ガンプラ0079

Category: ドットブラスライザー・ジーエクスト   Tags: LBX  ドットブラスライザー・ジーエクスト  徹底改修  完成品  

【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 完成しました

Wq7U0B.jpg



LBX ドットブラスライザー・ジーエクスト、完成しました。

原型制作は声優の古島清孝さんです。
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 制作中です
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 改修内容

原型を受け取ってから、私の方で担当する作業が色々とあり、ようやく完成させる事が出来ました
設定画に近いジーエクストを作る、というコンセプトで始めた今回の制作でしたが、
写真よりも実物を見て頂く機会があればな~と思います。
・・・今のところ、ない予定なのですが


DPP_7434.jpg


DPP_7432c.jpg




今回はとにかく設定イラストに近い、エッジの効いたスタイル重視で、飛行形態への変形機構はオミットしています。
ジーエクストそのもののフォルムが絵に近づく様に、という事で制作していきました。




DPP_7433.jpg




DPP_7425.jpg




DPP_7414.jpg




DPP_7412.jpg




DPP_7438z.jpg





DPP_7436z.jpg






DPP_7431.jpg





DPP_7437.jpg




DPP_7439.jpg





DPP_7429z.jpg





LBXドットブラスライザー・ジーエクストでした。
LBXの完成品、本当に久しぶりです~。

コトブキヤさんから、今度はダンボール戦機の美少女化プラモが発売になるという事で、
これはLBXとFAガールをこれまで制作してきた私にとってはうってつけのキットですね
発売が今から楽しみです~




* 関連記事 *
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 制作中です
【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 改修内容
【LBX】 グルゼオン 完成しました
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ドットブラスライザー・ジーエクスト  徹底改修  プラモデル  

【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 改修内容

DPP_7254.jpg


現在古島清孝さんと共同制作中のLBXドットブラスライザー・ジーエクストです。
ここでは、改修内容を詳しく掲載していきたいと思います



DPP_7256.jpg


背中の翼ですが、長さが全然足りませんのでプラ板とパテで大型化しています。



DPP_7257.jpg


全然違う形状になっていまして、これにより設定画に近いスタイルにする事が出来ています。



DPP_7259.jpg


翼に付くミサイル8基ですが、こちらは切り離して形状変更をし、
複製して数を揃えました。



DPP_7260.jpg


相変わらず、複製は清原レジンでやっていますので透明です



DPP_7261.jpg


シールドは先端部分を大型化しまして、上の部分(画像でいうと下側になっている部分)は
設定画と形状が全く違っていますので、ディテールを作り起こしています。



DPP_7262.jpg



DPP_7263.jpg


武器は中心部分を形状変更し、持ち手にあたる部分も大型化されています。



DPP_7264.jpg


脚はとにかく大改造で、ここのスタイル変更により全体の印象が大きく変わっています。
中心と横2箇所でパーツを3分割し、全体を延長、横幅を大きく詰めました。



DPP_7265.jpg


元のキットのままですと全くイラストのイメージにならないので、ここが下すぼみに絞り込まれている事で
ボテッとした印象を無くし、スタイリッシュに変化しています。



DPP_7266.jpg



DPP_7267.jpg


このジーエクストは変形しない前提で制作していますので、脚部カバーの中に格納されている
ジーエクストの膝から下の部分は取り払われています。



DPP_7273.jpg


手も別パーツを使用し、イメージに合うように大型化しています。



DPP_7269.jpg


顔は思いっきり小顔化されています。
素組の方はすごくもさっとした印象なのですが、シャープで攻撃的なイメージに変更しました。



DPP_7268.jpg


DPP_7271.jpg


DPP_7270.jpg


DPP_7272.jpg


塗装後にはだいぶイメージが変わる事と思いますので、完成まで是非お楽しみにです~
引き続き宜しくお願い致します



* 関連記事 *
【LBX】 グルゼオン 完成しました
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ドットブラスライザー・ジーエクスト  徹底改修  

【LBX】 ドットブラスライザー・ジーエクスト 制作中です

DPP_7248.jpg


LBX ドットブラスライザー・ジーエクストを現在制作しています。

本当はFAG轟雷Ver.2.0、ボークスプリムラと完成品をアップしなくてはいけないのですが、全然記事を書く余裕がないままで
楽しみにしてくださっている方には、本当に申し訳ございません・・・

どれから先にアップしていくか迷ったのですが、とにかくもう今完成間近な作品がこれなので、
轟雷とプリムラは一応誌面や展示会でもご覧頂いているという事で、ジーエクストをアップしてしまおうと思います



こちら、以前ホビージャパンにも掲載された声優モデラー、古島清孝さんとの共作になります。
本当にものすごく長い時間を掛けて進行している物なのですが、キットと劇中の機体が全然違っていますので、
とにかく設定画に近いイメージにするべく至る所に手を入れて制作しています。



73904c36f507dd446ed9663215ed01e2.jpg

こちらが設定画のドットブラスライザー・ジーエクストなのですが、


20131115_114976.jpg


そのまま制作するとこういう風になりまして、
正直全然似ていません・・・。
顔が大きく、脚が太く、翼が短いです。
というか、全体的に仕方ない部分が多い感じなのですが、絵をそのまま実物の模型にするって色々と無理がありますよね。

制作しているジーエクストも、全く絵の通りという訳にはいきませんが、とにかく模型としてカッコ良く
絵のイメージを具現化する意気込みで、ここまで制作してきました。



DPP_7244.jpg


DPP_7254.jpg



DPP_7252.jpg



DPP_7251.jpg



DPP_7245.jpg


DPP_7248_20170907173041cdc.jpg


DPP_7248b.jpg



DPP_7253.jpg




イラストの様なシャープさもあり、主人公機の最終形態らしい力強さもあり、
といった感じで苦労が報われているといいなと思うのですが、、、如何でしょうか。

これから、もう少々修正を加えながら塗装に入っていくのですが、
その前に細かい部分の改修などをご紹介していきたいと思います。



* 関連記事 *
【LBX】 グルゼオン 完成しました
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
Category: 日記   Tags: 八展  展示会  FAG  LBX  

2016 模型展示会「八展」を終えて

085303_20161222135151cc6.jpg


2016 第2回「八展」、無事終了しました~。
画像は、八展を企画されているHIDE-Kさんがツイッターにアップされていたお写真をお借りしています。

八展は会場の規模自体はだいぶ小さいですので、作品のひとつひとつをゆっくり見られる部分もありますが、
とにかく人口密度が高いので混雑する時間帯には通路を歩くのも大変だったりします・・・

とはいえ、展示参加されているお一人お一人と話がしやすいですし、会場もとても綺麗なので良い雰囲気です
来年も是非参加したいな~と思っています



085418.jpg


17日と18日、それぞれで開催されていた一般参加作品とは別の「連邦vsジオンコンペ」ですが、
17日の投票一位はken16wさんのガンタンク、18日の一位はガルマ・ザビコさんのギラドーガでした

ガンタンク、元からこういうキットなのかと思ってしまいますが実は全く別物というくらいに作り変えられていて、
その作業感を感じさせない仕上がりに脱帽でした。
ザビコさんのギラドーガはもう、ツイッターで見た時から本物が見たくて見たくて、、、(笑)
18日のみの参加という事でしたので、18日は朝から楽しみで仕方ありませんでした。

生で見たギラドーガは、本当に綺麗でディテールが精緻で、細部まで繊細な仕上がりで素晴らしかったです。
こういう作風、本当に私の大好きなタイプです

ザビコさん本人からもディテールの入れ方やデカールのコツなど、色々伺えて良かったです~。
ものすごく話が面白い方でした




164039.jpg


090512.jpg


自分の展示の話をしますと、FAGの展示に関してはさんざんお話してきましたのでもう良いかと思いますが
18日に主催者のヒデさんから1卓譲って頂く事が出来まして、そちらにLBX4体を展示させて頂きました~。
4体とも、普段タムタム相模原店さんに展示させて頂いているものになります。

今回の八展は、普段ツイッターで交流させて頂いている現役LBXモデラーの方達がたくさん参加されていまして、
会場にもいろんなところにLBX作品が展示されていました。
皆さん名前は知っているけれど、初めてお会いする方も多くて作品を前にたくさんお話をさせて頂いたのですが、
こんな風にLBXを見ながら懐かしい話などを色々していますと、感慨深くてとても楽しくて、、、

すっかり感動してしまいまして、2日目には譲って頂ける1卓に私もLBXを出そう!と思いまして
タムタム相模原店さんから一時的にお借りして、18日に展示させて頂きました

私、自分でカメラを持って行っていない為他の方がツイッターに上げられていたお写真をお借りしています。



075335.jpg

075442.jpg

075705.jpg



私は八展か千葉しぼり展示会、この2つだけしか参加しておりませんので、LBXの作品展示を見る事がほとんどないんです。
特に千葉しぼりさんでは、LBXを展示される方はほとんどいらっしゃいませんし、去年の八展でも全然ありませんでしたので・・・

今回は、特にLBX世代の若い方がたくさん展示に参加してくださっていて、皆さん10代や大学生だったりするのですが、
ご挨拶させて頂いたりたくさんお話して頂いたり・・・ 当時ダンボール戦機が放送されていた時の様な、
懐かしい雰囲気を共有する事が出来まして、本当に楽しかったですし嬉しかったです

しのけんさん、ビックさん、空ダルマさん、七雪さん、キーチさん、桜庭さん、にあさん、炸裂だんさん、ユキタカさん、ムラマサさんなどなど・・・
ご挨拶させて頂きました皆様、本当に有難うございました



他にも、たくさんの方にご挨拶頂きまして本当に嬉しかったです。
熱烈なテンションで来られた女性の方が両日にそれぞれいらっしゃいまして、一瞬デジャヴかと思いました
このテンション、昨日もあったぞ~?みたいな・・・ 普段から私の作品を見て頂いていて、それがよく伝わりまして本当に有難いです。

タモリ倶楽部のマイナープラモデル放送回をDVDに録画してくださったり、ミリタリー女子雑誌の資料をくださったり、といった事もありまして
こちらも本当に参考になりました~。早速見せて頂いたのですが、タモリ倶楽部の内容がとても面白くて最高でした

他にもホビージャパンの編集さんにもお会い出来ましたし、コトブキヤの方も会場に来てくださっていたみたいで・・・
ちょうど私がお昼に出ていた時だったそうなのですが、展示を見て頂いた様でとても嬉しかったです。



ここからは、たくさんご挨拶頂いた中で多く質問を頂いた内容に対して、お答えしてみたいと思います。



DPP_1811.jpg


「塗料は何を使っているのか」

これなのですが、クレオスやガイアノーツ等のラッカー塗料です。ごく普通のものです。
私は瓶直で塗る事がほとんど無くて、必ず自分で調色して色を作っています。
大体2色~4色くらいは混ぜるのですが、「それだけ混ぜてるのに色の彩度が高い」といった事も言われる事があるのですが、
これに関しては自分でもよくわかりません・・・。濁った色にならない様に、選ぶ色を気を付けているのかもしれません。



DPP_1873.jpg


「艶消しはどうやって作っているのか」

これは本当によく聞かれるので、配合もブログでは数回出しているのですがガイアノーツのEXフラットクリアー、
クレオスのスーパークリアーつや消し、フラットベースなめらか・スムースの3種をブレンドしたものです。
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編
こちらの記事の下の方に、詳しい配合を書いてありますので良ければご覧ください

全ての瓶から半分づつを出して混ぜるだけです~。
調色用に使っているスペアボトルが内容量80mlなので、全て半分にしてから溶剤を入れなければならないのですが、
最近HiQパーツさんから出たDPボトルを使いますと容量が200mlもあるので、3つの瓶をそのまま移して艶消しを作る事が出来ます。
希釈の溶剤は原液の量×1.3くらいで入れています。



index_20160503125535eb6.jpg


「撮影は何のカメラを使っているのか」

canonのEOS KissX5を使っています。デジタル一眼です。
これは初心者向けのエントリーモデルみたいな一眼なので、とても安いですよ~5万円しないくらい・・・
と思ったのですが、今見たら何故か75,000円もするみたいなのですが、どうなっているんでしょうか??

後継機であるX7の方が45,000円くらいで買えるなど、とても安価なのですが・・・。
最新モデルであるX8でさえ、80,000円くらいなんですよね。あんなに古いX5がどうしてこんなに高いんでしょうか

それはさておき、カメラ撮影に関する記事はこちらをご覧ください
新レンズを購入しました:sigma 30mm F1.4~撮影や画像編集の話など

私のアップしている画像が綺麗なのは、単に一眼で撮影しているという事よりも、撮影後の編集にあると思うのです。
特に「縮小専用」というソフトの恩恵が大きいです。
私はフォトショップなどの画像処理ソフトは持っていませんので、フリーソフトだけで編集していますが
このブログに載せている程度の画像であれば作る事が出来ますので、是非やってみてください



DPP_2472.jpg


「お弁当の写真がとても綺麗」

これもよく言われまして有難いのですが、作ってから台所で撮影しているだけなのです
ほぼ毎日の仕事なので、わざわざお弁当を撮影する為だけに撮影ブースを用意したり、照明を当てたりなんてしていられません!
台所の蛍光灯の下で撮影しているだけの簡単な写真です~。
ツイッターではしょっちゅうアップしているので、見て頂いてどうも有難うございます



DPP_1362_201612221445274ce.jpg


「ホビージャパンの作例は、アイディアは編集部から出してもらえるのか」

作例に関する疑問もたくさん聞かれたのですが、「オリジナルで」と依頼された場合に具体的なアイディアが言い渡される事はありません
ただのキット通りの作例ならまだ楽なのですが、私がよくやっている様なFAGのオリジナルアレンジなどですと、
お話が来てから一ヶ月でアイディア出し&制作完了までやらなければいけません。

基本的に納期は1ヶ月しかありませんので、1ヶ月で必ず完成させ、納品する。これが最低限になります。
あとはまだ発売前のキットである場合、支給されるキットはテストショットという試験段階のパーツになりますので、
製品版の様にピッタリはまったり、しっかり立ったりする事もあんまりありません・・・。
その辺の地道な調整作業も1ヶ月の間に含まれます。

コンペであったりオラザク、GBWCなどに出す作品の場合数ヶ月かけて、じっくり構想を練って制作出来ると思うのですが、
作例の場合3ヶ月かけて納品したら使って頂けないですし、3ヶ月分の制作費が支給される訳でもありません。
正直、唸るような技術が凝らされた作品でなくてもとにかく、「この人に頼めば必ず1ヶ月である程度のレベルの物を納品してくれる」
という部分の方が、ライターをやる上では大切な事であると思っています。

ですから、私の作例などを見て「もっとこうしたら良いのに」といった、今一歩足りない感を感じられる方もいらっしゃるかと思うのですが、
そこは私も妥協せざるを得ない部分もかなりありまして、おそらく他のライターさん皆そうじゃないかと思うのです。
「一世一代の渾身の作」みたいな素晴らしいものを、一ヶ月で作り出すのはなかなか無理がありますので・・・ かといって手抜きをする訳では無く、
出来る事を最大限やった上で、1ヶ月という納期の中に収める。これが大切なのかなぁと思います。



それでは、かなり駄文になりましたがここまで読んで頂きどうも有難うございました
また、展示会などでお会い出来ます事、誌面にて作品を見て頂けます事を願っております!
今回お会い出来ました方々、ブログを見てくださっている方々、今後ともどうぞ宜しくお願い致します






Category: LBX完成品 > グルゼオン   Tags: LBX  グルゼオン  

【LBX】 グルゼオン 完成しました

eF1S05.jpg


LBXグルゼオン、制作ご依頼品 完成しました。

以前制作したグルゼオンより、各部の形状見直しなどを行い より設定画に近いイメージに仕上げました。
今回は、ポリキャップを含め茶色の部分は茶色のままで仕上げています。
前回制作した際は、グルゼオンのところどころ茶色い部分があまり好きになれなかったのですが・・・
茶色の色味を調整し、黒×赤に馴染みやすいトーンにして設定画通りの塗り分けにしてみました。

フェイスマスクはあご部分を形状変更して小型化しています。
武器の銃身部分の一部は切り離し、スピンサートに置き換えディテールアップしています。
先端を鋭角化した事により、元の銃身のままですとブラスターからサイスに変形させる際に
干渉してしまいますので、クリアランス確保を兼ねたものとなっています。


カラー(クレオス(C)、ガイア(G)、フィニッシャーズ(F))
黒:ウエストブラック(F)
赤:ハーマンレッド(C) + リッチレッド(F) + レッドFS11136(C)
グレー:ブレードシルバー(G)
脚部歯車部分:スターブライトジュラルミン(G)
白:アルティメットホワイト(G) + ニュートラルグレーI(G)
茶:艦底色(C) + スノーダークブラウン(G)


スミ入れ後、調合フラットクリアーでトップコート。




DPP_1624.jpg

DPP_1626.jpg

DPP_1625.jpg

DPP_1627.jpg

DPP_1628.jpg




DPP_1632_2016061907244972e.jpg


銃形状のメイン武器、ヘルブラスターです。



DPP_1629.jpg

DPP_1631.jpg




DPP_1634.jpg


変形させてヘルサイスになります。



DPP_1639.jpg

DPP_1633.jpg

DPP_1635.jpg

DPP_1641.jpg

DPP_1640_2016061907204212f.jpg



DPP_1638b.jpg


LBXグルゼオンでした。
ご覧頂き有難うございました

現在は作例がかなり詰まっているので、しばらくそちらに手を回す形になりそうです。
今月いっぱい、来月中もずっと作例になりそうなのですが、、、
次のLBXはファントムを制作する予定です。また宜しくお願いします




* 関連記事 *
【LBX】 グルゼオン 制作記事:2 微美鬼斬など
【LBX】 グルゼオン 制作記事:1
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  グルゼオン  

【LBX】 グルゼオン 制作記事:2 微美鬼斬など

DPP_1600.jpg


LBXグルゼオンの制作記事、続きになりますが
今回も現在制作に使用しているアイテムなど、織り交ぜながら書いていきます~。

前回では、合わせ目消し前に必要なエッジ出し作業等を終わらましたので
これからパーツを接着していくのですが、私が現在使用している接着剤がこちら
スリーボンドの光硬化型瞬間接着剤になります。



DPP_1601.jpg


クリアレジン制作の際に購入したUVランプ(紫外線照射器)ですが、
スリーボンド接着剤の硬化作業にも最適です。



DPP_1603.jpg


まずはグルー・アプリケーターの取り皿に接着剤を適量取り出します。
ノズルから直接塗ると、貼り合わせる作業中に蓋を開けっぱなしで放置する時間が長くなるので、
先端が固まったり中身が劣化しやすくなったりしますので、使用する分を取り出すのが良いと思います。

取り出した接着剤は、強力な紫外線で硬化するので
部屋の明かりや自然光では時間をかけないと硬化しません。
グルー・アプリケーター三種のうち、一番細い筆で接着剤を取り、接着面に塗っていきます。



DPP_1604.jpg


それを、UVランプに入れて硬化させます。
ほんの数秒で硬化します~。



DPP_1606.jpg


接着面はこんな風になります。

今までは、合わせ目消しといえば瞬間クリアパテRを使用していたのですが、
硬化まで時間がかかる為動かしたりできないのが不便でした。(それでも早いのですが・・・)
アルテコスプレー等の硬化促進剤をスプレーすれば瞬時に固まるのですが、
前回も書きました通りとにかく臭いので、極力使用したくありません

かといって、自然放置ですと急ぎの作業の際には困る事があるので
光硬化型の瞬着を買ってみたところ、とても使い勝手が良く今ではこれ1本です

あとはメタルパーツなんかを接着するにも、白化が起きないので綺麗に接着出来ます~。



DPP_1605.jpg


先程の接着剤を入れた取り皿ですが、これごとUVランプに入れて固めてしまえば、
お皿からペリッと剥れて片付けも楽です~。



DPP_1611.jpg


こちらは先日、スジボリ堂から発売された単目ヤスリ微美鬼斬です。

幅2.8ミリ、厚み1.2ミリという極細の精密鉄ヤスリ。
スジボリ堂さんのメルマガで、新製品紹介という事で見て以来チェックしていたのですが、
先日n兄さんがツイッターで使用レビューを載せていたのを見て、発売日に購入しました~。

keitaさんのブログでも詳細なレビューがありますので、是非ご覧ください
スジボリ堂「微美(びび)鬼斬 」






DPP_1609.jpg


微美鬼斬、4種のうちの1つ「平」なのですが、
LBXのように大雑把なパーツ分割で、合わせ目部分が入り組んだ形状になりがちなキットでは
とても威力を発揮してくれると思います。
こんな凹み形状になっている部分の合わせ目消しでも、押して切る感覚で綺麗に整面出来ます。



DPP_1602.jpg


こんな複雑な形状になっているパーツですが、
矢印の部分だけ合わせ目消しの接着剤が行き届いておらず、隙間が空いてしまっています。
ここに、さっきの光硬化型接着剤を流し込みまして、その後微美鬼斬で整面していきます。



DPP_1610.jpg


こちらが整面後です。
とっても綺麗に仕上がります。


DPP_1612.jpg


こちらは足のパーツです。
こういう形状になっていると、合わせ目消しを兼ねながら端から端まで均一な面で
整えるのが難しいのですが、ここも微美鬼斬で削っていったところ
全体のラインを綺麗に出す事が出来ました。



DPP_1613.jpg


接着剤の部分だけを強い力で削ってしまうのではなく、
弱い力で全体を徐々に徐々に、ならすように削っていくと綺麗に仕上がります。

これは微美鬼斬だけで削った状態で、紙ヤスリ等は使っていません~。



DPP_1614.jpg


スジボリ堂さんといえば、以前出た薄刃鬼斬という鉄ヤスリも持っているのですが、
こちらは幅が4ミリと太めになっています。
切れ味も良いのですが、薄刃鬼斬の方は全体がしなる感じで、
わざとしならせて使ったりも出来るんですよね。(逆にそこが使いづらかったりもします・・・)

微美鬼斬の方は、幅も細いのに全然しなりません。
なので、平滑な面をバシッと出すにはこちらの方が使いやすい感じがします。



DPP_1615.jpg


足のパーツですが、こんな風に分割加工しています。
車輪のようなパーツは、挟み込んで合わせ目消しするようになっているのですが、
それでは塗装が出来ないので中に2.5mmのプラ棒を通し、後で組み合わせます。

かかと部分両端にあったトゲディテールは削り落し、
丸モールド+スパイクで作り直しています。



DPP_1616.jpg


全体の整形作業が終わったところです。



DPP_1617.jpg

DPP_1618.jpg


こんな感じで、もう少し細かい調整をしてから塗装に入っていきたいと思います。
それでは完成までしばらくお待ち下さい~




* 関連記事 *
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  グルゼオン  

【LBX】 グルゼオン 制作記事:1

IMG_9886_20160608111553d62.jpg


現在LBXグルゼオンを制作中ですので、制作記事を久しぶりに書いてみたいと思います。
上のグルゼオンは、もう3年前に制作したものになりますが、、、
今見るとまだまだ修正したい部分がたくさんあるので、もっと形状を見直していこうと思います。

最近作例をやるようになってから、事前に制作記事を書く訳にはいかなくなったので
他の作品でも、あまり途中経過を書かなくなってしまっていました

工作中の作業ばかりですが、進捗を記事にしたいと思います~。



DPP_1591.jpg


LBXの制作は、無くなっているエッジ部分を復活させる作業が大半なのですが・・・
これは、グルゼオンのかかとに付いている車輪の様なパーツで、
もちろん先っぽが丸いので、全ての先端にパテを盛っていきまして
あらかたの形状をナイフで削り出します。



DPP_1585.jpg


その後は紙ヤスリを使って、ひたすら整形してエッジを出していきます。



DPP_1586.jpg


これは足のすねにあたるパーツです。
接着して合わせ目消しをするのですが、その前に鋭角化の作業と、
裏の肉抜きを埋める作業を済ませておきます。



DPP_1587.jpg


これは足のパーツですが、これも合わせ目消しをする前に
同様の作業を済ませておきます。
この後で、接着してから再度つま先にパテを盛って整形していきます。



DPP_1589.jpg


こんな風に、パテを盛っては整形、整形の繰り返しです。



DPP_1590.jpg


他のパーツも処理していきます。
まだまだ、1/4くらいだと思いますが・・・



DPP_1592.jpg


以前にも記事にした事がありますが、いつも制作で盛っているパテは
ベビーパウダー+シアノンDWで作る液体状のパテです。
クッキングシートに両方を出して、



DPP_1593.jpg


爪楊枝で混ぜ合わせてから穴を埋めたい箇所や、
エッジを出したい場所に盛っていきます。
粉に対してシアノンDWの量を多くしたり、少なくしたりして
ある程度は液体の粘度を調整できます~。



DPP_1594.jpg


先端にエッジを出したい場合、こんな風にパーツを固定しまして
伸ばしたい方向にパテが垂れるようにすると、楽です。

ですが液体なので、一度で盛るのはとても難しいですので
ある程度乾いたらもう一度盛って、また盛ってと繰り返しながら延長させていってます。

早く作業したい場合、ここにアルテコスプレーを吹きかければ即硬化するのですが、
あのスプレーのニオイが非常に嫌いなので、最近はよほど急いでいない限り
自然放置で固まらせています

本当に、あのスプレーのニオイを嗅ぐと ← こんな感じになってしまいます~、、、


この後は、エッジ出ししたパーツ同士を貼り合わせて
合わせ目消しをして、更にパテを盛って形状を変更していきます。
また宜しくお付き合いください



* 関連記事 *
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
Category: 日記 > 日常雑記   Tags: LBX  バル・ダイバー  vガンダムVer.Ka  

現在の制作状況など~

IMG_8972.jpg

お久しぶりですみません
最近色々とやる事が多くて、記事を書く時間が全く取れていませんでしたが!
制作の方はなんだかんだと進んでおります~。
今は作例を制作している関係で、進捗を載せる事が出来ずにいまして申し訳ありません。

先日、バル・ダイバーを購入して頂きましたので左手の平手を制作してみました。
このバル・ダイバーも2013年10月の制作ですので、もう2年半も前の作品なんですね~。
とても懐かしいです。今見ても、改めてLBXはいいな~と思います


IMG_8974.jpg

平手は、プロト・Iのパーツを流用しバル・ダイバーの手の甲を合わせ、制作しています。
LBXは、今現在も色々と制作中ですのでいずれまた新作をお見せ出来ると思います~。


その他の制作はといいますと・・・


IMG_8978.jpg

ブログの方では画像を載せていませんでしたが、vガンダムVer.Kaを制作しています。
今はファンネルと、内部フレーム全てが完成していて外装部分のディテール入れの最中です。

かといってド派手な改修をしている訳ではないのですが、
面の出し方やディテールの入れ方などで、これまでに制作したvガンダム2体とは
全く違った作品になっていると思います~。
作例と並行しているのでなかなか進みませんが、もう外装があと少しだけですので
こちらも早く完成させたいです


IMG_8982b.jpg

IMG_8985b.jpg

ダブルフィンファンネルでのご依頼ですので、ファンネル2基制作しています。

整面も色々こだわったのですが、実はファンネル自体がものすごく薄く仕上がっています。
特に白い部分はディテールが完全に消えるまで削り込み、ギリギリまで厚みを無くしつつ整形しています。
この角度だとよくわからないですが
素組と比較するととっても薄くて鋭角なんですよ~。



DPP_1116.jpg

パーツの整形面を揃えるのには、先日けんたさんに制作して頂いた
この「4つの角度が一度に取れる治具」が大変役に立ちました

本業が忙しく、作って頂けないそうなのですが是非製品化してほしいアイテムですね~。
それでは、また制作に戻って頑張ります~!


* 関連記事 *
特注治具の威力!
ドレン&ダストキャッチャーIIライト、購入しました~
Category: LBX完成品 > 真リュウビホウオウ   Tags: LBX  リュウビホウオウ  LBXV  

【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品

G7Sd0XXV.jpg

LBX 真リュウビホウオウの完成記事です。
こちら、ツイッター上のLBXコンペであるLBXVに参加する為、制作した機体です。
リュウビのキットを元に、PSPのダンボール戦機ゲーム内でのみ存在するリュウビホウオウを作り上げました。
原型画像、サフ画像はこちらになります。
【LBX】 リュウビホウオウ 原型、サフまで公開です~


こちらがLBXV Lastの完成動画になります
>>LBXV last、動画が公開されました。


<真(シン)リュウビホウオウ>

プレイヤー:
神谷コウスケ
風摩キリトハンドメイド (風摩キリトがコウスケ監修の下制作したLBXである為)

必殺ファンクション:
鳳凰炎舞百火繚乱(ほうおうえんぶひゃっかりょうらん)

機体設定:
山野バンたちと行動を共にしたことで、真の完成をみたリュウビホウオウ(ゲーム内設定)。
単体では屈指の性能を誇るが、完成直後にベクター軍団の強襲により敗北。
ゴーストジャックを回避するために自爆の道を選択したためデータは残されていない。
これによりベクターに私怨を持ったコウスケは、唯一データから急造できたシャドールシファーで
ベクターを追うことになり後々、アニメでのラストのシーンに繋がる。。。



カラー:(ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F))
装甲赤:NAZCAピンクサフ下地→GXメタルレッド(C) → クリアーレッド(G)
装甲金:NAZCAピンクサフ下地→ブライトゴールド(G) + ヴィクトリーブラウンゴールド(G) → クリアーオレンジ(G):グラデ塗装
白部分:アルティメットホワイト(G) + ニュートラルグレーI(G)
朱色部分:焔朱(G)
黒部分:カーボンブラックマット(F)

シールド枠:GXホワイトシルバー(C) → GXクリアシルバー(C)
クリアパーツ:クリアーレッド、クリアーオレンジ、蛍光ブルーグリーン(G)にて塗装後スーパークリアーIII(C)


DPP_0773.jpg

DPP_0775.jpg

DPP_0774.jpg

DPP_0776.jpg

DPP_0777.jpg

DPP_0778.jpg

DPP_0779.jpg



DPP_0780.jpg

装備はフレイムソード、ダイヤシールドです。
前回のフェンリルタイダルでも同じ物を制作したのですが、
今回の物は完全新規制作で、全て一から作り直しています。


DPP_0781.jpg

DPP_0782.jpg

尻尾の節はひとつひとつに可動軸を入れてあるので、全て動きます。
背中に入れたバーニアは、アドラーズネストのシステムバーニアシュツルム。
インナーベルを蛍光ブルーグリーンで塗装、外側はクリアーオレンジでグラデーションになっています。


DPP_0784.jpg

DPP_0796.jpg

DPP_0789.jpg

武器もシールドもかなりの重量があるのですが、肘関節を変えたお陰ですっぽ抜けず、
どんな角度でもしっかりと保持できます。

DPP_0787.jpg

DPP_0795.jpg

DPP_0788.jpg

DPP_0790.jpg

DPP_0786.jpg

以上、真リュウビホウオウでした。
ご覧頂き有難うございました
今後のLBX制作ですが、まだご依頼がございますので
引き続き新しい作品を制作していきます~。

まだまだ続けますのでどうぞ宜しくお願いします


* 関連記事 *
LBXV last、動画が公開されました。
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
Category: LBX完成品 > シャドールシファー   Tags: LBX  シャドールシファー  千葉しぼり  ディフォルメ選手権  

LBXシャドールシファー完成品 【千葉しぼりディフォルメ選手権】

Xn6AfybO.jpg

千葉しぼり展示会 ディフォルメ選手権に出させて頂きましたLBXシャドールシファーです。
10/24(土) 東商センター3Fにて展示致しました。

実際に会場でご覧頂いた方、どうも有難うございます。
まだまだ未熟ではありますが、精一杯今出来る事を詰め込みました。
実物に、写真だけでは伝わらない何かを感じ取って頂けたなら嬉しいです。


DPP_0680.jpg

DPP_0682.jpg

DPP_0683.jpg

DPP_0685.jpg




DPP_0687.jpg

武器はひとまずヘルズエッジ、魔王弓フィーニスを制作しています。
展示会用に絞って、見栄えのするフィーニスを持たせる事に決めましたので
クエイサーシールド単体での制作はしていません。

今後、シールドの方も制作する予定ですので盾+剣装備での写真も改めて公開したいと思います。
今回は、ひとまず展示会用に用意した台座のある写真など、おおまかに載せておきますね。


DPP_0688.jpg

シャドールシファーの目玉でもある大型武器、魔王弓フィーニスです。
シールドを巨大な弓として構え、攻撃に使用出来るという面白い装備です。


DPP_0690.jpg

DPP_0693.jpg

わかりにくいかもしれないのですが、フィーニスには配線が仕込んであり
弓のエフェクト先端からLEDが光る様になっています。


DPP_0694.jpg

DPP_0696.jpg

DPP_0697.jpg

DPP_0699.jpg


DPP_0709.jpg

展示会の為に用意した台座です。
スチームパンク的な、時計を模したデザインに仕上げました。

今回のシャドールシファーには、実際の時計を分解したパーツを至る所に使用しています。
本体にも各部にエッチングパーツとして使用しているのですが、本当にごく小さい部分で・・・
アーマーの裏や隠れてしまう様な部分に、時計パーツを使用しています。


DPP_0710.jpg

DPP_0712.jpg

DPP_0715.jpg

DPP_0714.jpg

DPP_0717.jpg


DPP_0705.jpg

それでは、ご覧頂き有難うございました。
制作途中の様子など、下記記事にまとめてありますので
ご興味がありましたらご覧くださいませ~。


* 関連記事 *
LBXシャドールシファー原型 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
清原UVレジンでクリアパーツ複製 【千葉しぼりディフォルメ選手権】
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  リュウビホウオウ  LBXV  

【LBX】 リュウビホウオウ 原型、サフまで公開です~

IMG_6210_20150620181118156.jpg

LBXリュウビホウオウ、原型制作が完了しました
ツイッター上のLBXコンペ、「LBXV」に出品する為の機体です~。
元のキットを自由に改造して派生形やオリジナル機体を作るという企画なのですが、
今回元キットにリュウビを選びました


IMG_6211.jpg

リュウビホウオウはPSPゲームのダンボール戦機でのみ出てくる機体です。
「神谷コウスケ監修のもと、風摩キリトが制作したLBX」という設定の機体なので、
古島さんが以前から作りかけていた作品です
今回も原型制作は古島清孝さんで、私は尻尾や足の爪、手の甲の飾りパーツといった複製パーツの制作を行っています。


IMG_6198.jpg

IMG_6202.jpg

IMG_6205_20150620181124249.jpg

IMG_6206_201506201811577cd.jpg

IMG_6215_201506201811586d1.jpg

IMG_6218_201506201812009bc.jpg

IMG_6219.jpg

IMG_6221.jpg

尻尾のパーツ、節のひとつひとつが可動するようにしたいという事で可動軸を仕込んであるのですが
複製したパーツで可動を再現出来るのかが心配だったのですが、意外とすんなりいけました


IMG_6224_20150620181250a1e.jpg

リュウビホウオウの特徴的な、背中の3連バーニア。
BB戦士シナンジュの羽を元に制作しているのですが、シナンジュは2連なんですよね~バーニアが・・・
ですのでかなり大掛かりな改修になっています。



IMG_6234.jpg

ここからはサフ画像です。
完成時のメタルパーツも合わせた状態になっています。


IMG_6232.jpg

IMG_6236_2015062018125585f.jpg

IMG_6239.jpg

IMG_6243_20150620181332df3.jpg

IMG_6251.jpg

IMG_6254.jpg



IMG_6257.jpg

武器類ですが、フレイムソード&ダイヤシールドになります。


IMG_6260.jpg

前回参加したフェンリルタイダルでも制作したのですが、今回の物は完全新規制作です
クリアパーツとなる部分の原型は同じなのですが、ソードの柄部分や
ダイヤシールドの枠組みなどは一切複製を行っていない為、全てイチからの再制作となっています。

というのも、古島さんが「どうしてももう一度ダイヤシールド&フレイムソードを作りたい」というので、
同じ物にはなりますがそれでいこうという事になりました!


IMG_6263_20150620181515775.jpg

IMG_6265_20150620181516f9f.jpg

前回作ってみて、どうしても満足いかなかったという事なのですが・・・
正直、コレをもう一度最初から作り直すって、内容的にマゾすぎませんか??
いやぁ~よくやるなぁ~と、感心するばかりです、、、私だったら絶対に作りたくないです!(笑)

塗装色は前回とは違う物になりますよ~


IMG_6181.jpg

IMG_6225.jpg

と言いつつ私も、前回取った型が満足いかない物が複数あったので、
ほとんどのパーツの型取りをやり直しました
これから、延々と続く水研ぎ作業が待っています~ 月末まで頑張って間に合わせます~

完成画像の公開は、主催者さんのLBXVの動画が完成した後となります。
いつもだったら次は塗装作業の記事となるのですが、今回はコンペ作品ですのでここまでです~。

それでは、引き続き追い込み作業に入っていますので動画の公開をお待ち下さいね
またこちらでも完成動画を公開させて頂きます


* 関連記事 *
【LBX】 真リュウビホウオウ 完成品
LBXV last、動画が公開されました。
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【Twitter企画】 LBXV2、動画が公開されました!
【LBX】フェンリルカスタム(仮) サフ完了しました
【LBX】フェンリルカスタム(仮) 原型完了しました
Category: LBX完成品 > フェンリルタイダル   Tags: LBX  フェンリルフレア  LBXV2  

【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品

EIAmmann.jpg

制作ご依頼を頂いておりましたフェンリルフレア改め「フェンリルタイダル」、完成しました~。
原型制作:古島清孝、塗装及び仕上げ:urahana3での共同制作です。
ブルーのフェンリルフレアを制作して欲しいとの事で、塗装の各カラーもご指定頂いた通りに調整しています。
肩アーマーに付いているバルカン部8箇所は開口し、1.5mmツインパイプ(黒)に置き換えています。
他に腰の横部分、くるぶしにもマイナスモールドを塗装したものを取付。
背中部分にマーキングされているナンバーは、ご指定により「07」としました。
フロストソード、ダイヤシールドのクリアパーツ部分は原型をクリアレジンで複製し、数を揃えてからクリアカラーで塗装しています。

クリアパーツを複製する方法については、こちらの記事にまとめてありますのでご参照下さい
クリアパーツを複製してみる~その1 型取り編
クリアパーツを複製してみる~その1 型取り編2
クリアパーツを複製してみる~その2 クリアレジン注型編
クリアパーツを複製してみる~その2 クリアレジン注型編 たいやき式~完成まで
クリアパーツを複製してみる~その2 クリアレジン注型編 たいやき式~完成まで2
クリアパーツを複製してみる~その3 整形~仕上げ編


Twitterにて企画されているLBXコンペ、「LBXV2」にフェンリル改造枠として参加させて頂きました。
【ニコニコ動画】ダンボール戦機 LBXVプロジェクトPart1
【ニコニコ動画】ダンボール戦機 LBXVプロジェクトPart2 こちらの最初の方に出ています

カラー:(クレオス(C)、ガイア(G)、フィニッシャーズ(F))
メイン青:コバルトブルー(C) + パープルヴァイオレット(G) + ウィリアムブルー16(G)
水色:ライトブルー(C) + スカイブルー(C) + マイザーパープル(G) + クールホワイト(C)
紺色:ブルーFS15050(C) + ミッドナイトブルー(G) + パープルヴァイオレット(G) + ウィリアムブルー16(G)
黄色:キアライエロー(C)
白:アルティメットホワイト(G) + ニュートラルグレーI(G)
黒:ウエストブラック(F)
シールド枠部分:スターブライトゴールド(G) → クリアーオレンジ(G)
クリアパーツ:クリアーブルー(G) → クリアーパープル(G) → スーパークリアーIII(C)

スミ入れ後調合フラットコートにてトップコートです。


IMG_4762.jpg

IMG_4764.jpg

IMG_4770.jpg

IMG_4774_20150216080531b03.jpg


IMG_4755_2015021608064979f.jpg

ゲームのダンボール戦機に登場する、フレイムソードの色違い「フロストソード」です。
ダイヤシールドのダイヤ部分と併せ、「ロイヤルブルーサファイアという濃青の宝石をイメージした色」、というご指定に沿って塗装しました。

IMG_4749.jpg

ダイヤシールドです。こちらのダイヤも全て青で、との事でしたのでその様に仕上げています。
クリアパーツは全て、クリアレジン「デブコンET」を使って複製した物です。
真ん中、上下の大きいダイヤ部分は裏板があるので、底面にミラーシートを貼って光を反射させています。
外側に付くサイズの小さいダイヤは、極力フレームの無い設計になっており、クリア感がより強調される様になっています。
接着にはクリアボンドのアクアリンカーを使用し、点付けでも強度のある仕上がりとなっています


IMG_4781.jpg

IMG_4784.jpg

IMG_4785.jpg

フェンリルタイダル【設定】


ディテクターに操られたカズが本来使用する予定だったLBX。
想定外の事態でカズが正気に戻りアキレス・ディードを駆ることになったため、出番が来ることはなかった。
その後、風摩キリトの手に渡り、彼のカスタマイズで「フェンリルフレア」として日の目を見る事となる。
当初スナイパータイプの武器が装着されていたが、山野博士がキリトに渡す直前にカスタマイズを行い
ソード&シールドタイプにマイナーチェンジされている。
必殺ファンクションは斬撃と共に相手を激しい水流で呑み込む「ノアフラッド」。

参加させて頂いたLBXV2上で機体設定が必要だった為、原型を担当された古島清孝さんに考案して頂きました

IMG_4786.jpg

IMG_4804_20150216081452ad6.jpg

IMG_4803a_201502160814535f6.jpg


IMG_4808.jpg

IMG_4813_20150216081455932.jpg

IMG_4814.jpg

ご覧頂き有難うございました!そして、ご依頼有難うございます
締切ギリギリまでクリアパーツ関連の作業に追われていた為、あまり撮影に時間をかける事が出来なかったので
ポージングがバリエーション不足で申し訳ございません

そ・し・て!

実は、このフェンリルタイダルを制作している最中、ホビージャパンにて本家「フェンリルフレア」を制作されたご本人の
ライター:ACOさんから、激励のご連絡を頂けるという嬉しい出来事がありました
ACOさん、数多いらっしゃるHJのLBXライターさんの中で、私が一番好きな、とにかく大好きなライターさんです!

とても緻密で端正な整形技術、隙の無い造形、粗が見えない塗装、、、ずっとずっと目標にしていました~。
今でも、全く変わらず憧れている方です

aco2.jpg

本誌HJ、そしてムック本にも収録されているイカロス・ゼロ(青)、
ACOさんの作例の中でも特に好きな作品なのですが、こちらの画像も送って下さいました
これからも、目標にしつつ自分なりの模型制作を頑張りたいと思います!

* 関連記事 *
【LBX】フェンリルカスタム(仮) 原型完了しました
【LBX】フェンリルカスタム(仮) サフ完了しました
【Twitter企画】 LBXV2、動画が公開されました!
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  フェンリルフレア  

【LBX】フェンリルカスタム(仮) サフ完了しました

IMG_4639.jpg

フェンリルカスタム(仮)のサフが終わりました。
名前の候補はいくつか絞ったので、コンペまでに決めたいと思います~。

IMG_4643.jpg

IMG_4644.jpg

IMG_4646.jpg

IMG_4651.jpg

IMG_4650_20150122060910b0a.jpg

IMG_4652.jpg

IMG_4653.jpg

IMG_4655.jpg

IMG_4658.jpg

これからパテを塗って細かい修正作業をしてから、塗装に入りたいと思います。
LBXV2というコンペに出させて頂く都合上、実際の完成画像はコンペ主催者の方が参加者全員分の画像を取りまとめ
動画にするという作業を経てから、ネット上で公開されてからとさせて頂きますので、今しばらくお待ち頂きます~。
沢山の方がこの企画に参加されていますので、動画として完成したものもこちらで紹介したいと思います
LBXV2共々、どうぞ宜しくお願い致しますっ

* 関連記事 *
【LBX】フェンリルカスタム(仮) 原型完了しました
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【Twitter企画】 LBXV2、動画が公開されました!
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  フェンリルフレア  

【LBX】フェンリルカスタム(仮) 原型完了しました

IMG_4596.jpg

フェンリルカスタム(仮)の原型が完成しましたので、画像をアップしたいと思います
これ、フェンリルフレアとは違う色になりますので「フェンリルなんとか」って名前を思案中です・・・(笑)
まずは全体像から。

IMG_4597.jpg

猫背いいですよね~
ワイルドフレームの機体ももっと出してほしかったです~

IMG_4598_201501210401118f1.jpg

IMG_4599.jpg

IMG_4601.jpg

IMG_4603.jpg

IMG_4602.jpg


IMG_4609.jpg

顔です。
実は元のフェンリルとは全然違いますね!

IMG_4605.jpg

顔のパーツ構成です。


IMG_4612.jpg

肩~腕です。

IMG_4613.jpg

腕に付くブレードは、ネオジム接続になっています。

IMG_4614.jpg

パーツ構成です。

IMG_4618.jpg

肩の内部構造はこんな風になっており、可動域がかなりあります。

IMG_4620.jpg

ここのパーツは分割されていて、ネオジム磁石での接続になっています。

IMG_4622_20150121040250251.jpg

ハンドパーツは、通常の平手と武器・シールドを持つ為の握り手と両方用意されています。

IMG_4623.jpg

腰の可動はボールジョイント式。

IMG_4625.jpg

胸部のパーツ構成です。

IMG_4627_20150121040322330.jpg

腰のサイドアーマーも、ネオジム接続になっています。

IMG_4629_20150121040324258.jpg

足の爪。
ここも1枚1枚ネオジム磁石で接続される様になっています

IMG_4632.jpg

IMG_4635.jpg

尻尾は真ん中で分割後延長されています。

IMG_4637.jpg

クリアレジンのパーツも順調に出来上がっていますし、完成させるのが楽しみです!
これからサフを吹いて最終的なチェックをしていきます~
サフ画像もアップしますので次回お楽しみにです!

* 関連記事 *
【LBX】フェンリルカスタム(仮) サフ完了しました
【LBX】フェンリルタイダル 制作ご依頼完成品
【Twitter企画】 LBXV2、動画が公開されました!
Category: TamTam相模原店(展示品)   Tags: LBX  エンペラーM5  イフリート  

【LBX】エンペラーM5番外編 アキレスヘッドバージョン

AKze4jJ4.jpg

皆様あけましておめでとうございます
2015年もLBXを始めとして様々なプラモデルキットを制作していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします

まずはこちら!2014年のホビージャパン11月号に掲載して頂いたエンペラーM5が戻って来ましたので、改めて撮影してみました~。
これは古島清孝さんと共作した物なのですが、実は古島さんM5本体とは別に「アキレスの生首」を制作していたんです。
ホビージャパンで連載されているLBX烈伝の第4回、このエンペラーM5がとうとう起動する回なのですが、
M5の起動後アキレスが瞬殺されるという内容に沿って、この破壊されたアキレスの首を持つM5というシーンを想定し制作されています。

LBX烈伝 第4回
舞台はA国、クリスターイングラム内の神谷重工開発部門研究所。
エンペラーM5が遂に起動する。

エンペラーM5のテスト相手は豪華絢爛なメンツが用意されていた。
山野博士が開発した歴代のLBX・・・ アキレス、オーディーン、プロト・I、イフリート。
4機のLBXは一斉にエンペラーM5に襲いかかる。
殿を務めるのはオーディーンだ、数多の敵を葬ったリタリエイターの切っ先がエンペラーM5に迫る!
だが、その先端が触れもしないうちにタイラントエッジが空を切る!
オーディーン以下3体は一撃で真っ二つに叩き割られた。


文章はいつもLBX烈伝をまとめていらっしゃる、「LBXフロンティア」エズフィトさんからお借りしました!有難うございました~

IMG_4401.jpg

この烈伝の内容に沿って、実はアキレスの首も古島さんから渡されていたので、私の方で頬当て部分を鋭角化しトサカの付くグレーの部分の肉抜きを埋め・・・
更に塗装してからタミヤのウェザリングマスターでちょこちょこ汚し塗装までしたのですが、(破壊されたという事なので)
ホビージャパンに送った際には版権の色々とかで、これが誌面に載る事はありませんでした

今日は、返却して頂いたので古島さんが想定したシーンのイメージで撮影してみました!
こちらのエンペラーM5&アキレスヘッド、明日1/3からTamTam相模原店さんで2週間ほど展示させて頂きます
お近くの方、お時間がありましたら是非見にいらして下さいませ

tamtaminfo.jpg


IMG_4417.jpg

そしてイフリート&イフリート改、ハイパーファンクション版のツーショットです

こちらの2体は、当初展示予定だったのですがご依頼主様が一刻も早く受け取りたいとの事で、すぐに引き渡す事にしましたので
TamTamさんでの展示は無しになりました、すみませんがどうぞ宜しくお願いします

IMG_4409.jpg

こちら、最後に。
梱包前に自然光の中で撮ってみました。

IMG_4408_201501021736558de.jpg

IMG_4407.jpg

実物を受け取って頂いて、気に入って頂けましたら嬉しいです!


IMG_0632.jpg

そしてこれ、以前通常版イフリートが発売された時に制作したものです!
2012年1月ですよ!もう3年前の作品ですね~

IMG_1505_201501021754400e2.jpg

これはすぐさま2012年2月に制作したイフリート。
カスタムウェポンのユニオンソードを、イフリートカラーに塗装して制作したんですね~、ご依頼品でした。

IMG_1530_201501021754424e0.jpg

結局イフリートの通常版キットは全部で5体も制作したんですよね
今作ったのがハイパーファンクション版だからという事もありますが、改めて見ると色々と残念な出来栄え(笑)

今年も、制作たくさん頑張って腕上げていきたいです!頑張りますので宜しくお願いします~

* 関連記事 *
ホビージャパン11月号、エンペラーM5が掲載されました。
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
Category: LBX完成品 > HF版イフリート   Tags: LBX  ハイパーファンクション  イフリート  

【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品

hKskbJ4x.jpg

LBX ハイパーファンクション版イフリート、制作が完了しました~。
制作中の記事はこちらです
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~その2 今回、記事をまとめている時間が取れなかったので整形作業中の記事だけですが・・・

先日制作したイフリート改に続き、ノーマル版イフリートの完成です。
いつもの通り、気になる箇所をバシバシ鋭角にしたり盛ったり削ったりしながら制作していきました。
胸部バルカン、頬の丸4つの中心部に1.5mmツインパイプを入れています。
実はこのツインパイプ、しょっちゅう使用しているので手持ちがあると思い込んでいたのですが、たくさん余っていたのは黒のツインパイプで・・・
イフリート改にはシルバーを使ったので、こっちにもシルバーを使わないとな~と思って在庫を探したら、なんとHiQパーツさんがリニューアル中らしくどこも在庫無し!!
新しく「ツインパイプ2」となって発売されるのが2月・・・2月!?
これはマズイ、とダメ元でツイッターで売ってくれる方を探したら、アイテムクラフトさんが速攻で反応して下さいまして
無事ラスト1個のツインパイプ1.5mmを購入する事が出来ました!本当に有難うございました~
あやうく2月まで完成しないところでした、こっちのイフリート・・・(笑)

カラー:(クレオス(C)、ガイア(G)、フィニッシャーズ(F))
黄色部分:ディープイエロー(F) + スターブライトブラス(G) + ヴィクトリーゴールド(G)
オレンジ部分:ピュアオレンジ(G) + 黄橙色(C) + スターブライトゴールド(G) + GXメタルレッド(C) + アルティメットホワイト(G)
グラデーション:オレンジの塗料 + GXメタルレッド + ルビーレッド(C)
紫部分:パープルヴァイオレット(G) + マルーン(C) + ニンジャパープル(F)
黒部分:カーボンブラックマット(F)
グレー部分:ニュートラルグレーIII(G) + ニュートラルグレーIV(G) + ブレードシルバー(G)

黄色いパーツは、調色した黄色を吹いた後オレンジの塗料でグラデーションをかけています。
オレンジのパーツは、同じくオレンジで塗装後に上記グラデーション用塗料で色の濃淡を付けています。


IMG_4279x_201412310207015df.jpg

顔のパーツ、整形中の写真と塗装後です。

IMG_4346xx.jpg

背中の羽は、模様部分にクリアーピンクを吹いてからマスキングして塗り分けています。
塗り分けにはホワイトパール(C) + プレミアムガラスパール(G) + クリアシルバー(C)を混ぜた物を吹いています。
実物を見るともう少し、模様の部分とそうでない部分との色の差がはっきりして見えるのですが、写真だとあんまり伝わりにくいですね~


IMG_4354.jpg

IMG_4355.jpg

IMG_4356.jpg

IMG_4360.jpg

IMG_4361.jpg

IMG_4363_20141231015114037.jpg

イフリート・イフリート改共にオリジナルカラーのアクションベースを用意しています。

IMG_4375.jpg

ハンドパーツはグレーの握り手、クリアレッドの平手、クリアレッドの握り手と付属しています。

IMG_4371.jpg

IMG_4380.jpg

IMG_4382.jpg

両腕に大きい炎のエフェクト、背中に噴射形状の炎のエフェクトが付きます。

IMG_4383.jpg

IMG_4385_20141231015227a5e.jpg

口を開けるギミックがあるのですが、口の中にも炎のエフェクトを取り付ける事が出来ます
体中から発火してるんですが、どういう原理で燃えてるんでしょうかね?(笑)

IMG_4387.jpg

IMG_4392.jpg

IMG_4393.jpg

IMG_4396.jpg

2014年最後のプラモデル!年内に間に合って良かったです
イフリート、イフリート改とご依頼下さいましたT様!どうも有難うございました。
2015年もどんどん新しい作品を作り出していきたいなと思っていますので、どうぞ宜しくお願いします!
それでは皆様、良いお年を~

* 関連記事 *
【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~その2
Category: LBX完成品 > イフリート改   Tags: LBX  ハイパーファンクション  イフリート改  

【LBX】 イフリート改 制作代行ご依頼品

X3Z26Zar.jpg

LBXイフリート改です。
12/25に発売されたホビージャパン2月号にも掲載して頂きました。是非本誌も宜しくお願いします

0015.jpg

イフリート改は、ゲームのダンボール戦機に用意されているカスタム機なのですが、資料がこれだけしかないので制作は本当に難航しました・・・
もちろん、大変だったのは原型を担当した古島清孝さんなのですが
ゲーム画面の小さい絵だけで原型をおこすので、厳密に細かい部分がどうなっているのかわからず、ある程度は想像で補っています。
塗装に関しても、おおまかな部分しかわからなくてかなり私の独自の解釈で塗っているのですが・・・
体全体が黒みたいなんですが紫っぽくもなっているし、足も赤なのか紫なのかよくわからず
ちゃんとした資料がほしかったです(笑)

カラー:(クレオス(C)、ガイア(G)、フィニッシャーズ(F))
黒部分:黒サフを下地にウエストブラック(F) + GXメタルブラック(C) → アメジストパープル(C)でグラデーション塗装 → GXクリアーブラックでオーバーコート
グレー:ニュートラルグレーIII(G) + ニュートラルグレーIV(G) + GXアイスシルバー(C) + GXホワイトシルバー(C)
赤(模様部分):シルクレッド(F) + ハーマンレッド(C) + レッドFS11136
足の爪、ツノ部分のグラデーション:赤部分はGXメタルレッド → クリアーレッド(G)、GXメタルバイオレットでグラデーション塗装 → クリアーパープル(G)でオーバーコート
関節部分:スターブライトアイアン(G)、黒鉄色(C)


IMG_3475_20141228164611e7f.jpg

IMG_3472_201412281646131ec.jpg

古島さんが制作された、原型の状態です。
イフリートとイフリート改は、あまり違いがない様に見えて実はかなり違っているんですよね。
パテによる造形作業はほぼ全身に渡っています

IMG_3503_20141228164614465.jpg

IMG_3486_20141228164711853.jpg

サフを吹いた状態です。

IMG_3613x.jpg

塗装後です。

IMG_3612x.jpg

IMG_3620x.jpg


IMG_3539.jpg

ハンドパーツです。
キットにあるグレーの握り手は、イフリート改の赤い手に変更しているのですが、これもツノや足の爪と同じくグラデーション塗装で仕上げました。
クリアパーツで出来ている握り手と平手は、オレンジ→赤→紫とクリアカラーでグラデーションをかけています。

IMG_3616x.jpg

IMG_3619x.jpg

実は胸部はかなり形状変更されている為、全部のパーツがくっ付いていて外れない構造になっているので、
全てマスキングで塗り分けています。バルカンのグレーの部分や赤いラインの部分も、一体整形になっているので外れません。

IMG_3633x.jpg

口の炎、両手の炎、背中にも炎のエフェクトパーツが付きます。

IMG_3639x.jpg


IMG_3641x_2014122820540079b.jpg

尻尾です。
細かーく蛇腹状になっている輪っかのパーツですが、凸側はグレーで塗装、凹んでいる側はもう一段濃いグレーで塗装して塗り分けてあります
似ているけど若干濃さの違うグレーを使う事で、より模様が浮き上がって見える様にしてあります。

UEH_KwbX.jpg

頭の角や足の爪部分のグラデーション方法を少し解説・・・
まず白サフを吹いてから、全体をGXメタルレッドで塗装します。メタルレッドの下地は白推奨です。
更に上から、クリアーレッドを吹いて赤をはっきりと発色させます。メタルレッドは、それ単体で使うとピンクっぽくて色が薄いのです。
そうしたら、根元の方からGXメタルバイオレットで青い線の辺りまで、紫のグラデーションをかけます。
最後に、黄色い線の辺りまでクリアーパープルをかけて色を馴染ませます。赤と紫の境目よりオーバーさせて吹くと、綺麗なグラデーションに見えます。

WEKJhCuv.jpg

体全体の黒の塗装ですが、これも全身をグラデーション塗装にしてあります。
まず黒サフで黒い下地を作り、GXメタルブラックとウエストブラックを混ぜた塗料でメタリックなブラックに塗装します。
黒のパーツは全て、エッジ部分を紫にするようなイメージでMr.クリスタルカラーのアメジストパープルを吹きます。
最後に全体をクリアーブラックでコートして、自然なグラデーションに見えるようにしてあります。
Mr.クリスタルカラーは偏光パール塗料なので、光の当たる角度によって体が紫に見えたり黒に見えたりします。
イフリートは曲面の多い機体なので、角度による色の変化が起きやすくグラデーションの効果が大きいですね


IMG_3642x.jpg

IMG_3647x.jpg

IMG_3643x.jpg

このイフリート改、そして今制作中の通常版イフリートと、2体セットで1人のお客様から制作依頼を頂いて制作しています
通常版のイフリートももうすぐ完成しますので、そちらも是非お楽しみにです!
それではご覧頂きまして、有難うございました

* 関連記事 *
【LBX】HF版イフリート 制作代行ご依頼品
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~その2
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ハイパーファンクション  イフリート  

【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~その2

IMG_4324.jpg

現在せっせと制作中の「通常版HFイフリート」、塗装前までの主な改修作業を載せていきます
こちらも制作依頼品なのですが、古島さんとの共作ではなく私個人で全て制作していきます。
前回の制作記事では頭部の改修内容を載せていました。前回の記事はこちら!
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~

IMG_4325_20141227103554a46.jpg

胴体なのですが、グレーのバルカン4個の部分は1.5mmピンバイスで開口してふちを薄々に。完成後はツインパイプを入れます。
胸の上に乗っかってるような丸印を付けたパーツは、厚みがあってそこだけ飛び出て見えるので、下側を削って薄くしています。自然なラインになる様に整形。
丸をつけた付け根の部分は、面取りがついて別パーツ感を際立たせていたので、パテを足して自然と下側のパーツと馴染む様に整形しています。
胸部先端の傘のようなパーツは、先端を尖らせてふちが薄くなっている様な形状に。
赤線部分のラインが胴体と馴染まなかったので、削り込んで修正しています。

バルカンの周りを囲っている、マクドナルドのマークを横にした様な?M字型のパーツは、なんかボテッとしているせいで
胸部全体のラインに違和感を感じるので、正面から若干削ってバルカンの銃口が見えやすい様に、薄く整形です。
横から見たラインも、ビシッとなる様にパテを足して、慎重に尖らせています。

IMG_4332.jpg

肩のパーツ。
黒い部分の先端は全て先が丸いので、パテで4箇所鋭角に揃えました

IMG_4334_20141227103557a63.jpg

黄緑のラインの部分は、パーツが若干飛び出した感じに見えたので削り込んでラインを合わせています。
ファイヤーパターンの切り込み部分は、全部デザインナイフで切り込みを深く鋭角にしてあります。

IMG_4181.jpg

下腕部の、炎の形のパーツ。
元の状態です。

IMG_4336.jpg

内側の肉抜きは全てパテで埋めて、外側の先端部分は綺麗に広がる様に形状変更しています。


IMG_4185_20141227103646aa3.jpg

腰アーマーのパーツです。
ファイヤーパターンの切り込みは全部深くなる様に修正しています
模様部分はパテを先端に足したり、上に向かう部分の切り込みを深くしたりして形状変更しています。

IMG_4329.jpg

腰アーマーの後ろ側です。
赤丸部分の丸さが気になったので、パテを足して整形しました。

IMG_4187.jpg

ふともも部分のファイヤーパターンです。
ここも全て切り込みを深くして、尖らせてあります

IMG_4180.jpg

足です!
元の状態です。

IMG_4328.jpg

爪は全部鋭角なラインが出る様にしてあります。
根元側も丸さが気になったので、鋭角化しています。

IMG_4177_201412271037182b9.jpg

尻尾の先端です~。
ここは、ハイパーファンクションでもしっかりモナカ割りな作りになっていますね~

IMG_4322_20141227103719f9e.jpg

尻尾の左右に飛び出た部分は、根元からタガネで彫り込んで切り離してしまいます。最後、塗装後に接着します。
中心部の丸い部分は、接着して合わせ目消しします。グレーと黒はマスキングで塗り分けます。

IMG_4323.jpg

先っぽに付く飾り部分のパーツは、矢印の部分が丸くて隙間が目立つのでパテを足して整形してあります。

他は全体的にヤスリがけで鋭角化したり、面出ししたりとシャープに仕上げています~。
それでは、これから塗装に入ります 完成までお待ち下さい~!

* 関連記事 *
【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ハイパーファンクション  イフリート  

【LBX】HF版イフリート 整形作業中です~

IMG_42840x.jpg

現在制作中のハイパーファンクション版イフリート、顔部分の整形作業が完了しました~

12月に入ってからというもの、毎日めまぐるしいんですよ~もう!
御歳暮を出して、年賀状を制作して注文して、クリスマスプレゼントの用意に、お年賀の準備、
年始のご挨拶に伺うのと来られるのとでのスケジュール調整に、食事の内容を決めて食材の予約、
大掃除も始めて、正月飾りに鏡餅を用意して、子供にインフルエンザの予防接種を受けさせて、、、と
やる事があり過ぎる毎日ですが、日々プラモも進めていますよ~!

IMG_4279x.jpg

ノーマル状態と、整形後の状態です。
顔にはやっぱり一番こだわりたいので、気になる部分をたくさん修正していきました~


A1_fxpLs.jpg

素組してみて気になったのは、このくらいです。
これをどう修正していったのかを載せていきます~

IMG_4208x.jpg

まずは、クリアパーツになっている目なんですが・・・
普通に組むとかなり奥まった位置になってしまい、瞳が目立たないので、そこを修正します。
板みたいなものに両眼がくっ付いているんですが、それぞれ切り離してしまいます。
そして、紫の模様のパーツにはめ込んで組み立てるのですが、裏側から干渉する部分を削ってやると瞳がだいぶ外側に出る様にする事ができます。
細かすぎて画像では伝わらないんですよね~すみません・・・ ですが、これで瞳がしっかり見えるようになりました!

IMG_4253x.jpg

あご~首にかけてのパーツは合わせ目消し&鋭角化をします。
接着してから、整形したい部分にパテを盛ってあらかたデザインナイフで削り込んでいったところです。

IMG_4258x.jpg

ヤスリがけで1箇所1箇所、細かく整形していきます
うねりの様な有機的な曲線と、尖った部分とをうまく融合させて全体を形状変更していくのですが、顔部分はなるべく細かく鋭角化していってます。
頬に付くグレーの丸2個は、素組状態だと丸と丸が繋がって見えてしまうので、間を削り込んで別パーツ化されている様に見えるようにしました。
裏側のダボ位置のせいで、切り離してしまうと組み立てが面倒なのでギリギリの位置まで削っています。

IMG_4252x.jpg

ツノ?みたいな部分は4つのパーツで構成されているので、それぞれにパテを盛って整形していきます~
組んだ時に大きさがずれない様に、自然と延長したような形状になるように組みながら合わせていきます

IMG_4268x.jpg

あごの上にある楕円状になっている部分は、こんな風に切り欠きを入れて目のパーツを後ハメします。


IMG_4259x.jpg

目の部分のパーツです。
合わせ目が出るので接着してから、鼻先を鋭角化しています。
そして紫の模様部分の先端が、丸くなっているのが気になったのでオレンジの部分を削り込み、
模様側にパテを足して尖った形状になる様にしています。
素の状態だとちょっともっさりした表情に見えてしまったので、ここを尖らせる事でシャープな印象に!

IMG_4263x.jpg

頭のトサカです。
紫のパーツ、後ろ側には微妙な肉抜きがあるので埋めて、先端部分は鋭角化しています。


IMG_4256x.jpg

イフリートの特徴、歯です!!
ハイパーファンクションには口が開くというギミックがあるので、尖った歯にはめいっぱいこだわりたいところです
歯の先端、1本1本にパテを盛っていって、細かくヤスリを当てていきます。
単に先端を伸ばすだけでなく、外側にも盛る事でキバの様な三角状になるようにしています。
上の前歯は1本に繋がった形状になっていたので、間を山切りカットにして2本にしてあります

IMG_4284x.jpg

口を閉じた状態でも、歯と歯が干渉して欠けたりしない様に調整して仕上げていきます~!

イフリート、その他形状変更の無いパーツのヤスリがけは全て終わっていまして、専用カラーのアクションベースの作成、
クリアパーツの塗装、コアスケルトン部分の塗装は全て完了しています
あとは尻尾や足の爪、腕の炎形状の飾りパーツなどの整形作業を残すのみとなっていますので、目標である12月中での完成が・・・見えてきたでしょうか!?
このまま頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願いします~


Category: LBX制作記事   Tags: LBX  シャドールシファー  

【LBX】シャドールシファー素組レビューです

IMG_4214.jpg

LBXシャドールシファー、キットレビューをしたいと思います
キット化して欲しいLBXの投票で1位だった機体ですから、販売数も伸びてほしいですね!

IMG_4217.jpg

こちらも制作依頼を頂いているLBXですので、制作時にはハイパーファンクション版のルシファーをベースにミキシングしていく事になるのですが、
今回はノーマルキットでのレビューをしていきます。
旧ポリ関節が久しぶりすぎて、普通に立たせるのにもストレス感じる出来栄えですね
不安定で背中が重くてフラフラします

IMG_4218.jpg

とはいえ、全身のシルエットは相変わらずの美しさですね!
羽根ではなくなった背中の大型ブースターも、機械的でカッコいいです。

IMG_4219.jpg

背中のブースターはポリキャップで支えられているのですが、弱すぎて重さに負けてしまいます
角度を変えたりした状態で飾るのは難しい感じです。

IMG_4220.jpg

角、肩、背中とふんだんに奢られたクリアパーツが、本体の金×黒に映えて良いバランスですね~。
塗装の方法も、既に色々と考えてあります

IMG_4221.jpg

魔王クエイサーシールド、ヘルズエッジを装備した状態。

IMG_4223.jpg

武器やシールドを装備した状態でのポージングは、なおさら難しいです
関節がカッチリしないので、全体的にふにゃふにゃなんですよね~

IMG_4225.jpg

魔王弓フィーニス!!
今回のキットの目玉です。
シールドを組み換えて発展させた大型武器です。

IMG_4232.jpg

~魔王弓フィーニスの構造~
まずシールドに被さっている金色の方のパーツを取り外して、専用のパーツに付け替えます。

IMG_4233.jpg

裏返して、シールドの取っ手が付いている箇所に専用のパーツをセットします。

IMG_4234.jpg

その上から、更にシールドの取っ手パーツをはめます。

IMG_4235.jpg

表にして、弓型の飾りパーツ×2と、弓の先端のクリアパーツを取り付けます。

IMG_4236.jpg

~魔王弓フィーニス完成~ です。
いいですよね~これ、カッコいいです。
でもシールドはハイパーファンクションの大型化されたシールドを使う予定なので、弓に変形させるにはかなり工作が必要になりそうです

IMG_4237.jpg

裏側はもう、絶賛肉抜き中ですね!(笑)
これを仕上げるだけでも、凄い労力が必要ですよね~

IMG_4230.jpg

頭部の角のクリアパーツ構成。
2つのパーツを組み合わせるようになっています。

IMG_4231.jpg

背中のブースターの構成。
緑の大きい2つのパーツをはめ合わせて、下にスパイク状のパーツをはめて、黄色いカバー状のパーツを2箇所にはめます。
背中との接続は棒を差し込むだけです。
ブースター側を支えるのがポリキャップだけなので、重さで徐々に垂れ下がってきます

IMG_4226.jpg

どこまでハイパーファンクション化するかとか色々考えなきゃならない事があるのですが、クリアパーツの整形に関しては
新しく試したい事があるので、鋭角化や合わせ目消しをした上で塗装ではないクリアーのまま仕上げる方法、を考えています。

クリアパーツはこのままの形状では駄目なので、きっちり尖らせたいのですがそうするとメタリックグリーンとかの塗装で仕上げる事になってしまうので、
せっかくの大量のクリアパーツが死なない様に透明なまま完成させたいのです。
その為に、色々な方法を模索してきました~。なんとか、形になれば良いのですが・・・

一応今現在の順番としては、制作中のHF版イフリートが完成後にLBXディ・レギウディア、
そしてこのシャドールシファーと制作していく予定ですので、普通に考えればだいぶ後の取り掛かりになってしまいますね
合間に同時進行で、妖怪ウォッチトゲニャン、BIGりジバニャンを進めたいと思っています。フルーツニャン残り2体もですね

妖怪ウォッチ、1月にはとうとうオロチが出ますね!
これもずっと発売してほしかったので楽しみにしていますし、作りたいものが多すぎてスケジュールが全然追いつかない感じですね~
1つづつこなしていきますので、是非完成まで楽しみにしていて下さいね


Category: LBX制作記事   Tags: LBX  ディ・レギウディア  

【LBX】ディ・レギウディア 素組しました。

1000094380_3.jpg

先日発売されたLBX ディ・レギウディア、素組しました~。
こちらも制作ご依頼を頂いておりますので制作するのですが、今は別のキットを制作中ですので終わり次第取り掛かります
1月中には何とか、出来上がるといいなぁと思っています~ 頑張ります!!


IMG_4188.jpg

まずはノーマルの状態からです。
全体的にはドットブラスライザーと似ていますね。

IMG_4189_201412112039438e5.jpg

トサカの感じとか、足の爪とかがニワトリっぽいです・・・
やっぱり、キットのままだともっさりしていて、箱絵のようなカッコ良さとは遠いですね

IMG_4190.jpg

手を加えなきゃいけない箇所が山ほどありますね~
終わるまでがとても長い道のりになりそうです・・・!

IMG_4191.jpg

IMG_4192.jpg

武器のコルディクティス。ヒロの機体なので二刀流ですね。

IMG_4196.jpg


IMG_4198.jpg

変形、アブソルートフェイズです。
スミマセン、トサカをもう一段下に下げなきゃいけなかったのですが下げ忘れました

IMG_4199_201412112040217f7.jpg

青いクリアパーツがバリバリです。
この状態だと、飾るのにも置き場所取りますね~

IMG_4200_20141211204059b51.jpg

紺色の体に青いクリアパーツが綺麗です。
この形態だと、ドットブラスライザーのラグナロクフェイズより好きですね

IMG_4201.jpg

IMG_4207.jpg

アブソルートフェイズでは背中に背負ってるコルディクティスが4本に増えるんですけど、武器は爪だけです。
装備しないのに何故増えてるんだろう?推進器的なパーツなのかな?

IMG_4203.jpg

ホビージャパンで連載されている「LBX烈伝」で登場しているオリジナル機体です。
沢山のクリアパーツを活かした、綺麗な仕上がりにしたいと思います~!
とりあえずいろんな所が丸くてもさもさしているので、薄く鋭角に、トゲトゲスッキリしたスタイルに仕上げたいと思いますので、
現在取り掛かり中のLBXが終わりましたら頑張りたいと思います 宜しくお願いします


Category: LBX完成品 > エンペラーM5   Tags: LBX  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品

HynXFbiA.jpg

LBXエンペラーM5です。とうとう完成しました。長かったですね・・・

【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中

カラーレシピは、エンペラーM3の完成記事に記載しました ⇒【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
素組したのが8/30でしたね その間、万尾獅子やコマさん&コマじろうのかんたん制作、
ブシニャンのレジェンドメタリック、ダイヤニャンと制作していたとはいえ・・・
LBX1体の通常の制作に、こんなに時間費やしたのは初めてかもしれません
で、日付の確認の為に一番最初のキットレビュー記事を開いたら、

IMG_2629_201408301025292ba_20141009135722202.jpg

あまりの違いにびっくりしました なんだこれ・・・ 最初ってこんなだったっけ
LBX、ほんと恐ろしいです(笑)

IMG_3249.jpg

素の状態です。

IMG_3252.jpg

マントを装着。

IMG_3256_201410091411245c5.jpg

タイラントエッジを装着です。

IMG_3190.jpg

手は握り手、角度の付いた武器持ち手、平手と制作しています。タイラントエッジは、先端部に2mmツインパイプを入れています。

IMG_3263.jpg

ティターニアを装備します。

IMG_3269.jpg

IMG_3285.jpg

IMG_3279.jpg


IMG_3290.jpg

「タイラントティターニア」形態です。
両腕のタイラントエッジを外し、ティターニア先端にアタッチメントパーツを挟み装着します。

IMG_3291.jpg

武器はとんでもなく重いですが 腕の関節を関節技に置き換えた為、片手でも保持できます。
内容は制作中6の記事をご参照下さい

IMG_3296.jpg

両手持ち。

IMG_3294.jpg

IMG_3303.jpg

IMG_3297.jpg

ご覧頂きまして有難うございました
今晩にはモデラーズギャラリーさんの方にも出させて頂きます  是非、宜しくどうぞ~

次の制作は・・・ 妖怪ウォッチ!!面白いの制作中です~
LBXのご依頼品も取り掛かってますので、どうぞ宜しくお願いします

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: LBX完成品 > エンペラーM3   Tags: LBX  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品

HynXFbiWrujpg.jpg

LBXエンペラーM3(M5コンバージョンモデル)、完成しました~。
画像数が多いので、M3・M5と分けて掲載したいと思います  まずはM3形態から。

制作記事一覧はM5の方に掲載しますので、こちらではカラーレシピを公開します
カラー:(ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F))
赤:シルクレッド(F) + ハーマンレッド(C) + レッドFS11136(C) → クリアーレッド(G)
薄紫:パープルヴァイオレット(G) + GXメタルヴァイオレット(C) + ラベンダー(G) + ニュートラルグレーIV(G)
濃紫:パープルヴァイオレット(G) + ミッドナイトブルー(G) + カウリング色(C) → クリアーブラック + クリアーパープル(G)

グレー:ニュートラルグレーII(G) + ニュートラルグレーIV(G)
関節色一部:スターブライトシルバー(G)
マントのカラーはストック塗料でしたので不明です・・・ はるか昔に制作した、ゼノンの本体カラーです。


IMG_3194.jpg

正面、マント無しの状態です。

IMG_3195.jpg

横から。

IMG_3196.jpg

後ろ。

IMG_3197_201410091024429c8.jpg

マント装着。

IMG_3213_20141009102706fc8.jpg

IMG_3217.jpg

IMG_3221_20141009102709650.jpg

IMG_3208.jpg

IMG_3232.jpg

IMG_3224.jpg

IMG_3228.jpg

IMG_3230_20141009102859fc2.jpg

IMG_3240.jpg

IMG_3244.jpg

両手持ち。

IMG_3241_20141009102917e88.jpg

ご覧頂き有難うございました~
それでは、M5の記事もアップします

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  エンペラーM3M5  塗装  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中

IMG_3159.jpg

LBXエンペラーM3・M5、塗装編のラストです~。
記事数が多くならない様に、塗装編は2つでまとめました。あとで順を追って見る方が大変になってしまうので
それでは、最後まで一気にいきたいと思います
まずは、グレー・赤と済ませた状態から次の薄紫を吹く為、必要なパーツにマスキングしたところです。

IMG_3160.jpg

サフを吹きまして・・・
このパーツのサフには、ダグラムの時にも使ったガイアノーツのメカサフライトを使いました。

IMG_3162.jpg

薄紫を塗装しました。

IMG_3164.jpg

次は、縁取りになっている濃赤部分の塗装です。
襟の端っこ、タイラントエッジの端っこを残してマスキング。LBXの中では過去最強クラスの難易度を誇るタイラントエッジ!
この段階だけで10時間くらい費やしてますかね~。たぶん。
これを見ると、ふ~んそこまで時間かかるの?って思われそうですが、いや、思われるでしょうね

IMG_3165.jpg

濃赤を塗装しました~。
今回は、ホビージャパンに掲載された方のエンペラーよりもこの色を濃い目に調色してみました。

IMG_3169.jpg

では次に。濃紫を吹く為のマスキングです。
左端のタイラントエッジ、第2形態のマスキング・・・。これで、5時間くらいです。マゾすぎて途中で半泣きになります。
これはもう、やった人間にしかわからない領域の苦労があるとしか、言えませんです
二度とやるかーっ!と言いつつ、これがすでに2回目だという悲しさ

IMG_3172.jpg

あ、これ、背中のマントを押さえる部分のパーツですね。
赤い丸の周りがグレーになっているので、この部分は筆塗りにしてあります。

IMG_3173.jpg

濃紫の塗装に入ります~。
まずは黒サフです~

IMG_3174.jpg

そして、濃紫を塗装です。
塗料は、雑誌のエンペラーを制作した時の塗料が残っているのであちらと同じです。
薄紫、濃紫はほぼ使い切りになりました。

IMG_3178.jpg

更に色を濃くする為、クリアーブラックとクリアーパープルを混ぜた塗料を上掛けします。
一発でなかなか思う様な色が出来なかったので、オーバーコートで色味を調整していました。雑誌の方も同じです。

IMG_3180.jpg

これが、ラストのマスキング。
紫の順番が逆になるパーツがあるので、これらはマスキングしてから再度薄紫を吹きます。

ええと、下に4個並んでいるトゲのパーツなんですが・・・ M3の肩に垂れ下がってるやつですね。
トゲとトゲの間、連結されている部分は本来のデザイン上には無いものなんですが、プラモデルでは接続の関係上こんな風になっているんですね
切り離して1個1個のトゲになっているのが設定画の状態なのですが、構造上無理なので
ここを濃い色で塗り分ける事で、別パーツっぽく見せるようにしています

IMG_3182.jpg

薄紫を吹きました。
あとは、スミ入れをして艶消しを吹いて、メタルパーツの取り付けなどをして完成です~

やっぱり、通常運転ではとんでもない時間かかりますね (主にタイラントエッジのせいだけども・・・)
雑誌の締切では5日半というスケジュールで強行しましたが、本当にもう殺人的な過密さで家族の協力が無ければ不可能でした
実際塗装以外の作業時間も相当あった訳なので、かなり色々と迷惑をかけておりました

はい、ここで注釈させて頂きますが
私主婦なもので、5日間ほぼ寝ずにプラモデルに掛かりっきりでさすがに家事が手抜きっぽかったり(それでも食事は作っていましたが、)
子供もいるので、そっちの相手をほとんど主人に任せっきりだったり・・・という、そういう家族の協力でございます
間違ってもおばあちゃんがマスキングしたりはしてませんので(コメント参照)誤解なさらないでください(笑)

IMG_3184_20141007040749e0f.jpg

エンペラーには丸いマスキング箇所が多い訳なんですが、途中写真を見て頂くとわかる通り
丸いマスキングテープをして、その周りをマスキングゾルで筆塗りするという方法でやっています。
丸い部分がいちいち凸形状になっているので、キワ部分はどうしてもゾルが必要なんですよねー
なんで全体をゾルにしないのかというと、一部テープになっている方がそこから剥がしやすい、というだけの理由です。
腕部のパーツの、赤丸のキワなんかすっごく面倒くさいんですよねー 別パーツになっててパチッとはめるだけならいいのに・・・。
LBX作るにはどのキットもこんな塗り分けの連続なので、もう醍醐味!?として受け入れるしかないですね!

IMG_3188_20141007042733d68.jpg

その他マスキングしたパーツの仕上がりは、こんな感じですね~ これで全部ではないのですが
M3の肩のパーツなんか、地味に「これで1個かよ~」って言いたくなる状態ですね
ほんと、ガンプラとは違った方向のアプローチが必要なキットだと思います、LBX!
私、確実に老眼鏡使うの早いだろうな~(笑)
うん、プラ板との闘いっていうよりマスキングテープとの闘い!みたいな・・・

それでは、いよいよ完成画像公開しますね~

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中

IMG_3065_20140930025605210.jpg

エンペラーM3・M5、ご依頼品の塗装を始めています
M3は、目の部分だけ艶有りのメタリックレッドに仕上げる為 白サフ → GXメタルレッド → クリアーレッド → スーパークリアーIII と吹きました。
M5は 黒サフ → スターブライトジュラルミン → Mr.CC アメジストパープル → スーパークリアーIII と吹いています。
ここで目の部分だけをマスキングです。

IMG_3066.jpg

次に赤いパーツの塗装からやりました~
サフ → 赤 → クリアーレッド と吹いています
赤にした段階で色の深みが足りなかった様に感じたので、クリアーを上掛けして色味を重くしました。

IMG_3067.jpg

グレーを吹く為、赤とグレーが重なるパーツをマスキングです。

IMG_3068.jpg

サフ → グレーと塗装しました~

IMG_3069.jpg

赤はクリアーがかかっているので、この段階ではツヤツヤです。とりあえず全部にスミ入れしておきました。
胴体のパーツは、赤い丸3つの部分は平リベットを別で塗装して接着してあります。

IMG_30720.jpg

M5の襟のパーツです。
これだけグレー → 赤の塗装順なので、マスキングしてもう一度赤を吹きました。

IMG_3071_201409300256587fa.jpg

この段階で、塗り分けの必要が無いパーツは全部艶消しまで吹いておきました。

IMG_2564.jpg

胸のMマークです~
クリアパーツに、クリアーブルーを吹いておきました。

IMG_2578.jpg

Mの部分はエナメル筆塗りにしてあります。
ピンク、赤、フラットベースを混ぜて色を作り、溝の中に流し入れる様に塗ってあります。

残りのパーツは、薄紫・濃紫・濃赤となっています~。
色は3色だけですが、ここから怒涛のマスキング作業が残ってます
なんですが、タイラントエッジ>>>残り全てのパーツ くらいの大変さでしょうかね・・・(笑)
さて、黄色いテープと格闘してきますっ!

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: ホビージャパン  LBX  エンペラーM3M5  

ホビージャパン11月号、エンペラーM5が掲載されました。

HJ11_.jpg

本日発売になりましたホビージャパン11月号にて、制作を担当しましたLBXエンペラーM3・M5が、掲載されました~
神谷コウスケ役の声優・古島清孝さんと共作させて頂いています。
何か、表紙にもちょっと載る的なお話を聞いてはいましたが本当に載せて頂き、驚きです  
(いえ、一応ダンボール戦機もうTV放送も終わってるもんですから・・・)

しかし、「文/urahana」ってなってますけど、文章が載るって聞いてなかったのでぎょっとしました
完成してから編集部に送る際、注釈みたいな意味合いで適当にメールも送信したのですが、
その文章がいろいろ切った貼ったされて繋げられてるので、とてつもなく変な文面になっとります(笑)
古島さんのインタビュー動画が見られる企画も用意されているそうで・・・ そちらも是非

IMG_26145_20140925083238972.jpg

一応、完成した時に自宅で撮影しておいた物です。
すごい切羽詰まってたので、「いいや、編集部から戻って来てからちゃんと撮り直そー」とか思っていつもの撮影セットとか使いませんでした
まさか全日本模型ホビーショーにまで出張っていくとは思ってもいなかったので、今頃撮影し直してMGにでも投稿しているはずだったんですが・・・

IMG_26155.jpg

文にもあった通り、最初は「全身メタリック塗装で!」っていう話だったんですよー
でもメタリックパープルのテストピースとか作ってみて、どうにもイメージと違うので、「赤だけメタリックで艶有りで、じゃ駄目?」となりまして
私の希望を通してしまいました  せっかくのエンペラー、安っぽい物にはしたくなかったので・・・
どうにも、本でもこの写真でも伝わりにくいのですが、赤はツヤツヤのメタリックになっていて、他が全て艶消しです。
1個のパーツに艶ありと艶消しが混在しているので、マスキングは本当にハードでした。

あ、塗料のレシピとか載ってますけど・・・
いつもの自己流混色しまくりレシピなので、どうせ掲載されないだろうと思ってました(笑) ・・・長すぎるって!
薄紫も、濃紫も、一度通常色に塗装した上からクリアーカラーをかけてさらに艶消しにするという、えらく面倒くさい事をしてました
メインのカラーはほぼ3段階コートみたいになってるんですね

IMG_26135.jpg

バックショット。タイラントエッジを付けてない状態です。

IMG_26165.jpg

ホビーショーから戻ってきましたら、このM5はTamTam相模原店さんにて展示させて頂く予定です。
またご報告しますので、是非見に来て下さい~
そしてホビーショー、ルシファーの方は残念ながら展示出来ないそうですのでご了承下さいませ
どうぞ宜しくお願いします!

* 関連記事 *
ホビージャパンと契約いたしました~
ホビージャパン 8/25発売号 エンペラーM5作例企画のスタートです!
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中

IMG_3020.jpg

それでは、塗装前の状態です~。
腕の関節改修、頭部の加工、ネオジム磁石の仕込みなどは↓1個前の記事にupしてありますので、そちらもご覧下さい

IMG_3021.jpg

IMG_3024_20140923232543d59.jpg

IMG_3025.jpg

IMG_3026.jpg

IMG_3027.jpg

これに、更にマント2枚がつくので。。。すごいボリュームですね~
ジョーカーとかがめちゃくちゃあっさりに感じます・・・

IMG_3029_201409232328107c6.jpg

M3です。

IMG_3030.jpg

IMG_3035.jpg

IMG_3036_20140923232814179.jpg

この後は、延長した部分や合わせ目消しした箇所の最終的なチェックを全パーツやります。
(パテの気泡埋めや、合わせ目の残ったスジなど。)
明日から塗装に入れますかね~  何しろ、チェックだけでも相当な箇所あるので・・・
まだまだ、完成まで頑張りまっす

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6

IMG_2972_20140923220009691.jpg

最後の改修作業です!
手はハイパーファンクションの手を使用するので、ノーマルキット(エンペラーM5)の手の甲部分だけを切り出して
ハイパーファンクションの手の甲に移植します~。
ノーマルの手はプラスチックのはめ合わせなので、武器を握らせると傷が付きやすいです。
ハイパーファンクションの手は中にポリキャップが入っていて、手首部分もよく動くので表情が付けやすいんですよね!
何より、↓ハイパーファンクションの平手を使用したいので・・・

IMG_2976_2014092322001198a.jpg

こんな風になりますね。指先は5本ともがっつり尖らせてあります。
この平手、カッコいいですよね~
ピンバイスで開けてある所は、メタルパーツで置き換える所です。

IMG_2982_2014092322001232e.jpg

肘の関節は、キット自体が旧型ポリキャップの為ヘタリが早く、重いティターニアを保持出来ないので
関節技 球体ジョイントに置き換えます。マントの可動化に使った部品と同じものです~
プラ関節になるので強度バッチリ、おすすめです!
関節の軸を受ける為に、コトブキヤのプラユニットP145 ショートパイプから内径が3mmのものを使用します。
上腕部の中に接着するのですが、そのままだとちょっと長いので削って長さを合わせています~

IMG_2977_20140923220013be9.jpg

下腕部のパーツ。これも、ポリキャップを受ける四角い部分にさっきのショートパイプを入れて接着します。
そのままだと入らないので、ちょこちょこ削って幅を広げています。

IMG_2981_20140923220015c18.jpg

さっき制作したハイパーファンクションの手を装着する為に、手首の軸を移植しなくちゃいけないんですね~
ハイパーファンクションの下腕部のフレームから手首部分を切り出して、パテで接着しちゃってます。

IMG_2984.jpg

全部合体させるとこんな感じになりますね
肘のところにつくアーマーパーツなんですが、M5はタイラントエッジを装着する為に4x2mmのネオジム磁石を埋め込んであります。

IMG_2989.jpg

タイラントエッジの裏側は結局こんな感じに。
6mmが生産中止になってた丸い部分は、WAVEのI・チップ 丸を貼っちゃいました。
青い矢印の部分は2mmのピンバイスで開口、塗装後にツインパイプを入れる予定です~

IMG_2990.jpg

顔の改修です。
紫のツノみたいなパーツは、後ハメ出来る様に根元から切ってあります。
横のキバみたいなパーツは、0.5mmのプラ板貼ってディテールを作りました。

IMG_3001.jpg

ツノをつけるとこんな感じです~
目の周りやアゴあたりは、0.15mmタガネでスジ彫りを彫り直してます。

IMG_3002.jpg

顔の横、合わせ目を消す部分は上の方に変な段差が出来るので、パテで整形してから接着して合わせ目消ししています。
薄い紫の耳みたいなパーツ・・・先端を尖らせてあります~
矢印してある濃い紫と接続する箇所は、そのままだと隙間が大きいのでパテで延長・整形してます

IMG_3004.jpg

裏から見たところ。
矢印のところが合わせ目の溝が出来るので、パテで埋めて整形しました。

IMG_3009.jpg

襟です!
内側部分に、2.5mmのネオジム磁石を仕込んでます。

IMG_3010.jpg

背中のこのスキマに、4mmのネオジムを仕込んでます。

IMG_3014.jpg

頭がつくと、隙間が出来るのですが磁石同士がくっつこうとするので、襟がぐらぐらしません!
そのまま頭をつけただけだと、襟が遊びやすいんです  素組した時にわかったのですが、地味にストレスでした~

IMG_3017_20140923220140fb0.jpg

横を向かせても、かっちり安定します。
ここの工作は、古島さんがやった通りに真似させてもらいました!
あけてみないとわからない工作なんですが、ここの磁力がほんと良い仕事するんですよ~  ナイスアイディアですね!
こんなところで、長かった下積み時代も終わりです、、、
やっと塗装に入れますが、その前に一度仮組み状態をupします!次の記事をお楽しみください

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  プラモデル  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5

IMG_2945.jpg

エンペラーのティターニアの制作・加工が終わりましたので制作記事にいきたいと思います
いや~大掛かりなエモノで、工作疲れました・・・

IMG_2925_20140919130427bc7.jpg

ティターニアの刃なんですけど、かなりあちこちヒケてますね!?
ハイパーファンクションのエンペラー作った事なかったんで、知りませんでしたよ
なんか、このカクカクなラインを綺麗に維持しながらヒケを取るのにかなり時間かかったんですが・・・

IMG_2930.jpg

組み上がった時のこのスキマが気になってしょうがないのでプラ板貼ります。
あ、仕込んであるネオジムについてはまた後でっ!

IMG_2525.jpg

使うのはエバーグリーンのVグルーヴ 0.5mm厚です

IMG_2933.jpg

三角に細かく切ってちょこちょこ貼りました。
あ、ホビージャパンのエンペラーでも同じ事していますー

IMG_2934.jpg

こんな風に塞ぎました。

IMG_2935.jpg

下側も塞がってます。

v8VoSu4C.jpg

工作は・・・上記の通りです
ティターニア先端のトゲが、磁石で取り外し出来る様にしてあります。HiQパーツさんのネオジム磁石3mmを仕込んでます。
武器持ち手の先端側は、元々の差し込み用ピンを切り飛ばしコトブキヤのプラユニットP145 ショートパイプを接着してから
中にネオジム磁石3mmを埋め込み。

IMG_2938.jpg

とりあえずこんな風になりまして、、、

05ZZysvm.jpg

ここからはアタッチメントパーツの改修です  これがメンドクサイんですよー
このパーツを先程の武器持ち手先端と、トゲの間に入れるんですね~
でも武器をハイパーファンクションにしちゃってるので、そのままでは入らないのでかなり加工しなくちゃいけません
先端の突起を切り落とし、赤線のラインに削って変更、両端にはHiQさんのネオジム磁石4mmX2mmを接着してパテで周りを整形。

T9HNlub7.jpg

先端を切り落としたところには3mmのネオジムを埋め込み、
下側は肉抜きをパテで埋め、穴のところにコトブキヤのプラユニットP112 モビルパイプの4mmを入れてからネオジム2.5mmを埋め込みます。

IMG_2943.jpg

それが合体すると・・・こうなります!
(わかりにくいので背景色変更してみた
というか、持ち手の先→アタッチメントの下→アタッチメントの上→トゲパーツ部分と磁石のNとSを繋いでいかないと、
アタッチメント外してトゲだけで武器を使用する事が出来なくなっちゃうので、やみくもに付けちゃーいけません
何気に大変でございます、、、

IMG_2945.jpg

それで、このアタッチメントにタイラントエッジを装着すると・・・こうなるわけですね!!
でかいよ~長いよ~

QEzn9YKX.jpg

さっきアタッチメントの両端に四角いネオジムを仕込んだのですが、タイラントエッジの方にも4x2mmのネオジムを仕込んで
パチン!と磁石で接続されるようにしてあるんですね~
黄色い丸のところにもネオジム仕込んでありますが、これはM5の腕アーマーと接続させます
で、このアタッチメントとタイラントエッジを何で磁石接続に改修したのかというと、、、

8SMtlWhh.jpg

このアタッチメントパーツはノーマルキット版のティターニアとタイラントエッジを接続する用に出来ているので、
こんな風にタイラントエッジに差し込んで装着完了!となる訳なんですが
ハイパーファンクションのティターニアでこれをやろうとすると、アタッチメント両端の長さが足りなくて刺さらないんですよ!
なので、アタッチメントの端っこを延長させるよりは磁石接続に改修した方が良いだろうという事でさっきの様にやっておきました。

IMG_2948.jpg

タイラントエッジ裏側は何とな~く処理してあります。
刃の部分は、ビルダーズパーツHD MSスラスター01の中から一番小さいサイズをくっつけてあります。
中のフィン部分が別パーツになってるところがいいですな~、色変えられますね~
黄色い矢印のところ、丸い穴が2個の上の方はHiQさんの平リベット 5mmで塞ぎました(仮)
下の方は6mmで塞げばいいね、うんと思ったら、今6mmって生産してないじゃない!!  えぇ~前はあったのになー
マイナスモールドも6mmないし、ここはどうするか考え中です、他の部分ももうちょっとディテールアップしますね~

それでは、残るはM5の顔と腕部だけです、そろそろ塗装が近いですよ

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中
Category: LBX制作記事   Tags: LBX  プラモデル  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4

IMG_2897.jpg

エンペラーの下半身と胴体がとりあえず終わりましたよー、チュミミ~ン!
いや~、ジョジョの第3部を録画したまま最初の6話くらいまでしか観ていなかったんですが、
今日はずっと続きを再生してました  ジョジョを観ながらエンペラーを作る日曜日・・・最高だネェー
女帝(エンプレス)のチュミミ~ンが漫画でもツボってたので、アニメでも違和感なく再生されてて最高です

IMG_2894_20140914154828202.jpg

まず足。スキマになってる部分を埋めました~

IMG_2895_20140914154829f93.jpg

つま先と、横のトゲトゲ。
先日の制作記事のように、パテ盛ってひたすら削り出しです~。

IMG_2899_2014091415483126b.jpg

すね部分の飾りみたいなパーツ。
上下、エッジ立てて鋭角化しました~

IMG_2902.jpg

背中の、マント押さえるパーツです。
上と下、パテ盛って尖らせてあります

IMG_2905_20140914154854aa0.jpg

正面側です~先端を尖らせてあります
そして矢印の部分、エンペラーの作例を担当されたRyunzさんのポイント解説通り、カリカリスジ彫りを入れ直しました
別パーツっぽく見せる為に効果的な作業です!

IMG_2907_20140914154856927.jpg

タイラントエッジ。とりあえず、先端部分の鋭角化だけですが終わらせました。
裏側はネオジム磁石仕込んだりするので、まだまだこれからです~
この後はM5の顔、腕部の関節置き換え、ハイパーファンクションの手の移植作業、ティターニアの工作などなどです
これからは加工がいっぱいなので、塗装に入るまではまだ大変ですねぇ、、、
でも今晩も頑張りますよ~、チュミミ~ン!(しつこい)
それでは、次のアップまでお待ち下さいっ

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール 轟雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷