さいですね
こちら千葉しぼり展示会用に制作したのですが、当初より「ニパ子選手権」に参加される方が大幅に減ってしまった様で・・・
当日はどこかのスペースにまぎれて置いてあるかもしれません~(笑)



DPP_2203.jpg

DPP_2204.jpg

DPP_2205.jpg





2182b.jpg


プラモのニパ子ちゃんは、イラストの感じとだいぶ違ってるな~と思ったので、、、
両頬にパテを足して削って、イラストっぽい輪郭になる様に変更していきました。
口元の口角も上げて、絵みたいな笑顔になる様にしています。

耳も、下垂ぎみだったので上の方を盛って整形しました。
前髪も追加して、スジ彫りを細かく入れてあります



xDPP_2183a.jpg


上履きを履いているのですが、ディテールが曖昧でよくわからない感じだったので、
デザインナイフで彫り込んで形状をハッキリさせています~。



x2185.jpg


今回、初めて目を描いてみました。デカールを貼る様になっているのですが、折角なので自分で描いています~。
顔には最初シャーペンで描き入れた目をガイドに、簡単にまつ毛のラインを彫っておきました。

それに沿って、片目づつスミ入れペンで描いていきます。
使用しているのはいつものコピックモデラー0.02mmです。


x2187.jpg


さっき目を描き入れた時点で、艶消しトップコートをしてラインが消えない様に保護しています。
ここからペイントしていくのですが、一般的によく使うアクリルガッシュ等がないので、全てタミヤエナメルでやっていきます~。

瞳孔の周りに濃い青を入れまして、下の部分に水色を入れます。


x2189.jpg


水色の一番下に、更に薄い水色を重ねて入れました。
それから、目のハイライト、白目の部分に白を塗っていきます。


x2191.jpg


ここで、目の中に溶剤を含ませた筆を置いて、色同士の境目を馴染ませます。
塗料を若干溶かすイメージです。
そして、両目の下の部分にも小さいハイライトを入れました。


x2193.jpg


白目の部分の上側に、グレーを入れています。
それから、口の中をピンクで塗りました。
そして目の周りや二重の影、眉の下などに茶色のぼかしを入れています。


x2196.jpg


最後に、一番最初に描いたまつ毛や目の輪郭、瞳孔部分などをスミ入れペンで描き直します。
それからいつものメイクを入れていきます~。
シェーディングやチーク、白のハイライトを入れて完成です。

メイクの仕方は、以前FAG制作記事でアップしていますので是非ご覧ください
FA:Gのフェイスパーツをメイクアップしてみます

仕上げにもう一度艶消しトップコートをして、目の部分だけにレジンで艶を入れました~。



x2198n.jpg

x2199n.jpg



DPP_2197.jpg


手描きに使用したアイテムはこれで全部です~。
描き込みに使用したコピックモデラーと、塗りに使用したタミヤエナメル。
筆はアイクラフトのシュトライヒェン ピンセルという筆のXSサイズで・・・ ナイロン毛のブラシになります。

タミヤのウェザリングマスターGセットHセットはメイクに使用しています~。



DPP_2208.jpg

DPP_2209.jpg

DPP_2210.jpg

DPP_2212.jpg

DPP_2217.jpg

DPP_2219.jpg


ニパ子自体はタミヤの角ビンくらいの背丈なので、本当~に小さいです
11/5の千葉しぼり展示会ではどこかに置かれていますので、良ければ見てやってください~




* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 Kジーロ完成しました
【妖怪ウォッチ】 Kコマー完成しました
ドゥカティ1199パニガーレS & FAG迅雷Indigo Ver. ホビージャパンEX掲載作品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
FA:G 轟雷/赤ずきんVer. (ホビージャパン掲載作品)
Category: ダグラム完成品 > ラウンドフェイサー(MF版)   Tags: マックスファクトリー  ラウンドフェイサー  ソルティックH8  

ラウンドフェイサー ソルティックH8、完成しました。

M8eKExl2.jpg

ラウンドフェイサー ソルティックH8、再びの完成です~。

・・・といいますかこの作品、以前にご依頼で制作させて頂いたラウンドフェイサーなのですが、
ご依頼主様の飼われている猫が作品を倒してしまい棚から転落、アンテナがポッキリ折れてしまい、
修正が出来ないかとご連絡頂きまして引き取らせて頂いたラウンドフェイサーなのです。

左右見事にしっかりと短くなっておりまして、説明書からパーツ請求をしてアンテナの再制作をしたのですが、
その際にデカールも取り寄せまして全て貼り付け作業を追加で行いました。

以前制作したラウンドフェイサーはデカールを貼らないで欲しいという事だったのですが、
先日完成しお渡ししたブロックヘッドと並べてみたところ、やはりデカールがあった方が良かった!・・・と
後悔されていらっしゃったので、今回アンテナを直すのと同時にデカールも追加させて頂きました。

見比べてみるとやっぱり、以前のはだいぶシンプルです~。
特にライン状のデカールが入っていたり色が付いていたりするので、
情報量的にも効果が大きいのかもしれませんね。

以前制作したラウンドフェイサーはこちらです。
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品



DPP_0916.jpg

DPP_0901.jpg

DPP_0903.jpg

DPP_0904.jpg

DPP_0907.jpg

DPP_0905.jpg

DPP_0908.jpg

DPP_0909.jpg

DPP_0913.jpg

DPP_0911.jpg

DPP_0912.jpg

DPP_0914.jpg

デカール、アンテナの再制作以外に特別な作業はしていません。
でも、以前自分が制作したものが手元に戻って来るのは、とても不思議な感じがします

今後もダグラムシリーズの制作をお任せ頂いているので、次に出るヘイスティも制作させて頂く予定です


* 関連記事 *
ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
Category: ダグラム完成品 > ブロックヘッド   Tags: ブロックヘッド  マックスファクトリー  

ABITATE T10B ブロックヘッド、完成しました

te8mQRed.jpg

ご依頼頂いておりましたT10Bブロックヘッド マックスファクトリー版、完成しました。



カラー:(ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F))
赤:マルーン(C) + あずき色(C) + ローズディープレッド(G) + ブリリアントピンク(G)
グレー:グレー FS16440(C) + エアスペオリティーブルー(C) + RLM75グレーバイオレット(C) + ライトブルー(C)
緑:暗緑色(G) + ミッドナイトブルー(G) + フィールドグリーンFS34097(C) + ダークイエローII(G)
紺:ブルーFS15050(C) + パープルヴァイオレット(G) + フタロシアニンブルー(C) + ミッドナイトブルー(G)
アンテナ、武器の一部等:焼鉄色(C)
頭部センサー:クリアーレッド(G)
サーチライト:クリアーイエロー(G)
コクピットハッチ:クリアーブラック(G)

スミ入れ後、調合フラットコートでトップコートです。

腕部アーマーライフル部分は開口し、1.0mmガンマズルを入れています。
マグランチャーの棒?の様な部分は切り落とし、3mmプラ棒で作り直しました。
銃口部には3mmエンドパイプをセットしています。
マグランチャーの弾倉部分?とブロックヘッドの背面には6mmネオジム磁石を埋め込み、
接続用パーツをオミットして武器携帯状態を再現出来る様にしました。



DPP_0846.jpg

DPP_0848.jpg

DPP_0849.jpg

DPP_0850.jpg

DPP_0851.jpg




DPP_0855.jpg

DPP_0856.jpg

DPP_0857.jpg

DPP_0858.jpg




DPP_0853.jpg

マグランチャーを背面に携帯した状態です。


DPP_0854a.jpg

丸部分に6mmネオジム磁石を入れてあります。
本来は接続用のパーツをセットして背面に固定する様になっています。
これは磁石ですので、マグランチャーの角度も自由に変えられます。


DPP_0845a.jpg

複座なのでパイロットが2名います。
このくらいの大きさのフィギュアだと、だいぶ塗りやすいですね。
ヘッドルーペを購入したものの、結局裸眼で塗っています・・・



DPP_0859.jpg

DPP_0860.jpg

DPP_0861.jpg

DPP_0862.jpg

DPP_0863.jpg

DPP_0864.jpg

以上、ブロックヘッドでした~。
ダグラムシリーズ、次はヘイスティという機体が発売されるそうで楽しみにしていたのですが、
11/30発売予定だったのが12/31に変更されていました
むしろ、1月~2月頃まで延びてしまうかもしれませんね・・・
いずれ発売されましたら、制作してみたいな~と思っています。

それではご覧頂きまして有難うございました


* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
HGすーぱーふみな 完成しました~。
フレームアームズガール スティレット完成品【HJ別冊
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  ブロックヘッド  

【太陽の牙ダグラム】 T10Bブロックヘッド、素組しました

IMG_3908.jpg

今日は、先月末の10/31にマックスファクトリーより発売された「アビテートT10B ブロックヘッド」を組みたいと思います~。
以前制作しましたラウンドフェイサー、ダグラムと並んでダグラムシリーズ3機目になりますね!
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 完成品
以前の作品はこちらです

IMG_3892.jpg

という訳で、素組正面です。

IMG_3895.jpg

後ろです。

IMG_3900.jpg

メイン武装、マグランチャーを装備。

IMG_3904_2014111906433644b.jpg

こんな風に構えて使用するみたいですね~。 ※あ、私ダグラムまったく知らないんですよ・・・
説明書の通りに持たせてみました。

IMG_3902.jpg

IMG_3905_20141119064355456.jpg

マグランチャーは背面にも取り付け出来ます
そして・・・

IMG_3891.jpg

ビックリ!!ブロックヘッド、まさかの2人乗りでした・・・
しかも、頭部に乗っている人がパイロットで、胸部奥に乗っている人が鼻みたいな2本のミサイルを撃つ為のガンナー、だそうです
なんとなく逆をイメージしてしまうのは、ガンダム的な胸部コクピットが強く認識されてるせいなのかな~

IMG_3906.jpg

ブロックヘッド、相当でかいですね~ だってギャンと比較するとこんな感じだし・・・
あれ、比較対象間違えてる??
このギャン食玩ですもんね、失礼しました・・・

IMG_3907.jpg

HGユニコーンと並べるとこんな感じです。つまりMGクラスのサイズでしょうかね
それでは、ブロックヘッド制作していきます~

--------------------------------------------
* 追記です *
コメントで頂いた、プラモデルの基本工作に関してのポイントです。

IMG_3909.jpg

パーツ同士は「ダボ穴+ダボピン」という箇所をはめる事によって組み立てられていくのですが、
最初の仮組作業をする際には「ダボ切り」を同時に行っていきます~。
ピン側を大体半分位の所で切ってやると、パーツ同士がはまりやすく、かつバラしやすくなります。
それでもはまりにくい部分は、ダボ穴を同径のピンバイスで軽く広げてやるのも良いですよ~

IMG_3914.jpg

バラした後で合わせ目消し等の作業をするのですが、その時にもパーツの真ん中あたりはスキマが出来やすかったりします。
とくに大きいパーツになると出来やすいですね~、ジバニャンの頭とか・・・
こういう時にダボが切ってあると、パーツ同士の密着性が良くなって接着もしやすくなります。
仮組の時にダボを切りながら組み立てていくのは、後々のメリットが大きいので是非やってみて下さい

IMG_3911_20141119114531291.jpg

クリアランス処理に関して
肘や膝など、可動する関節は全塗装して組み立てた後で塗装剥げが起きやすい箇所です~。
こういう所のパーツ同士がこすれる部分を、仮組の時点で確認して、塗装した際の塗膜の厚みを考えながらヤスリがけの時に
多めに削ってスキマを持たせていきます。この作業がクリアランス処理です
素組の時点で動きが渋かったりキツキツな時は、そのまま塗装してしまったら大変な事になるので、ヤスリがけしては組み立てたりして
スムーズにする+塗膜分を考慮したスキマを持たせる事が大事になってきます。
単にパーツをはめる部分に関してもそうなのですが(例えばジバニャンの頭に表情パーツをはめる)
受け側のパーツも、はめる側のパーツも塗料が乗った状態で組み立てられるので、最初のプラパーツ同士がはまる時以上に
ヤスリがけでスキマを作ってやらないと、塗料がベリッとなってしまいます

IMG_3913.jpg

「塗膜の厚みとはどの程度考慮すれば良いのか?」は、塗装して組み立てる経験を何度も経ていくとだんだん掴めてきますので
実践あるのみです!単色なのか、塗り分けで何度も色を重ねる部分なのか等でも厚みは変わってしまいます。
かといって削りすぎてしまうと、動きがスカスカになったりするのでそれも注意なのです
例えばロボニャンの口なんかは、パーツの摩擦で開閉されているのであまりクリアランスを取り過ぎると口が空きっぱなしになってしまいます!
制作を重ねる事で慣れてくる部分だと思いますので、まずはどんどん作ってみましょう~

* 関連記事 *
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 完成品
Category: ダグラム完成品 > ダグラム (MF版)   Tags: マックスファクトリー  プラモデル  太陽の牙ダグラム  

太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~

IMG_249456.jpg

マックスファクトリー版 1/72ダグラム、完成しました~
↓以下制作過程の記事です
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5

昭和ロボットアニメぽい渋さが出る様に頑張ってみたのですが、如何でしょうか~
ウェザリングは、リアリティを意識して入れてみました、使い込まれた感が出るといいなーと思いつつ・・・
派手に汚れた機体は苦手なので、雰囲気が出せる様に、を意識しています
無骨だけど、いいデザインですね~ダグラム。制作しているうちに、どんどん愛着湧いてきてしまいました(笑)

カラー:(ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F))
紺部:黒サフ → ミッドナイトブルー(G) + FS15050(C) + FS15044(C) + パープルヴァイオレット(G) + ニュートラルグレーIV(G) ※νガンダムの紺
→ ブラバムブルー(F) + ブルーFS15050(C) + パープルヴァイオレット(G) + フタロシアニンブルー(C)
白部:メカサフライト(G) → ホワイトFS17875(C) + グレー FS16440(C) + エアスペオリティーブルー(C) + RLM75グレーバイオレット(C)
赤部:レッドFS11136(C) + あずき色(C)
関節色:メカサフヘヴィ → ジャーマングレー(G) + 黒サフ(G) + スーパークリアー艶消し(C) + ニュートラルグレーIV(G) ※関節用調合色
ターボザック:ニュートラルグレーIII(G) + ニュートラルグレーV(G) + 焼鉄色(C) + フィールドグリーンFS34097(C)

キャノピー部分:クリアーブラウン
頭部センサー:クリアーレッド

スミ入れ後艶消しトップコート、タミヤウェザリングマスターA・Bで汚し、エナメルクロームシルバーでダメージ表現しています。

IMG_2486.jpg

IMG_2479.jpg

IMG_2490.jpg

IMG_2479_2014082106222639a.jpg


IMG_2464.jpg
IMG_2469.jpg

IMG_2497.jpg

IMG_2494.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2511_201408210624328b2.jpg

IMG_2510_20140821062433b29.jpg

IMG_2509_201408210624359e7.jpg

IMG_2500_20140821062436e8f.jpg

ハッチオープンでパッケージイラスト風に
なぜか、ダグラムも後ろ姿、というか斜め後ろからのアングル?が好きですねー

IMG_2522.jpg

ダグラムシリーズ、次回の制作はアビテートT10B ブロックヘッドです~。10/末発売予定です
あぁっ、早く制作したい~(笑)
I様、ラウンドフェイサーと合わせてのご依頼有難うございました!  この2機を並べて飾って頂けると思うと嬉しい限りです

* 関連記事 *
ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  プラモデル  

【太陽の牙】ダグラムを制作中~5

6012a04977777355.jpg

マックスファクトリー版 ダグラムを制作中!最終回、その5です~
塗装の続き、仕上げ、トップコート、ウェザリング等々アップしていきたいと思います。
今回はもちっと本格的にウェザリングしてみたいなぁ・・・ という事で、前回と違うアプローチを入れました

IMG_2431.jpg

前回の続きから、マスキング作業ですー。
実は、細かいパーツに塗り分けが多かったダグラムさん・・・。
足の裏は、またオシャレは足元からという事でマスキングしてみました。

IMG_2433.jpg

右腕に装着するリニアガンの、4色目・青を塗装です。
ちょっと明るめのブルーになっているようです。

IMG_2434.jpg

メイン装甲、紺色のパーツ。前回下地に黒サフを吹いた上から、ごく黒に近い紺色を塗装しました

IMG_2435.jpg

次に紺色を塗装です

IMG_2437.jpg

最後のマスキング。ターボザックに付いているパイプの様なパーツですが、
パイプ部分が紺・根元がターボザックと同色になっているので、塗り分けの為にマスキングしています。

IMG_2441.jpg

そして、全パーツにスミ入れが完了しました~!
淡々と進んでますが、かなり地道な作業です・・・

IMG_2445.jpg

クリン・カシムのパイロットフィギュアをタミヤエナメルで筆塗りです
前回の、地球連邦軍の名も無きおじさんよりは塗りやすかったような気がします

IMG_2452.jpg

艶消しトップコートを吹きました~。
今回、デカールはご依頼主様の指定で両肩の三角マークだけとなっています。

IMG_2451.jpg

以前も紹介した事があるのですが、私の艶消しトップコートレシピです
ガイアノーツ EXフラットクリアー半分
クレオス フラットベース・なめらかスムース半分
クレオス スーパークリアーつや消し半分
これを80mlスペアボトルに入れて、満量近くまで溶剤を入れれば完成ですー!半分というのは目分量でOK!
2回分作れて、計量いらず とてもお手軽です
いつもこれでトップコートしております

IMG_2456.jpg

最後のウェザリング作業~。
今回はエナメルのシルバーでドライブラシを入れてみました!
使用したのはタミヤエナメル クロームシルバーです。
写真の筆は、パイロットの塗装などにいつも使用している文盛堂の精密面相筆 インリターン10/0です。同じ物を3本使い分けてます(笑)
塗料を付けてはティッシュで軽く落としながら、パーツのエッジ部分をこする様に塗っていきます~

IMG_2457.jpg

↑でおおまかにエッジ中心に付けたシルバーの塗料を、それっぽい表現になるようにエナメル溶剤で落としていきます。
今回もあまり激しいウェザリングはしたくないので、雰囲気が出る程度に若干残すようにしました

IMG_2459.jpg

そして、またタミヤのウェザリングマスターでちょこちょこ汚していって完了ですー。
というか、ウェザリング自体初めてですので全て勘でやっていますが・・・

ダグラムは、紺色で陰影が付きにくいのでダメージ表現も入れてみようかなと思ったのですが・・・
ラウンドフェイサーは量産機なので、綺麗な機体も多いと思うのですがダグラムはワンオフ機ですから、
これだけでずーっと闘い続けてるわけで、かなり使い込まれた感が出ていてもいいのかな~とか思ったり。
ダメージ表現入れてみたいがための言い訳がましい解釈ではありませんよ・・・?

IMG_2462_2014082013021349d.jpg

こんな感じに仕上がっていますー。
あとはターボザックと武器を仕上げて、トップコートして完成!です
今晩撮影になると思いますので、深夜か明日には完成画像をアップしたいな~と思っています。どうぞ宜しくお願いします

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
Category: ダグラム制作記事   Tags: マックスファクトリー  太陽の牙ダグラム  プラモデル  

【太陽の牙】ダグラムを制作中~4

1102477458.jpg

それでは、ダグラム塗装編2回目 やっていきたいと思いますー!
エアブラシ握ってると平気で2時間とか3時間とか経っていて、時計見て「えっ!?」てなります、、、
よ~う~か~い~の~ せいなのねそうなのね!(違います)

IMG_2405.jpg

腕につくリニアガンの、小さい枠内の部分(×4箇所)が赤なのですが、また例によって赤いデカールが付属しているので
デカールは使わずに塗り分けでやっていきます~。

IMG_2408.jpg

上のデコボコした部分?だけが違う色なので、塗り分けの為に塗装しています。
この小さいパーツ実は4色に分かれているようで・・・なかなか曲者です

IMG_2409.jpg

リニアガンのさっき塗装した部分と、リニアカノンのグレーの部分をマスキングしました

IMG_2413.jpg

関節類のパーツとターボザックのパーツに、メカサフヘヴィを吹きました。
今回も、これをいつものサフがわりに使用しています~。

IMG_2430.jpg

関節部分を塗装しました。
この塗料はジャーマングレー(G) 5ml + 黒サフ(G) 5ml + スーパークリアー艶消し(C) 5ml + ニュートラルグレーIV(G) 1本 で出来ている、関節用に作った色です
80mlの大ボトルにストックしてあります~。

IMG_2417.jpg

ここで問題が発生・・・
すでに塗り分け終わったこのお腹部分のパーツですが、、、 色が違っている事に気付いてしまいました

IMG_2428.jpg

これか!腹部カバーってこれの事だったのか!!
という事は、このパーツは白じゃなくてリニアカノンのグレーと同じ色でなきゃいけない・・・という事ね~
まさかお腹だけ色が違うとは・・・さっぱり気付きませんでした。作例写真見ると、あんまりよくわからないです(笑)
でも↑一番上の絵を見ると・・・なるほど、明らかに違うぜっ
という訳で、塗り直しです

IMG_2429.jpg

逆マスキングして・・・ 塗装完了~
こういうミス、何気によくやるんですよねー  たはー、気を付けなければ・・・ (これが組み立て中だったら、ガッカリ感半端ないですよ

IMG_2414.jpg

紺色部分のパーツに、ガイアの黒サフを吹きましたー。
紺なので、黒からやっていきたいと思います。

IMG_2416.jpg

一部のパーツは塗り分けのため、焼鉄色を吹いています。
そして、クリンさんも面積の大きい肌色で塗装しました

さてさて・・・ここでちょうど折り返しくらいでしょうか?
この後はマスキング、紺を塗装、青を塗装、ターボザックを塗装、クリンさんを筆塗り、スミ入れ、デカール貼り、
艶消しトップコート、ウェザリング、トップコート・・・で終わりになるはず、です
引き続き完成まで、宜しくお願いします

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5
Category: ダグラム制作記事   Tags: マックスファクトリー  太陽の牙ダグラム  プラモデル  

【太陽の牙】ダグラムを制作中~3

151_main.jpg

マックスファクトリー版ダグラム 塗装開始ですー
説明書の完成写真を見ていたら、実は思っていたより塗り分けが多い!? のでビックリしていたところです
かなり細かい部分なんですけど、、、 白塗って紺塗って赤塗って、武器とか関節やって終わりっ!・・・ではなかったのね~!
それでは、さっそく始めていきますっ

IMG_2378.jpg

最初にキャノピーのスケスケ部分をクリアーブラウンで、頭の上にあるセンサー(?)のような箇所をクリアーレッドで塗装しました。
センサー部分はクリアカラーでという事でしたので、こんな感じに

IMG_2380.jpg

塗料です。
クリアーレッドはすごく使用頻度が高いので、タミヤのスペアボトルに希釈済みのものを作ってありますー
ガイアのクリアーレッド1本入れて、溶剤入れて瓶ごと撹拌!です。
クリアパーツ保護の為にいつも使っているクレオスのスーパークリアーIII。
こちらも1本希釈して作ってあります。何かわからなくなっちゃうと困るので、いつもこんな風にラベルを貼っております、、、

IMG_2387.jpg

そして、白いパーツ・赤いパーツにサフを吹きました~
ラウンドフェイサーの時にも活躍してもらった、ガイアノーツのメカサフライトです

IMG_2390.jpg

リニアカノンの真ん中のところが白になっているので、こんな感じで塗装しました。

IMG_2392.jpg

そして、ダグラムの白い部分を塗装です。
今回も、すこーしですがエッジ部分が残る様に吹いています・・・ 
ダグラムの白はかなり暗めの色なので、メカサフライトの下地をそのまま生かすようにしました。

IMG_2394.jpg

白の塗料はこんな感じです~
前回のラウンドフェイサーで作った白に、水色とグレーを足して作っています
主要カラーは多めに作るためよく余るので、余った分もスペアボトルに保管しています。あ、ラベルは忘れずに貼っています!
何に使った色か・どれとどれを混ぜたのかをメモ代わりにラベルにしておくと、何かと役に立つので
塗料は、意外とこんな風に再利用されていくんですよ~(笑)

IMG_2399.jpg

キャノピーパーツ、センサーパーツのクリア部分をマスキングです。
腰部分の白いパーツは、赤が四角く入るので赤を吹くためマスキングしています。
多分色の補完のためなのでしょうけど、この四角い赤がデカールとして付属しています・・・
でもデカールで赤くするのもなんなので、ここは塗り分けで
リニアカノンの一部白くした部分も、マスキングしています。

IMG_2402.jpg

そして赤を塗装です~

IMG_2385_20140817112517a35.jpg

赤はこの2色を混ぜて作りました

IMG_2404.jpg

リニアカノン全体もグレーで塗装です。このあと一部紺色になりますので、またマスキングです~
このグレーは、さっき塗装した白にグレーバイオレットを足して作っています。

とりあえずは、ここまでで記事をアップしたいと思いますー
続きの塗装はまた夜?か朝にアップしたいと思いますので、よろしくお願いします♪

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  プラモデル  

【太陽の牙】ダグラムを制作中~2

mdagz2.jpg

今日もせっせとダグラムの制作を進めています  というわけで宜しくお願いします~。
↑のはダグラムヤクトタイプという名前だそうですが・・・ ぱっと見たところ肩に赤い砲台が付いてる位の違いだけでしょうか?
ていうかこれ、ラウンドフェイサーから奪って付けたんでしょうか?謎は尽きない・・・

若干気になるのは、腰がパンツスタイルじゃなくてアーマーが裂けている事でしょうかね・・・ チラリズム

IMG_2372.jpg

今日はもう朝から晩までずーーーっと、ヤスっては投げヤスっては投げ、、、じゃなくて、コツコツと地道に作業していました・・・
何と言うかやっと、やっと!全パーツ洗浄まで漕ぎつけました、長かった、肩が痛い
ラウンドフェイサーよりパーツが多く、しかも小さくて、色々とこっちの方が大変でした。

IMG_2365.jpg

何か、余計な事かと思いつつまたも改修作業を
顔の両側に付いている銃口(?)みたいな部分を、ピンバイズでカリカリと薄くなるように加工してました。
左が加工した方、右がキットそのままの状態です。
1mmピンバイス→1.5mmピンバイスでふちを薄くしています。
意味あるの?と言われると困るのですが・・・ 銃口部分が厚いとタルく見えるので

IMG_2370.jpg

腕に付いているリニアガンのふちも薄く。
こっちはちょっとわかりづらいですかね~ 加工前のものが無いので・・・

IMG_2369.jpg

ターボザックに付いているリニアカノンもです。
2mmのピンバイスで開けてたんですが、こいつはちょっと厄介で、「まずい裂ける!!」っていう感覚があったもんですから
デザインナイフの先端で、ひたすらくるくると削ってました

さて、こんなところでやっと、塗装に入れます!
これから持ち手を付けて、ひたすらエアブラシと格闘しますー。次の記事までお待ち下さい

え、これだけ?? って言われそうなのですが、ええこれだけです・・・ ヤスリがけってほんと大変なのです
ただ削ってるだけじゃなくて、パーツ同士のラインとか合わせたり、パテで修正とかもやってるもんですから。。。

あんまり短いとあれなので、ちょっとどうでもいい画像を

IMG_2373.jpg

IMG_2374.jpg

テストピース作ってました
GXメタルパープル→クリアーパープル→艶消しです。
LBXエンペラーM3&M5用に色の組み合わせを考えているのですが、紫部分をメタリックにするとどうなのかな~っていう実験で。

う~ん、やっぱりメタリックの使用面積が大きいとちゃちく見えちゃうので、せめて艶消しならどうかなとか思ったのですが、
他の色と組み合わせた状態を想像してみてもイマイチ・・・ やっぱり通常色の方がいいのかな~

さてどうやって制作するか悩み中です
早く発売日になってほしいですねー!!

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
【太陽の牙】ダグラムを制作中~1
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5
Category: ダグラム制作記事   Tags: 太陽の牙ダグラム  マックスファクトリー  プラモデル  

【太陽の牙】ダグラムを制作中~1

TOY-RBT-3691_02.jpg

昨日の夜アップしようと思っていたら、子供を寝かしつけているうちに自分も寝てしまうという。子育てあるある。
さて、それではダグラムの改修作業にいってみたいと思います

IMG_2334.jpg

足のもも部分。後ハメのためにカットする部分もラウンドフェイサーと同じです~。
ひざ関節パーツは、スジ彫りを彫り直してあります。

IMG_2340.jpg

腕のパーツなんですけど、肘に付くアーマーパーツ横の丸い突起ディテールが、こんな風に
はめた跡が見えてしまうのが嫌なので、修正作業しました。

IMG_2342.jpg

アーマーの凹み側を埋めて整形、突起側の凸部分は切り取って整形、塗装後に接着する形にしています。
微妙な部分ですが見栄えが大事なので!

IMG_2356.jpg

ココ。ココも微妙な部分なのですが、腕を曲げたりした時にパーツの隙間がチラ見えするので、パテで埋めちゃってます。

IMG_2343.jpg

左右の平手も、合わせ目の隙間が空くのでラウンドフェイサー同様、パテで修正してます。
ダグラムの方が、手が小さいですねー

IMG_2345.jpg

胴体のパーツ。
両方の側面に出る合わせ目を消す為に、紺色の方はここまで削りました~。
白い方が下がすぼまってる形状なので、こうやって削らないと入りません

IMG_2338.jpg

背中に背負う、ターボザックの合わせ目消しと加工です。

IMG_2353.jpg

合わせ目が嫌な位置に出ちゃってるので、赤いパイプを差し込む突起部分は削り落しちゃって整形します。
削り落した部分は、コトブキヤのモビルパイプ 3.5mmがちょうど合うのでこれを使います

IMG_2354.jpg

塗装後、正確な位置に接着出来るように&強度確保の為、1mmの真鍮線を通して接着出来るようにしてあります。

IMG_2336.jpg

頭です。これもすごく嫌なところに合わせ目がきてます  
(上の突起の部分です。ていうかこれ、何の働きするんでしょうか・・・ サーチライト?
中にクリアパーツが入ってるので仕方ないのですが・・・。
ここを接着しちゃって合わせ目消しします

IMG_2347.jpg

横にくっついている2個の突起ディテールも、削り落しちゃって整形し、アフターパーツで置き換えてます。
ちょうどここ、縦にパーティングラインが入ってるので、そのまま整形するのは至難の業ですっ
とにかく一番神経使ったパーツでした

IMG_2351.jpg

コトブキヤの小型リベットに置き換えです。1mmです。
形がドーム状になっているので、てっぺんを削って平らになるように整形しました

IMG_2359.jpg

ふくらはぎ~足の裾広がりのアーマーパーツ。
なんか、合わせ目消しの為にちょっとヤスリがけしただけで裾のラインが消え去ってしまい、、、とってもやる気を感じません!!
仕方ないので、0.15mm→0.3mmと順に全周スジ彫りを入れ直しました 。
ここ、デカールでオレンジのラインが入る場所なので、わざとやんわり彫ってあるんでしょうか?  謎です・・・

IMG_2361.jpg

右腕に付く銃のような(?)武器パーツ。
これもモナカ割りなんですがどうしても変な部分にスキマができるので、ちょこちょこパテ足して修正してました。

IMG_2363.jpg

あとは、ターボザックに付く砲台のような長~い銃も、整形作業が残ってますが!
とりあえずは、普通にヤスリがけして終わりなパーツ達です。これを今日中にせっせと仕上げていきます

それでは、【制作中2】までお待ち下さいっ

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
【太陽の牙】ダグラムを制作中~2
【太陽の牙】ダグラムを制作中~3
【太陽の牙】ダグラムを制作中~4
【太陽の牙】ダグラムを制作中~5
Category: ダグラム完成品 > ラウンドフェイサー(MF版)   Tags: マックスファクトリー  ラウンドフェイサー  ソルティックH8  

ソルティックH8 ラウンドフェイサー 制作代行ご依頼品

IMG_23102.jpg

ご依頼頂きましたソルティックH8 ラウンドフェイサー、完成しました。
今回は長らく制作記事もやっておりました 宜しければご覧ください~。
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~1
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~2
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~3
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~4
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~5

ダグラムを知らない分際で制作してしまいましたが・・・ 自分なりにイメージを持って制作してみました。
もう、この愛嬌のあるバッタ顔が可愛すぎて、制作はとても楽しかったです

デカールはご指定の場所のみ貼り付けています。

後日、ご依頼主様からデカールを全て貼って欲しいとのお話がありまして
再び手を入れさせて頂きました。その作品がこちらです。

>>ラウンドフェイサー ソルティックH8、完成しました。


カラー:(ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F))
白部分:メカサフライト(G) → ダークイエロー2(G) → ホワイトFS17875(C) + グレー FS16440(C)
緑部分:メカサフヘヴィ(G) → 暗緑色(G) + ミッドナイトブルー(G) → フィールドグリーンFS34097(C) + ダークイエロー2(G)
薄緑部分:ロシアングリーン(C) + ダークイエロー2(G)
赤部分:レッドFS11136(C) + ダークイエロー2(G) + グレー FS16440(C)
動力パイプ:焼鉄色(C) → クリアーブラウン(G) → スモークグレー(C)
キャノピー部分:クリアーブラウン(G) → スモークグレー(C)


IMG_2271_201408101905331ed.jpg

IMG_2272_201408101905341f6.jpg

IMG_2273_20140810190536bd8.jpg

IMG_2275.jpg


IMG_22650.jpg

頭部コクピットのパーツです。
正面モニター、左右操作パネル、パイロットフィギュア。

IMG_2268.jpg


IMG_2286.jpg

IMG_2289.jpg

IMG_2295.jpg

IMG_2296.jpg

IMG_2298.jpg

IMG_2299.jpg

IMG_2302_2014081019072025b.jpg

IMG_2303.jpg

IMG_2312.jpg

何故か後ろ姿がお気に入りです~。

このまま、ダグラムの制作に入ります。
また制作記事をやっていくつもりですので、どうぞ宜しくお願いします

* 関連記事 *
太陽の牙ダグラム(マックスファクトリー版) 制作代行ご依頼品完成です~
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~1
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~2
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~3
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~4
>>ソルティックH8 ラウンドフェイサーを制作中~5

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品) 2018/10/08
神展に参加してきました~ 2018/09/17
ホビージャパン8/25発売号、掲載されております~。 2018/08/25
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品) 2018/08/14
女性の展示会 「もふもふまつり」 参加してきました~ 2018/08/12
ホビージャパン7/25発売号、掲載されております~。 2018/07/26
SOLTIC HT128 ビッグフット、完成しました 2018/07/05
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その4 2018/06/22
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 (ホビージャパン掲載作品) 2018/05/20
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 【2日間制作方法】 2018/05/13
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その3 2018/05/03
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。 2018/04/26
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その2 2018/04/22
1/72 ソルティックHT128 ビッグフット制作中です~その1 2018/04/13
ブロッカーズフィオーレ プリムラ制作ポイント 2018/03/31
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷