ガンプラ0079

Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  Vガンダム  作例  1/100ガンブラスター  改造  

ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】

UR0092x.jpg


新年明けましておめでとうございます
2019年も、更に頑張っていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

さて、12/25に発売されましたホビージャパン2月号にて1/100ガンブラスターを制作しました。



xUR0103.jpg


KeitaさんのV2アサルトバスターが目印です~。
今回は巻頭特集がVガンダムという事で、私はその中のガンブラスターという機体を担当させて頂きました。

実はガンブラスターが何なのか全くわかっていなくて、キットを受け取るまで乗り物か何かだと思ってました



UR0093x.jpg


実はRE/100ガンイージというキットが発売されたばかりなのですが
(バックパックとウイングが付いていない機体)
ガンブラスターというのは宇宙用にバックパック、羽が付いた状態のガンイージだというので
旧キットで出ているガンブラスターの羽を、バックパックをちょいっとどうにかして作って
REにくっ付けて欲しい?みたいな内容でして・・・

そもそもバックパックなんてどうやって作るんだ?と思いながらOKしたのですが
アイディアが全く浮かばなくて、死ぬ思いでやりきった作例でした
こんなに締切の圧力に苦しんだのは初めてだったかもしれません


また、1/25頃にこの作例の完成記事をあげたいと思います。
ひとまず誌面の方見て頂けましたら幸いです~。
どうぞ宜しくお願いします





* 関連記事 *
ホビージャパン1月号、掲載されております
ホビージャパンライターって何するの?のお話
ホビージャパン12月号、掲載されております
ホビージャパン8/25発売号、掲載されております~。
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
Category: フレームアームズガール完成品 > グライフェン海賊Ver.   Tags: ホビージャパン  FAG  フレームアームズガール  グライフェン  改造  作例  

FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)

UR0104x.jpg


FAガール・グライフェン、海賊アレンジVer.です。
ホビージャパン1月号に掲載されています~。



xUR0043_20181229162958cc3.jpg


今回のホビージャパンはオラザク選手権の号でもありまして。
私は審査員もさせて頂いております・・・。
素晴らしい作品揃いですので、是非併せてご覧ください



DPP_8658.jpg


さてさてグライフェンですが、改修の内容を載せていきたいと思います~。

靴ですが、これめちゃくちゃ厚底ブーツにしてみたくて思いっきり底上げしました。
エバーグリーンの0.75mm厚のプラ板を3枚積層して、綺麗に整形しています。
つま先の可動部分は無くして、つるんとした形状に直しています。



DPP_8661.jpg


マントですが、MGのエクシアリペアの物を加工して流用しました。
あの左肩に付いているやつです~。
グライフェンの首に付いているリングみたいなパーツに一体化させて、首に巻いてる風にしてみました。



DPP_8664.jpg


肩章というパーツを作ってみました。
海賊をやるにあたって、「どんなパーツが付いていれば海賊に見えるのか」を考えて
色々画像検索してみたのですが、やっぱり一番はドクロのついた帽子なんですよね。
次に、意外と肩にこれが付いているキャラクターが多かったので、これもやってみる事に。

まず、中心の半円みたいなちょっと盛り上がったパーツを作って・・・
使うのは全部マジックスカルプというエポパテです。

その外側に、太めの紐みたいにしたマジスカをくっ付けて囲みます。
残りは外側に付くヒラヒラですが、マジスカを30本くらい人差し指でこよりにした物を作って、
ちょっとしたカーブをつけてみたりしながら完全に硬化するまで放置しておきます。

その後ピンセットでつまみまして、半円みたいなパーツに接着剤でちまちま付けていくのですが・・・
ふさふさ感というか、自然に紐が出ているみたいな状態を演出したかったので、
上下に高低差をつけたりカーブの角度を上手く組み合わせてみたり、
とにかく自然な紐感に気を付けていました。

後は、根元に接着剤の跡が残るのでそれを消したり、1本1本の隙間を綺麗に整形したりと、
このパーツは本当に手間がかかりました




DPP_8665.jpg


首に付いているヒラヒラした布みたいなパーツ。
中世の貴族みたいなイメージなのですが、これもやりたかったので作ってみました。

マジスカを伸ばして伸ばして布っぽくまとめていくのですが、
もちろん最初は全然こんな形状じゃなくて、もっと塊っぽかったものを
溝を掘ったり薄くしたりしながら、布に見えるように直していった感じです。



DPP_8663.jpg


海賊の帽子。これはマストアイテムですね~。
グライフェンは元からベレー帽を被っていたので、それの周りにマジスカの壁を作るみたいなイメージで
薄く伸ばしたマジスカで周りを囲んで、硬化するまで放置です。

硬化後に、てっぺんのカーブをつけていって中も外も綺麗に整形して、帽子のベースが出来上がりです。
やっぱり海賊帽は金の縁取りが欲しかったので、0.5mm厚のプラ板を帽子のフチと同じ形に切り出しまして
接着剤で密着させながら貼り付けていき、その後は隙間を埋めたり接着跡を消したりしていきました。

ドクロマークは、SDのクロスシルエット・クロスボーンガンダムのパーツです。



DPP_8666.jpg


腰にベルトみたいな、飾りのパーツを作ってみました。
全体のバランスを考えた時に、腰にひとつアクセントがほしかったので・・・。

これも本体にメンソレータムを塗ってから、マジスカで密着するようにリング状のパーツを作り、
硬化してから取り外します。このリングを、綺麗に整形しておきます。
あとは0.5mm厚のプラ板を正方形に手で切り出して、ヤスリがけしてから貼り付けていきます。

カクカクッときっちり真四角だと、あんまりアクセサリー感が出ないと思ったので
わざとフリーハンドで切り出して、ヤスリがけしてみました。
さらにその上に金属製のエッチングパーツを貼りつけて塗装しています。



DPP_8659.jpg


グライフェンの握りこぶし。
これ、人差し指と親指が合体してしまっているので、、、
デザインナイフで削っていって、ちゃんと分離しているようにしてみました。

結局、私も誌面の方でも、写真のカットでこのハンドパーツ使わなかったんですけどね(笑)



DPP_8662.jpg


眼帯です~。
顔パーツが3つあるので、内ひとつは眼帯付きの顔にしてみました。
これもマジスカをくっつけて制作しています。



DPP_8660.jpg


武器です。これはLBXトリトーンの、シーホースアンカーという武器を使いました。
海賊を演出するのに、碇型の何かを持たせたいと思っていたのですがちょうど良い物がありましたね。

グライフェンの手は、丸棒ではなく角棒の物を持つように出来ているので、持ち手の部分は作り変えています。



xIMG_7563.jpg


むかーし制作したLBXトリトーン。
ダンボール戦機というアニメが元の機体です。
私がホビージャパンのライターとしてデビューしたのはそもそもLBXの作例だったので、
このパーツの流用で作例を作る事は結構感慨深かったですね~。

LBXはもう絶版なのでキットは手に入らないので、トリトーンはメルカリで買いました(笑)
中古で組み立て済みの物が900円で売っていました。出してくれた人、ありがとう~!




DPP_8640.jpg


塗装前の状態がこちらです。
両脚に付いているメカっぽいのは、グライフェンがつけている武装のパーツを切ったり組み変えたりして
作ってみました。グライフェン以外のパーツは使っていません。



DPP_8639.jpg


後ろ姿です。



DPP_8653_2018122916313670f.jpg


塗装してみると、こうなります。

塗装って、本当に大事ですよね・・・。作品に命が入る様な感覚があります。
メインは黒なのですが、合わせて金と茶色、マゼンタと紫を配色してみました。

髪はピンク系のグラデーションで、武装は青緑みたいなカラーがメインです。
海賊なので、海のイメージで青系のカラーも入れ込みました。

オリジナルで作る時って、カラーリングと配置にものすごく考える時間を取られます・・・。
私が色を考える時は、全て頭の中だけでやっています。
カラーパレットみたいな紙や、パソコンでデジタル彩色してみて決めるような事は全くしていません

特にパソコンで色を塗ってみるみたいなやつ、とても便利そうですよね~。
そういう最先端な事が出来るようになりたい・・・。



DPP_8642.jpg


両脚の武装は3mmプラ棒で接続しているだけなので、外す事が出来ます。
素体状態みたいな感じですね。



DPP_8643.jpg


DPP_8645.jpg


脚の武装をセットしてみます。



DPP_8647_20181229163348c13.jpg


武器も装着。
というか、これ使って戦うのかどうかよくわかりませんが・・・
脚の武装、でっかい手みたいなパーツはどうしても使いたかったので
これをメインで、周辺のゴチャゴチャを考えていきました。



DPP_8649.jpg


DPP_8650_20181229163351043.jpg


DPP_8652.jpg


DPP_8654.jpg


帽子を外して、頭が出ている状態にも出来ます。
ここは元のグライフェンと一緒ですね。
帽子取ってみないと、髪の毛のグラデーションがよくわかりません(笑)



DPP_8655.jpg


DPP_8656.jpg


DPP_8657_201812291634452d5.jpg


FAガール グライフェンでした。
ここまでご覧頂き有難うございました~。

実は、これの前にやったFAガール白虎の時に海賊モチーフって既に考えていたんですよね。
でも、白虎にはあまり海賊要素が無かったので作るのが難しくて、やめていました。

今回のグライフェンも、ライドビークルに乗った姿とかすごく鳥山明メカっぽいイメージがあったので
ものすごくポップなカラーリングで鳥山キャラっぽい世界観を考えていたのですが、
何だか気付けば海賊でいく事になってました・・・。

FAグライフェンが水中用メカだった、というのは実は知らなかったので偶然で、
編集さんが海賊=結果オーライ!みたいに上手くまとめてくれた感じです(笑)

グライフェン、2019年1月12日開催の八展で展示しますので、どうぞ宜しくお願い致します~。






* 関連記事 *
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話
エアブラシを新調してみたお話
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
Category: フレームアームズガール完成品 > 初音ミク   Tags: ホビージャパン  フレームミュージックガール  初音ミク  コトブキヤ  作例  

FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)

67889.jpg



フレームミュージック・ガール、初音ミク完成品になります
月刊ホビージャパン12月号に掲載されています~。



DPP_8626_201811131434317f2.jpg


ホビージャパンノ表紙をやらせて頂いたのはこれで2回目です!
どうも有難うございます。
前には、FAガール サキュバスバーゼラルドで表紙にして頂きました。

あとはホビージャパンエクストラでも一度表紙にして頂いています。
この時は、FAガール迅雷&ドゥカティ1199パニガーレSでした。
本当にFAガールばかりやらせて頂いております



DPP_8553.jpg


さてさて、今回ミクさんの顔を6点作ってみました。
FAガールのメイク方法に関しては、こちら「FA:Gのフェイスパーツをメイクアップしてみます」をご覧ください




DPP_8622.jpg


DPP_8612.jpg


DPP_8618.jpg


DPP_8613.jpg


DPP_8624.jpg


DPP_8617.jpg


顔を変えてみるとこんな感じですが、如何でしょう?
ちなみに、バーゼラルドのフェイスパーツはそこまで合いませんでした・・・。
怒り顔にする場合、フレズヴェルクかスティレットの顔でやってみた方が似合うかな~と思います。



DPP_8554.jpg


HiQパーツさんの9-Bというカスタムアイデカールですが、大人っぽいミクさんにおすすめ!です。
今回は困り顔の1種類しか使用しませんでしたが、他にもいい表情の目があるので是非、
流し目っぽいやつとか見下してるっぽいやつとか・・・ どなたか活用してください

色も緑でバッチリです。サイズは、90%を使用しています。



DPP_8555.jpg


フェイスパーツを色々付け替えてみました。
これはタンポ印刷された顔パーツで、イノセンティアのもの。


DPP_8556.jpg


アーキテクトです。


DPP_8557.jpg


マテリアの笑顔。


DPP_8558.jpg


これはパニガーレ&イノセンティアの作例で作ったイノセンティアの顔です。
でもこれ、怒り顔自体はフレズヴェルクのフェイスパーツなんですよね。
それにイノセンティアの目を付けて、眉を吊り上げた角度で貼っています。

やっぱり、バーゼラルドよりフレズヴェルクの顔の方が合うと思います



DPP_8559.jpg


これは、マテリアのにっこり顔にイノセンティアの目を貼ったものです。和みますね



DPP_8555x.jpg


ちょっとした比較ですが、
イノセンティアのタンポ印刷された顔と、自分で塗装してデカールを貼った顔です。

キットそのままの状態で使いますと、少々血色の悪いイメージが・・・。

もちろんキットを素組で、無塗装で楽しむのも十分素敵なのですが、肌を塗装出来ると
可愛さの表現が豊かになるかなと思います
エアブラシ購入しないといけないんですけどね、、、



DPP_8572.jpg


xgaia.jpg


今回、初音ミクカラーがガイアノーツさんから出るということもあり、
編集部の方から指定塗料が送られてきましたのでこちらを使用しています。
一応この3色がガイアカラーの3色と同じ物のはずなのですが、どれがどれに当たるのよくわかりませんでした

ただ、これをベースに混色はしていいという事でしたので、3色ともオリジナルで調色しました。



DPP_8573.jpg


まずはメインのミクカラーです。
ミクの本体用グリーンに、ガイアノーツのエメラルドグリーン、ストーングリーンを混ぜて調色しました。
多分この本体用が、ガイアカラーの「ミクグリーン」という色だと思います。

割合は、ミクグリーンが1だとするとエメラルドグリーン、ストーングリーンは0.3ずつ入れたくらいの感じです。



DPP_8562.jpg


このメインカラーで髪の毛を塗装してみた状態がこちらです。
本体の一部、スカートの裾やネクタイ等もこの色で塗装しています。



DPP_8574.jpg


次に、髪の毛のシャドウになるカラーを作ります。
先ほど作ったメインカラーに、ガイアカラーのストーングリーン、アイスコバルトブルーを足して作りました。
ちょっと青味が強く出るようにしています。

割合は難しいですが、元の色と並べて比べながら、色の違いが見てわかるくらいに濃くなった程度にしています。



DPP_8563.jpg


髪の毛にシャドウを入れました。
赤丸で囲ったあたりに、重点的に吹きます。



DPP_8564.jpg


パーツを並べてみると、こんな感じです。
グラデーションになっているのがわかりますでしょうか?



DPP_8565.jpg


髪の毛の裏側は、赤い部分くらい大きめに塗装します。



DPP_8575.jpg


最後にハイライトです。
一応、編集部から渡されたカラーが3色だったので、3色でグラデーションにしないといけないのかなと思いまして・・・。

最初に作ったメインカラーに、今度はガイアカラーのピュアホワイトを足します。
これも、一段色が明るくなったな~と感じられるくらいになるまで白を入れます。



DPP_8566.jpg


ハイライトを、赤丸のあたりに吹いてみました。
ふわっと乗せる感じです。
あまり色の違いがわからないので、吹く範囲を広げてしまいがちですが
ある程度一点集中みたいな感じで、狭い範囲に吹くと自然に仕上がります。



DPP_8567.jpg


こんな感じになりました。
メインカラーのみでベタ塗りした状態とは、全然違っていると思います。
ミクは特に髪の毛の面積が大きいので、色の変化を付けると見栄えが変わりますね



DPP_8576.jpg


今回調色した3色です。
並べてみると、このくらいの色の違いがあります。

ただ、全部メインのミクカラーをベースに調色しただけなので、元の色は1色しか使っていません、、
調色が面倒でなければ自分で作ってみるのもおすすめします



DPP_8560.jpg


前髪ですが、4つのパーツに分かれていますのでそれぞれ接着し、整形しています。



DPP_8561.jpg


腰に付くスピーカーみたいなパーツですが、一部肉抜きがあるので埋めています。



DPP_8570.jpg


長ネギです。
初音ミクって、いつもこれ持っていますよね・・・。
なのでネギパーツも入っているのかなぁと思いましたが、入っていなかったので制作してみました。

肌色ランナーを元に、ネギっぽく見えるようにパテで肉付けしていきます。
ただの直線だと野菜っぽさがないので、自然なカーブとか形状に気を遣いました。



DPP_8571.jpg


黄緑と緑でグラデーションを付けて、こんな感じになりました。
いかがでしょうか、野菜売り場にあるネギっぽくなっていますかね・・・



DPP_8568.jpg


スカートなのですが、キットの状態で既に色分けされているんですよね。
組んだだけでも完成度が高いのは素晴らしいですね
ここが塗ってあるか塗っていないかでは見栄えが全然違うと思います。

ただ、ヤスリがけして全塗装する場合や別カラーで製作する場合、ここのマスキング作業も必要だと思いますので・・・
私の場合、表側はマスキングテープだけでマスキングしました。
カーブ形状なので、密着具合が甘いと塗料が吹きこみます。
ケガキ針を使って、何度も上から密着させて貼り付けています。



DPP_8569.jpg


裏面も途中まで緑になっていないとおかしいので、こちら側はマスキングゾルの筆塗りでやっています。
黒に塗装してから剥がすのですが、特にリタッチの必要が無かったくらい綺麗に完了しました。



DPP_8609x_201811151722393ae.jpg


DPP_8608.jpg


DPP_8615_201811151722425d1.jpg


DPP_8619.jpg


DPP_8614.jpg


DPP_8621.jpg


DPP_8620.jpg


DPP_8623_20181115172249af9.jpg


コトブキヤ フレームミュージック・ガール、初音ミクでした~。
ここまで見て頂いて有難うございました

いよいよ発売されてお手元に届いている、または店頭に並んでいますよね、ミクさん。
すのまま組むだけでもとっても可愛いキットですので、是非心行くまで楽しんでください






* 関連記事 *
ホビージャパンライターって何するの?のお話
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
プリムラ作例が展示されます 【ブロッカーズ・フィオーレ展2017夏】
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R 制作記事です(ホビージャパン6月号掲載)
Category: ガンプラ完成品 > SDナイチンゲール   Tags: ホビージャパン  SDガンダムクロスシルエット  ナイチンゲール  作例  

SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)

nHWYY0Vk.jpg


SDガンダムクロスシルエット ナイチンゲール完成品です。
月刊ホビージャパン、9月号に掲載されております。



xDPP_8434_20180814163418833.jpg


記念すべき第一回ロボットキャラクターコンペ、最優秀賞 roketwoさんのブライガーが表紙です。
本当にものすごくカッコいい作品で惚れ惚れしてしまいますね。


さて、今回のナイチンゲールですがまずは改修箇所から・・・。


DPP_8388.jpg


肩の中にある3つのバーニアですが、フチが薄くなる様に削って処理しています。
3つが合体してしまっている為、ギリギリここくらいまでしか削れないのですが
それでもやっておくと見栄えが違います。加工には、HiQパーツの面取りビットを使用しています。


DPP_8389.jpg


バックパックのこの部分ですが、大きく穴の開いた状態になってしまう為
ダクトノズル状のパーツをはめ込んでディテールアップしています。
コトブキヤ ダクトノズルII



DPP_8390.jpg


特徴的な大型バインダーの裏には、たくさんのバーニアが並んでいるのですが、、
一体成型になっていてメタルバーニアに置き換えたりする事が困難なので、このまま加工して使用します。
バーニア1個1個に指を突っ込んでヤスリがけし、ひたすらフチを薄くしていくのですが
指が入るのは一番上の大きいバーニアだけで、他の6個は入りませんので
紙ヤスリを細く丸めて、押しこみながら磨いて削っていきます。

先日、大阪の展示会で同じくナイチンゲール制作中のすえぞうさんに、ここの加工方法を説明しましたら
「1個やるだけで2時間ドラマ終わるわ!」と突っ込まれました

確かに、かなり長い時間かけて削っていたような気がします・・・
しかもこの部分、メタリックで塗装するつもりだったので目の粗いヤスリで削るのが嫌で、
ひたすら400番のみで仕上げましたので、余計に大変だったような気がします。

180や240で削ってしまえば早いのですが、どうしてもメタリックで塗装すると面が汚くなってしまうんですよね、、
あとは、土台部分のちょうど真ん中あたりに大きな穴が開いているのがわかりますでしょうか?
ここも結構目立ちますので、コトブキヤのダクトノズルを使って塞ぎ、ディテールアップしました。



DPP_8391.jpg


脚のフレーム部分ですが、肉抜きが目立ちますのでパテで埋めて整形しています。
前と後ろ両方、SDフレームとCSフレームがあるので計8箇所になります。



DPP_8392.jpg


足の裏はこんな風に大きな肉抜きのままですので、かかと部分はパテを盛って整形、
大きいところはプラ板をカットして塞いでいます。
ちょうどはめ合わせるような足裏パーツでもあれば良かったのですが・・・。

プラ板のカットの仕方ですが、足の裏全面を覆う様なサイズのマスキングテープを貼りまして、
透けて見える肉抜き部分の輪郭をペンで書き込んでいき、マスキングテープを剥がしてプラ板に貼り付けます。
そのままテープごとカットして、あとは足裏に合わせて微調整をしながら綺麗にはまる様に削っていきます。

はまるサイズになったら、肉抜き部分のフチに接着剤を塗り、プラ板をはめ込んで
硬化後に全面をヤスリがけし、綺麗な平らな面にします。



DPP_8393.jpg


腕のフレームですが、上腕部分に肉抜きがありますのでパテで埋めて整形しています。
ハンドパーツは、HGザク系の手に置き換えています。



DPP_8394.jpg


メガビームライフルは、細かい肉抜きが多いのでパテで埋めています。
塗装では、ちょっと塗り分けも入れてみました。



DPP_8396.jpg


頭部の整形です。
2本のツノは先端を延長して、稜線が綺麗に出る様に丁寧に削り込んで、加工しています。
トサカ部分は合わせ目にもなっているので、接着した上でパテを盛り、頂点が鋭角になる様に整形しました。



DPP_8397.jpg


モノアイ部分ですが、クリアパーツの土台の部分にリング状のメタルパーツを挟み込み、アクセントにしました。
もともとメタルパーツが好きなので昔から色々買い込んでいて、こんなパーツもちょうどあったのですが
もう製造されていないものもたくさんありますので、代替品がなくて困っているパーツも多いです





DPP_8404.jpg


素組との比較写真を載せてみますね。
↑素組、↓完成後です。


DPP_8401.jpg



DPP_8406.jpg


↑素組、↓完成後。


DPP_8400_20180814163551f0b.jpg



DPP_8405.jpg


↑素組、↓完成後。


DPP_8403.jpg



赤なのですが、いつもの赤で塗装しています。
クレオスのGX3ハーマンレッド、レッドFS11136、フィニッシャーズのシルクレッドを全部混ぜて希釈したものです。
割合とかはなく、瓶そのまま3本とも使い切るとこの色になります。
今回はちょっと重みのある赤にしたかったので、グレーサフを吹いた上からこの赤を塗装しています。

綺麗な発色の赤にしたい場合は、白サフにしてからこの赤を塗装しています。




DPP_8402.jpg


バーニアに関しては、中の部分をゴールドで塗装してからクリアーオレンジを薄くかけています。
そして内側をマスキングしてから、外側をメタリックアイアンで塗装しています。

肩の3連バーニアは、丸いマスキングテープをそのまま貼り付けるだけで終わったのですが
大変なのはバインダーの中にあるやつですよね、、、
ここは凹みの真ん中辺りまで適当な大きさのマスキングテープで覆って、
そこからフチの辺りまではマスキングゾルで、筆で塗ってマスキングしています。



DPP_8399.jpg



DPP_8407_20180814163743788.jpg


シールドと、胸の部分にあるエンブレムはマスキングで再現しています。
スカートについている音符みたいなマークは、1/144サザビーのデカールから流用しています。



DPP_8410.jpg


全身に貼ってあるコーションデカールは、ほとんど全部HiQパーツさんの1/144用デカールです。



DPP_8409x.jpg


背中のプロペラントタンクと、リアスカートの中に入っているタンクは一部をグレーで塗り分けました。
なんとなくアクセントになるかなーと思ったのですが、白一色よりは良かった様な気もします。



DPP_8411x_201808141637471b8.jpg


大型バインダーの裏側と、リアスカートの裏、両脚のアーマーの裏側は濃いグレーで塗り分けてあります。
最初ここをグレーにするつもりは全然なくて、いざ塗装する順番になった時に完成見本を見ようと思いまして
ネットで画像を検索していたところ、このナイチンゲールのパッケージイラストが出て来たんですよね。

実際に店頭に並ぶプラモの箱の絵なのですが、そのイラストではアーマーの裏側がグレーに描かれていて・・・。
もちろん赤一色で塗ってしまった方が楽ですし、塗り分けするのも面倒だな、、、なんて思ってしまったのですが
やっぱりここはイラストに忠実に再現した方が良いかな、と思い直しまして
アーマー裏側の色を変更する事にしました。

ラッカーの赤で塗装した後に、タミヤエナメルのダークシーグレイ、メタリックグレイを混ぜたもので
裏側を塗装し、はみ出した部分はエナメル溶剤で拭き取る方法で塗り分けています。

なんだかんだと、特にホビージャパンに載っている写真なんかを見ますと
塗り分けが結構効果的なんだな~って思いますね。やっておいて良かったと思っています。



それでは、ご覧頂きまして有難うございました
また、8/25発売のホビージャパンにも作例が掲載される予定です。
そして、今現在も別の作例を制作していますので誌面を楽しみにお待ち頂けたら幸いです
どうぞ宜しくお願い致します。





* 関連記事 *
ホビージャパン7/25発売号、掲載されております~。
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 (ホビージャパン掲載作品)
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 【2日間制作方法】
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。
ARX-7 アーバレスト(ホビージャパン掲載作品)
ホビージャパン1/25発売号、掲載されております(アオシマ1/48 アーバレスト)
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  SDガンダムクロスシルエット  ナイチンゲール  作例  

ホビージャパン7/25発売号、掲載されております~。

DPP_8411x.jpg


7/25発売 ホビージャパンにて、SDガンダム クロスシルエット
ナイチンゲール作例を担当させて頂きました。

是非書店にてお求め頂けましたら幸いです~。



xDPP_8434.jpg



今回のHJはロボットキャラクター大会というコンペの結果発表もありまして、(第1回!)
ツイッター等でも明るい模型トークが多く見られる良い雰囲気でした。
オラザクとはまた違ったアプローチや技術が見られて、私も多くの刺激を頂いたところです~。




DPP_8407.jpg

DPP_8400.jpg



私、何気にHJではこれが初のガンプラ作例となりまして、、、
ちょいちょい工作して、赤に塗っただけでしょ?と思われるかもしれませんが
今目の前に素組のナイチンゲールがあるのですが、やっぱり全然違うんですよ~
確かに、他の方々の工作と比べれば私なんて全然大した事していないのですが・・・。

完成写真、制作工程はまた後日、記事をアップしたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします




* 関連記事 *
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 (ホビージャパン掲載作品)
1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機 【2日間制作方法】
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。
ARX-7 アーバレスト(ホビージャパン掲載作品)
ホビージャパン1/25発売号、掲載されております(アオシマ1/48 アーバレスト)
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: フルメタル・パニック!  バンダイ  ガーンズバックM9  ホビージャパン  作例  

ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。

xDPP_8218.jpg


4/25発売、ホビージャパン6月号にて作例掲載されております
バンダイ製1/60フルメタル・パニック!ガーンズバックM9 マオ機になります。



xIMG_20180425_200829.jpg


実は今回新しい試みで、「2日で作るとどうなるか」というのがコンセプトになっています。

世のお父さんが忙しい中、土日で1体完成させる・・・ それだと、きっとガンプラの教科書なんかにも載っている
「スミ入れ・つや消しだけの簡単フィニッシュ」が通常だと思いますが、
今回は「それをプロがやるとどうなるのか」に主眼を置きたいのだという事で、
2日でどうやったら【ちゃんと作ったっぽい】作品を仕上げる事が出来るか?のHow toに近い内容になっています。

言ってしまえば「手抜きのテクニック」みたいな感じです。



xDPP_8220.jpg


嘘があるといけませんので、実際に私も土日の2日間だけで完成させた作品になります。
「そう見えない!」と思って頂けると成功なのですが、、、

手順を細かく説明する為、ひとつひとつの工程の写真を撮影しながらの制作でしたので
早朝~夜中までかかった事は事実ですが、それを飛ばして良いのであればもっと現実的な時間で出来たと思います。

行ったのはゲート跡の処理と武器の合わせ目消しくらいで、ヤスリがけもしていませんし塗装もしていません。



DPP_8187.jpg

DPP_8193.jpg


誌面では、どういう手順で制作を行ったのかの説明が詳しく書かれています。
是非、ご覧頂けたら嬉しいです

制作の方法を紹介するのがメインなので、完成写真はほとんどありませんが
詳しい内容と完成画像は、後日こちらでアップしたいと思います。
是非宜しくお願いします





* 関連記事 *
ARX-7 アーバレスト(ホビージャパン掲載作品)
ホビージャパン1/25発売号、掲載されております(アオシマ1/48 アーバレスト)
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。
ムック本「フレームアームズガール モデリングコレクション」発売になりました~
ホビージャパン2/25発売号、掲載されております~。
ホビージャパン12/24発売号、掲載されております~。
Category: ボークスでのお仕事   Tags: ボークス  ブロッカーズ  プリムラ  作例  

プリムラ作例が展示されます 【ブロッカーズ・フィオーレ展2017夏】

fiore01_03.jpg


ボークスより新しく発売される女の子プラモデル、「プリムラ」
各ホビー誌、ホビーイベントでも精力的に宣伝されてきた新キットですが、とうとう本日から発売開始となりました。

ボークスさんからお話を頂き、こちらの新商品の作例を担当させて頂きました

本日、7/29(土)~8/13(日)まで、秋葉原ボークスホビー天国7F特設スペースにて展示されております~。



xDPP_6898.jpg


ホビージャパン6月号、8月号の裏表紙も飾り、モデルグラフィックス誌にも掲載されておりました。
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか~。



xC5BPbOKUoAAuaBs.jpg


各イベントでも大々的に紹介されていました「プリムラ」ですが、発売日が7/29(土)となりました。

それに合わせ、秋葉原駅すぐそばにあります「ボークスホビー天国」でも展示イベントが開催され、
私の他にもフクダカズヤさん、コボパンダさん、重戦車工房さん、そしてボークス内の方々によるそれぞれの
プリムラ作例がずらっと展示されております。
お時間がありましたら、是非立ち寄ってみてください~



fiore01_11.jpg


ボークスの既存のプラモデルシリーズ、「ブロッカーズ」とパーツの互換性があり、
4mm軸を介してゴテゴテ武装を盛ったりする事が出来ます。

なのですが、私の作例はFAガール同様、あまり武装的なボリュームを増やす事なくオリジナルなプリムラを
作り出す事にこだわりました。今回もオリジナル作例なのですが、塗装やディテールのまとまりを重視しています。

まだ完成画像の公表はNGとの事ですので、、、こちらでは公開出来ませんが、
ボークス秋葉原では作品が展示されておりますので、是非!ご覧になってくださいませ~



7b7253e83a6747bf28e72ac66844e389.jpg


こちらが秋葉原の「ボークスホビー天国」です。
駅からすぐそばですので、迷わず着けるかと思います~。

私も打ち合わせ諸々の為先日お伺いしたのですが、この巨大なビルの中が
至る所全てホビーで埋め尽くされており、圧倒されてしまいました
見ているだけで飽きない場所だと思います。外国人の方も多かったですよ~。



fiore01_00.jpg


ブログやSNSでの発表は、正式にOKが出ましたら掲載させて頂きます。
ボークス製美少女プラモデル、「ブロッカーズ プリムラ」 是非宜しくお願い致します!




L_170415_primula.jpg
* 関連記事 *
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R 制作記事です(ホビージャパン6月号掲載)
FAG フレズヴェルク=ルフス(ホビージャパン掲載作品)
FAGフレズヴェルク (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 10式戦車Ver. (ホビージャパン掲載作品)

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
1/12、八王子模型展示会「八展」に参加します~ 2019/01/06
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】 2019/01/01
FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載) 2018/12/29
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話 2018/12/14
エアブラシを新調してみたお話 2018/12/08
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載) 2018/11/30
ホビージャパン1月号、掲載されております 2018/11/25
ホビージャパンライターって何するの?のお話 2018/11/09
ホビージャパン12月号、掲載されております 2018/10/28
オラザク選手権の審査員になったお話 2018/10/23
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品) 2018/10/08
神展に参加してきました~ 2018/09/17
ホビージャパン8/25発売号、掲載されております~。 2018/08/25
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品) 2018/08/14
女性の展示会 「もふもふまつり」 参加してきました~ 2018/08/12
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷