ガンプラ0079

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ  トムニャン  プラモデル  

【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編

DPP_1789.jpg



今日は妖怪ウォッチ トムニャン制作、前回の続きで肉抜き穴埋めをやっていきます~。
前回まではこちら
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

肉抜き埋めはやらなくても・・・ という方は、まるっと飛ばして頂いても構いません
さて、この肉抜き埋めをどうやっているのかといいますと、



DPP_1592.jpg


以前LBXグルゼオンの記事でもやったのですが、ドラッグストアなどどこでも売っているベビーパウダーに、
シアノンDWという瞬間接着剤を混ぜてパテを作り、それを穴の中に充填します。
このふたつを混ぜると液体状のパテになるのですが、混ぜてしばらくはドロッとした状態、
5分くらいでカチカチになってきます。

なので、どちらも少量づつ取り出して楊枝で混ぜ、使う場所に入れてからまた作る・・・ を繰り返すのが良いと思います。
特にニオイもありませんし、あっという間に作業が終わります~。

パテというと、最近はマジックスカルプというエポパテなんかを使っているのですが、
↑こちらのパテは液状なので、穴埋めをするには断然便利だと思います。
混ぜる作業にはクッキングシートなどを使用します



DPP_1791.jpg


そうしますとこのパテ、ものの数分で硬化してくれますのですぐにヤスリがけ作業に入る事が出来ます。
一応、穴が深い場合奥の方が固まるのには時間がかかりますので、30分くらい置いておけば大丈夫だと思います~。

完全に固まった後は、ヤスリがけに入ります。
いったん、右の様にあらかたデザインナイフで削っておくとヤスリがけが楽です
このパテに紙ヤスリをあてる場合、180番や240番くらい粗い番手を使った方が作業が早いです~。
左の方、320番と書いてしまいましたがこれは180番で削ったところです



DPP_1761a.jpg


私が普段使用しているヤスリは、ほぼこんな感じです。

500番のヤスリはHiQパーツのリタックスティックに貼り付けていまして、主に平面パーツの面出しなどに使います。
他には180番~400番あたりの紙ヤスリを短冊状に切ったものを、たくさんストックしてあります。

あと、欠かせないのが3Mのスポンジヤスリです~。
赤字の方がスーパーファイン、紙ヤスリの320~600番相当というとても使用頻度の高いスポンジです。
青字の方はウルトラファイン、紙ヤスリの800~1000番相当で艶有り仕上げのパーツなど、
特に仕上げ面を綺麗にしたい場合に使っています。
あまり使用頻度は高くないので、こちらは1枚づつ購入していますが・・・
赤い方のスーパーファインは、アマゾンで10枚セットを買ってストックしています

他には先日記事にしました微美鬼斬など、金属ヤスリも用途に合わせて使っています~。



DPP_1790.jpg


プラモデルを塗装する場合、パテを盛った部分だけでなくて普通のパーツにもヤスリがけするものですが、
矢印で示した様なパーティングラインや、ゲート跡を消すととても仕上がりが良くなります

パーティングラインはプラモデルが金型に入っている時に出来る跡なので、
どのパーツにもほとんどあるのですが、これが残ったままですといかにもそのまま作った感が溢れ出てきてしまいます・・・
ですので、特にここを頑張って消していくと完成度がグッと上がります



DPP_1772.jpg


さてと、私事なのですが・・・ ここでいつも撮影に使っているデジタル一眼レフが、おかしくなってしまいました
センサークリーニングをずっと繰り返していて、全然撮影が出来ません!
仕方が無いので、ここからスマホのカメラで撮影しています

矢印の部分、肉抜き埋めをしたせいで手のラインが消えてしまっていますね。
ここを、スジ彫りをして元に戻したいと思います~。



DPP_1773.jpg


スジ彫りのアイテムはいろいろあるのですが、こういう曲面にいきなり工具をあててしまうと
ラインが歪みやすいので、先にデザインナイフをあてて矢印の様にグリグリと動かします。
これで大体の目安になるラインを彫ってしまいます。



DPP_1774.jpg


ナイフをあてた状態がこちらです~。
わかりやすいように、結構広めに彫ってみました。



DPP_1775.jpg


スジ彫りをする為の工具は色々とあるのですが、
スジボリ堂のBMCタガネ、ゴッドハンドのスジ彫りヤスリ極小バローベHSS彫刻刀などを使用しています~。



DPP_1776.jpg


さきほどデザインナイフで入れた溝に沿って、
BMCタガネの0.15mmでなぞっていき、次に0.3mmで彫った状態がこちらです~。

本来入っているラインから自然に繋がった形で、彫り直す事ができました。



DPP_1792.jpg


ここで、何故か急にデジイチが使えるようになったのでカメラを元に戻しています
ですが、使えるのもほんの少しの間なのですが、、、

先程埋めたパテですが、便利な一方弱点もありまして、どうしても気泡ができてしまうという点なんです。
粉と液体を混ぜ合わせるので、どうしても微細な空気が混じった状態で固まってしまうんですよね~。
極小な気泡がかなり出てきますので、これを埋める作業をします。

写真の様にMr.ホワイトパテR、もしくはタミヤパテホワイトなんかをラッカー塗料の溶剤で伸ばし、
極細の綿棒で気泡部分に擦り込んでいきます。
気泡自体が極小なので、パテを溶かない状態で塗るとあまり気泡の中に入ってくれません

綿棒は、タミヤクラフト綿棒XSがお勧めです。
このまま、3時間くらいすればヤスリで研げるようになりますので、紙ヤスリやスポンジヤスリなどで綺麗にしていきます。
あまり大きい穴の場合は埋められませんので、合わせ目消しに使う様な接着剤を入れると良いです~。



DPP_1794.jpg


気泡を埋めた後、赤字のスポンジヤスリで表面処理しまして、終わった状態がこちらです

この気泡処理が面倒という場合、エポパテなど粘土状のパテを詰めて埋めるのもいいのですが、
気泡が出来ない代わりに硬化時間が遅いので、作業に移るまでに時間がかかるというマイナス点もありますね。
どちらがやりやすいかは人それぞれだと思いますので、向いている方法でやってみるのがいいと思います!

次回は接着剤を使用した合わせ目消し、それのヤスリがけ作業になります。

私はこれから、カメラ店に行って様子を見てもらってこようと思います~
Canonでの修理になると見積り作業がある為、サービスセンターまで持ち込みしなければならないので、
一週間くらいは撮影が出来なくなってしまいます、、、
何とか近場で直せるといいのですが~




* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編

Older Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

Comments



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作依頼やお見積り等、お問い合わせ下さい
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しています◆
また制作依頼もお受けしております。
お気軽にお問い合わせ下さい(^.^)

●urahana3へメールを送る!●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow