ガンプラ0079

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ  トムニャン  プラモデル  

【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3

DPP_1896.jpg


妖怪ウォッチ トムニャン制作、塗装編の続きになります
前回までの記事はこちらです
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

前回は前髪のマスキングをしたところまででしたので、
今回はその続きで薄い黄色の部分を塗装していきます~。



DPP_1897.jpg


次に、ハンバーガーのトマト(イメージ)の部分を赤く塗りまして、腹巻きの赤い部分も塗装しました。
トマトの方は真っ赤な赤で、腹巻きの方はやや落ち着いた感じの赤に調整しています



DPP_1898.jpg


次にトムニャンの首輪の部分、ギターの弦になる部分をグレーで塗装しました。



DPP_1899.jpg


そして、ハンバーガーの下の方のパーツです。
ピクルス部分(イメージ)の為、深緑っぽい色で塗装しています。



DPP_1855.jpg


そうしましたら、次はヒトダマです~。
前に、水色→ホワイトパールを吹いて置いておいた上からタミヤエナメルのクリヤーブルーで塗装しています。
いいですか!タミヤエナメルです!
ラッカー塗料の(クレオスやガイアカラーの)クリアーブルーで塗装してはいけません
後でクリアブルーを剥がしていきますので、ここではラッカーとエナメルを使い分けています~。



DPP_1856.jpg


そうこうしているうちに、さっき塗装したギターのグレーなんかが乾いていますので、
グレーの上からタミヤエナメルのフラットブラウンで塗装してしまいます。
ここも、ラッカー塗料のブラウン系なんかを塗装してはいけません

そして、エナメルカラーを使用する時には希釈にガイアカラーなどの溶剤を使用してはいけませんので、
必ずタミヤエナメル溶剤 X-20を使って塗料を希釈してください~。
希釈濃度は、エナメルの場合若干濃い目でOKです。塗料1に対して溶剤0.8くらいです。

クリアカラーなどは特に、溶剤0.6くらいの濃度で塗っても大丈夫です



DPP_1857.jpg


さてさて、さっき塗装を終えたパーツのうち前髪、腹巻き、胴体部分のパーツはこれで完了しましたので
マスキングテープを剥がしてみました~。塗り分けはちゃんと出来上がっています



DPP_1900.jpg


最後まで塗装が残っているのがこちら、ハンバーガーです・・・。
既にタマネギイメージの白、トマトの赤、上下のバンズ、ピクルスの深緑と塗装しているのですが、
もう一度先程塗った赤と緑の部分をマスキングします~。



DPP_1859.jpg


そして今度は焦げ茶色、ハンバーガーのビーフパテ(イメージ)の部分を塗装しました。
上下ともビーフが挟まっていて、ダブルパテのイメージです!



DPP_1871.jpg


そしてもう一度、ビーフ部分をマスキングしていきます
一層の幅が0.6mmくらいしか無いので、マスキングテープを巻くのも大変なのですが・・・
これ、きちんと塗装で再現しようという人は苦労されると思います
前に紹介しましたマスキングゾルを使うとか、中の層は筆塗りにするとか・・・ そういう工程でもOKではないでしょうか!



DPP_1901.jpg


そしていよいよ最後です~、
間に挟まるチーズ部分と、レタスの部分をそれぞれ塗装しました・・・!
これで、やっと全てのパーツの塗装工程が終了です



DPP_1880.jpg


苦労したハンバーガーのマスキングテープを剥がしてみました~。
いかがでしょうか?ちゃんとハンバーガー感溢れる色合いに染まっていると思います・・・!多分・・・。



DPP_1860.jpg


さてさてここから・・・ 作業はまだ終わりません~、
細かい仕上げの工程に入っていきたいと思います

まずはトムニャンのそばかすを入れる作業からやっていきます~。
タミヤエナメルのフラットフレッシュ、オレンジを混ぜて薄いオレンジのような色を作りました。



DPP_1861.jpg


これを極細の筆を使いまして、そばかすの窪みに入れていきます~。
先程、エナメルをエアブラシで塗装した時にはX-20溶剤で希釈しましたが、
こういう筆塗り作業の時には希釈はいりません!ビンから直で塗ってOKです



DPP_1867.jpg


ここでX-20溶剤の出番です~。
極細の綿棒に溶剤を含ませまして、上からこする様にしてはみ出た塗料を落としていきます。

どうしてこうやっているのかといいますと、エナメル溶剤でいくらこすっても下に塗ったラッカー塗料は落ちないのです。
これが逆に、ラッカー塗料の溶剤(ガイアのシンナーなど)でこするとエナメルを落とす事が出来るのですが、
一緒にラッカーで塗装した部分も落ちてしまいます・・・。

そばかすのディテールは凹みになっていますので、そこに入った塗料だけを残して綺麗に色を付ける事ができます



DPP_1862.jpg


同じ要領で、ギターの弦の部分を拭き取っていって下に塗ったラッカーのグレーを露出させていきます。
上にかかったエナメルのブラウンを溶剤で落としていきます~。

こういう細かい作業の時には、タミヤのクラフト綿棒がお勧めです。
クラフト綿棒 丸・XSサイズ
クラフト綿棒 三角・XSサイズ

弦の部分はちゃんと高低差があるので大丈夫だと思いますが、
溶剤は綿棒に染みさせる程度で、たっぷり浸してしまうと周りの茶色も落としてしまったりするので注意してください~。



DPP_1863.jpg


まずは弦の部分だけを拭き取っていきました。
こんな風に綺麗に落とせます。



DPP_1864.jpg


続いて先端の方も、ゆっくりと慎重に落としていきます~。
少しこすっただけではなかなか落ちませんが、急がずにゆっくり、とにかく周りに綿棒が付かないように・・・!
慎重に落としていってください~。余計なところが落ちてしまうと、リカバリーも結構大変です



DPP_1865.jpg


横の部分も落としていきます~。
先程の三角綿棒を使って、細かく拭き取っていきます



DPP_1866.jpg


最終的にはこんな感じになりました。



DPP_1869.jpg


マスキングテープを剥がすと、こんな風になります~。
ギターっぽくなりましたね



DPP_1868.jpg


これも同じ要領で、ヒトダマの凸部分を落としていきます。
エナメルのクリアブルーを剥がして、下の水色を露出させていきます~。
この方法でイラストの様に、2色に塗り分けられた感じを出します


DPP_1870.jpg


全部落として、こんな風になりました~。

それでは、塗装工程は全て完了しましたので最後の工程、スミ入れ作業に移っていきます
次が最後になりますので、宜しくお付き合いください!



* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編

Older Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2

Comments

師匠、おつかれさまです!!
さすがの綺麗な塗装ですね。ここまで綺麗にできるのですね。感服します。
そして惜しみなくさまざまなテクニックを公開していただいてありがたい限りです( ^^) _旦~~

https://scontent.xx.fbcdn.net/l/t31.0-8/s960x960/14107805_1776777852590617_1845508014628013643_o.jpg

私のトムニャン、見てください。
相当丁寧に作ったつもりですが、特に師匠のギターに比べると恥ずかしい限り。

体に気を付けてこれからも素敵な作品、見せてくださいm(__)m
Re: タイトルなし
aibo0915様
こんにちは!
トムニャン、素晴らしいではないですか~(。•ω•。)
ギターのグラデーション感がいいですね!
何より、台座がすごく凝っていて最高です~!塗装大変だったのではないでしょうか?
これからも妖怪ウォッチ作品、是非作っていってください~。楽しみにしています♪

師匠、コメントありがとうございます!
台座は当初単色で行くつもりだったのですが、少しだけ遊んでみました。マスキングの作業はプラモの工程でも好きな部類なのでとても楽しくできましたよ。
ギターのグラデはサンバーストといって割とスタンダードなカラーなのです。どうせなら再現したくて・・。結構うまくできたと思っていたのですが、師匠のギター見て、まだまだだと痛感しています。

妖怪ウォッチプラモ、たくさん作ってますよ。
調子に乗ってこんなのまで作ってしまいました。
https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/13316840_1738804463054623_5029889171444391443_o.jpg
https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/12309726_1669368319998238_3953380180898990401_o.jpg
https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/13502761_1747331022201967_9108287472074604977_o.jpg
最近はネタ切れでガンプラつくり始めましたが、完成するまで時間がかかりすぎて、師匠のおっしゃる通り達成感の得やすい妖怪ウォッチは作ってて楽しいです。
Re: タイトルなし
aibo0915様
こんにちは、作品拝見しましたが、スゴイの一言です!
宝石ニャンのラップ塗装も非常に綺麗ですし、犬、猿、キジの造形もお見事です!
浦島太郎と金太郎なんて、パテ造形のレベルがとっても高いですね!
金太郎の金の文字はマスキングなのでしょうか?雰囲気があって凄く素敵です♪
2体とも担ぎ物してますが、その部分の造形もしっかりしていますね~。見習いたいと思いました。

本当にレベルの高い作品で素晴らしいです(。•ω•。)
これからの完成作品も楽しみにしています!

たくさんのお褒めの言葉、恐れ入ります。ありがとうございます。

キンタロニャンのオカッパ頭はすべてタミヤのエポキシパテ使いました。
2体同時に作ってタミヤのエポキシパテ100gの半分くらい使いました。
「金」の字はマスキングです。前掛けは書類を挟むクリアファイルを切り取って作ったのですが、塗料の食いつきが悪くマスキングテープをはがす時に必ず塗装面もはがしてしまいます。何枚か作ったうち一番程度の良いものでもいくつかはがれた箇所があり、筆でリタッチせざるをえなかったです。
担ぎものも頑張って作りました。もう少し担ぎもの見やすい写真貼っておきます。
https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/13528097_1747331052201964_6795571705602899077_o.jpg
Re: タイトルなし
aibo0915様
こんにちは!
浦島太郎の背中のこうら、見事ですね!
ちゃんとパテ造形をモノにしてらっしゃって、素晴らしいと思います~。

そうですか~前掛け、、、多分、クリアファイルだとかなりしっかりヤスリがけしないと塗装の足付きは悪いかもですね。
特に、メタルカラーだと余計に食い付きが悪いんですよね・・・
自分もマスキングごとはがれる経験何度もしました(^_^;)

また、新しい作品作りも頑張ってください!期待しています~♪



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  イノセンティア&Ninja       鐚壱文"       フレズヴェルク=ルフス"      フレズヴェルク"    轟雷10式戦車Ver."    ホシノフミナ"     バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" お問い合わせ専用ページです
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しております◆
お問い合わせは以下よりお願い致します。
●問合せフォーム●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow