ガンプラ0079

Category: LBX制作記事  

LBXイカロス・フォース 制作工程1

IMG_6327.jpg


パテ埋めや合わせ目消し、面出し作業が一通り終わりました。
今回埋める箇所が多すぎて、本当に大変でした。。。
特に羽根と羽根の基部。

今回は、ゴムの手の裏側を実験的に埋めてみました。

後は、全体的にカクカクしたデザインなのでほとんどのパーツをエッジ立ててます。



IMG_6328.jpg


一番苦労した羽根埋め。
塗装の便を考えて、2パーツは外せるように肉抜き埋め処理をしました。

埋めるのは良いんですが、面を出す作業が鬼の様です。
正直もう2度とやりたくありません(笑)



IMG_5772.jpg


今回も腰の改修を。
今月号のホビージャパンで、イカロス・フォースの腰のダブルボールジョイント化をしていましたので
全く同じに制作してみようかな~と思いまして。

使用したパーツは上記3点です。


IMG_5773.jpg


組み立てはこんな感じです。



IMG_5774.jpg


雑誌持っておられる方はわかると思いますが、作例と全く同じです。
胴体の中は全部抜いてパテで埋めてありますので、塗装後ボールジョイントの基部を
パテで接着します。

ダブルボールですので、下側の可動位置を下げる為黒いポリパーツをカットしています。
腰下&胸下辺りで可動する感じですね。


IMG_6330.jpg


サフ吹きが終了。
これから塗装です






IMG_6339.jpg


いつもはサフ後パーツをチェックするだけなのですが、今回はほとんど全部のパーツを
エッジ出しした為、全体のバランスを見る為に組んでみました。

肩まわりや腕まわり、腰部分、脚などほとんどカクカクにしてあるんですよ。
写真じゃわかりづらいかもしれませんが

ノーマルだとエッジが落ちて丸くなっているので、ちょっとだるい感じが・・・


IMG_6332.jpg

IMG_6337.jpg

IMG_6338.jpg


今晩から塗装です。 楽しみだー頑張るぞっと







Newer EntryLBXイカロス・フォース 制作工程2

Older EntryR's Meeting 2012

Comments

楽しみです。
サフ状態で組んだ作品を見るのは、好きですね。
これから、どういう色味に仕上がるのか考える楽しみがあります。

完成画像、楽しみにしています。
Re: 楽しみです。
pepe32red様
私もサフ状態で組んであるプラモデルが大好きなんですよ~(笑)
ガンプラではよく見ますが、LBXではあんまりないですよね。
全部グレー一色になってる状態が、造形の美しさを際立たせるのでとても好きです。

今はかなり色が付いていますが。
多分早くて明日中には完成できるかと思います。


肉抜き埋め、お疲れ様でした。
何度かその大変さを仰っていましたが、ウィングの肉抜き埋め、お疲れ様でした。
私は今のところ、肉抜き埋め作業をやった事が無いのですが、これだけ範囲が広いと面倒だろうな、と思います。
特に面出しが鬼のように面倒だったそうですが…こういう時、どんな道具を使って作業なさるのでしょうか?
金ヤスリなども使われるのでしたら、私が最近使っているWAVEから発売された
『HGヤスリ(横スライドタイプ・平)』というツールが使えそうに思えたので…

それと、PC入りの手の裏部分を埋めてみたそうですが、これはその後どういう感じだったか、
結果を是非知りたいです。
武器の角度や握り位置決めをしていると、この部分がずれてくる事があるので、
結構イライラしていたんですよ。
もし結果が良好なら、私も真似してみようかと思っています(笑)

サーフェイサーを吹いたパーツを組むと、ストイックな印象になりますね。
キットのディティールが強調されるので、エッジを立てたパーツがより格好良く見える気がします。
ここからどう塗装されるのか、とても楽しみです。
Re:
雅人様
埋めた後、削る範囲が広いので均等に平らに面を出すのが難関ですねー。
小さい物なら面は出しやすいですが。広範囲を、1枚の板のように仕上げるのは苦労します。
プラ板貼っちゃった方が楽ですが、この形状ではそうもいきませんで。
やっぱりこの作業はこれ限りにしたいです(笑)

面出し作業は、いつも「タイラー」に両面テープで紙ヤスリを貼って、それで削ってます。
多分初心者の頃に大抵の人が買うツールですね(笑)

面出し用にはもっと色々ツールが出ているので、使ってみたい物がいくつかあります。
HGヤスリも良いですね。ツールのレビューがてら買ってみようかしら。

PC入りの手の裏ですが、そのままだと切りっ放しみたいになってるので埋めてみたところ
いい感じではないかと?とりあえず完成品でご覧下さいませ。
ゼロの手も同様に埋めてみました。
ただ、作業時間はだいぶ掛かりますが(笑)


urahana3様へ
 凄く丁寧な工作ですね。
 ここまで抜かりない美しい工作をされている方は、そうはいません。ゆっくり時間をかけてでも、こうした工作をしておくと、出来上がった時の完成度は、似て非なるものになりますね。
 しかも肉抜きや合わせ目処理だけでなく、各部のエッジを出すこだわりようは、頭が下がる思いです。
 二次元のメカを立体物にする際には、より立体感を出すためにC面を出し、角が多いことで複雑な形を認識しやすくなるそうですが、これがあるとシャープに見えないという欠点もあります。それを丁寧にここまで処理をするとは、流石はurahana3さんですね。こだわり方が違います。
 サフ吹きも凄く丹念に吹かれていますね。私の場合、下地が薄く透ける程度にしか吹いていないのですが、人の作り方を見るのは本当に興味深いです。自分の作り方が正しいとか、間違っているかはともかく、こうした方法をされているのもあるのだと改めて感じ入ったものです。
 あと、何気にテストで組まれたイカロス・フォースの姿が非常に渋くて格好良いです。一見すると試作原型のようですね。これだけでも、逸品の作品です。
Re:
kou様
これだけ面の多い形状の機体だと、シャープ化するだけで一気に見栄えがしますねー。

最近、より良い物を作りたいという欲が出てきたのか手間のかかる工作を進んでやるようになり(笑)
作業時間ばっかり上がってしまってます。
一度手を掛けると次も妥協出来なくなるので、その繰り返しで・・・でもそうやって腕が上がってくもの
なんでしょうかねー。自分が、自分の作品に求めるクオリティが上がり続けているのはよく感じます(^_^;)


サフ状態で組んであるプラモが大好きなんですよー。色が均一な分造形美を感じるので。
今回はこれがやりたかったので、サフをがっつり吹いてます。
私も、普段は下地が透けるくらい薄吹きですよ(゜゜)
案外、一旦組んでバラすのも結構な手間なんですよねー(笑)






Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow