ガンプラ0079

Category: LBX完成品 > パンドラ(アミ専用)   Tags: LBX  パンドラ  アミ専用  完成品  

【LBX】パンドラ(川村アミ専用) 制作代行ご依頼品

IMG_56460.jpg


アミ専用パンドラ、完成しました。

改修など色々な箇所は、パンドラの制作記事をupしてあります。前の2記事をご参照下さい

カラー:(ガイア(G)、クレオス)
赤部:メタリックレッド + ハーマンレッド + GXメタリックパープル + 純色マゼンタ(G) + アメジストパープル
白部:アルティメットホワイト(G) + ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)
濃紫:パープル + 純色バイオレット(G) + ダークマーズブルー(G) + ミッドナイトブルー(G)
黄部:サンシャインイエロー(G)

武器持ち手:スターブライトジュラルミン(G)

クリアパーツ:スーパークリアーIII
赤部:セミグロスクリアー
その他:フラットクリアーにてコート。



<IMG_5587.jpg

IMG_5592.jpg

IMG_5624.jpg

IMG_5625.jpg

IMG_5630.jpg

IMG_5632.jpg

IMG_5639.jpg

IMG_5646.jpg

IMG_5647.jpg

IMG_5653.jpg

IMG_5589.jpg

IMG_5601.jpg

IMG_5619.jpg

IMG_5603.jpg

IMG_5605.jpg

IMG_5595.jpg

IMG_5615.jpg





IMG_5655.jpg


腰のスタビライザー可動改修は、白パンドラと一緒です。
サイドアーマーの接続変更、各部鋭角化なども同内容です。


IMG_5658.jpg


前回白パンドラでは白はパール塗料だったのですが、今回の赤部分はメタリックのご指定でしたので。
偏光で紫っぽく光る様に調色しています。

でも、LBXでメタリック塗装とか他の人の作例ではよく見るのですが、自分でやったのは初めてで・・・
メタリックで艶有りの仕上げですとオモチャっぽくく見えてしまう事が多いので、
どうやって重い質感に見せるか、それでいてキラキラした華やかさを残すかに苦心してました


最初は、白パンドラも赤パンドラも全身メタリック塗料でツヤツヤ仕上げ、っていうのが依頼内容だったのですが
色々相談した結果、通常色&艶消しとメタリック&半艶で塗り分ける仕様に落着いたので、
最終的には全くやったことがない塗装になってしまいましたが(笑)

苦労の甲斐あって思いの外良くて、こういうのも面白いな~と勉強になりました
メタリックでもパールでも、艶消しにするとまた質感が変わって面白いし、
塗装を考えるのは色々と楽しいです








IMG_5665.jpg


白パンドラと一緒に
これでやっとお渡しできますね~。2体並べるとまた良いですね

これをお手元で飾って頂けるのかと思うと、本っ当~に嬉しいです
やって良かったな~って思える瞬間ですね。


IMG_5669.jpg

IMG_5680.jpg


この白パンドラだと緑っぽく偏光してるのがわかりますかね。
実際手に取ってみて、喜んで頂けたら嬉しいです。
ご依頼頂き有難うございました



* 関連記事 *
【LBX】ゼウス 完成品
【LBX】ナイトメア 完成品
【LBX】イカロス・ゼロ 完成品
【LBX】デクーOZ 完成品
【LBX】ジョーカー&ジョーカーMK2 完成品
Category: LBX制作記事  

アミパンドラ 制作工程2

LBXアミパンドラ、制作公開の続きです。
初めての方は下の記事1から御覧下さい



IMG_5527.jpg


スミ入れします。パンドラは塗り分けが殆どなので、スミ入れの箇所があまりないんですが。

私がスミ入れに使用している物は、
コピックモデラー スミ入れ用0.02mm ブラック
ガンダムマーカー スミ入れふでペン ブラック

この2本だけです。


これ、結構驚かれるんですけど。
特にコピックモデラー。ほぼこれだけでスミ入れしています。
ペン先が0.02mmと極細で、書いてすぐなら綿棒で消す事も出来ます。


よく、「何でスミ入れしてるのか」ってメールで聞かれる事あるんですよ。
質問される中で一番多いのがコレですかねー。次がマスキングゾルですかね。
というか、どうやってマスキングしてるのかって事なんですけど。


コピックモデラー、いいですよ。ええっと、プラモ始めた頃から使っているので、
私も何でこれを知ったのかすら覚えてないんですが

ハウツー本に載っている様に、ビン入りのエナメル塗料なんかでスミ入れした事もありましたが、
コピックモデラー使いだしてからエナメル使う事がなくなりました。
本当に線を書くスミ入れが出来るので、これは是非使ってほしいです。



IMG_5528.jpg


さて、全身に入る薄紫のラインを塗装します。
これはエナメル塗料の筆塗りです

頬あてパーツの先端の薄紫。これはエアブラシで塗装しましたが、
この色と同じにしたいので、エナメルを調色して同じ色を作ります。
この3色を混ぜて・・・大体こんなものですかね。
溶剤は入れずに、原液のまま塗りますよ。


IMG_5530.jpg


これを、筆で溝部分に塗ります。
ラインが細いので、適当に塗っても大丈夫でしょうけどね。
溝全部に塗料が入る様に、少しはみ出させるようにします。


IMG_5535.jpg


エナメル溶剤を綿棒に取って拭き取ります。
こんな感じの平らな綿棒で、寝かせて使います。

拭く前、拭いた後と並べてますがちゃんと溝だけに塗料が残ってますね。


塗料は、記事1で載せましたがクレオスやガイアノーツのラッカー塗料を使用しています。
普通は溶剤を使うと塗装が剥げますが、エナメル溶剤はラッカー塗料を侵食出来ないので。
その性質を利用して、この塗装は成り立ってます。

逆にしてしまうと、ラッカー溶剤はエナメルを侵食するので使えません。
ガンプラのエングレービング塗装は、この方法をよく使いますね。


IMG_5542.jpg


ホープエッジの持ち手です。かなり仕上がってきました。
シルバーと紺に挟まれている水色のラインは、これもエナメル塗料の筆塗りです。

この部分、凹みモールドになっている訳ではないので溝に塗料を流し込む、って訳にいかないのですよ。
本当に「塗る」って感じです。

一応、はみ出したら溶剤で拭く事は出来ますが、これは一発で塗ってます。
ちゃんと、筆ムラが出ないでエアブラシで塗装した様な面になってると思うんですが。

筆塗りで、「筆で塗った様に見せない」っていうのは大変ですが、慣れですね


IMG_5547.jpg


メインの赤を塗装する為、白い部分をマスキングします。


IMG_5556.jpg


赤を塗装後、セミグロスクリアーを吹いています。
光の加減で、紫っぽく光ってるのが伝わりますかね~・。・


IMG_5560.jpg


こっちのパーツは艶消しです。


IMG_5562.jpg


最後です。サイドアーマーの裏、腰のスタビライザーのジョイント部分を黒にします。



IMG_5565.jpg


さて、塗料が乾いたところで・・・ この長かったマスキングをはがします
剥がしてみて「ぎゃああ~」みたいな事がたまにあるんですよね~・・・

最近は少なくなりましたが。マスキングしたつもりが、変な所から塗料が吹き込んでたりとか。
ゾル塗ったつもりが塗ってなかった、とか。これ悲惨。
もうキット全部捨てたくなりますね。



さて、今回はどうかな・・・なむなむ。


IMG_5566.jpg


また夜になったんで照明の色で変わっちゃってますが。
うむ、OK。問題なす。よく出来ました。


IMG_5571.jpg


未塗装のパーツと比べてみると。まぁ、そりゃ全然違いますね
パンドラは、シールで補完しようにもそれすら厄介だと思います。凹凸が激しいし曲面だらけだし。
ライン部分を全部ペンで塗っちゃうってのもアリでしょうが。

やっぱり一番は塗装ですけど、塗装するにも超メンドクサイですね


IMG_5573.jpg


脚の裏側、別パーツ化して最後に貼っています。0.3mmプラ板の切り出しです。
白パンのモデリングブック作例でそうしてたのと、こっちの方が塗り分けよりも見栄えが良いので。


IMG_5576.jpg


メタルパーツでディテールアップ。
軽くでのご要望だったので、本当に軽くです。パンドラは、塗装だけで十分迫力ありますからね。


IMG_5578.jpg


腰のスタビライザーを可動させる為ジョイント接続にしてるのですが、
WAVEのL・ジョイントの中の2パーツをアレンジして使っています。

L・ジョイント
     WAVE L・ジョイント


IMG_5579.jpg


サイドアーマーの接続は、こんな風にしてるんですよ。
このちっちゃいジョイントパーツ、名前わかんないんですが
使いきってパッケージ捨てちゃったので・・・ お店に行けばわかるんですけど

ここもジョイントパーツなので、若干可動しますよ。

キットの状態では太腿にこのパーツをくっつけるんですけど、絶対に腰から下がってる様に
変えた方が良いです。スタイルが全然違います。


IMG_5580.jpg


さて、これを組み立てれば完成です

は~、久しぶりに制作工程をやったんですが如何でしょうか?前は新作作る度にやってましたけど。
毎回同じ様な内容になってしまうし、つまらないのではと思って最近はしょってましたよ


しかも、最近小細工が多いので全部載せるととんでもなく長くなるし


そうですね、もしご依頼主様で「自分の依頼品の制作手順を見たい」って方がいらっしゃいましたら、
言って下されば工程を公開します。
これも、写真撮って記事まとめて・・・って作業がかなり時間を取るので、
毎回出来るとは言えませんが。できる限りやってみようと思いますので



それでは、長々とご覧頂き有難うございました







Category: LBX制作記事  

アミパンドラ 制作工程1

今回は、アミパンドラの制作内容を全て公開してみようと思いまして。

ご自身で制作や塗装をされない方には「?」な内容だと思いますが
興味のある方はどうぞご覧ください。




IMG_5352.jpg


最初に基本のエアブラシなんですが、タミヤのスプレーワーク コンプレッサーレボを使用しています。
黒い箱がコンプレッサーで、シルバーのがエアブラシですね。
それぞれ単体で買って組み合わせたりも出来るんですが、これはセット品ですので買ってすぐ使えます。

大きさは相当小さいです。
音ですが・・・塗装ブースの音の方が大きいのでさほど気になりませんかね
私は家の3階で常設してあるので、夜中に作動させても外では全然聞こえないです。

アパートとかマンションの人はどうするのか・・・私には想像つかないんですが



タミヤエアーブラシシリーズ No.30 スプレーワークHGコンプレッサーレボ(HGトリガーエアーブラシ付) 74530   タミヤエアーブラシシステム No.44 スプレーワーク コンプレッサー レボ II (HGトリガーエアーブラシ付き) 74544

スプレーワークレボ(左)。今は新しくレボIIになってるみたいです。(右)

↓は塗装ブース。私はツインファンの物を使用しています。
多少高くてもシングルファンより良いですよ。

タミヤエアーブラシシステム No.34 ペインティングブースII (ツインファン)
タミヤエアーブラシシステム No.34 ペインティングブースII (ツインファン)





さて、それでは塗装手順を。


IMG_5376.jpg


まず、白から。色の濃いパーツは、白サフである程度白くしてから塗装します。
他にも白が入るパーツは沢山あるんですが、順番を考えて最初はこれだけ。


IMG_5374.jpg


これは黄色が入る部分。
今回も、前の白パンドラ同様トップコートが違う仕様なので。この時点で艶消しまで吹いてしまってます。


IMG_5367.jpg


白はフィニッシャーズのファンデーションホワイトと、ガイアのアルティメットホワイトの混色。
この2つは隠蔽力がかなり高いので、このパンドラみたいに黒いパーツや赤いパーツを白にしないと
いけない時にはよく使います。綺麗に白くできます。

黄色はガイアのサンシャインイエロー。


IMG_5368.jpg


次に赤の一部を塗装します。
これも塗装順を考えた上でチョイスしています。赤一色で済むパーツも、この時一緒に。


IMG_5360.jpg


赤は、この5色の混色で作りました。
赤は、メタリックとの指定を受けているのでメインはクレオスのメタリックレッド。
ハーマンレッドは普通色ですが、隠蔽力が高いので混ぜています。メタリックは、
単体で使うと下地の色が透けやすいので。

クレオスのGXメタルバイオレット、これで少し紫寄りに。
ガイアの純色マゼンタは、透過性のあるマゼンタなのでうっすらピンク味を持たせる為に足しています。
Mr.クリスタルカラーのアメジストパープル。これはパール塗料です。
偏光性があるので、光の当たる角度を変えた時に紫っぽく見える様にする為足しています。



IMG_5581.jpg


これが、今回ご指定頂いたアミパンドラカラー。
赤の発色にとてもこだわってらっしゃるので、こちらも頑張ってみました

赤はメタリックでセミグロス、紫やピンクの色味がある赤。オレンジ系の赤では駄目です。
赤紫っぽく、でもピンク系の色味もあって、偏光で紫に光る赤!を作ってみようと思いまして。
最終的に、組み上がってみてどうなる事やら・・・ ドキドキですね



IMG_5498.jpg


パンドラの手。白パンドラもそうなんですが、親指の付け根部分だけ
装甲と同じ色になってるんですよ。なので、マスキングの便を考えると
先に赤にした方が良いので、ここは先に吹きました。あと、手の甲も。

更に、赤はセミグロス、この後に吹く紫は艶消しなので・・・
赤は、この時点でトップコートまでしてあります。


IMG_5378.jpg


ホープエッジですが。シルバーの指定なので、この色で吹きました。


IMG_5477.jpg


さてー、LBX制作の要とも言えるマスキング作業ですが・・・
この辺が私がいつも使っているマスキングテープ達です。
タミヤ、3M、アイズプロジェクトとか。売っているものは一通り持っていると思います。
0.4mmとかもありますよ


IMG_5478.jpg


こちらはマスキングシート。
丸く切れてるもの、三角に切れてるものなんかがあります。
特にHiQのは1mm~6mmまでのサイズでカットされてるので、ものすごく使用頻度が高いです。

タミヤのシートは、何もない全面マスキングシート。
マントの模様なんかをマスキングする時に使っています。


IMG_5483.jpg


それと、最強の相棒マスキングゾル(笑)
これがないとLBX作れません!!

これは液体のマスキングで、筆で塗って使います。10分位経つとビニールの膜みたいになります。
どうしても、テープだけでカバー出来ない部分ってあるんですよ。そんな時はこれ。

G-09r マスキングコートR 35ml入


試しにひとつ、パンドラの頬あてパーツで。
丸い部分は白で、尖った部分は紫なので、まずテープであらかたマスキング。
残った部分はゾルの筆塗りでマスキングします。

LBXは、曲面をマスキングしなきゃならないパーツが本当に多いので、
テープとゾルを上手く使い分ける事が重要ですね~。


何気に、この筆も重要ツールです。
文盛堂 プラモデル塗装用 形状記憶 精密面相筆 SUPER SABLE インリターン10/0

長すぎる(笑)

今まで筆は本当に沢山買ってきて、1本2000円する物とか使いましたが
これに勝る筆はないですねー。一番細いモデルです。
マスキングゾルから、エナメルの筆塗りまでぜーんぶこれ1本。

同じ物3本も持ってます



IMG_5494.jpg


さて、次は濃紫を吹く為のマスキング。
これでいうと・・・腕のパーツ。黄色い丸があると思うんですが。
ここはゾルの筆塗りでマスキングしていますね。
凸形状になっている曲面は、テープでは難しいです。テープの端がギザギザになっちゃうので


IMG_5501.jpg


これは、ホープエッジのマスキング。
こういう・・・ある程度大きさのある曲面部分をマスキングするには、
さすがに全面ゾル塗りではラインが綺麗に出ないので、マスキングテープを現物に貼ります。
その上から、シャーペンでラインを書いて、カットするのですが・・・
文だけじゃよく伝わらないですかね~

また今度、やる機会があったら載せてみたいと思います。
武器をマスキングする時にかなりよく使う方法ですので。


IMG_5503.jpg


濃紫を吹きます。
これも、次に赤が乗る場合赤は半ツヤなので、この時点で艶消しまで吹いてしまいます。


IMG_5507.jpg


調色に使ったのはこの4色。
アミパンドラは、紫です。白パンドラは紺色ですので、違いがちゃんと出る様にしました。


IMG_5513.jpg


紫をマスキングします。
夜なので、照明の関係で色の見え方が違ってますが

このマスキングが一番の山場ですので!!これが終われば後は楽です


IMG_5511.jpg


装甲に入るラインですが、シールをガイドにカットして貼り合わせます。
この付属シールを利用するマスキングは、どのLBXでも大抵やります

でもね、ここまで複雑なラインだと、シールの方も正確ではないので・・・
ある程度現物に合わせてアタリを付けたり、定規で測ったり、勘でやったりも必要なんです。
本当に、パンドラは難易度高いです


IMG_5524.jpg


白を吹きました。これも、次が赤の場合艶消しまで。
右側のパーツは赤を乗せる前に、白サフを吹いています。
下地の色を同じにしておかないと、赤の発色が微妙に違ってしまうので。


さてさて、本当に記事が長いのでここで一旦切ります







Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  グライフェン海賊ver."    初音ミク"   FAG白虎"     SDナイチンゲール"    ビッグフット"    ガーンズバックM9"    プリムラ"   アーバレスト"   FAG轟雷      LBXドットブラスライザー・ジーエクスト"     イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"
トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"   FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"
RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
 
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
The latest report
RE 1/100ガンイージ改造 ガンブラスター(ホビージャパン掲載作品) 2019/10/13
9/21 「ホビージャパン50周年記念号を世界で一番早くみんなで読む会」に出演します 2019/09/15
ホビージャパン9月号、掲載されております 【FAガール バーゼラルドVer.2.0】 2019/07/25
6/25発売 ホビージャパン8月号、掲載されております 2019/06/25
ホビージャパン半世紀祭りに出演してきたお話。楽屋裏のいろいろ 2019/06/06
ホビージャパン7月号掲載&「ホビージャパン半世紀祭り」出演のお知らせ 2019/05/25
ホビージャパンエクストラ(2019spring)掲載されています~ 2019/05/16
5/11・12 静岡ホビーショーに参加します~ 2019/05/02
ホビージャパン5月号、掲載されております 【FAガール レティシア】 2019/03/25
【塗装ブース】5万円のMOTOブースを購入してみたお話 2019/03/21
HF版LBXルシファー 2019/03/16
モデラーズアンサンブル2019 参加します~【模型展示会】 2019/02/14
ホビージャパンエクストラ / 2019Winter 発売されています~ 2019/02/11
1/12、八王子模型展示会「八展」に参加します~ 2019/01/06
ホビージャパン2月号、掲載されております 【1/100ガンブラスター】 2019/01/01
Link
G PARTS [ジーパーツ]   プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】   SLUG'S UPPER
Category
QR
QR
  
       

« »

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Information
現在販売中の作品" お渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作代行等専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆制作代行しております◆
FAガール、ガンプラ、LBXなど何でもOKです
お問い合わせはこちらにお願い致します。
urahanana@gmail.com

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow
 
HGBC ガンダムビルドダイバーズ マシンライダー 1/144 SDBD ガンダムビルドダイバーズ RX-零丸 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオーダイバーエース 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムジーエンアルトロン 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムラヴファントム 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボールハロ ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ハッピーイエロー HGBD ガンダムビルドダイバーズ 煌・ギラーガ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ リーオーNPD 1/144 HGBC ガンダムビルドダイバーズ プトレマイオスアームズ 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ コントロールブルー HGBD ガンダムビルドダイバーズ オーガ刃‐X 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ スピニングブラスター 1/144 ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ハロ ピンクバリエーション HGPG ガンダムビルドダイバーズ プチッガイ きゃらっがい モモ 1/144 HGBD ガンダムビルドダイバーズ モモカプル 1/144
 
フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 メガミデバイス SOLラプター アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓 フレームアームズ・ガール グライフェン フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール メガミデバイス 朱羅 弓兵 影衣 メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ フレームアームズ・ガール アーキテクト Gun Metallic Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート フレームアームズ・ガール 充電くん HRESVELGR&CLEAR COLOR Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん ARCHITECT & JINRAI Ver. フレームアームズ・ガール 充電くん STYLET & BASELARD Ver. フレームアームズ ガール 充電くん GOURAI Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 by JUN WATANABE フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. フレームアームズ・ガール 轟雷 -SESSION GO!!- メガミデバイス 朱羅 弓兵 メガミデバイス 朱羅 忍者 フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー フレームアームズ・ガール 白虎 メガミデバイス SOLロードランナー メガミデバイス SOLホーネット キューポッシュ フレームアームズ・ガール FAガール バーゼラルド フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル フレームアームズ・ガール イノセンティア メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 10式 Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷