ガンプラ0079

Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  アサルトリリィ  真島百由  一柳梨璃  白井夢結  アゾン  アクションドール  改造  

ホビージャパン7月号、掲載されております 【アサルトリリィ 真島百由】

_MG_2906.jpg


ホビージャパン7月号にて、アサルトリリィ アゾン製フォギュアのブラッシュアップ講座を担当しております。
実は先月号のホビージャパンでも同じ講座を担当していて、連載企画になっているのですが
忙しくて記事をまとめている時間がなく・・・。
今回、2回分のまとめとしてお届けします。



_MG_2737x.jpg

_MG_2741x.jpg


アサルトリリィは、今年4月よりアニメ放送スタート予定だったタイトルなのですが
新型コロナの影響で、7月スタートに延期されています。

アゾンさんのフィギュアが今回の作例素材で、こちらは4月より発売されていますので
ホビージャパンの連載企画も4/25発売号から始まっていました。

モノとしては、ドールとFAガールの中間のようなイメージでしょうか?
髪の毛など、実際の毛でできているわけではなくプラ素材です。
ただ、組み立ては必要なく可動式フィギュアのような感じですね。

この、出来上がっている素材をどうやって、手を加えてブラッシュアップするか?がメインの企画です。



_MG_2667x.jpg


まずは、今月号で掲載された真島百由から(CV水瀬いのり)。
メガネキャラなのが特徴でして、アゾンさんのフィギュアでもメガネのエッチングパーツが
別で同梱されています。
これを、どうやって顔に装着するのかがメインの講座になります。

あとは、タンポ印刷がされた顔に描き込みを加えて情報量を上げる工作、
メイク方法、細かいブラッシュアップなどの紹介が見どころです



_MG_2668x.jpg


まずは、エッチングメガネを切り出します。
金属用のニッパーで切り離しています。
切った後の処理は、ゲートの位置的に特に必要はありません。



_MG_2669x.jpg


塗装前に、メガネを曲げます。
ピンセットで掴み、メガネに指を添えてピンセットに沿わせて倒すイメージです。



_MG_2670x.jpg


こんな風に装着できればOKです。
メガネのフレームは長いので、耳にかからないくらいの位置でカットしておきます。



_MG_2671x.jpg


ここから塗装です。
まずは、ガイアノーツのマルチプライマーを吹いて塗料の食いつきを良くしておきます。



_MG_2672x.jpg


そこから赤を塗装します。
アゾンさんの見本では白いフレームのメガネを装着していたのですが、
編集部との打ち合わせの結果赤でいきましょうという事になりました。



_MG_2673x.jpg


完成したメガネは、フレームの端を前髪の裏側に接着しておきます。
ここで大切なのは位置決めなのですが、
フェイスパーツが5種類も付属しているので、その都度前髪を外して顔を変える形になります。

メガネをフリーにしていると、その度にずれて大変なので前髪側に固定してしまっています。
顔パーツを交換していって、どの表情にも合う位置に慎重にセットします。
良い位置が見つかったら、ペンで跡を付けたりして瞬着で接着してしまいましょう。



_MG_2693x.jpg


次に、フェイスパーツのメイクアップです。
頬紅は元からタンポ印刷されているのですが、位置が低く若干の違和感があるので
スポンジヤスリをかけて、消してしまいます。
この時、目の印刷まで消してしまわないように慎重に削っていきます。



_MG_2694x.jpg


頬紅を落としたら、目の情報量を上げていく工作をします。
コピックマルチライナーというカラーペンを使って、目の中身を描き込んでいきます。

描き込み方は口で説明するのも少々難しいのですが、
最初に輪郭部分を太めに縁取り、
次に瞳孔を大きくするように丸く塗り潰す→上のまつ毛につなげるように塗っていく
(白いハイライトは残すように)
瞳孔より一周外側くらいに、線を描くように色を入れる

大体こういう感じで塗っています。
茶色は、眉毛の下側
まつ毛の外側に沿って描いていくイメージです。

筆で塗ったりしていないので、難易度はいくらか低くとっかかりやすいかと思います・・・。
気になる方は、是非やってみてください!



_MG_2701x.jpg


ここからはメイクです。
まずは顔の外周に沿って、タミヤウェザリングマスターのGセットに入っているマロンで
シェーディングを入れていきます。
顔が立体的に見える効果がありますよ



_MG_2704x.jpg


次にHセットのピーチで、メインのチークを入れていきます。
目の真下~耳の上に向かって跳ね上げるイメージで描くと効果的です。
ピーチは少し発色しづらいので、何度か重ね塗りして色を出しましょう~。



_MG_2706x.jpg


それからHセットのペールオレンジを使って、2色目を乗せていきます。
ピーチよりもやや外側~耳に向かって、小範囲で乗せるイメージです。
完全にピーチに被せてしまうと頬がオレンジになってしまうので、
ピンクよりも外側に乗せるイメージでやってみてください。
ピンクだけよりも、グラデーションのかかった奥行きを感じる表情に仕上がります。



_MG_2711x.jpg


次にハイライトです。
爪楊枝にヤスリをかけて、先端を尖らせたものを使用しています。
タミヤエナメルのフラットホワイトを先端にちょっとだけ付けて、
目の斜め下あたりにポチッとスタンプする感じです。



_MG_2712x.jpg


5つの表情、全てを仕上げました。
多分、元のタンポ印刷された顔よりもかなり魅力的に変化すると思います!
是非手を入れてあげてみてください~



_MG_2714x.jpg


ガイアノーツの瞳ジェルクリアで、目の部分に艶を入れています。
ちょっと瞳孔部分に盛って、爪楊枝で瞳に沿って塗り広げてからブラックライトを当てて硬化させます。



_MG_2724x.jpg


指先には爪のディテールがあったので、タミヤエナメルのピンクで
マニキュアを筆塗りしています。
これだけでかなり女の子らしく、可愛くなりますよ~。



_MG_2726x.jpg

_MG_2729x.jpg


メガネを装着してみた百由ちゃんです。
素敵!可愛い!
早くアニメ放送でこの娘を観てみたいです~。

アサルトリリィは当初4月放送予定だったので、ホビージャパンでもそれに合わせて
4/25の号からブラッシュアップ講座を連載開始したのですが、
コロナの影響でアニメ放送が7月に延期になり、ホビージャパンでも
ひとまず今回で連載はストップ、続きはまたアニメ放送が始まってから・・・となりました。

全5回くらいの企画だったので、アニメが始まった暁にはまだまだ続きます!
かくいう私も、何も知らない状態で始めているので
早くアニメが観たいなぁ・・・と思っていますよね(笑)




_MG_2626x.jpg


ここからは、先月号で掲載された主役2人のアサルトリリィを紹介します
一柳梨璃と、白井夢結です。



_MG_2516xx.jpg


まずは、やっぱり描き込み!
頬の印刷を落としてから、コピックマルチライナーで瞳の描き込みを行います。
描き方は、先に紹介した百由と同じです。
描くのと描かないのとでは目の印象が全く違ってきますので、
やってみたい方は是非チャレンジしてみてほしいです~。



_MG_2536x.jpg


コピックマルチライナーです。
あまり売っている店が多いものでもないので、画材屋さんが近くになければ
通販とかでも入手は可能です。楽天やアマゾンなど。
送料は結構かかっちゃいますけどね・・・。



_MG_2540x.jpg


ガイアノーツの瞳ジェルクリアで、目の部分に艶を入れています。



_MG_2547x.jpg

_MG_2545x.jpg


メイクもし終わって、こんな感じです。
メイクの方法も、百由と同じです。
元の表情とは、全然違った印象になりますよ~!



_MG_2617x.jpg


梨璃のクローバー型の髪飾りは、濃淡をハッキリさせて塗装し直しました。
他にも、2人の髪の毛も塗装し直しています。



_MG_2538x.jpg


爪の部分にはマニキュアを入れました。



l5WUng2P.jpg


最終的に、このくらい変わります。
アゾンさんのアサルトリリィを手に入れた方、気になる方は是非取り入れてみて
頂けたら嬉しいです~。
早く、アニメ放送始まってほしいですね~!
私も、どういうアニメなのか気になって仕方がないです



* 関連記事 *
「フレームアームズガール モデリングコレクション3」 発売されました~
ホビージャパンMOOK 【フレームアームズ・ガール モデリングコレクション2】 発売です♪
ホビージャパン5月号、掲載されております 【サクラ大戦 光武・改】
ホビージャパンエクストラ(2020winter)掲載されています~【タミヤ1/24日産GT-R】
ホビージャパン4月号、掲載されております【プラ板マントの作り方~】
ホビージャパン3月号、掲載されております【ダークアドヴェント ソフィア&フィギュアライズ アスナ】
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  フレームアームズガール  FAG  作例  改造  レティシア  白虎  グライフェン  イノセンティア  

「フレームアームズガール モデリングコレクション3」 発売されました~

_MG_2794x.jpg


ホビージャパンMOOK 「フレームアームズガール モデリングコレクション3」 が発売されました

先月第2弾が発売されましたが、今回も前回同様オリジナル瞳デカール付きです
今回はフレズヴェルク、白虎、グライフェン、レティシア&イノセンティアあたりがメインになっています。

私の作例も4点掲載されています~。
イノセンティア&Ninja H2R
グライフェン 海賊Ver.
レティシア ペインターガールVer.
白虎 重装甲Ver.
になります。

制作過程、改造例などスペシャルなムック本として、是非お手元に置いて頂けたらと思います♪



DPP_5217x.jpg


UR0104xx.jpg


UR0286_202005010919298c2.jpg


xUR0124x_tw.jpg


各書店、Amazonにて是非お求めください~
どうぞよろしくお願い致します





* 関連記事 *
FAガール・レティシアオリジナルVer. 制作しました(ホビージャパン5月号掲載)
FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R 制作記事です(ホビージャパン6月号掲載)
Category: LBX完成品 > ベルフェゴール   Tags: LBX  プラモデル  改造  完成品  ダンボール戦機  ベルフェゴール  ラップ塗装  

【LBX】ベルフェゴール 完成しました

_MG_2585x.jpg


LBXベルフェゴール、完成しました
古島清孝さんとの共作LBXになります。
久しぶりのオリジナル作品ですね!

女性型LBXという設定でしたので、カラーリングもそういう方向に振ってみました。



_MG_2473x.jpg

_MG_2474x.jpg

_MG_2475x.jpg

_MG_2476x.jpg


キットを頂いた状態の写真です。

全身の段々になった装甲が特徴的なので、一段一段グラデーションになる感じで
塗り分け出来たら・・・ というお話だったので、マスキング頑張ってみました。



XFASmdQ1.jpg


今回、背中のブースターの塗装を特徴的にしたかったのでラップ塗装を取り入れてみました。
いったん、真っ黒に塗装→丸めたラップにシルバーを吹き付けて、それをパーツに
スタンプするようにペタペタ、ムラのある模様になる様にランダムに押し付けていきます。

上からクリアーパープルを塗装します。更に、EXクリアーを5層コートしてクリアー層を厚く作ります。

ここから、カーモデルの要領で研ぎ出しを行っていきます~。
ラプロスの4000番6000番8000番を使って順番に水研ぎしていきます。

ヤスリを水に浸して、クリアー層の上から磨いていきます。
これ、塗装の上からヤスリを当てるので「塗装まで削れてしまうのでは・・・?」と思われるかもしれませんが
クリアー層をしっかり稼いでいればそうそう下地が出てしまう事はないので、大丈夫です
ウレタンでコートするのもいいのですが、かなり固いので最初のゆず肌取りが結構時間かかってしまいます。


バイクの外装とか、形状が複雑なパーツになってくると端っこの方が下地が露出してしまったり
結構あるんですけどね、、FAガールと一緒に作ったパニガーレ、ニンジャ、先日のGT-Rと
意外と研ぎ出し作業の回数を踏んできているのですが、それでもうっかり下地の露出はありますね・・・



h1DE9_78.jpg


水研ぎが8000番まで終了しましたら、次にカーモデル用のコンパウンドで磨いていきます。
使用しているのは「スジボリ堂 システムコンパウンド」です。

コンパウンドを1、2、3と順番にクロスにつけてパーツを磨いていきます~。
タミヤのコンパウンド用クロス (3色セット)をカットして使用しています。



PoZOOE9L.jpg


艶の違いがわかりやすいでしょうか?
いったんクリアー5層でツヤツヤに仕上げたものを、ヤスリで水研ぎして艶を消してしまうのですが
コンパウンドを順番にかけていくと、最初のクリアーコート状態よりも更に良い艶が得られます。

クリアーを吹いただけの状態だと、実は表面が細かくゆず肌になっていて平滑ではないんですよね。
そこを研ぎだしてしっかり平滑な面を出すことで、その後のコンパウンドの磨き作業によって
段違いに綺麗な艶を得ることが出来ます。
光の反射が均一になるイメージでしょうか。



_MG_2567xx.jpg

_MG_2572xx.jpg


仕上がった状態がこちらです。
ブースター中央にあったクリアパーツは、ビー玉に置き換える事で大型化しキットの状態とは
全然違った印象に仕上がっています。
中にはめるリング状のパーツは、ガイアノーツのプリズムマゼンタゴールドで塗装、艶消しにしました。

全体的にピンク系グラデーションの予定だったので、背面のブースターをパンチのあるものにする事で
対比の強さ、引き締めを狙ってみた感じです。
あとは、やっぱりLBXなので攻撃性も表現出来たらなぁと思いました。



_MG_2597x.jpg


【LBXベルフェゴール 設定】

ルシファーの試作ブースター搭載LBX。背面に出力を最大にまで調整したブースターを搭載している、が、
その高出力ゆえに両腕の動きが制限されるため腕の超震動ブレードが唯一の攻撃手段となっている。

そのスピードは驚異的で直線的な動きだけなら当時のLBXを遥かに凌駕する。試作機ではあるものの
実戦投入も視野に置かれ、動きの単調さをカバーするための簡易な光学迷彩機能も搭載されている。

こののち、出力と制動のバランスを再調整したブースターがルシファーに装備されることとなる。
メインウェポンは両腕の超震動ブレード「ヒュドラエッジ」。
必殺ファンクションはリミッターを解除した状態のブースターで二つの真空刃の竜巻を巻き起こす「ウロボロストーム」。




_MG_2600x.jpg

_MG_2603x.jpg

_MG_2604x.jpg

_MG_2606x.jpg

_MG_2585x_20200406101241f6b.jpg

_MG_2588x.jpg

_MG_2590x.jpg

_MG_2596x.jpg

_MG_2592x.jpg



こちらは3/8に池袋で開催されるはずだった、池袋モデラーズパークにゲストモデラーとして
呼ばれていましたので、そこで初展示の予定で制作していました。
池袋モデラーズパークは、LBXコンペもあり私も審査員で、とても楽しみにしていたのですが・・・

中止ではなく延期の予定という事なので、現在の情勢が落ち着いたのちに開催される、
と思いたいです
とにかく今は、早く情勢が良くなる事を祈るのみですね・・・。

プラモデル自体の売り上げ、それに付随する工具やパーツ系の売り上げも軒並み良いらしいので
私自身ホビージャパン等のお仕事は全く問題なく、そういった点では平常運転となっています。

作品制作、発表と今後も頑張っていきたいと思います~。
どうぞよろしくお願い致します




* 関連記事 *
【LBX】プロトゼノン 完成しました
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 完成しました
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 改修内容
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 制作中です
【LBX】 グルゼオン 完成しました
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品

Category: フレームアームズガール完成品 > レティシア オリジナルVer.   Tags: FAガール  ホビージャパン  作例  完成品  フレームアームズガール  レティシア  改造  

FAガール・レティシアオリジナルVer.制作しました(ホビージャパン5月号掲載)

UR0286.jpg


FAガール・レティシア オリジナルVer.になります。
ホビージャパン2019年5月号にて掲載されました



xUR0305.jpg


UR00x.jpg


髪型、上半身の衣装をオリジナルに変更しています。



UR01x.jpg


UR02x.jpg


頭部には、おだんこパーツを差し込めるように軸受穴を移植しました。



UR03x.jpg


衣装はマジックスカルプで作っています。
分解するとこんな感じ。



UR04x.jpg


顔と胸周りだけレティシアですが、両腕はグライフェンです。
腰~太ももはアーキテクト。
両脚は朱羅忍者。
靴はエーデルワイスです。

武器はMSGのウォーターアームズ。
その他、全体の装飾はほぼグライフェンです。



UR05x.jpg


UR06x.jpg


UR07x.jpg


UR0284.jpg


UR0285.jpg


UR0287.jpg


UR0288.jpg


re103_2020011308334842b.jpg


ほぼレティシアの残っていないレティシアなんですが、
そもそもレティシアは「顔だけオリジナルなマテリア」という状態の素体なので
アレンジのしようがない感じだったんですよね

今回、オリジナルで追加されていたおだんごヘアが唯一の特徴といってもいいくらいだったので、
そこと表情パーツの組み合わせでレティシアっぽさを表現しました。

色は完全にオリジナルです。
ポップで明るい感じにしたかったので、あまりないような色の取り合わせにしてみました





* 関連記事 *
FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
プリムラ作例が展示されます 【ブロッカーズ・フィオーレ展2017夏】
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
Category: LBX完成品 > プロトゼノン   Tags: LBX  プロトゼノン  改造  スクラッチ  ダンボール戦機  プラモデル  

【LBX】プロトゼノン 完成しました

_MG_2226.jpg



LBXプロトゼノン、完成しました~。

LBX関連で昔から仲良くして頂いている、しゅらけんさんが原型を制作してくださいました。
(Twitter:@LBX_LBX_LBX)
といいますか、しゅらけんさんがプロトゼノンの原型をアップしつつ
「誰か塗装してくれないかな~」と冗談でツイートしていたところに、私が乗っかった感じです(笑)

丁度昨年末、12/21・22に神展という川崎市の展示会でLBX合同企画卓を主催する予定だった事もあり、
「このプロトゼノンを塗ってLBX卓の目玉に出来れば!」と思ったのですよ。

そんなこんなで、しゅらけんさんとDMでやり取りしつつ原型を送って頂き、
こちらでパーツを磨いたりしながらLBXだしすぐに塗れるだろうと思っていたのですが、、、

全然甘かった。
これはとんでもなく危険な原型でした



xD2335.jpg


この状態から、武器はもちろん分解出来るんですけども
あとは腰の飾りパーツ、頭の角が外れる、手が取れるくらいしか分解出来ないです(笑)

ハイパーファンクションのフレームに直接パテが盛られて整形してあるので、
分解して塗装出来ないのがめちゃくちゃ大変でした。
翼とか、肩の部分もこれで1個なので本当に塗り分けの鬼としか・・・。

しゅらけんさんは自分のワンオフ機的に制作していて、そもそも分割する気が無かったそうなので
このまま自分で塗装するつもりだったんですよね。
もともと以前にも同じ様なプロトゼノンをスクラッチで制作していて、
今回は完全版というか、より完璧なプロトゼノンを!という事で再制作されていたそうです。

同じスクラッチ品を二度作るあたり、かなりマゾっぽい感じがしますが(笑)
お陰でこうして私が塗装したりするご縁が生まれたので、それはそれで良かったです。



xD2337.jpg


パーツを磨いた状態で、仮組み。


xD2359_2020010711163867e.jpg

xD2362.jpg

xD2363.jpg

xD2365_20200107111644257.jpg

xD2366_2020010711164696f.jpg

xD2367_20200107111647a7f.jpg


サフ吹いてみました。
開いた手の指先が丸いのが気になったので、この後キンキンに延長しました。

でもあちこち綺麗にエッジ出しされているので、シルエットがとっても良いですね!
ボリュームもバランスも、各部の形状も完璧にプロトゼノンです~。
あとは、塗装するだけ・・・。

結局、塗装にもすごい日数がかかってしまい。
ホビージャパンの作例を抱えながらだったので、どちらも進めつつであの時は本当に大変でした



_MG_2208.jpg

_MG_2209.jpg

_MG_2210.jpg

_MG_2211.jpg

_MG_2212.jpg

_MG_2226_20200107201411249.jpg

_MG_2218.jpg

_MG_2248.jpg


そういえば最近完成品のカラーレシピ書いてないのですけど、
正直説明が出来ないんです・・・
私の場合、全て混色で色を作っているのですが
何かを塗る為に混色して作った色を塗料瓶に入れて保管していて、
別の色を作りたい時にはその瓶に更に他の色を掛け合わせていったりするので、
一体何色混ざっているのか最早わからない塗料が沢山置いてあるんですよね。

5色以上混合とかは結構ザラで、クレオスとかガイアとかフィニッシャーズとか、
一切関係なしにガンガン混色しています。
あんまり混ぜない方がとか、同じメーカーでやった方が・・・とか、色々あるとは思うのですが
私みたいなやり方でも、こんな風に作品が作れますよ~という事はお伝えしたいです!
でもオススメはしません!


それで、唯一メインカラーの濃い紫に関してはあまり混色していませんので書いておこうかと思いまして・・・
確か、ガイアノーツから出ているダグラムカラーのダークパープルです。
多少パープルヴァイオレットとか混ぜた気もしますが、、
それで、これ単色だとかなり彩度の低い、暗いだけの紫になってしまうんですよね。
赤味がありつつも色の暗い紫を作りたい時って私は結構あるのですが、
混色で彩度の高い紫や紺色を作るのってかなり難しいです。

それで、いったんダグラム紫を吹いた後にガイアカラーの「純色バイオレット」を重ね塗りしています。
これはクリアパープルでもいいのですが、純色バイオレットだと更に濃く発色させられるので
私はクリアパープルの代わりにこっちを使う事が多いですね。
メタリック系の紫を塗装した上から更に純色バイオレットをかけるのも、メタリックのギラギラ感が
良い感じにコーティングされて奥行きのある質感に変わるので、お勧めです。

純色系はほとんどクリアカラーの素みたいな、透明系のカラーです。
普通の塗料と混色して使う時もありますが、そのまま希釈してクリアカラーとして使うのも良いんですよ~。
お陰で、暗く沈んだ感じの黒っぽい紫だった部分が、ハッキリとした彩度高めのダークパープルに!
2回塗装する形になるので手間は増えますが、純色を上掛けするやり方は私のお勧めです





xD2364_202001072014152d4.jpg

_MG_2220.jpg


バーニア内部は、メタルパーツの組み合わせでディテールアップしてみました。
バーニアの付け根部分も、それっぽいパーツに置き換えています。



_MG_2251.jpg


脚のパーツですが、これが1パーツなのです・・・
これ以上分解出来ないんです。
まずフレーム部分の一部をシルバーで塗って、次にグレーを塗装、
ガチガチにマスキングしてから薄紫、濃い紫と塗装していったのですが。

ほんと、これはよく塗り分け出来たなーと思います、、
しかも可動部分なので、シルバーのところが剥げるんじゃないかと思いましたが
膝を曲げ伸ばししても問題ありませんでした。

すごい仕様だな~って思いますけど、しゅらけんさんは一度同じ状態のプロトゼノンを作って
自分で塗っているので、そこが本当にすごいですよね。
この塗り分けを自分で経験していながら、また同じ状態のものを作るというね。
正真正銘のドMに違いない!



_MG_2244.jpg

_MG_2249.jpg



x00952.jpg


これは、神展で展示していた時にらいなーマンさんに撮って頂いた写真です
(twitter:@for_riner)
展示会の際黒い布を敷いていたので、黒背景の写真になってカッコイイ!
とっても素敵~感謝感謝です


x00949.jpg

x00950.jpg



それでは、ご覧頂きまして有難うございました!
また、新作LBXをアップ出来る日も近いと思います~。
今度は声優の古島清孝さんとの共作LBXですよ。
2月中の予定なので、どうぞ宜しくお願いします





* 関連記事 *
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 完成しました
【LBX】 グルゼオン 完成しました
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  Vガンダム  作例  1/100ガンブラスター  改造  

ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】

UR0092x.jpg


新年明けましておめでとうございます
2019年も、更に頑張っていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

さて、12/25に発売されましたホビージャパン2月号にて1/100ガンブラスターを制作しました。



xUR0103.jpg


KeitaさんのV2アサルトバスターが目印です~。
今回は巻頭特集がVガンダムという事で、私はその中のガンブラスターという機体を担当させて頂きました。

実はガンブラスターが何なのか全くわかっていなくて、キットを受け取るまで乗り物か何かだと思ってました



UR0093x.jpg


実はRE/100ガンイージというキットが発売されたばかりなのですが
(バックパックとウイングが付いていない機体)
ガンブラスターというのは宇宙用にバックパック、羽が付いた状態のガンイージだというので
旧キットで出ているガンブラスターの羽を、バックパックをちょいっとどうにかして作って
REにくっ付けて欲しい?みたいな内容でして・・・

そもそもバックパックなんてどうやって作るんだ?と思いながらOKしたのですが
アイディアが全く浮かばなくて、死ぬ思いでやりきった作例でした
こんなに締切の圧力に苦しんだのは初めてだったかもしれません


また、1/25頃にこの作例の完成記事をあげたいと思います。
ひとまず誌面の方見て頂けましたら幸いです~。
どうぞ宜しくお願いします





* 関連記事 *
ホビージャパン1月号、掲載されております
ホビージャパンライターって何するの?のお話
ホビージャパン12月号、掲載されております
ホビージャパン8/25発売号、掲載されております~。
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
Category: フレームアームズガール完成品 > グライフェン海賊Ver.   Tags: ホビージャパン  FAG  フレームアームズガール  グライフェン  改造  作例  

FAガール・グライフェン海賊Ver. 制作しました(ホビージャパン1月号掲載)

UR0104x.jpg


FAガール・グライフェン、海賊アレンジVer.です。
ホビージャパン1月号に掲載されています~。



xUR0043_20181229162958cc3.jpg


今回のホビージャパンはオラザク選手権の号でもありまして。
私は審査員もさせて頂いております・・・。
素晴らしい作品揃いですので、是非併せてご覧ください



DPP_8658.jpg


さてさてグライフェンですが、改修の内容を載せていきたいと思います~。

靴ですが、これめちゃくちゃ厚底ブーツにしてみたくて思いっきり底上げしました。
エバーグリーンの0.75mm厚のプラ板を3枚積層して、綺麗に整形しています。
つま先の可動部分は無くして、つるんとした形状に直しています。



DPP_8661.jpg


マントですが、MGのエクシアリペアの物を加工して流用しました。
あの左肩に付いているやつです~。
グライフェンの首に付いているリングみたいなパーツに一体化させて、首に巻いてる風にしてみました。



DPP_8664.jpg


肩章というパーツを作ってみました。
海賊をやるにあたって、「どんなパーツが付いていれば海賊に見えるのか」を考えて
色々画像検索してみたのですが、やっぱり一番はドクロのついた帽子なんですよね。
次に、意外と肩にこれが付いているキャラクターが多かったので、これもやってみる事に。

まず、中心の半円みたいなちょっと盛り上がったパーツを作って・・・
使うのは全部マジックスカルプというエポパテです。

その外側に、太めの紐みたいにしたマジスカをくっ付けて囲みます。
残りは外側に付くヒラヒラですが、マジスカを30本くらい人差し指でこよりにした物を作って、
ちょっとしたカーブをつけてみたりしながら完全に硬化するまで放置しておきます。

その後ピンセットでつまみまして、半円みたいなパーツに接着剤でちまちま付けていくのですが・・・
ふさふさ感というか、自然に紐が出ているみたいな状態を演出したかったので、
上下に高低差をつけたりカーブの角度を上手く組み合わせてみたり、
とにかく自然な紐感に気を付けていました。

後は、根元に接着剤の跡が残るのでそれを消したり、1本1本の隙間を綺麗に整形したりと、
このパーツは本当に手間がかかりました




DPP_8665.jpg


首に付いているヒラヒラした布みたいなパーツ。
中世の貴族みたいなイメージなのですが、これもやりたかったので作ってみました。

マジスカを伸ばして伸ばして布っぽくまとめていくのですが、
もちろん最初は全然こんな形状じゃなくて、もっと塊っぽかったものを
溝を掘ったり薄くしたりしながら、布に見えるように直していった感じです。



DPP_8663.jpg


海賊の帽子。これはマストアイテムですね~。
グライフェンは元からベレー帽を被っていたので、それの周りにマジスカの壁を作るみたいなイメージで
薄く伸ばしたマジスカで周りを囲んで、硬化するまで放置です。

硬化後に、てっぺんのカーブをつけていって中も外も綺麗に整形して、帽子のベースが出来上がりです。
やっぱり海賊帽は金の縁取りが欲しかったので、0.5mm厚のプラ板を帽子のフチと同じ形に切り出しまして
接着剤で密着させながら貼り付けていき、その後は隙間を埋めたり接着跡を消したりしていきました。

ドクロマークは、SDのクロスシルエット・クロスボーンガンダムのパーツです。



DPP_8666.jpg


腰にベルトみたいな、飾りのパーツを作ってみました。
全体のバランスを考えた時に、腰にひとつアクセントがほしかったので・・・。

これも本体にメンソレータムを塗ってから、マジスカで密着するようにリング状のパーツを作り、
硬化してから取り外します。このリングを、綺麗に整形しておきます。
あとは0.5mm厚のプラ板を正方形に手で切り出して、ヤスリがけしてから貼り付けていきます。

カクカクッときっちり真四角だと、あんまりアクセサリー感が出ないと思ったので
わざとフリーハンドで切り出して、ヤスリがけしてみました。
さらにその上に金属製のエッチングパーツを貼りつけて塗装しています。



DPP_8659.jpg


グライフェンの握りこぶし。
これ、人差し指と親指が合体してしまっているので、、、
デザインナイフで削っていって、ちゃんと分離しているようにしてみました。

結局、私も誌面の方でも、写真のカットでこのハンドパーツ使わなかったんですけどね(笑)



DPP_8662.jpg


眼帯です~。
顔パーツが3つあるので、内ひとつは眼帯付きの顔にしてみました。
これもマジスカをくっつけて制作しています。



DPP_8660.jpg


武器です。これはLBXトリトーンの、シーホースアンカーという武器を使いました。
海賊を演出するのに、碇型の何かを持たせたいと思っていたのですがちょうど良い物がありましたね。

グライフェンの手は、丸棒ではなく角棒の物を持つように出来ているので、持ち手の部分は作り変えています。



xIMG_7563.jpg


むかーし制作したLBXトリトーン。
ダンボール戦機というアニメが元の機体です。
私がホビージャパンのライターとしてデビューしたのはそもそもLBXの作例だったので、
このパーツの流用で作例を作る事は結構感慨深かったですね~。

LBXはもう絶版なのでキットは手に入らないので、トリトーンはメルカリで買いました(笑)
中古で組み立て済みの物が900円で売っていました。出してくれた人、ありがとう~!




DPP_8640.jpg


塗装前の状態がこちらです。
両脚に付いているメカっぽいのは、グライフェンがつけている武装のパーツを切ったり組み変えたりして
作ってみました。グライフェン以外のパーツは使っていません。



DPP_8639.jpg


後ろ姿です。



DPP_8653_2018122916313670f.jpg


塗装してみると、こうなります。

塗装って、本当に大事ですよね・・・。作品に命が入る様な感覚があります。
メインは黒なのですが、合わせて金と茶色、マゼンタと紫を配色してみました。

髪はピンク系のグラデーションで、武装は青緑みたいなカラーがメインです。
海賊なので、海のイメージで青系のカラーも入れ込みました。

オリジナルで作る時って、カラーリングと配置にものすごく考える時間を取られます・・・。
私が色を考える時は、全て頭の中だけでやっています。
カラーパレットみたいな紙や、パソコンでデジタル彩色してみて決めるような事は全くしていません

特にパソコンで色を塗ってみるみたいなやつ、とても便利そうですよね~。
そういう最先端な事が出来るようになりたい・・・。



DPP_8642.jpg


両脚の武装は3mmプラ棒で接続しているだけなので、外す事が出来ます。
素体状態みたいな感じですね。



DPP_8643.jpg


DPP_8645.jpg


脚の武装をセットしてみます。



DPP_8647_20181229163348c13.jpg


武器も装着。
というか、これ使って戦うのかどうかよくわかりませんが・・・
脚の武装、でっかい手みたいなパーツはどうしても使いたかったので
これをメインで、周辺のゴチャゴチャを考えていきました。



DPP_8649.jpg


DPP_8650_20181229163351043.jpg


DPP_8652.jpg


DPP_8654.jpg


帽子を外して、頭が出ている状態にも出来ます。
ここは元のグライフェンと一緒ですね。
帽子取ってみないと、髪の毛のグラデーションがよくわかりません(笑)



DPP_8655.jpg


DPP_8656.jpg


DPP_8657_201812291634452d5.jpg


FAガール グライフェンでした。
ここまでご覧頂き有難うございました~。

実は、これの前にやったFAガール白虎の時に海賊モチーフって既に考えていたんですよね。
でも、白虎にはあまり海賊要素が無かったので作るのが難しくて、やめていました。

今回のグライフェンも、ライドビークルに乗った姿とかすごく鳥山明メカっぽいイメージがあったので
ものすごくポップなカラーリングで鳥山キャラっぽい世界観を考えていたのですが、
何だか気付けば海賊でいく事になってました・・・。

FAグライフェンが水中用メカだった、というのは実は知らなかったので偶然で、
編集さんが海賊=結果オーライ!みたいに上手くまとめてくれた感じです(笑)

グライフェン、2019年1月12日開催の八展で展示しますので、どうぞ宜しくお願い致します~。






* 関連記事 *
FMガール・初音ミク、制作しました(ホビージャパン12月号掲載)
FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
エアブラシ塗料の綺麗な濃度のお話~ 1:1で吹く理由のお話
エアブラシを新調してみたお話
SDガンダムクロスシルエット/ナイチンゲール(ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  FAG  グライフェン  改造  オラザク選手権  

ホビージャパン1月号、掲載されております

DPP_8653.jpg


11/24に発売されました月刊ホビージャパン、1月号にて作例担当致しました。
FAガール・グライフェンの海賊Ver.です。



xUR0041.jpg


今月は、年に一度のオラザク選手権!
という事で、優勝作品が表紙になっていますので今はまだ伏せておきますね。

今回私、オラザク選手権の審査員をやらせて頂きました。
その事に関しても、また別で記事にしたいなと思っています。



DPP_8650.jpg


DPP_8657.jpg



ホビージャパン1月号、是非ご購入頂ければと思います
応募総数過去最高、オラザクの発表は見応え十分です!
グライフェンも、ついでに是非誌面で見てやってください~。
宜しくお願い致します




FAG白虎 オリジナルVer. (ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
プリムラ作例が展示されます 【ブロッカーズ・フィオーレ展2017夏】
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R 制作記事です(ホビージャパン6月号掲載)
FAG フレズヴェルク=ルフス(ホビージャパン掲載作品)
FAGフレズヴェルク (ホビージャパン掲載作品)
Category: ボークスでのお仕事   Tags: ボークス  プリムラ  ブロッカーズフィオーレ  改造  

ブロッカーズフィオーレ プリムラ制作ポイント

DPP_6355.jpg


今回は、ブロッカーズフィオーレ プリムラ制作のポイントをご紹介したいと思います
・プリムラ完成品の記事はこちら・
ブロッカーズフィオーレ プリムラ(オリジナル作例)




100指示用


プリムラのキットは合わせ目を消したいな~と思う箇所が結構あるのですが、
まずは肝心のパンツ部分、これを後ハメ出来るようにする為、○で囲った部分の突起を削り落していきます。



101指示用


後ろ側は特に削りしろを大きく、その上にある丸い突起部分も切り落としてしまいます。



102指示用


パンツ側の加工ポイントです。
下からスライドして履かせるようにする為、四角で囲った部分を削り落とします。



103指示用


反対側も同じように削り落とし、その上にある丸い突起部分も切り落としておきます。



104指示用


こうする事で、パンツの合わせ目消しをしても後ハメが出来るようになります
あんまり、合わせ目の目立つ箇所ではないのですがやはり気になるので、処理しておきました。



DPP_6326.jpg


お腹の部分ですが、切れ目が入ってしまっていて見栄えが良くないので、
パテで埋めて繋がった面になるようにしておきます。



DPP_6327.jpg


反対側も同様に処理しました。



106指示用


背中側ですが、大きくヒケている部分があるのでパテで埋めています。



113指示用


腕に付く白いアーマーですが、挟み込んで装着するタイプの為合わせ目が出来てしまうので、
接着してからアーマーを横からはめ込む形に変更しています。



DPP_6329.jpg


両脚のアーマーにも合わせ目が出ますので、消しています。
ここはちょっと処理が面倒なのですが、上側のアーマーは接着した後に足首側からはめる(履かせる)感じで、
横に付いている黒い丸軸を差し込んで固定させる形にしています。

足首側のアーマーは後ハメが出来ない為、足首に固定して接着し、中の黒部分とアーマーの白を
マスキングで塗り分ける方法を取っています。



DPP_6320.jpg


両胸の脇に付くパーツは裏側に肉抜きがあるので、パテで埋めています。



DPP_6322.jpg


スカートの左右に付いているアーマーですが、ここにも肉抜きがあるので埋めています。



DPP_6323.jpg


腰の後ろ側に付くリボンの様なパーツですが、ここにも肉抜きがあるのでパテで埋めています。



DPP_6324.jpg

DPP_6325.jpg


髪の毛ですが、ここにも合わせ目がありますので自然な毛流れに見えるよう、
途中まで接着して合わせ目を消し、途中からは分かれさせる形で処理しています。



115.jpg


今回も、顔パーツのメイクにはタミヤ ウェザリングマスターGセット、Hセットを使用しています。



116.jpg


Gセットの右、マロンを使って顔の輪郭に沿ってシェーディング(影)を入れていきます。
おでこも含め、顔パーツの全周を囲む様なイメージで茶色を塗っていきます。



117.jpg


次にチークの処理です。
Gセットの左、サーモンで頬骨の下からこめかみに向かって、はね上げる様なイメージでチークを入れていきます。



118.jpg


Hセットのピーチで、先程のサーモンの上から重ねるようにピンク色を入れていきます。
多少色が濃いかな?と思うくらいでも、実際にパーツをつけるとそうでもなかったりするので、
ややはっきりするくらいが丁度良いと思います



119.jpg


顔パーツも、最初に目がタンポ印刷されている状態からヤスリがけをして削り落とし、
サフ→肌色を塗装してから改めて目のデカールを貼り、
口を開いているパーツは口の中をエナメル塗料のピンクで筆塗り、
口を閉じているパーツは口のラインに沿ってスミ入れ、
その後つや消しトップコートまで終えます。

メイクはその後から行います。
ウェザリングマスターでメイクを入れた後からトップコートをするとメイクが滲みやすいので、
つや消し後の方が綺麗に仕上がってオススメです



120.jpg


最後に、ネイルアート用のドットペンを使って頬にハイライトを入れます。
エナメル塗料のフラットホワイトを使って、好みの大きさの円になる様に調整してからペンで押します。




DPP_6354.jpg

DPP_6362.jpg

DPP_6359.jpg

DPP_6357.jpg

DPP_6366a.jpg



プリムラは、表情パーツの種類が豊富で魅力的ですね
今ではもっと色々な表情が追加で出ていますので、そちらもオススメです。
目のデカールそのものが設定イラストの様な描き込み密度で、そこも本当に凄いです~。

プリムラは今小麦肌バージョン、金髪バージョンとキットが発売されていますね。
このまま、新規の女の子デザインのキットも発売される事を楽しみにしています





* 関連記事 *
ブロッカーズフィオーレ プリムラ(オリジナル作例)
ARX-7 アーバレスト(ホビージャパン掲載作品)
FAG轟雷 Ver.2.0 (ホビージャパンエクストラ掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R(ホビージャパン掲載作品)
FAG イノセンティア&Ninja H2R 制作記事です(ホビージャパン6月号掲載)
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ダンボール戦機  オーディーン  改造  

LBXオーディーン 改修作業編その1

こんばんは  LBXオーディーン、やっと制作が完了しました。
まずはオーディーンの改修作業内容を公開して行きます~。


今回の改修はいつものLBXパーフェクトモデリングブックの作例を参考に行っていますが、
実はこれの元になっているホビージャパンではオーディーンの作例は2回あってですねー
モデリングブックにはJUNIIIさんの作例しか載っていませんが、ホビージャパンではもうひとつ
ACOさんの制作したオーディーンがあったのです。


IMG_7241.jpg


これ。


金色部分が黄色なんですね。
ACOさん、実は私が一番好きで目標にしているLBXモデラーさんでして
この方の作るLBX作品は何でも大好きです。

今回は、JUNIIIさんとACOさん両方の改修内容を参考にMIXしていこうと思います
他、ご依頼者様からの改修要望もありますので作業量がとんでもない事になってます




IMG_7133.jpg


まずは股関節の改造から。
今回オーディーンにはHGFCノーベルガンダムの股関節を流用し可動範囲を拡大しています。
太腿側は、ロール可動する様に同径のプラパイプを埋め込んでいます。

太腿パーツは合わせ目消しの為接着してしまったので、中に通るポリキャップはカットして
下からはめられる様にしてあります。


IMG_7134.jpg


股関節のやり方をもうちょっとわかりやすく
ノーベルガンダムの流用と言っても4パーツしかありません
まず真ん中にある四角いポリパーツですが、オーディーンはアクションベースの差し込み口が四角なので
付属のポリパーツはそのまま使わないといけませんので、3φの穴をあけ3mmのプラパイプを通します。

真横に貫通させる感じですね。
両脇に3mm径のパイプをかませて、位置の固定&股間の幅を合わせます。
このパイプはWAVEのPC-04 プラサポ 2に入っているものです。
(※訂正、PC-03プラサポ 2 です。これに内径3φのリング状のパーツが入っています。)

そのままセットするだけで、関節の幅がジャストな位置になりました。

それで、両脇にノーベルガンダムの関節を付けて完成です。
結構お手軽改造なんですよ




IMG_7136.jpg


腰アーマーの裏は、全てパテで埋めました。



IMG_7200.jpg


塗装後はこんな具合。


IMG_7207.jpg


太腿のロール可動に使ったパイプですが、コトブキヤのプラユニット ショートパイプを使用しています。
これの7.0mmがノーベルガンダムの軸を受けるのにジャストでした。
旧型関節のLBXどれでも流用できると思いますが、太腿の中をくり抜いてパイプをはめ、パテで固定すればOKだと思います





IMG_7138.jpg


これはひざ裏のバーニア。
JUNIIIさんの作例であった通り、バーニアの厚みを減らして見せる為に真ん中に一周スジ彫りを追加しました。
0.15mmタガネで彫り込んでいます。


IMG_7208.jpg


塗装後はこんな感じ。
一周彫り込んだ部分より内側を、グレーで塗り分けました。
これでふちの厚みを感じさせないデザインになったと思います。


IMG_7139.jpg


足首は0.3mmプラ板で蓋しています。


IMG_7213.jpg


塗装後はこんな感じに。
くるぶしには3.5mmマイナスモールドを入れてあります。


IMG_7127.jpg


肩アーマーの改修。
裏の肉抜きを埋め、肩を上げた時に見える隙間部分をプラ板で塞ぎました。
エバーグリーンの0.5mm厚 Vグルーブと、0.25mm厚 ホワイトプレーンを組み合わせてディテールっぽくしています。


IMG_7212.jpg


塗装後はこんな感じ





IMG_7140.jpg


手も以前紹介しましたが、HGUCシナンジュ、ザクF2型のマニュピレーターを使用し作り変えています。
手首は切り落としカスタムウェポン用のハンドパーツから手首を移植、1mmの真鍮線を通して固定しています。



IMG_7221.jpg


塗装後。



IMG_7224.jpg


これは飛行形態変形時に使用する腕~手の一体パーツです。
随分ディテールが省かれてるので、本来手が隠れているであろう部分には握った手を追加しておきました。
ちなみにこれはACOさんが行っていた改修です


IMG_7225.jpg


このパーツが実は一番塗り分けに苦労しました
普段使うパーツでもないのにここまで大変だとは・・・




さて、オーディーン改修編 まだまだありますので次の記事に続きます






Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
アサルトリリィ・真島百由"    フレームアームズ・轟雷改"    LBX    FAガール    LBXプロトゼノン"    RE/100    グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
ホビージャパン7月号、掲載されております 【アサルトリリィ 真島百由】 2020/05/25
「フレームアームズガール モデリングコレクション3」 発売されました~ 2020/05/01
フレームアームズ 轟雷改 (ホビージャパン掲載作品) 2020/04/12
【LBX】ベルフェゴール 完成しました 2020/04/06
ホビージャパンMOOK 【フレームアームズ・ガール モデリングコレクション2】 発売です♪ 2020/03/31
ホビージャパン5月号、掲載されております 【サクラ大戦 光武・改】 2020/03/28
ホビージャパンエクストラ(2020winter)掲載されています~【タミヤ1/24日産GT-R】 2020/03/01
池袋モデラーズパーク 開催延期のお知らせ 2020/02/29
ホビージャパン4月号、掲載されております 【プラ板マントの作り方~】 2020/02/25
展示会の参加予定です 【2/22・23八展 3/8池袋モデラーズパーク】 2020/02/20
ホビージャパン3月号、掲載されております【ダークアドヴェント ソフィア&フィギュアライズ アスナ】 2020/01/25
FAガール・レティシアオリジナルVer.制作しました(ホビージャパン5月号掲載) 2020/01/13
【LBX】プロトゼノン 完成しました 2020/01/08
神展3 LBX企画卓「アルテミス カワサキキングダム」開催しました! 2019/12/28
神展3 LBX企画展示卓開催します! 2019/12/19
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作代行等専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆制作代行しております◆
FAガール、ガンプラ、LBXなど何でもOKです
お問い合わせはこちらにお願い致します。
urahanana@gmail.com

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
METAL ROBOT魂 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ [SIDE MS] ガンダムバルバトスルプスレクス HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE モビルドールメイ 1/144 HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム 1/144 RG 機動戦士ガンダムSEED DESTINY フォースインパルスガンダム 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 敵ガンダム(仮) 1/144 30MM eEXM-21 ラビオット[オレンジ] 1/144 30MM eEXM-21 ラビオット[ホワイト] 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ハロプラ ハロローダー HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムGP-羅刹天 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ジュピターヴガンダム 1/144 HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムマルコシアス 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダム G-エルス 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムゼルトザーム 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ν-ジオンガンダム 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムジャスティスナイト 1/144 SDBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アヴァランチレックスバスター 1/144 HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アースリィガンダム 1/144 SDBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ヴァルキランダー 1/144 ハロプラ ザクレロハロ HG サクラ大戦 光武・改(神崎すみれ機) 1/20 HG サクラ大戦 光武・改(真宮寺さくら機) 1/20 HG サクラ大戦 光武・改(大神一郎機) 1/20 LBX ダンボール戦機 ハイパーファンクション オーディーン 1/1 PG 機動戦士ガンダムSEED パーフェクトストライクガンダム 1/60 MG 機動戦士ガンダムセンチネル FAZZ Ver.Ka 1/100 MG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/100 HGPG ガンダムビルドダイバーズRe:RISE プチッガイ ジャスティッガイ 1/144 COMBAT ARMORS 太陽の牙ダグラム MAX19 アビテート F44A クラブガンナー 1/72