ガンプラ0079

Category: その他の完成品 > 鐚壱文   Tags: 鐚壱文  大怪店  ビックリマン  

「鐚壱文」完成しました & 鐚壱文展のご案内

DPP_6574.jpg


妖怪「鐚壱文」の立体造型が完成しました

まず、鐚壱文(びたいちもん)とはオリジナルの妖怪です~。
「鐚壱文」という妖怪の設定だけがあって、それに対していろんな方が自分の思い描く「鐚壱文」像を
イラストで再現する、という企画です。

ご案内が遅くなってしまいましたが、7/9(日)まで「鐚壱文展」が開催されています
そこで、この立体像の鐚壱文も展示されています~。



image.jpg



東京都の阿佐ヶ谷アニメストリート内、「大怪店」というお店で鐚壱文の展示会、販売が行われています~。
もしお時間がありましたら、足を運んでみてくださると嬉しいです

販売って、何を販売しているの?と思われるかと思うのですが、
もともとビックリマンシール愛好家の方々の集まった企画でして、皆さんビックリマンの様な鐚壱文を制作されているんです~。




DPP_6568.jpg

DPP_6569.jpg


まさにビックリマンシール!な鐚壱文ですが、このオリジナルデザインを描かれたのがMOYASHiさんです。
ホームページでは様々なオリジナルTシャツなどを販売されていますが、フリーのイラストレーター・デザイナーさんです。

このシール化まで全てご自分でされているんですが、実はこういったビックリマンシール制作をされている方は
他にも全国に沢山いらっしゃいまして、そういう方々が今回一斉に参加した企画が「鐚壱文展」なのです。

会場では、こういったシールが数百円で売られているのですが、皆さん「鐚壱文」のデザインは人それぞれなので、
個人個人で全く違うデザインの鐚壱文のシールが販売されています。

私もビックリマン集めていた世代なので、こういうの心躍りますね~
こんなものが自分で作れてしまうなんて、すごい!って感じです。



DPP_6640.jpg

DPP_6636.jpg

DPP_6637.jpg

DPP_6639.jpg


今回、こちらの原型はしるぴよさんが制作されました。デザインを担当されたモヤシさんのご友人です~。

イラストは、実際2Dの絵なので、、、それを立体にする事はかなり難しい事なのですが、
ここまでしっかりと再現されていて、本当に凄いです!!
まさに絵が立体になった、という感じです




DPP_6574.jpg

DPP_6575.jpg

DPP_6576.jpg

DPP_6578.jpg

DPP_6579.jpg


私の方で彩色させて頂いた結果、この様に仕上がりました。
如何でしょうか~。
元のイラストがとても渋い色合いだったので、普段使わない様な色が多く塗装も楽しかったです



DPP_6580.jpg


ソロバンの玉もちゃんと動くんですよ~。
(ソロバンは縦線入ってないのですが、そこはイラストなのでという事で・・・。)

7/9までですが、この鐚壱文も実際に見て頂く事が出来ますので、ご都合が合えば是非ご来場くださいませ
どうぞ宜しくお願い致します。



あるてぃめっと!ニパ子ちゃん、完成しました
フィギュアライズバスト:ホシノフミナ 完成しました~
メカトロウィーゴ 20 & 35 (ホビージャパン掲載作品)
vガンダム Ver.Ka 制作ご依頼品完成 :2
vガンダム Ver.Ka 制作ご依頼品完成 :1
Category: その他の完成品 > あるてぃめっと!ニパ子   Tags: ニパ子  プラモデル  マックスファクトリー  

あるてぃめっと!ニパ子ちゃん、完成しました

u0R9eXjF.jpg


マックスファクトリー 1/20スケール、あるてぃめっと!ニパ子ちゃん完成しました~。

究極のニッパーでお馴染み、「アルティメットニッパー」を手掛けるゴッドハンドさんが誕生させた
ニッパー擬人化キャラクター、ニパ子ちゃんのプラモデルです。

1/20スケールという事で、全高8cmしかありませんので普段制作しているFA:Gシリーズよりも全然小さいですね
こちら千葉しぼり展示会用に制作したのですが、当初より「ニパ子選手権」に参加される方が大幅に減ってしまった様で・・・
当日はどこかのスペースにまぎれて置いてあるかもしれません~(笑)



DPP_2203.jpg

DPP_2204.jpg

DPP_2205.jpg





2182b.jpg


プラモのニパ子ちゃんは、イラストの感じとだいぶ違ってるな~と思ったので、、、
両頬にパテを足して削って、イラストっぽい輪郭になる様に変更していきました。
口元の口角も上げて、絵みたいな笑顔になる様にしています。

耳も、下垂ぎみだったので上の方を盛って整形しました。
前髪も追加して、スジ彫りを細かく入れてあります



xDPP_2183a.jpg


上履きを履いているのですが、ディテールが曖昧でよくわからない感じだったので、
デザインナイフで彫り込んで形状をハッキリさせています~。



x2185.jpg


今回、初めて目を描いてみました。デカールを貼る様になっているのですが、折角なので自分で描いています~。
顔には最初シャーペンで描き入れた目をガイドに、簡単にまつ毛のラインを彫っておきました。

それに沿って、片目づつスミ入れペンで描いていきます。
使用しているのはいつものコピックモデラー0.02mmです。


x2187.jpg


さっき目を描き入れた時点で、艶消しトップコートをしてラインが消えない様に保護しています。
ここからペイントしていくのですが、一般的によく使うアクリルガッシュ等がないので、全てタミヤエナメルでやっていきます~。

瞳孔の周りに濃い青を入れまして、下の部分に水色を入れます。


x2189.jpg


水色の一番下に、更に薄い水色を重ねて入れました。
それから、目のハイライト、白目の部分に白を塗っていきます。


x2191.jpg


ここで、目の中に溶剤を含ませた筆を置いて、色同士の境目を馴染ませます。
塗料を若干溶かすイメージです。
そして、両目の下の部分にも小さいハイライトを入れました。


x2193.jpg


白目の部分の上側に、グレーを入れています。
それから、口の中をピンクで塗りました。
そして目の周りや二重の影、眉の下などに茶色のぼかしを入れています。


x2196.jpg


最後に、一番最初に描いたまつ毛や目の輪郭、瞳孔部分などをスミ入れペンで描き直します。
それからいつものメイクを入れていきます~。
シェーディングやチーク、白のハイライトを入れて完成です。

メイクの仕方は、以前FAG制作記事でアップしていますので是非ご覧ください
FA:Gのフェイスパーツをメイクアップしてみます

仕上げにもう一度艶消しトップコートをして、目の部分だけにレジンで艶を入れました~。



x2198n.jpg

x2199n.jpg



DPP_2197.jpg


手描きに使用したアイテムはこれで全部です~。
描き込みに使用したコピックモデラーと、塗りに使用したタミヤエナメル。
筆はアイクラフトのシュトライヒェン ピンセルという筆のXSサイズで・・・ ナイロン毛のブラシになります。

タミヤのウェザリングマスターGセットHセットはメイクに使用しています~。



DPP_2208.jpg

DPP_2209.jpg

DPP_2210.jpg

DPP_2212.jpg

DPP_2217.jpg

DPP_2219.jpg


ニパ子自体はタミヤの角ビンくらいの背丈なので、本当~に小さいです
11/5の千葉しぼり展示会ではどこかに置かれていますので、良ければ見てやってください~




* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 Kジーロ完成しました
【妖怪ウォッチ】 Kコマー完成しました
ドゥカティ1199パニガーレS & FAG迅雷Indigo Ver. ホビージャパンEX掲載作品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
FA:G 轟雷/赤ずきんVer. (ホビージャパン掲載作品)
Category: その他の完成品 > メカトロウィーゴ   Tags: ハセガワ  メカトロウィーゴ  ホビージャパン  

メカトロウィーゴ 20 & 35 (ホビージャパン掲載作品)

xLCQXdUPa.jpg


メカトロウィーゴ 1/20 & 1/35、作例完成画像になります
7/25発売、ホビージャパン9月号に掲載されております。

メカトロウィーゴはモデリズムの小林和史さんがデザイン・制作されたオリジナルロボットで、
最初はワンフェスにてレジンキットで販売されていたんですよね。

ウィーゴは「子供の乗り物」というロボットなので、中に操縦士(子供)が乗っているのですが、
この子供のフィギュアの原型制作をされていた小川徹宗さん(当時midoujiさん)の大ファンだった私は、
彼のブログからこちらのウィーゴを知りました。

当時のワンフェスでも行列が出来ていて、とても人気のあるキットだったと記憶しています。
現在ではハセガワさんによってプラモデルキット化されており、1/35と1/20サイズが発売されていて
千値錬さんからもダイキャスト製完成品が出ていたり、近々ソフビバージョンのウィーゴも発売されますね

とても作りやすくて造形が可愛らしく、オリジナルのカラーリングやデザインにもしやすい為
フォトコンテストや作品投稿サイトなども充実しています。
是非、こちらからご覧下さいませ

メカトロウィーゴ オフィシャルサイト
モ デ リ ズ ム blog



DPP_1677a.jpg


さて、私が今回担当しましたウィーゴなのですが、、、
新しく発売された1/20サイズの作例をとお話を頂きまして、内容をどうしようかとひとしきり考えたのですが、
「とりあえず戦闘をイメージさせるものは駄目」という約束があったので、そこから表現方法をイメージしていきました。

先にも書きましたがこのメカトロウィーゴ、中に乗っているのは子供(小学生?)で、
過疎地での通学などに使用する、子供の為の乗り物というコンセプトのロボットなのです。

そこでどうしたものかと考えたのですが・・・ 小学校、小学生の頃の共通したイメージを色々と思い出し、
使っていた物や行事などの中で誰もが知っているもの、ひと目見ただけで懐かしさを感じるものをコンセプトに・・・
と決めた結果、おそらく誰もが学校で使った事のあるサクラクレパスをモチーフとして落とし込む事に決めました。


25451e9.jpeg


サクラクレパス、これを機に実物をまじまじと見たのですが、本当に素敵なデザインですね~。
一体何年前からこのデザインなのか?わかりませんが、どれだけ画像を探してもまったく変わっていないようなので、
とても歴史を感じますね~。年齢にもよりますが3世代くらい共通するアイテムなのではないでしょうか?


DPP_1679a.jpg


ウィーゴそのものにサクラクレパスのデザインを落とし込んで、見た人にひと目でわかってもらえるものを目指しました。
作例として1/35と一緒にする事で、親子の様なシチュエーションを表現できるようにしています。



DPP_1680a.jpg


背面はカタツムリのペイントで共通させました。




lVlIJyRNa.jpg


ウィーゴ達がクレヨンモチーフなものですから、実際にクレヨンを持たせてお絵描きしている図を作ろうと思いまして
太さの違うプラパイプ2種類を用意し、両端ギリギリをパテで埋めて最大限軽量化したクレヨンを制作しました。

ウィーゴ達が描いている絵は、私が描いたものです。
画用紙をカットして、本物のサクラクレパスを使って描いてみました。



uGF4Zuyg.jpg


クレヨンは、それぞれ長さを変えて先端の形状も色々にしてみました。
ほとんど使っていない感じの色、たくさん使った感のある色・・・ それぞれ違いを出しています。

実際のクレヨンは短くなってくると、巻いてある紙をビリビリ剥がして使うと思うのですが、
それを表現する為に巻いてある紙の部分はマスキングテープを使用しました。

マスキングテープってもともと黄色いものですが、そのままの色で使おうとすると透けてしまうので、
カットしたマスキングテープをプラ板に張り付け、最初に黄色で塗装しておきます。
クレヨンは巻き紙の両端がそのクレヨンの色になっていますので、両端を中身のクレヨンと同じ色で塗装します。
つまりマスキングテープにマスキングしているんですよね(笑)

短くなったクレヨンに巻く予定のテープは、中身の長さに合わせてあらかじめ一方の端をビリビリと破いておきます。
中身が新品の長さに近いクレヨンは、巻き紙の両端がクレヨンの色になるように塗装します。



rK45J_KC.jpg


クレヨンはとても軽いので、ウィーゴの手でも簡単に持たせられます。
このマスキングテープですが・・・ 塗装の為にプラ板に貼るとき、塗装を終えてプラ板から剥がすとき、
それをクレヨンに巻きつけるとき・・・ 本当に慎重に慎重を期して作業しました
少しでもシワが寄ったりしてしまうと台無しになってしまいますので、とても神経を使った箇所です。



zSMwpB9R.jpg


こちらはまた違った絵も用意してみました
最初はアサガオの絵を描いていたのですが、あまり季節を限定させる絵でない方がいいかな・・・と思ったので
こんな感じに描き直してみたものです。
他にも、もっと落書きのように適当な絵も作ってみたのですが、絵が汚いとあまり見栄えがしなかったんですよね
結局、綺麗めに描いたものの方が収まりが良かったので、絵もそれなりにしっかりと描いています。



EJlaIXLt.jpg


一応、小道具として作ったクレヨンとウィーゴ達の描いている絵の色が、リンクするように色を選んで描いています。




ekbphR_5.jpg


xWZlnL_h.jpg


ウィーゴは後ろ姿も可愛いです~。





GD0tVOp9.jpg


実は・・・ 編集部に送っても絶対に使われないだろうと思ったので、
送っていませんがウィスパーの絵も描いていました(笑)

ちょっとギャグ要素も入れたいな~と思っていたのですが、なかなか思いつかず
結局描いたのがウィスパーで、これじゃあ誌面で使われないじゃん・・・という事で写真だけ撮っています



XeE6MqG4a.jpg


妖怪ウォッチ3、子供に頼まれて買ったのですが途中で行き詰ったのか何なのか、最近はまったくやってません!
こうなると、攻略本が出ないとやらないんです。根気がなくて困ったものです。

というか最近は、主人も息子もオーバーウォッチに移行してしまったので毎日PS4の取り合いになっています・・・。



YMt4PHhea.jpg


以上、メカトロウィーゴでした

ただひとつ、心残りだったのは中に乗っているはずの人形を制作に加えられなかった事です・・・
この作品を知るきっかけになったものだったのに

どうにか取り入れようかとも思ったのですが、ウィーゴ同士を違うスケールで組み合わせてしまったため
中のフィギュアもそれぞれの大きさが変わってしまうので、登場させるとおかしな事になってしまい・・・今回は制作を見送りました。
ですが、やっと小川徹宗さんの作品を手に入れられたので嬉しさでいっぱいです

いずれ子供の手が離れたら、ワンフェスにも足を運んでみたいと思っています~。
ここまでご覧頂き、有難うございました



* 関連記事 *
ホビージャパン7/25発売号、掲載されております
ホビージャパン6/25発売号、掲載されております
ホビージャパン4/25発売号、掲載されております~。
【ホビージャパンエクストラ】2016 Winterにて作例担当致しました。
LBX烈伝 History of Justice~ホビージャパンMOOK、発売されました~

Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow