ガンプラ0079

Category: LBX制作記事   Tags: LBX  プラモデル  エンペラーM3M5  

【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~1

IMG_2636.jpg

こんばんは~
それでは、前回書きました通りまずはM3・M5のマント制作から始めたいと思います
何でマントから??っていうのは、実は理由があるのですが!

IMG_2533.jpg

エバーグリーンのプラシート ホワイトプレーン0.25mm厚です。
私はマント制作の時、いつもこれを使用しています~。

IMG_2534.jpg

説明書を利用してマントを切り出します。
多分、コピーしてちゃんと形を切って、プラ板に貼ってシャーペンなどで形を書く→切る、というのが良いんじゃないかと思うのですが・・・

私がどうやったかというと、直に説明書の上に置いて、透けるのを利用してシャーペンでラインを書く→切る、でした
でも、ちゃんと型紙作った方が良いと思われます~
切るのは、普通にデザインナイフで線の上を切っていきます。
一発勝負といえば一発勝負なのですが、特に必殺ツールみたいなものは存在しません

IMG_2557_201409012233457d3.jpg

両面にヤスリをかけます。ミネシマのスポンジヤスリで、端っことかも入念に。
上には3mmの穴を開けてます。

IMG_2570.jpg

洗ってよーく乾かしてから、サフを吹きましたー。

IMG_2574.jpg

こちらはまず、M3用のマントです
中の模様部分の色を先に吹きます。両面必要なので、裏側も忘れずに~です!

IMG_2576.jpg

こちらはM5用のマント2枚。
模様ではなく、メインカラーの赤から先に吹きます。
赤は片面だけでOKです~。

IMG_2579.jpg

M3は、何も難しい所はないんですよね~
模様は説明書をコピーして切り出して、それに合わせてマスキングテープをカットしているだけです。
あ、両面とも模様があるので両面貼ります

IMG_2585.jpg

M5の為に、タミヤのマスキングシールを使います。
まずはこれを・・・

IMG_2580_20140901223439f90.jpg

こう。
全面を覆うように貼り付けます。

IMG_2581.jpg

そして、きっちりじゃなくて大丈夫ですがマントの形に沿って切り出します。
裏側は黒っぽい色になるので、赤の面だけでOKです

IMG_2582.jpg

まずはこっち。内側に隠れる方のマントです。
端っこに沿って黒いラインが入る様な模様になるので、説明書のコピーから模様部分だけを切り出し、
マスキングシールに当ててコピックでラインを書き入れます。

IMG_2583_2014090122344317a.jpg

そしてこっち、表側に出るメインのマント。
これも、模様を説明書のコピーから切り出します。
そしてマスキングシールに乗っけて、コピックでラインを書き入れます。

・・・て、あっさり書いてますが結構むずいです すみません。。。
どうやろうかなぁって悩んだのですが、いつもだったら模様側を塗装→模様の形にマスキング→周りの色を塗装、でやってるのですが
これを黒に塗装して、模様の形にマスキングして赤に戻す・・・ってなると発色がものすごく悪くなってしまうと思ったので、、、
(黒の上に赤を吹いてもドス黒くなってしまうし、かといって一旦白サフ吹いて赤にする・・・ってなると、塗膜が厚くなり模様との段差が激しくなってしまう。)

なのでどうしても、赤に塗装した状態から模様の形を抜き出す という結論になりました
で、ここからどうするのかというと、

IMG_2584.jpg

直接切ります。
「プラ板も切れちゃうじゃん!!」って言われそうなんですが、切れないんですよ~
どう言ったらいいのか難しいのですが・・・マスキングシールだけを切る感覚、で切っていけば大丈夫なんです。
何というか、そのくらいの力加減で・・・
とりあえず是非やってみて下さい、意外といけます!

IMG_2587_20140901223507985.jpg

そうしたら、全部のマントに黒を吹きます~。
黒というか、紺というか・・・ この色、ストック塗料の奥底に眠っていたので「何に使ったんだ、こんなの・・・」って思ったのですが
よくよく思い出してみたら・・・これ、ゼノンに使った色だったんですよ!この、メインカラー。

IMG_1877_20140901232937858.jpg

2012年3月の作品でした、うはっ  自分の昔の作品見るほど恥ずかしい事はないですね!!( ̄∀ ̄;;)
まぁそんな訳で、ゼノンの色がこうしてエンペラーに使われる事になるだなんて、ちょっと感慨深いです~

IMG_2591_201409012235096d9.jpg

マスキング外して、こんな感じです。
クリップで掴む為に上は白になっちゃいますが、適当にマスキングし直してこの部分も塗装しておきます。
マントの基部に挟み込むと、上の部分が若干見えるので・・・

こんな感じでマント制作は完了ですっ。では、次の制作記事までお待ち下さい~

* 関連記事 *
【LBX】エンペラーM5 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3 制作ご依頼完成品
【LBX】エンペラーM3・M5 キットレビュー。
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~2
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~3
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~4
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~5
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~6
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~いったん仮組中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~7 塗装中
【LBX】エンペラーM3・M5を制作中~8 塗装中

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 万尾獅子を制作中~1

Older Entry【妖怪ウォッチ】コマさん&コマじろうかんたん制作!

Comments

マントに切り出し、結構たいへんなんですよね。
私は、取説をコピーしたものをスプレー糊でプラバンにはりつけてカットしています。

それをガイドにフリーハンドで、カットするんですけど、コレも結構難しいんですよね。
ラインがガタガタになっちゃったり、ラインからずれちゃったり。
なので、最近はできるだけテンプレートを使ってカットするようにしています。

なんにしても、デザインカッターの刃はこまめに替えて、よく切れるようにしておかないと駄目ですよね。
Re: タイトルなし
pepe32red様
やっぱり、フリーハンドで一発で切る様にした方が、ラインは綺麗に仕上がると思いますー
なので、型紙は貼ってあるよりもラインを書き込んである方が、切りやすいと思うんですよ(^.^)
マスキングの模様を切るには、カッターの刃は新品に限りますね!
あのマントのマスキング、手でやるんですね・・・
自分はプロッター使って楽しちゃったので、尊敬します。
じ、じかんがなかったんだもん!

もっと勉強してきます。。。
Re: タイトルなし
Ryunz様
こんばんは~!
プロッターって何ですか・・・?という訳で、ちょっとググってみたのですが、カッティングプロッタという兵器の事ですか?
自動でカットしてくれるとは、、、こんな凄いものがあったんですね!!Σ( ̄Д ̄;)
すみません、私便利ツールにめっぽう疎いんですよ、、、
手作業が素晴らしいって訳ではなく、使えるツールは便利に利用しないとほんと、時間もったいないです!!
「もっと早く使えば良かった!」みたいな道具って、私が知らないだけで沢山あるんだろうな~;;
モデラー同士の交流があれば、そういう方面の知識ももっと広がるんでしょうね(T_T)



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow