ガンプラ0079

Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  プラモデル  クアトロポルテ  塗装  溶剤  エアブラシ  

6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております

xUR0344.jpg


掲載されている、といっても出ているのは私自身なんですけどね~
最近フリー素材化が激しいっ!

今回は、編集部で塗装してみましたという記事です。
クアトロポルテのマルチシンナー、ウォッシュシンナー、プライマーサーフェイサーを使用してきました。

本誌では私と編集部との会話形式で文章が掲載されていますが、
多分私あんな喋り方はしていないんですけど、、、(笑)



xUR0345.jpg


クアトロポルテの溶剤はお値段が高いので、購入を躊躇している方もいるかもしれません。
でも結構いろんな方が取り入れていて、良いよ~良いよ~なんて言っている声が
聞えてくるのもまた事実・・・。
このお高い溶剤の何がそんなに良いのか?溶剤ってどれも大差ないんじゃないの?
という疑問に、お答え出来ればなぁという方向で企画がスタートしました。

クアトロポルテさんのインタビュー記事も載っていますので、併せて読んで頂ければ
何が良いんだろう?の疑問が少し解決するかもしれません。



xUR0346_20190625130731e4c.jpg


ガイアノーツの溶剤も使用して同じパーツを塗り、違いを比べてみたりもしましたが。
パーツを写真に撮ってみても、さすがにどう違うのかまでは写しきれないですよね

ちなみに私はガイアノーツからクアトロポルテに完全に移行してしまったので、
これまで使っていたガイアノーツの溶剤ボトルにクアトロポルテの溶剤を移し替えて使っています。

やっぱりね、ガイアさんの500ml容器ととんがったノズルキャップ、この使い勝手は最高なんですよね!
溶剤が注ぎやすくて楽々なんですよ・・・。
一応間違ってしまわないように、ガイアノーツのラベルは頑張って剥がしました。

クアトロポルテさんも、こういう形状のとんがりノズルキャップを販売して頂ければ良いのですが・・・。
一応クレオスのノズルキャップが径もピッタリで合いますけど、いかんせん注ぎにくい。

編集部で塗装するにあたり、編集部に備え付けのコンプレッサー、ハンドピースで塗装したのですが
やっぱり慣れていないので使いづらかったです、、、
せめてハンドピースは持って行けば良かった
あとコンプレッサーの圧がうろ覚えで、0.4MPaに上げてもらって吹きましたけども
実際家に帰って自分のコンプレッサーを見てみたら、圧が0.36MPaになっていました。
0.4はさすがに強過ぎた


そんなこんなで、クアトロポルテマルチシンナー、ウォッシュシンナーをレポートさせて頂いています。
以前はなかなか在庫が無い状態が続いていましたが、先日のリニューアル後
流通がだいぶ大きくなりましたので、今ではヨドバシカメラなんかでも普通に並んでいる状態に。

気になっている方、是非この機会に製品の良さをお伝え出来ればと思っています~。
誌面の方どうぞ宜しくお願い致します






* 関連記事 *
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】
Category: ガンプラ制作記事   Tags: RG  ウイングガンダムゼロEW  塗装  

RGウイングガンダムゼロEW、塗装~デカール等々。

DPP_0373.jpg

RG1/144 ウイングガンダムゼロEW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー”

プレバン限定で発売された台座ですが、こちらも制作しました。
ウイングガンダムゼロのまわりに羽根が舞っている様なディスプレイが出来ます~。
ゼロ自体のサイズは小さいですが、背負い物の翼、
大型の拡張武器にこの台座が付くとかなりのサイズです

DPP_0370.jpg

今回の制作にあたってG Partsさんで色々買い物したのですが、
オマケでMGパールのサンプルというものが入っていました。
いつも有難うございます
しかしなんとタイムリーな事か・・・ せっかくなので今回の羽根に使ってみました~。

DPP_0371.jpg

まずこちらがキットのままの状態。


DPP_0372.jpg

塗装しましてこういう感じです。
最初に根元側にホワイトパールを吹きグラデーションにしてから、
全体をMGパール粉を混ぜたゼミグロスクリアーでコートしてみました~。

すごく粒子が細かくて、上品な光り方ですね
クリアーのままですとプラスチック感が強かったので、半艶で落ち着かせてみました。
透け感を残しつつ、柔らかい雪の様な雰囲気をイメージしています

DPP_0375.jpg

本体の方も、全ての塗装とデカール貼りが終わりました~。
翼はこんな感じです。
今回デカールは、HiQpartsさんの1/144用各種とRG用の色々を組み合わせています。


DPP_0376.jpg

ツインバスターライフルです。
グレー2色+メタルカラーで塗り分け、この後トップコートをしてから
更に別パーツの組み付けがあります。

DPP_0379.jpg

拡張武器のメッサーツバーグ3丁。
こちらもメインのグレーは2色で、裏側はメタルカラーで塗り分けが入っています。

DPP_0377.jpg

肩パーツ。
青い部分ですが、マスキングして2色に塗り分けました。

DPP_0378.jpg

膝アーマー部分ですね。
これも、スジ彫りに合わせて白とグレーで塗り分けを入れています。

DPP_0380.jpg

腰周り一式です。
青が使われているパーツはほとんど、マスキングで2色に変えています。
あまりハッキリさせずに、見てなんとなくわかる位の色の差にしています。
白いアーマーの部分も、細かくマスキングして塗り分けています。

DPP_0381.jpg

足の裏はこんな感じです~。
元が赤一色なので、塗り分けは想像で細々と

パーツは全て塗装→スミ入れ、デカール貼りが終わった状態です。
これからクリアーコートを数回かけてデカールの段差を消して、
最終的に艶消しトップコートをして仕上げ作業になります

近々完成画像を載せられると思いますので、もうしばらくお待ち下さい

* 関連記事 *
RGウイングガンダムゼロEW、ドライツバーグバスター完了です。
RGウイングガンダムゼロEW、翼改修~全身像です
RGウイングガンダムゼロEW、肩~上半身出来上がっております
RGウイングガンダムゼロEW、腰部分出来上がっております
RGウイングガンダムゼロEW、顔出来上がっております~
Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ    オロチ  塗装  

【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~塗装編

IMG_4983.jpg

妖怪ウォッチ オロチ&影オロチの塗装を同時にやっていきます~。
前回までの制作記事はこちらです
【妖怪ウォッチ】 オロチ素組しました
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~本体改修編
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~台座編
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~龍マフ改修、作業完了まで

塗り分け手順はそこまで多くはないのですが、2体同時だと使う色数もかなりのものなので
つど調色調色、なのが大変なところですね
まずは、全部のパーツにサフを吹いていきます。

IMG_4984.jpg

小道具の龍の壺、壺部分を塗装しました。
茶色を2色吹いてグラデーションにしてあります。
オロチ、影オロチの目を塗装です。メタリックカラーで塗装した後、上からクリアカラーを吹いています。
影オロチの腰紐部分を塗装しました。

IMG_4986.jpg

茶色に塗装した壺の部分と、両オロチの目の部分をマスキングします。

IMG_4987.jpg

壺の土台の部分を、グレーで塗装しました。
そして、それぞれの龍の口の中の色を塗装します~。

IMG_4988.jpg

口の中を、マスキングテープとマスキングゾルを使ってマスキングします。
影オロチの龍の口の中はピンクなのですが、おそらくオロチの龍の口は外側と同じ色でいいと思うのですが
せっかくなので、外側より一段濃い色にして塗り分けたいと思います

IMG_4989.jpg

オロチ&影オロチの台座部分、龍マフラーを塗装しました。

IMG_4992.jpg

オロチの白目部分、足袋の部分、スカートの腰紐を白で塗装します。
影オロチの足袋は、オロチの物より若干グレーにしています。
髪の毛の結び目の布部分を、それぞれの色で塗装します。

IMG_4993_20150308130313bd1.jpg

オロチの白目部分、
両オロチの腰紐&足袋の部分をそれぞれマスキングしました~。
足袋は曲面なのでなかなかマスキングしづらいですが、きっちりと押さえて貼っていきます

IMG_4997.jpg

両オロチの肌の部分と、草履の部分をそれぞれ塗装しました。

IMG_4998.jpg

首~胸元の部分と、指先をマスキングしていきます。

IMG_4999_20150308130347c2d.jpg

腕先~手袋の部分、スカート部分、足の部分をそれぞれの色で塗装しました~。

IMG_5001_201503081303482e8.jpg

そして、両オロチの着物の部分、髪の毛の色を塗装します
これで全ての塗装が完了です~。この後は、スミ入れをして調合フラットコートを吹きます。
ここまでで、全部で27色の色を塗装しました あまり色数が無い様に見えて、実は結構多いんです~。

IMG_5003.jpg

龍マフの口です。
下あご部分にあらかじめ開けてあった2.5mmの穴に、ネオジム磁石を通して口の中に入れます。
パチッとはまりますし、開閉もスムーズです~。
磁石は、上あごと下あごどちらも、磁石が反発する向きで両側に設置しています。
口の中で磁石が引き合わない様にする為です。

udsx5BT5_20150308170307164.jpg

付属の龍の壺ですが、中に6mmのネオジム磁石を仕込んでから合わせ目消しをしています~。
龍の根元をネオジムにしてあるので、ここも磁石にする事で簡単に接続出来ます

それでは、次は完成画像を掲載します~。是非お楽しみにです

* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 オロチ素組しました
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~本体改修編
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~台座編
【妖怪ウォッチ】 オロチ制作中~龍マフ改修、作業完了まで
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  エンペラーM3M5  塗装  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中

IMG_3159.jpg

LBXエンペラーM3・M5、塗装編のラストです~。
記事数が多くならない様に、塗装編は2つでまとめました。あとで順を追って見る方が大変になってしまうので
それでは、最後まで一気にいきたいと思います
まずは、グレー・赤と済ませた状態から次の薄紫を吹く為、必要なパーツにマスキングしたところです。

IMG_3160.jpg

サフを吹きまして・・・
このパーツのサフには、ダグラムの時にも使ったガイアノーツのメカサフライトを使いました。

IMG_3162.jpg

薄紫を塗装しました。

IMG_3164.jpg

次は、縁取りになっている濃赤部分の塗装です。
襟の端っこ、タイラントエッジの端っこを残してマスキング。LBXの中では過去最強クラスの難易度を誇るタイラントエッジ!
この段階だけで10時間くらい費やしてますかね~。たぶん。
これを見ると、ふ~んそこまで時間かかるの?って思われそうですが、いや、思われるでしょうね

IMG_3165.jpg

濃赤を塗装しました~。
今回は、ホビージャパンに掲載された方のエンペラーよりもこの色を濃い目に調色してみました。

IMG_3169.jpg

では次に。濃紫を吹く為のマスキングです。
左端のタイラントエッジ、第2形態のマスキング・・・。これで、5時間くらいです。マゾすぎて途中で半泣きになります。
これはもう、やった人間にしかわからない領域の苦労があるとしか、言えませんです
二度とやるかーっ!と言いつつ、これがすでに2回目だという悲しさ

IMG_3172.jpg

あ、これ、背中のマントを押さえる部分のパーツですね。
赤い丸の周りがグレーになっているので、この部分は筆塗りにしてあります。

IMG_3173.jpg

濃紫の塗装に入ります~。
まずは黒サフです~

IMG_3174.jpg

そして、濃紫を塗装です。
塗料は、雑誌のエンペラーを制作した時の塗料が残っているのであちらと同じです。
薄紫、濃紫はほぼ使い切りになりました。

IMG_3178.jpg

更に色を濃くする為、クリアーブラックとクリアーパープルを混ぜた塗料を上掛けします。
一発でなかなか思う様な色が出来なかったので、オーバーコートで色味を調整していました。雑誌の方も同じです。

IMG_3180.jpg

これが、ラストのマスキング。
紫の順番が逆になるパーツがあるので、これらはマスキングしてから再度薄紫を吹きます。

ええと、下に4個並んでいるトゲのパーツなんですが・・・ M3の肩に垂れ下がってるやつですね。
トゲとトゲの間、連結されている部分は本来のデザイン上には無いものなんですが、プラモデルでは接続の関係上こんな風になっているんですね
切り離して1個1個のトゲになっているのが設定画の状態なのですが、構造上無理なので
ここを濃い色で塗り分ける事で、別パーツっぽく見せるようにしています

IMG_3182.jpg

薄紫を吹きました。
あとは、スミ入れをして艶消しを吹いて、メタルパーツの取り付けなどをして完成です~

やっぱり、通常運転ではとんでもない時間かかりますね (主にタイラントエッジのせいだけども・・・)
雑誌の締切では5日半というスケジュールで強行しましたが、本当にもう殺人的な過密さで家族の協力が無ければ不可能でした
実際塗装以外の作業時間も相当あった訳なので、かなり色々と迷惑をかけておりました

はい、ここで注釈させて頂きますが
私主婦なもので、5日間ほぼ寝ずにプラモデルに掛かりっきりでさすがに家事が手抜きっぽかったり(それでも食事は作っていましたが、)
子供もいるので、そっちの相手をほとんど主人に任せっきりだったり・・・という、そういう家族の協力でございます
間違ってもおばあちゃんがマスキングしたりはしてませんので(コメント参照)誤解なさらないでください(笑)

IMG_3184_20141007040749e0f.jpg

エンペラーには丸いマスキング箇所が多い訳なんですが、途中写真を見て頂くとわかる通り
丸いマスキングテープをして、その周りをマスキングゾルで筆塗りするという方法でやっています。
丸い部分がいちいち凸形状になっているので、キワ部分はどうしてもゾルが必要なんですよねー
なんで全体をゾルにしないのかというと、一部テープになっている方がそこから剥がしやすい、というだけの理由です。
腕部のパーツの、赤丸のキワなんかすっごく面倒くさいんですよねー 別パーツになっててパチッとはめるだけならいいのに・・・。
LBX作るにはどのキットもこんな塗り分けの連続なので、もう醍醐味!?として受け入れるしかないですね!

IMG_3188_20141007042733d68.jpg

その他マスキングしたパーツの仕上がりは、こんな感じですね~ これで全部ではないのですが
M3の肩のパーツなんか、地味に「これで1個かよ~」って言いたくなる状態ですね
ほんと、ガンプラとは違った方向のアプローチが必要なキットだと思います、LBX!
私、確実に老眼鏡使うの早いだろうな~(笑)
うん、プラ板との闘いっていうよりマスキングテープとの闘い!みたいな・・・

それでは、いよいよ完成画像公開しますね~

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
Category: 妖怪ウォッチ 完成品 > コマさん&コマじろう   Tags: 妖怪ウォッチ  コマさん  コマじろう  プラモデル  塗装  

コマさん&コマじろう、かんたん制作お請けします!

IMG_2736_20140901022043fe2.jpg

先日 【コマさん&コマじろう かんたん制作】 にて制作しました↑の2体ですが、北海道のK様にご購入頂きました
ちょうど、誕生日だったとの事で・・・
お誕生日おめでとうございます♪

かんたん制作ですが、「やっぱりうまくいかない」「urahana3に制作してほしいんだけど」 という方のために、
ご依頼をお請けしています~。この画像通りの2体をお届け致しますので、プレゼントなどにも是非ご利用下さいませ

かんたん制作受付メール"

* 関連記事 *
妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう 完成品
【妖怪ウォッチ】 万尾獅子 完成品
妖怪ウォッチ ブチニャン 完成品
妖怪ウォッチ キュウビ 完成品
Category: 妖怪ウォッチ 完成品 > コマさん&コマじろう   Tags: 妖怪ウォッチ  コマさん  コマじろう  プラモデル  塗装  

【妖怪ウォッチ】コマさん&コマじろうかんたん制作!

IMG_2733.jpg

以前から、【コマさん&コマじろう】をもっと簡単に制作できないかな~と考えていたのですが・・・ とうとう制作部屋を用意してみました!
左上にもバナーを追加しましたが、是非クリックでご覧ください

B55l1sNa.jpg

そもそもやろうと思い立ったのは、「このキット、塗装が必要だなんて・・・」というメールをいくつか頂いたからなんです、、、
確かにほとんどのプラモデルは付属シールである程度色が補完出来るのですが、コマさん&コマじろうは色が足りなさすぎますよね!
でも、私みたいに全塗装するのが当たり前になってしまってる人間には、「組み立てるだけで再現できない」という事が
そこまで重大な事だとは思った事がなく・・・ 完全に、作る側の考え方になっちゃってるなーと改めて気付きました!

そこで、妖怪ウォッチから初めてプラモデルを触った方や、お子さん達が、自分の手で(+親の手を借りつつ)簡単に制作出来る
コマさん&コマじろうを!と、制作方法の解説ページを作りたいと思っていました

全塗装しません!
合わせ目消しません!
ヤスリがけしません!
シール+筆塗りで出来ます!(極力)

という仕様になっています

以下は、かんたん制作で作ったコマさん&コマじろうの完成画像です。やってみたい!という方、是非上の画像クリックでご覧下さいね!

IMG_2742.jpg

IMG_2736.jpg

IMG_2730.jpg

IMG_2732_2014090100591804c.jpg

IMG_2727_20140901005936c4c.jpg

制作方法は、是非こちらへどうぞ

B55l1sNa.jpg

* 関連記事 *
妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう 完成品
【かんたん制作】 コマさん&コマじろう、完成しました~

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事 > コマさん&コマじろうかんたん制作   Tags: 妖怪ウォッチ  コマさん  コマじろう  プラモデル  塗装  

【妖怪ウォッチ】コマさん&コマじろうかんたん制作部屋

IMG_2736_20140901022043fe2.jpg


妖怪ウォッチプラモデル、コマさん&コマじろうをできる限り簡単に制作してみよう!・・・がテーマの制作ページです
エアブラシはどうしても使用してしまいますが、あくまで「簡単に」、、、
全塗装しません!
合わせ目消しません!
ヤスリがけしません!
シール+筆塗りで出来ます!(極力)



お子様でも出来るよう、何とかエアブラシも無しの方法を考えたのですが・・・ 特徴的な眉がどうしても、エアブラシ無しには色が再現出来ませんでした
エアブラシを使用するのは、2匹の眉とコマじろうの口だけです。
あとは塗料と筆だけで、↑のコマさん&コマじろうが出来上がりますので是非!塗装にチャレンジしてみて下さい~



IMG_26991.jpg


それでは早速やっていきます。
まずは、2匹の鼻を筆で塗ります。
筆塗り用の塗料として使用するのは、全てタミヤのタミヤエナメルです。1個100円程度です。
筆、エナメル塗料共にプラモデルを売っているお店ならば置いてあるんじゃないかと思いますので、簡単に手に入りますよ
鼻は、X-17 ピンクで塗っています。
(私が使用している筆は、文盛堂のインリターン10/0という筆です。使いやすいですよ~)

~エナメル塗料の塗り方~

ビンをよく振る
フタを開ける
蓋についている塗料で塗る です。
筆塗りの時は溶剤で溶く必要ありません。原液のまま塗ってしまってOKです!
ちょっと厚めに 塗料を置く感じで塗る、を意識すると綺麗に出来ますよ~。
塗った時は厚みがあっても、時間が経つと塗料が揮発して、乾いた時には痩せているので、ポテッと塗ってしまってOKです



IMG_2697.jpg


次に、目。外側の黒いラインを書いておくと、目がハッキリして見栄えが良くなります!
内側、顔と接している方はスミ入れペンで書いています。全てペンでもOKですが、外側の端っこの所がペンでは描きにくいので
黒いエナメル塗料XF-85で塗っています。(もちろん、根気よくペンで塗りつぶしてもOKですよ~)
スミ入れペンは写真撮るのを忘れてしまいましたが、この後も使いますので是非用意して下さいっ!
私がいつもスミ入れに使用しているのは、マックスファクトリー コピックモデラー0.02 ブラックです。すごく使いやすい、オススメの逸品です



IMG_2699.jpg


目はシールを貼ります。まずは通常の目と、無地の方は・・・やっぱり「もんげー!」の目がいいですかね~
このシールの上から、最後に艶消しトップコートをするんですよ  剥れたり、どろどろになったりはしないのでご安心下さい



IMG_2700.jpg


コマじろうの口。
ここは、どうしてもエアブラシで塗装が必要です・・・ シールをガイドにしてマスキングテープを切り出して、マスキングします。
エアブラシないよって方は、このマスキングを貼った状態でクリーム色の塗料を筆塗りして、乾いてからテープをはがす、でもいいかもしれません・・・
でも、これだけの面積になると筆ムラが出やすく、いかにも「塗った」って感じになってしまうので、やっぱりできればエアブラシを使用したいところです
もしくは缶スプレーなんていかがでしょうか?(でも、もったいないかな・・・ここだけなので)

あ、ひとつ注意点が・・・
私、鼻と目を先にやってしまいましたが、コマじろうはこの口の塗装をやってから→鼻と目、が良いと思います



IMG_2721.jpg


コマじろうの口元の白は、お腹の色と同じなので!塗料を選ぶ時に見比べて下さいね
私は、前回コマさんを塗装した時の、コマさんの体の色をそのまま使用しました。



IMG_2703.jpg


さてここからは、エナメル塗料でどんどん塗っていきます!
まずはコマさん、コマじろう共にほっぺた、体のうずまき模様を塗装します。
コマさん→X-7 レッド
コマじろう→XF-9 ハルレッド でそれぞれ筆塗りしています。この段階では、はみ出して全然OKです!
むしろ、はみ出させる様に へこんだ部分全部に塗料が行き渡る感じでエナメルを流し込むと、最後は綺麗に仕上がります
そして、耳の中の部分は付属のシールを貼っておきます。



IMG_2701.jpg


風呂敷です。X-2 ホワイトで筆塗りします。
白は透けやすいので、結構厚めに塗料を置く感じで塗っていきます
筆に取って、へこんだ部分に置く様にすると(動かさない)じわーっと塗料が流れていきますので、そんな感じでめいっぱい乗せます!
うずまき模様が多い分、後での拭き取り作業も手が掛かるので、この位のはみ出し加減で収まる様にすると、後が楽ですよ~



IMG_2705.jpg


お腹のパーツと、尻尾のパーツです。
コマさんの青い色は、単品でこのような色が無いのでX-14 スカイブルーX-16 パープルを混ぜて作ります。
そしてこの色は、眉毛の塗装にも使用します!
コマじろうは、お腹の部分をXF-84 ダークアイアンで筆塗りします~。(もしくは目のところで使った、黒でOK!)



IMG_2706.jpg


コマじろうの尻尾の模様、ハンバーガーのパン部分、ソフトクリームのコーン部分は全部同じ色で塗りました
X-6 オレンジX-8 レモンイエローXF-64 レッドブラウンを混ぜて作っています。
ハンバーガーは塗る範囲がわかりやすいように、最初にスミ入れしてあります。



IMG_2708.jpg


そしてハンバーガーのパテ部分をXF-10 フラットブラウン、レタス部分をX-15 ライトグリーンで筆塗りしました~。



IMG_2709.jpg


ここからはエアブラシ塗装です
台座のパーツは、また神社の石台みたいなイメージでグレーに塗装してます。

IMG_2711_20140901073442300.jpg
コマじろうのスマホパーツは、黒で塗装しました。
持ち手の部分にはマスキングテープを貼っています。

コマじろうの眉毛は、まず中心の色が薄い方をラッカー塗料(Mr.カラーなど)で塗装します。
この上からエナメルで濃い色を吹いて覆い隠し、エナメル溶剤で拭き取る。
となりますので、必ずラッカー系を使用して下さい!
(クレオスのMr.カラーなら間違いありません)


IMG_2712_201409010738075b9.jpg
コマさんの眉毛には外側の濃い青を塗装します。
さっきのお腹部分と同じX-14 スカイブルーX-16 パープルを混ぜて作った色です。
コマさんの眉は、内側がパーツ成型色の水色をそのまま生かせるので、外側の色だけを塗装します。
あ、エナメル塗料の希釈には必ずエナメル溶剤を使用して下さいね!
塗料1:溶剤1くらいが適量です。
吹き終わった後の「うがい」は、普通のラッカー溶剤を使用して大丈夫です。





IMG_2713_201409010738482e0.jpg
そして、コマじろうの眉の外側になる部分の濃い茶色を
体のうずまき模様と同じXF-9 ハルレッドで塗装します。
前に塗った、ラッカーの薄茶色が完全に乾いてるのを確認してから塗って下さいね


IMG_2719.jpg

これでエアブラシ塗装は終わりです、ここからはひたすら拭き取り作業に入っていきます
使用するのはまず、エナメル溶剤
そして、私がいつも使っているタミヤのクラフト綿棒 丸・XSサイズ三角・XSサイズです~。



IMG_2717_20140901022531fa2.jpg


特に丸タイプが使いやすいのですが、こんな風に寝かせて当てるような感じ・・・ではみ出した塗料を拭き取っていきます。
塗料の入っている側が凹んでいるので、こうやって当てると外側のはみ出た部分だけが拭き取れるんですよ~



IMG_2720.jpg



こんな感じで、拭き取りが完了しました
コマさんは体が白なので、赤い塗料が滲みやすく完全に拭き取るには結構時間がかかります。
何本も、綿棒使って赤い塗料を取りきって下さい!
そして、足の先っぽ。ここにスミ入れペンでスミ入れしています。



IMG_2724_20140901022534d1a.jpg


風呂敷、尻尾も同じ様に綿棒を溶剤に浸し、ひたすらゴシゴシ塗料を落としていきます~



IMG_2725.jpg


一番肝心な、眉毛です!
内側の凸になっている渦巻き模様部分を拭き取っていくのですが、溶剤がはみ出してしまうと、外側の濃い色まではがれてしまって
仕上がりが汚くなってしまうので、慎重に~内側の部分だけを拭き取る様にして下さいっ

コマさんは、この通り内側の水色部分はパーツの成型色です。外側だけが塗られている状態になります。
コマじろうは、もとの成型色が濃い茶色なので・・・ どうしても、内側部分の薄茶色を塗装する→外側の濃い茶色を塗装する、
で内側だけ溶剤ではがす、という手間のかかる作業になってしまいます・・・
薄茶色の方をラッカー塗料で塗装したのは、エナメル溶剤でいくらこすっても落ちないので、↑のようにラッカー塗料を残して
上のエナメルだけを落とせるからです。

この模様部分がせめて凹み形状になっていれば、エナメルの筆塗り→拭き取りでも出来たのですが、、、
もしくは模様部分にシールが用意されているとか。(その場合、コマさんは濃い青で成型されてないといけませんけども)
ここは2匹の特徴的なパーツなので、工夫して塗装しないと再現出来ないようになってしまっているこのキットは・・・
ちょっと残念すぎますね  もう少しなんとかならなかったものか・・・



IMG_2716.jpg


さて・・・顔パーツの鼻・口にスミ入れペンでスミ入れしました
手のパーツにもスミ入れ、ハンバーガーもスミ入れし直してあります。
スマホパーツは、画面外の白枠を切り出し、ボタンはボタンで切り出してそれぞれ貼っています。
黒で塗装してあるので、画面部分は貼らないようにした方が見栄えが良いです



IMG_2726.jpg


そして、最後に!艶消しトップコートを吹いて完成です~
艶消しは、プラスチックのテカリを消してオモチャっぽくない質感に変えてくれるので、是非艶消しにしてあげて下さいね
今回シールを貼っていますが、その上から艶消しを吹いてしまっても大丈夫なんです。
剥れたりしませんので、気にせず吹いて下さいね~。
エナメル塗料も、ラッカー系の艶消しを上からかけてしまうと溶けるのでは・・・?と心配されるかもしれませんが、まず溶ける事はありません!
私は結構厚めに艶消し吹いてしまう方なんですが、それでもエナメル塗料がにじんだりした事はないので、大丈夫だと思いますよ~



IMG_2727_2014090102261920d.jpg


そして、組み立てたらこんな風に完成します!もんげー!
ほとんどが成型色のまま、エナメルの筆塗りとちょっとの塗装だけで、こんな仕上がりになるんです
完全に、エアブラシ無しでいければ是非お子さんにも・・・と言いたいところだったのですが・・・
そこは是非、お父さんお母さんの腕の見せ所!でやってあげて下さいっ
(・・・とはいえ、普通エアブラシ持ってる家もそうそうないですよね~。 ほんと、ちょっと残念なキットです

その他完成画像たくさんありますので、こちらの記事をご参照下さい
⇒【妖怪ウォッチ】コマさん&コマじろうかんたん制作
⇒【妖怪ウォッチ】コマさん&コマじろう完成品 こちらは全塗装にて仕上げたコマさん&コマじろうです!

「やってみよう!」って方が増えてくださればとても嬉しいです



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
RE 1/100ガンイージ改造 ガンブラスター(ホビージャパン掲載作品) 2019/10/13
9/21 「ホビージャパン50周年記念号を世界で一番早くみんなで読む会」に出演します 2019/09/15
ホビージャパン9月号、掲載されております 【FAガール バーゼラルドVer.2.0】 2019/07/25
6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております 2019/06/25
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ 2019/06/06
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ 2019/05/25
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~ 2019/05/16
5/11・12 静岡ホビーショーに参加します~ 2019/05/02
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】 2019/03/25
【塗装ブース】5万円のMOTOブースを購入してみたお話 2019/03/21
HF版LBXルシファー 2019/03/16
モデラーズアンサンブル2019 参加します~【模型展示会】 2019/02/14
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~ 2019/02/11
1/12、八王子模型展示会「八展」に参加します~ 2019/01/06
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】 2019/01/01
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作代行等専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆制作代行しております◆
FAガール、ガンプラ、LBXなど何でもOKです
お問い合わせはこちらにお願い致します。
urahanana@gmail.com

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷