ガンプラ0079

Category: LBX完成品 > パンドラ(宇崎専用)   Tags: LBX  パンドラ  宇崎専用  完成品  

【LBX】パンドラ(宇崎悠介専用) 制作代行ご依頼品

IMG_5053_20120814081033.jpg


白パンドラ。完成しました


もうもうもう、何という大変さか・・・パンドラ自体はこれで3体目の制作なのですが、
トリトーンの大変さがほぼ整形のみで塗装は楽なのに対して、
こやつは塗装が鬼つよMAXですね、ええ。戦士マン並に。


全身に入る紺色のライン、これも全てエアブラシですので。
今回は、ご依頼主様の並々ならぬコダワリ満載の塗装色全指定でしたので、
難易度が高すぎて正直途中で挫折しかかってましたが。ええもう、心が折れそうでしたよ。


でもね、今回は初の女性のお客様だったので、ほんと頑張っちゃいましたね。おほほ。
LBXだけで言えばこのパンドラで62体目ですが、これまで出品も制作もしてきて
女性が買われた事1度もないですからね。初ですよ。とっても嬉しいです



泣き事は下の方に書いとく事にして・・・では、カラーレシピです。

(ガイア(G)、クレオス)
白部:アルティメットホワイト(G) + ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)
   →ムーンストーンパール + ターコイズグリーン(少量) + サファイアブルー(少量) (全てMr.CC)
紺部:フタロシアニンブルー + ブルーFS15044 + ミッドナイトブルー
黄部:サンシャインイエロー(G) + 橙黄色(G)
グレー部:ニュートラルグレーIII(G) + ニュートラルグレーIV(G)

緑ライン:スカイブルー + レモンイエロー + ホワイト(エナメル) + ルミパウダー(ブルー)

頭部クリアパーツ:クリアーイエロー(G) → クリアーブルー(G)
武器:クリアーブルー(G)
武器持ち手:スターブライトジュラルミン(G)

アイカラー:GXメタルイエロー


クリアパーツ・目:スーパークリアーIII
白部分:セミグロスクリアー(G)
その他の色:フラットクリアーにてコート。



IMG_4981.jpg

IMG_4967.jpg

IMG_4985.jpg

IMG_4993.jpg

IMG_4996.jpg

IMG_4999.jpg

IMG_5060.jpg

IMG_5045.jpg

IMG_5057.jpg

IMG_5039.jpg

IMG_5058.jpg

IMG_5049.jpg

IMG_5051.jpg

IMG_5053.jpg





IMG_4939.jpg


腰はボールジョイント化しています。


IMG_4943.jpg


すねの裏あたり、かかとの裏は前回同様スリット入りプラ板を貼っています。


IMG_4945.jpg


まぁこんな風に。完成しちゃえばほぼチラ見えしかしないのですけど


IMG_4946.jpg


腰部スタビライザーの裏。完璧に塗り分けてやるぜ~って事で勝手に気合を入れまして、
鬼の様なマスキング作業の末。説明書の見本並にはなったかと。まだツメが甘いですが。
説明書の塗装してる人が最強なんじゃないかな~といつも思ってます・・・私は・・・


IMG_4955.jpg


ご依頼主様がすごくこだわってらした、頭部クリアパーツのヒスイ色。
これ、キットの状態では武器の根元の様な水色で成型されてるんですよね。
でも、劇中など設定色ではエメラルドグリーンなので、これをどう再現するかというと
まずクリアーイエローを吹いて、次にクリアーブルーを吹く。これでこの色になります。

軽くクリアイエロー吹くだけでも近い感じになるのですが、色が淡いのと
塗った感じが出ないので、イエローを少しきつめにしてブルーで戻す感じで。

ご要望通りの劇中色になったと思います。


IMG_5013.jpg


腰部スタビライザー。前回の制作同様、上下左右に動くようにジョイント接続にしてあります。
WAVEのL・ジョイントを使用。


IMG_5033.jpg


腰のサイドアーマー。
これも、前回やった様に太腿接続から腰接続に変更してあります。モデリングブック同様です。
これやると、プロポーションがぐぐっと良くなりますね。

サイドアーマーの角、太腿パーツの内側、脚の爪先、頬あて等はパテ整形で鋭角化してあります。


IMG_4933.jpg


ご依頼主様に頂いた、塗装指定。
パールか、メタリックか、艶消しなのか艶有りなのか・・・何度も打ち合わせを重ねた上の最終仕様。
お陰様でいまだかつてやった事の無い塗装に挑戦する事になろうとは・・・!


IMG_5019.jpg


写真では再現しきれないのが残念で仕方ないのですが。
「メインの白の塗装はパールカラーでセミグロス、その他の色(紺色や黄色やグレー)は艶消しで!」
というお話になり・・・・

つまり、1個のパーツで白や紺や黄色が混在している場合、トップコートを塗り分けなければならないという
前代未聞の仕様になってしまいまして、正直こんな依頼自分にこなせるのかと・・・相当悩んだのですが


でも、何でもそうですが「出来ない」って言えばそれまでですからね・・・

散々格闘した結果、無事紺色や黄色は艶消しに、白パールはセミグロスに。写真だとあまり伝わりませんが。


自分一人の趣味制作だったらこんな塗装まずやろうとも思わなかったし、終わってみればこれ
歴代の中でも屈指の秀作ですよ。いや~良かった良かったです。

写真で現物のままの質感を再現出来ないのが、無念




IMG_5026.jpg


実はパールカラーも、「光の加減でほんの少しヒスイ色に見える様に」とのご要望でしたので、
ムーンストーンパールにターコイズグリーンとサファイアブルーを混色。

これも、現物は少し角度を変えるとほんのりグリーンやブルーのニュアンスカラーに見える様になっています。
あくまで、白は白で。この辺の比率が難しかったですが。




IMG_4979.jpg

IMG_4971.jpg

IMG_4973.jpg

IMG_5068.jpg

IMG_5072.jpg

IMG_5076.jpg



ご依頼頂き有難うございました

・・・実は、このお嬢様からアミパンドラも一緒に依頼されているんですよ!
塗装も同様の仕様でですね・・・
まだまだマスキング地獄から抜けられないという。
とにかく、今月中で仕上げますのでお待ち下さい



* 関連記事 *
【LBX】イカロス・ゼロ 完成品
【LBX】デクーOZ 完成品
【LBX】ジョーカー&ジョーカーMK2 完成品
【LBX】パンドラ(川村アミ専用) 完成品
【LBX】ブルド(リュウ専用) 完成品

Newer Entry進捗状況など~

Older Entry遊びに来てくれました~!

Comments

宝石のようですね。
実に美しい作品に仕上がっていますね。
まるで、宝石のようにみえてしまいます。(表現が陳腐ですが)
この作品を見た方から、「同じものを作って」と製作依頼が来るのではないでしょうか。
正直、私もほしい!と思ってしまいました。
LBXの10cmほどの大きさのなかに、ここまでの細かな塗装がせれているかと思うと驚きです。
ガンプラでは、味わえない世界でないでしょうか。

ひとつ質問をしたいのですが、よろしいでしょうか。
以前の作例のアキレスの頭部の溝を見ても思ったのですが、今回のパンドラの全身を走る紺色のライン等を塗装する方法をお尋ねしたいのですが。
紺色を先に塗装しておいて、マスキング、サフ、白色の塗装といった順番で塗装されているかと思うのですが、いかがでしょうか。
答えられる範囲で結構ですので、お教えいただければと思います。

私自身は、人の製作した模型をHPなどで拝見するのは好きなのですが、たまにしか模型の製作をしておらず、どちらかというと実際に動く、自律型二足歩行のロボットの製作などのほうにはまっております。あまり外観にこだわらない世界なので、ガンプラや、LBXを綺麗に製作される方の作例には、ついついはまってしまいます。

素晴らしい作品の更新を楽しみにしております。
Re: 宝石のようですね。
pepe32red様
有難うございます。これの制作には2週間近く費やしておりまして、
(他の制作物と同時進行ではありますが)
生みの苦しみは相当なものでしたが苦労も報われるというものです(*_*)

完璧に設定通りに制作しようと思うと、パンドラは最強クラスの難易度ですね
次点がハカイオー絶斗、ゼノン、イフリートでしょうか


塗装手順ですが仰る通りです。
一度紺色にしてしまって、あの溝の形にマスキングテープを切り出し、
白サフ→白→パール塗装→トップコートとしています。

何より、溝の湾曲した形状通りにマスキングテープを切り出す作業が鬼の様です(笑)


面倒さは計り知れないですが、パンドラの造形物としてのデザインは秀逸だと感じます。
Wになってから塗装の便を考慮してか単純なデザインが多いですが、
前作後半の機体の様なデザイン重視の物を沢山出して欲しいですね。


urahana3様へ
 美しいです。
 パール塗装は2回しか行ったことがないのですが、きめ細かい白さはパール塗装ならではの輝きと品格があります。パール塗装は印刷では伝わりにくものがありますが、デジタル画像ならば細かい輝きが見て取れますね。
 でも、現物を見るのと写真で見るのは大違いでしょうから、urahanaさんの作られてたパンドラの美しさは、もっと凄い物と想像しますが、人間は自分で観て聞いたことを下地に空想するのみなので、想像の範囲を超えています。
 混色したパール塗装というものは見たこともないので、パールの輝きを放つ現物を見られないのが残念ではありますが、それでも光彩を放っているのを感じます。
 私はパンドラはまだ組み立てていないのですが、あの細いラインまでエアブラシ塗装をされていると聞き、urahanaさんの技術の高さに感服しています。
 私が作った中でもう二度と塗りたくないプラモはエヴァ初号機F型があります。一パーツに対し5色の塗り分けに塗ってはマスキングの繰り返しの作業に嘆いた記憶がありますが、こちらはその比ではありませんね。見本通りに塗装される方については、私も同意見ですね。よくこんな複雑な個所の合わせ目を消していると感心しつつ、自分はパネルラインで誤魔化したり、一度装着したら見えなくなるのだからと、塗装をオミットすることがあります。
 手抜きと言えばそれまでですが、楽しいはずの模型作りがストレスを生むような作りは今はしなくなりました。
 でも、塗料の光沢やモールド入りプラ板を貼るなど細部にまでこだわり抜いた作品は、品格が違います。
 urahanaさんの作品を見て、いつも芸術品の品格があるのを感じていましたが、本当に素晴らしい作品です。私も自分なりにこだわり抜いた作品を一度作ってみたいですよ。
 至高の芸術品を拝見させて頂き、ありがとうございました。
Re: urahana3様へ
楽しいはずの模型作りがストレスを生む、というのはよくわかります。
こういった作業、制作などを突き詰めていくと必ず当たる壁ですねー。
「ああなりたいこうなりたい」と思っては、自分の力量不足を痛感したり。

そこでやめてしまったり、自分なりの落とし所を見つけたりは人それぞれですが、
やっぱりやりたいからやる、という事に尽きますね。
確かに上を目指せばキリがないのだけど、自分が楽しくなければ意味がないですよね。


私も「自分にはこんな風に作れない」なんて気分が塞いだり、しょっちゅうですが(笑)
好きなキットを選んで、それを完成させる本来の楽しみを、
深く考えずに自分なりに楽しみたいですね。
その上で向上心を持てればそれは素敵な事だと思います(^.^)

これからも、一緒に楽しんで制作しましょうね♪





Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow