ガンプラ0079

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ  トムニャン  プラモデル  

【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2

DPP_1828.jpg


妖怪ウォッチ トムニャン制作、塗装作業の続きになります
前回までの記事はこちらです
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

ここでは鼻や口の中、耳の中をピンクで塗装しました。
台座も同じ色に塗ってあります~。



DPP_1829.jpg


耳の中のピンク色をマスキングするにあたり・・・
また前回やった様に、マスキングテープを直接貼り付けてケガキ針でラインをつけていくのですが、
もう少し別の方法でやってみます~。



DPP_1830.jpg


この耳の中みたいに、付属のシールがある場合には
マスキングテープの上にシールを貼り付けまして、外側のラインに沿ってカットしていきます。
そして、シール部分を取り除きまして(結構貼りつくのでマスキングテープとの分離が難しいですが、)
カットされたものをパーツに貼ればOKです



DPP_1831.jpg


・・・なのですが、意外とこのシールずれている時もありまして、、、
きっちり合わせて切ったつもりでも、貼り付けてみると微妙に合っていなかったりします
そんな時は、この微妙にずれた部分もデザインナイフで切っておくといいですね~。



DPP_1832.jpg


そして、ピンク色の部分のマスキングが大体終わりました。

ガーン顔以外の表情パーツですが、若干ヤスリがけしてあるのがわかりますでしょうか?
こっちの顔はここまでで白サフ、黒、水色、ピンクと4色も重なっていますので、
塗装が続くうちに梨地っぽくザラついてくる事があるんです。

そういう時には3Mのスポンジヤスリウルトラファインで、表面を軽く撫でてヤスリがけしておきます。
そうすると結構ツルツルになりますので、次の塗装が綺麗になります



DPP_1833.jpg


この「鼻」なのですが、こんな風に段差がありますよね?
マスキングは表面を覆うだけでは駄目で、この立ち上がりの部分もマスキングしなくてはいけないのですが、
テープで押さえるのはなかなか厳しいですので、別のアイテムを使用します。



DPP_1834.jpg


これはマスキングコートRというもので、液体状の塗って使うマスキング剤です~。
塗ってから10分くらいで乾燥しますので、その上から塗装します。
塗装後はペリペリ~っと剥がします。とはいえ、これだけをベタ塗りしてマスキングした場合剥がすのが結構難しいですが・・・。

蓋を開けたらビンの中に直接筆を入れて適量取り、パーツに塗っていきます。



DPP_1835.jpg


こんな風に、立ち上がりの狭い部分に塗っていきました。

このゾル、多少はみ出してしまったとしてもある程度乾いてから、ケガキ針や爪楊枝などで
グリグリやると動かす事ができます。なので、塗る範囲の方に押し込んでしまいます。
一応カットする事も出来るのですが、このやり方ではみ出しを直すと綺麗になります~。
ナイフでカット、は案外やりにくいのであまりお勧めできません



DPP_1836.jpg


表情パーツ2個に、口の中の濃いピンク色を塗りました~。
そして、この部分もまたマスキングしておきます。
この2つは重ね塗りが激しいので、ここでまたヤスリがけして表面をならしておくと良いですよ~。



DPP_1837.jpg


次は白の塗装になるのですが、その前にいったん肌色のサフ、フレッシュを吹いています。
(画像では白っぽく見えますが、微妙に肌色です)

ここまでで強い発色の色が重なっているので、いきなり白にするのは結構難しい為
いったん明るいサフを吹いて、白に近い色で均一にしています。



DPP_1838.jpg


そして白を吹きました。
顔、手の先、足の先、首元の部分、ハンバーガーの一部などです~。
真っ白ではなく、ややクリームがかった色になっています



DPP_1839.jpg


そして、今吹いた白い部分をそれぞれマスキングしました。



DPP_1840.jpg


顔のパーツはさっきのホワイトで塗り分けが終了しましたので、
マスキングテープを剥がしてみますとこんな感じになっています~。

この後でそばかすの処理やスミ入れ作業があるのですが、それは全ての塗装が終わってからにします



DPP_1841.jpg


さっきマスキングしたパーツに加えて、前髪のパーツや尻尾部分のパーツも併せて
黄色というか黄土色?に塗装しました。
ここまで来ると、塗装作業も半分くらいは終わった感じです!



DPP_1842.jpg


さっきの黄色より若干濃くした感じの色で、ハンバーガーのバンズ部分、
ギターの胴体部分を塗装しました。



DPP_1843.jpg


マスキングテープを剥がすと、こんな感じになっています



DPP_1845.jpg


さっき塗装した前髪パーツのマスキング作業・・・
このパーツは形が複雑なので、こういう時は一枚で貼るのが難しいですので
ますは半分くらいを目安にマスキングテープを貼り付けて、徐々にケガキながら徐々にカットしていきます。



DPP_1846.jpg


ある程度けがく、その部分までカットする、またけがいてカットしていく、を繰り返すと綺麗に出来上がります。



DPP_1847.jpg


凹凸の激しいパーツは一度にラインを入れようとするとズレが生じますので、
まずはこの位の範囲をしっかりけがいて、いったんカットしてしまいます。



DPP_1848.jpg


カットした続きからまた押さえてラインを付けていって、とやっていくとしっかり押さえる事が出来ます~。



DPP_1850.jpg


さっき塗装したパーツ達に、マスキング作業をしました。
最初に塗装してから置いていた腹巻きのパーツですが、次に赤の塗装になりますのでここでマスキングしています~。

それでは、いよいよ塗装作業終盤に入っていきます




* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3

Older Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1

Comments



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow