ガンプラ0079

Category: ご飯もの > 曲げわっぱ弁当   Tags: 曲げわっぱ  栗久  大館工芸社  お弁当  

曲げわっぱを新調しました 【大館工芸社】

DPP_1936.jpg


先日、秋田県にある大館工芸社の曲げわっぱを追加購入しました~。
今まで使っていたお弁当箱は二段だったのですが、主人のダイエット指向もあり一段に変更してみました。

曲げわっぱは日本の伝統工芸品で、杉やヒノキを曲げて作られるお弁当箱やおひつなどです。



hVC9Tt0b.jpg


今まで使っていた栗久の小判入子弁当と、
先日購入しました大館工芸社の小判弁当です。

栗久は、伝統工芸士である栗盛俊二さんという方がお一人で、作品をひとつひとつ手作りされています。
大変人気があるのですが、何せ制作者がお一人なので、完成するまで数ヶ月~1年近く待つのが現状です。

大館工芸社は制作者がたくさんいらっしゃる様で、品物の流通は比較的安定しています。

どちらも秋田県にあり、伝統工芸士として認定された方がわっぱを制作されていて、天然の樹齢150年~200年程の秋田杉を使っておられます。

今回主人のお弁当箱を一段に変えるにあたって、栗久さんでお願いしたかったのですが8ヶ月ほど待たなければならなかったので
大館工芸社の物を購入してみたのですが・・・。やはり何というか、細部の仕上げやわっぱの留め部分(桜の樹皮を使った処理)など、
どうしても栗久の方が加工が繊細で、行き届いたものを感じるのです。
蓋ひとつにしても、すごく端正に形状が処理されているんですよね。手に持った時の感覚が違うんです。
大館工芸社の物は四角いというか、切りっぱなしに近い様な印象を受けてしまって・・・
もちろん端面は丁寧に処理されてあるのですが、機械的なものを感じてしまう作りなのでした。



DPP_1930.jpg


購入後、2年近く使ってきた栗久の二段入子弁当です。
栗久は白木の杉の良さを活かす為、ご飯を入れる段(下段)にはウレタン処理をせず、白木のまま仕上げられています。
杉の白木は通気性が良く、プラスチックのお弁当箱にご飯を入れた時の様に水滴がつかず、べちゃっとならないんですよね。
わっぱ弁当に入れたご飯は本当に美味しいです。

上の段にはウレタン塗装加工がされています。
これは、おかずなどの油ものや汁物を入れた時にも大丈夫な様に加工されています。
白木のお弁当箱は本当に良いのですが、使い続けるとどうしても端の方が黒ずんできてしまいまして、これはどうしても取れません。
(変色してしまうという意味で、カビではないので大丈夫です)

またお手入れも、洗った後すぐに拭き取って干しておくなど必要ですので、若干手間がかかりますね。
そういった事もあって、最近は総ウレタン塗装で曲げわっぱを制作されているところも多いです。



DPP_1931.jpg


白木はとても綺麗で香りも良いのですが、やっぱり変色が気になりますし、お手入れの手軽さを求める方も多いので・・・
ウレタン塗装された曲げわっぱの場合、ご飯がべちゃっとなるか?と言いますとそんな事はありません~。
プラスチックのお弁当箱よりは、よほど良いです。通気性もちゃんとあります。

栗久でも、オーダーすれば全てウレタン塗装にした曲げわっぱを作って頂く事も可能なんですよ
その代わり、納品までとても待ちますが・・・。



DPP_1938.jpg


大館工芸社は在庫も豊富ですし、きちんとした伝統工芸士の方が制作されていますので
今回はこちらの一段弁当箱で、総ウレタンの物を購入してみました。

数ヶ月使用してみましたところ、やっぱりウレタン塗装された物は扱いが簡単で、変色も見られずそういった点ではとても良いです~。
洗うにしても、水に長時間漬けていても大丈夫ですし、洗った後はそのまま置いておくだけで大丈夫です。

ただ先にも書いた通り、個人的な嗜好の問題で、、、細部まで行き届いた仕事の丁寧さなど、私は栗久の方が魅力的に感じられました。
なので現在、8ヶ月待ちですが栗久の一段曲げわっぱで、総ウレタンの物をオーダー中なのです
来年の春には届くと思うのですが、4月から娘が幼稚園に入園しますので、その時使う為に一番小さいサイズの物を注文しました。
これで来年もまた、お弁当作りが捗ります

こういう事って、毎日の事なので作る側もモチベーションを維持出来る様な要素が必要なんですよね
ただ作るだけのつまらない作業にならない様、自分で何か工夫出来れば朝の仕事も楽しくなりますね



DPP_2472_20161229100216b0e.jpg

DPP_2443.jpg

DPP_2442.jpg

DPP_2511.jpg

DPP_2455.jpg

DPP_2470.jpg


曲げわっぱのお弁当箱って、中身が入ると本当に映えるんですよね!
夕ご飯の残り物を詰めただけでも、美味しそうに見せてくれる魔法の入れ物です。

お弁当作りが楽しくなりますので、毎日作られる方には是非曲げわっぱをお勧めしたいです
ウレタン塗装の物はお手入れも楽ですし、気軽に扱えますので良いですよ~




* 関連記事 *
曲げわっぱのお弁当、いろいろ 【その12】
曲げわっぱのお弁当、いろいろ 【その11】
曲げわっぱのお弁当、いろいろ 【その10】
曲げわっぱのお弁当、いろいろ 【その9】
曲げわっぱのお弁当、いろいろ 【その8】
テーマ : 料理    ジャンル : 趣味・実用
Category: ホビージャパンでのお仕事   Tags: FAG  フレズヴェルク  ホビージャパン  

ホビージャパン12/24発売号、掲載されております~。

DPP_2506.jpg


12/24に発売になりましたホビージャパン2月号にて、FAGフレズヴェルクの作例を掲載頂いております
是非、書店にてお手に取って頂けましたら幸いです~。



xDPP_2605.jpg


今月号は、タミヤF-14トムキャット号!という事で、巻頭からトムキャット特集になっています~。
私がホビージャパンでよくご挨拶させて頂いている編集さん、丹さんと伊藤さんが2人でトムキャットを制作するページもありますよ
この作品や作業現場も、先日ホビージャパンにお邪魔させて頂いた時に拝見しました。
誌面ではとっても微笑ましい作業風景になっていまして・・・ 楽しそうで羨ましいです(笑)



DPP_2501.jpg


私の担当させて頂きましたフレズヴェルクですが・・・、背面にごっちゃり付いているパーツが変形して、
女の子本体の乗り物になったりします~。
この辺の作業量&パーツ量が本当に凄くて、何だかもうFAGを作っている感覚では無かったです
女の子はあくまで飾りで、メカの方がメインみたいな、、、

フレズヴェルクは1月発売だそうですが、キット通りの完成形で制作される方はどうか途中で心折れないで頂きたいです



DPP_2505.jpg


私、完成して家で撮影している時に腰に付く半円状のクリアパーツを付けるのを忘れてしまっていました
なので、ちょっと不完全な写真になってしまっていますが申し訳ございません・・・。

とにかくボリュームが最大級で、本当に苦労したキットでした。
この量で、テストショットパーツで組まなければいけないとか・・・ なかなかに地獄なんです~
股間がぐらんぐらんで、ちっとも真っ直ぐ立たなかったりとか、変形での組み換えの軸が合っていなくて入らなかったりとか・・・
ひたすら調整にばかり時間を費やした子でしたが、発売されるキットではおそらくバッチリ修正されている事と思います!

カラーリング、造形共に独特でカッコいいFAGですので、発売後は是非、ストレート制作でもアレンジ制作でも楽しんで頂きたく思います

是非、誌面の方も見てやってくださいませ





* 関連記事 *
ホビージャパン11/25発売号、掲載されております~。
56全日本模型ホビーショー コトブキヤブースにて展示されます
8/31発売 ホビージャパンエクストラ、掲載されております~
メカトロウィーゴ 20 & 35 (ホビージャパン掲載作品)
ホビージャパン7/25発売号、掲載されております
Category: 日記   Tags: 八展  展示会  FAG  LBX  

2016 模型展示会「八展」を終えて

085303_20161222135151cc6.jpg


2016 第2回「八展」、無事終了しました~。
画像は、八展を企画されているHIDE-Kさんがツイッターにアップされていたお写真をお借りしています。

八展は会場の規模自体はだいぶ小さいですので、作品のひとつひとつをゆっくり見られる部分もありますが、
とにかく人口密度が高いので混雑する時間帯には通路を歩くのも大変だったりします・・・

とはいえ、展示参加されているお一人お一人と話がしやすいですし、会場もとても綺麗なので良い雰囲気です
来年も是非参加したいな~と思っています



085418.jpg


17日と18日、それぞれで開催されていた一般参加作品とは別の「連邦vsジオンコンペ」ですが、
17日の投票一位はken16wさんのガンタンク、18日の一位はガルマ・ザビコさんのギラドーガでした

ガンタンク、元からこういうキットなのかと思ってしまいますが実は全く別物というくらいに作り変えられていて、
その作業感を感じさせない仕上がりに脱帽でした。
ザビコさんのギラドーガはもう、ツイッターで見た時から本物が見たくて見たくて、、、(笑)
18日のみの参加という事でしたので、18日は朝から楽しみで仕方ありませんでした。

生で見たギラドーガは、本当に綺麗でディテールが精緻で、細部まで繊細な仕上がりで素晴らしかったです。
こういう作風、本当に私の大好きなタイプです

ザビコさん本人からもディテールの入れ方やデカールのコツなど、色々伺えて良かったです~。
ものすごく話が面白い方でした




164039.jpg


090512.jpg


自分の展示の話をしますと、FAGの展示に関してはさんざんお話してきましたのでもう良いかと思いますが
18日に主催者のヒデさんから1卓譲って頂く事が出来まして、そちらにLBX4体を展示させて頂きました~。
4体とも、普段タムタム相模原店さんに展示させて頂いているものになります。

今回の八展は、普段ツイッターで交流させて頂いている現役LBXモデラーの方達がたくさん参加されていまして、
会場にもいろんなところにLBX作品が展示されていました。
皆さん名前は知っているけれど、初めてお会いする方も多くて作品を前にたくさんお話をさせて頂いたのですが、
こんな風にLBXを見ながら懐かしい話などを色々していますと、感慨深くてとても楽しくて、、、

すっかり感動してしまいまして、2日目には譲って頂ける1卓に私もLBXを出そう!と思いまして
タムタム相模原店さんから一時的にお借りして、18日に展示させて頂きました

私、自分でカメラを持って行っていない為他の方がツイッターに上げられていたお写真をお借りしています。



075335.jpg

075442.jpg

075705.jpg



私は八展か千葉しぼり展示会、この2つだけしか参加しておりませんので、LBXの作品展示を見る事がほとんどないんです。
特に千葉しぼりさんでは、LBXを展示される方はほとんどいらっしゃいませんし、去年の八展でも全然ありませんでしたので・・・

今回は、特にLBX世代の若い方がたくさん展示に参加してくださっていて、皆さん10代や大学生だったりするのですが、
ご挨拶させて頂いたりたくさんお話して頂いたり・・・ 当時ダンボール戦機が放送されていた時の様な、
懐かしい雰囲気を共有する事が出来まして、本当に楽しかったですし嬉しかったです

しのけんさん、ビックさん、空ダルマさん、七雪さん、キーチさん、桜庭さん、にあさん、炸裂だんさん、ユキタカさん、ムラマサさんなどなど・・・
ご挨拶させて頂きました皆様、本当に有難うございました



他にも、たくさんの方にご挨拶頂きまして本当に嬉しかったです。
熱烈なテンションで来られた女性の方が両日にそれぞれいらっしゃいまして、一瞬デジャヴかと思いました
このテンション、昨日もあったぞ~?みたいな・・・ 普段から私の作品を見て頂いていて、それがよく伝わりまして本当に有難いです。

タモリ倶楽部のマイナープラモデル放送回をDVDに録画してくださったり、ミリタリー女子雑誌の資料をくださったり、といった事もありまして
こちらも本当に参考になりました~。早速見せて頂いたのですが、タモリ倶楽部の内容がとても面白くて最高でした

他にもホビージャパンの編集さんにもお会い出来ましたし、コトブキヤの方も会場に来てくださっていたみたいで・・・
ちょうど私がお昼に出ていた時だったそうなのですが、展示を見て頂いた様でとても嬉しかったです。



ここからは、たくさんご挨拶頂いた中で多く質問を頂いた内容に対して、お答えしてみたいと思います。



DPP_1811.jpg


「塗料は何を使っているのか」

これなのですが、クレオスやガイアノーツ等のラッカー塗料です。ごく普通のものです。
私は瓶直で塗る事がほとんど無くて、必ず自分で調色して色を作っています。
大体2色~4色くらいは混ぜるのですが、「それだけ混ぜてるのに色の彩度が高い」といった事も言われる事があるのですが、
これに関しては自分でもよくわかりません・・・。濁った色にならない様に、選ぶ色を気を付けているのかもしれません。



DPP_1873.jpg


「艶消しはどうやって作っているのか」

これは本当によく聞かれるので、配合もブログでは数回出しているのですがガイアノーツのEXフラットクリアー、
クレオスのスーパークリアーつや消し、フラットベースなめらか・スムースの3種をブレンドしたものです。
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編
こちらの記事の下の方に、詳しい配合を書いてありますので良ければご覧ください

全ての瓶から半分づつを出して混ぜるだけです~。
調色用に使っているスペアボトルが内容量80mlなので、全て半分にしてから溶剤を入れなければならないのですが、
最近HiQパーツさんから出たDPボトルを使いますと容量が200mlもあるので、3つの瓶をそのまま移して艶消しを作る事が出来ます。
希釈の溶剤は原液の量×1.3くらいで入れています。



index_20160503125535eb6.jpg


「撮影は何のカメラを使っているのか」

canonのEOS KissX5を使っています。デジタル一眼です。
これは初心者向けのエントリーモデルみたいな一眼なので、とても安いですよ~5万円しないくらい・・・
と思ったのですが、今見たら何故か75,000円もするみたいなのですが、どうなっているんでしょうか??

後継機であるX7の方が45,000円くらいで買えるなど、とても安価なのですが・・・。
最新モデルであるX8でさえ、80,000円くらいなんですよね。あんなに古いX5がどうしてこんなに高いんでしょうか

それはさておき、カメラ撮影に関する記事はこちらをご覧ください
新レンズを購入しました:sigma 30mm F1.4~撮影や画像編集の話など

私のアップしている画像が綺麗なのは、単に一眼で撮影しているという事よりも、撮影後の編集にあると思うのです。
特に「縮小専用」というソフトの恩恵が大きいです。
私はフォトショップなどの画像処理ソフトは持っていませんので、フリーソフトだけで編集していますが
このブログに載せている程度の画像であれば作る事が出来ますので、是非やってみてください



DPP_2472.jpg


「お弁当の写真がとても綺麗」

これもよく言われまして有難いのですが、作ってから台所で撮影しているだけなのです
ほぼ毎日の仕事なので、わざわざお弁当を撮影する為だけに撮影ブースを用意したり、照明を当てたりなんてしていられません!
台所の蛍光灯の下で撮影しているだけの簡単な写真です~。
ツイッターではしょっちゅうアップしているので、見て頂いてどうも有難うございます



DPP_1362_201612221445274ce.jpg


「ホビージャパンの作例は、アイディアは編集部から出してもらえるのか」

作例に関する疑問もたくさん聞かれたのですが、「オリジナルで」と依頼された場合に具体的なアイディアが言い渡される事はありません
ただのキット通りの作例ならまだ楽なのですが、私がよくやっている様なFAGのオリジナルアレンジなどですと、
お話が来てから一ヶ月でアイディア出し&制作完了までやらなければいけません。

基本的に納期は1ヶ月しかありませんので、1ヶ月で必ず完成させ、納品する。これが最低限になります。
あとはまだ発売前のキットである場合、支給されるキットはテストショットという試験段階のパーツになりますので、
製品版の様にピッタリはまったり、しっかり立ったりする事もあんまりありません・・・。
その辺の地道な調整作業も1ヶ月の間に含まれます。

コンペであったりオラザク、GBWCなどに出す作品の場合数ヶ月かけて、じっくり構想を練って制作出来ると思うのですが、
作例の場合3ヶ月かけて納品したら使って頂けないですし、3ヶ月分の制作費が支給される訳でもありません。
正直、唸るような技術が凝らされた作品でなくてもとにかく、「この人に頼めば必ず1ヶ月である程度のレベルの物を納品してくれる」
という部分の方が、ライターをやる上では大切な事であると思っています。

ですから、私の作例などを見て「もっとこうしたら良いのに」といった、今一歩足りない感を感じられる方もいらっしゃるかと思うのですが、
そこは私も妥協せざるを得ない部分もかなりありまして、おそらく他のライターさん皆そうじゃないかと思うのです。
「一世一代の渾身の作」みたいな素晴らしいものを、一ヶ月で作り出すのはなかなか無理がありますので・・・ かといって手抜きをする訳では無く、
出来る事を最大限やった上で、1ヶ月という納期の中に収める。これが大切なのかなぁと思います。



それでは、かなり駄文になりましたがここまで読んで頂きどうも有難うございました
また、展示会などでお会い出来ます事、誌面にて作品を見て頂けます事を願っております!
今回お会い出来ました方々、ブログを見てくださっている方々、今後ともどうぞ宜しくお願い致します







Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow