ガンプラ0079

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ  プラモデル  ガブニャン  

【妖怪ウォッチ】 ガブニャンを制作中・下処理編

IMG_3378.jpg

ガブニャンプラモデルの制作をやっていきます~
昨日の夜で、塗装前までの状態まで進めました。今回は、いつもより詳しく書いてみましたので
「妖怪ウォッチで初めてプラモデル作るよ~」という方も、「いつもどうやってプラモデル作っているの?」と思われている方も
何か参考になるところがあればいいな~と思っています

まずは、合わせ目消しという作業から入ります。頭や胴体など、2つに分割されているパーツ同士をくっつける作業です。

IMG_3379.jpg

接着剤でパーツをくっつけるのですが、私は今のところアルテコのパワーエース 強力瞬間接着剤というものを使っています。
だいたい1日置いておけば完全にくっついているので、削り出していく事が出来ます。
硬化スプレーなんかを使えば30分くらいで削ったり出来ますので、私は大抵それで時間短縮しています

IMG_3393_20141019074334403.jpg

接着剤を落とす為、地道にヤスリがけという作業をやっていきます~
主に使用しているのはタミヤの紙ヤスリ400番3Mのスポンジヤスリ 極細目です。

IMG_3394_20141019074338891.jpg

さっき接着したパーツを、ひたすら磨き続けた結果・・・こんな風になります。
はみ出ていた接着剤が全部削り落されて、パーツ同士のスキマが完全に無くなった状態です。

fgtRQvh2.jpg

他のパーツも全てヤスリがけしていくんですが、なぜにヤスリがけするの?といいますと・・・
ヤスリがけ前の状態、中央にうっすら線が入っているのがわかりますでしょうか?
プラモデルは金型というもので作り出されているので、たい焼きを焼く型と考えて頂けるとわかりやすいでしょうか~
型と型でサンドイッチされる部分が、パーティングラインといってうっすら線になって残ってしまうんですね!
これはどのパーツにも入ってるのですが、こういう線を消す為に全体をヤスリがけしていきます。

v19TwHPM.jpg

こっちはマントのパーツ。
赤い丸の中に、これも金型の跡があるのでヤスリがけで消していきます。
跡を消す為だけでなく、プラモデルの表面を荒らす事で塗料の乗りが良くなり、塗装が綺麗に仕上がります。
あとはパーツのヒケを取ったり・・・ プラモデルは厚みがある部分などが凹みやすいので、一見平らに見えるパーツでも
よーく見るとデコボコになっていたりします。
そういう面を均一にする為にもヤスリがけは欠かせない大事な作業です~。

IMG_3376.jpg

両腕のパーツです。
こういう穴の開いた状態を肉抜きと言います~
なんでこんな風になっているのかといいますと・・・ 決してプラスチック材料費をケチっているからではありません
ここにプラスチックが充填されて、大きな塊として抜き出されてしまうと、プラスチックは徐々に変形していってしまうんです~
先程のヒケが出てしまい、大きなへこみになってしまったりするので筒状のパーツは、中身が無い状態でパーツ化されます。

IMG_3377.jpg

でも、そのままだと見栄えが悪いので、そこは作り手側で修正作業します
パテというものを盛って中身を充填します~

IMG_3392.jpg

これは瞬間接着パテというもので、15分あれば削り出し作業が出来ます
さっきの紙ヤスリを使って、はみ出た部分を整えるような感じで全体を整形していきます~

IMG_3384.jpg

今回のガブニャンなんですが、キバを別パーツ化する事にしました~
キバ2本を制作、くちパーツに付いているキバを削り落してます。

IMG_3386_20141019074556bb1.jpg

キバ部分はタミヤの3mmプラ棒を削り出して制作しました。
それを、顔パーツ側に接着してます。

IMG_3387.jpg

こんな風にパテで固定してあります。
丸い棒状だと口と干渉してしまうので、半分の状態になるまで削ってあります。

IMG_3390.jpg

パーツを合わせてみるとこんな感じですー。
口と一体になっていた時の状態より、立体的になってかなりキバらしくなったと思います

IMG_3395.jpg

全てのパーツにヤスリがけが終了したら、1個ずつ洗浄していきます~。
これで、塗装前の作業は全て終了です

次は塗装作業をアップしていきますので、次の記事までお待ち下さい~

* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 ガブニャンキットレビュー。
【妖怪ウォッチ】 ガブニャンを制作中・塗装編
【妖怪ウォッチ】 ガブニャン完成しました~

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 ガブニャンを制作中・塗装編

Older Entry【妖怪ウォッチ】 ガブニャンキットレビュー。

Comments

丁寧な解説助かります。
多分、接着方法の説明は、今回はじめてではないでしょうか?

私は、昔ながらの通常の接着剤を両面に塗って、ムニュとさせる方法を行っていたのですが、意外と合わせ目が消えなくてその後に瞬着で、修正って感じでした。
ちょっと質問ですが、ペーパーがけのさいに、ごく細めのスポンジヤスリで仕上げられていますが、サフを吹いたときに、ペーパーあとが残ったりしませんでしょうか?
どうも私の場合、少し気になる時があるもので。

あと、瞬着で接着した部位が意外と硬く、ペーパーがけを行ったときに、プラの部位が削れすぎてしまうように感じることがあるのですが、なにか気をつけていることはありますでしょうか?

よかったらアドバイスください。
Re: タイトルなし
pepe32red様
ムニュ着と瞬着の中間みたいなのが、「瞬間クリアパテ」だったんですよね~
ゼリー状でムニュッと出るんだけど、接着も早いみたいな。
いったん発売されなくなってましたが、来月リニューアルで販売されるそうですよ♪
アルテコもはみ出させるんですが、完全に水っぽいのでうまくやらないと
モールドに流れ込んでしまって、大変な事になります(›´ω`‹ )

完全にくっつききらないのは、セメントでもないとどれも同じなのかな~という印象です!
溶きパテ塗って修整してますよ╭( ・ㅂ・)و
接着跡が硬くて削りにくいのは、もう慣れですね~;;
全体的に見て、そこだけ変なラインになってないかよく観察するだけです(^_^;)

赤スポンジだけで粗がある時は、サフ後に青スポンジで磨くといいですよ♪
私はよくそれやってます~。
とってもツルツルになるのでおすすめですよ╰(*´︶`*)╯
裏花さん、こんばんは!
牙の処理いいですね。
素組みとは段違いの立体感ですよ。
3DマリオブラザーズとドンキーコングJrのマリオとくらい違く見えた。(スキマスイッチの奏かw)

そして肉抜き穴、そういうことだったんですね。
てっきり極限までプラスティックの材料費をオトシティックな話だと思ってたw

そしてそれをアルテコを投入して埋める。
これこそが「テコを入れる」の語源である(kasapediaより抜粋)
Re: タイトルなし
かさばる兄さん
ドンキーコングJrのマリオってドット絵ですがなwwまたもんげー懐かしいですね!
私邦楽わからないんで、「スキマスイッチの奏」でググって歌詞検索してしまった・・・「何もかもが違くみえたんだ」ってやつね!
カラオケ行っても何も歌うものがない位に邦楽わかりません(笑)
こないだの兄さんのオジーネタだったらすぐにわかるのだが・・・(´・ω・`)

「肉抜き穴、そういうことだったんですね。」って、嘘でしょ?(笑)
肉抜きがいいのか、合わせ目消す方がいいのか・・・ どっちも嫌だー。
いつかプラモも進化して、下処理いらない位に完成された状態で出荷されればいいのに~!



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow