ガンプラ0079

Category: 妖怪ウォッチ 制作記事   Tags: 妖怪ウォッチ  トムニャン  プラモデル  

【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:スミ入れ編

DPP_1887.jpg


妖怪ウォッチ トムニャン制作、最後のスミ入れ作業になります
前回までの記事はこちらです
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

今回は塗装が終わって最後の仕上げ、スミ入れの作業をしていきます~。
上の表情パーツは、左がスミ入れしたもの、右がスミ入れ前になります。
この様に、パーツのアウトラインを描き込む事でより立体的に見せる、イラストっぽい技法です。



DPP_1888.jpg


まずは目の周りのライン、彫り込んである部分にタミヤのスミ入れ塗料ブラックを流し入れていきます。
ビンの蓋の裏がハケになっているので、そのまま使う事ができます。
水の様にシャバシャバしているので、ハケを溝に当てるだけでスミがすーっと流れていきます。



DPP_1889.jpg


ハケを置いた部分などはスミが滲んでいますので、それをエナメル溶剤X-20で拭き取ります~。
スミを入れてから10分くらい乾かして、それから作業するとスムーズです。
また、前回ご紹介したタミヤのクラフト綿棒 丸XSに溶剤を染み込ませて、ゆっくりこすっていきます。

この時、白いパーツで拭き取り作業をしていると特に、周囲が黒ずんでしまったりする事があるのですが
そういう時には消しゴムを使って消すと、さっぱり綺麗になります。なので、消しゴムもあると良いですね



DPP_1890.jpg


鼻の様なパーツには溝が彫ってありませんので、周囲をスミ入れペンでなぞっていきます。
この時はいつもコピックモデラー 0.02スミ入れ用を使用しています~。
しっかりと極細のラインが描き込めるペンで、これが無いとスミ入れ作業が出来ないほど重要なアイテムです
パーツの高い方にやや力をかけるようにして、ラインを描いていきます。



DPP_1891.jpg


口の中の溝にも、こんな風に入れていきます。
1回で上手くスミが乗らない事もありますので、少しずつ往復させながら徐々に進めていきます。
ペンなので、思わぬ方向に行ってしまったりラインがずれてしまう事もあったりしますが、
そういう時は先程も使ったX-20溶剤で綺麗に拭き取れます~。

先が尖ったタイプのクラフト綿棒 三角XSを使って、溶剤を染み込ませて綺麗に修正していきます。
ペンなので、描き終わりにペンを止めた部分が離す時に若干ゆがんだりしますので、
そういうところも細かいですが綺麗にしておくと尚良いですね~。



DPP_1892.jpg


顔パーツ、全部にスミ入れが終わりましてこんな風になりました
これを全部のパーツにやっていきます。



DPP_1893.jpg


前髪のパーツですが、これも色の分かれ目が彫り込んでありますので
ここの溝にビンタイプのスミを流していきます。



DPP_1894.jpg


そしてX-20溶剤で拭き取りまして、こんな感じに仕上がります



DPP_1881.jpg


最後に、ハンバーガーバンズの上に付いているゴマ?なのですが、
ここも際立たせる為に筆で色を塗っていきます~。
塗料はタミヤエナメルのフラットフレッシュを使用しました。
はみ出てしまった場合には、またX-20溶剤で拭き取って綺麗にします。

フラットと付いているカラーは艶消しの塗料という意味なのですが、特にフラットである必要はありません
最後は全部のパーツに艶消ししますので、塗料自体は艶有りでも艶消しでも関係がないのですが、
手持ちのエナメル塗料の中でイメージに近い色を選んだ結果これになった、というだけです~。



VjPemGgB.jpg


ハンバーガーのパーツも、一層一層の間にコピックでスミ入れしました。
スミを入れると、多少のマスキングの歪みも綺麗に消す事が出来ます
一応バーガーの重なりはこういうイメージなのですが・・・ やたらと重なってますね



DPP_1884.jpg


キットのままの状態と比べるとこんな感じです。
シールも付属しているのですがレタスくらいしか貼れなかったと思うので、やっぱり塗装すると本物感が出ますね~。



DPP_1886.jpg


ギターも、スミ入れが完了してこんな感じになっています。
こういう小物の塗装は面倒くさいですが、頑張れば完成度にぐっと差が付きます



DPP_1895.jpg


スミ入れするパーツ、全部が完了しました~。
この後は艶消しトップコートをして、最終的に完成になります



DPP_1873.jpg


せっかくなので、私がいつも作っている艶消しトップコートの調合を載せておきます~。

使用するもの
Mr.スペアボトル・特大 80ml
ガイアカラー EX-フラットクリアー 50ml つや消し
Mr.カラー フラットベース なめらか・スムース
Mr.カラー スーパークリアーつや消し
ガイアノーツ T-06ブラシマスター

まず、メインになるのはガイアノーツのEXフラットクリアーつや消し50mlです。
これをひたすら振って撹拌していきます。



DPP_1874.jpg


ビンの底を見ると、こんな風に艶消し成分がドロッと沈澱していますので
これが消えるまで振りまくり、しっかりと上下を均一に撹拌します~。



DPP_1875.jpg


完全に撹拌しましたら、この艶消し塗料は50ml入りなので半分の25mlをクレオスのMr.スペアボトル 80mlに移します。
きっちりと25mlは無理なので、ビンの横に書いてあるラインを目安に大体25mlの位置で大丈夫です~。



DPP_1876.jpg


次に、クレオスのフラットベース なめらか・スムースを入れます。
これは10ml入りですので、半分の5mlをボトルに移し入れます~。
さっき25mlの位置まで入れてありますので、大体30mlの位置になるくらいまで入れていきます。



DPP_1877.jpg


次は、クレオスのスーパークリアーつや消しをまた5ml移します。
これで大体35mlの位置になります。



DPP_1878.jpg


次に溶剤を入れて希釈します~。
ガイアノーツのT-06 ブラシマスターを大体このくらいの位置まで入れていきます。
原液が合計35ml入っていますので、1:1の割合ですと70mlになるのですが、溶剤がやや多くなるイメージです。

これで蓋をして撹拌すれば、艶消しトップコートの完成です~。
使い切った時には、それぞれの艶消し剤は半分ずつ使ってありますので、
残りを全部移して同じ様に溶剤で希釈するだけで、2本目が作れます

ブラシマスターを使用するのは、特に艶消し時に起こりやすい白化現象(カブリ)を防ぐ為です~。
通常の希釈溶剤でも大丈夫なのですが、特に夏場などは白化しやすいので
リターダー成分の入った溶剤を使うと白化を防ぐ事ができます。
クレオスのレベリング薄め液も同様です



DPP_1879.jpg


一応これがいつも作っているトップコートになります~。
調合が簡単なのでお勧めです
クレオスの艶消し添加剤2種類、これが何の為に入れているの?と聞かれるとよくわからないのですが・・・
何となくこれまで色々と試してきまして、こうすると仕上がり具合が良かったので、これで落ち着いています

最近は、他のメーカーの艶消し剤も出てきましたのでそちらも試してみたいと思っています

塗装に関しては、使っている物を載せる事は出来るのですが実際に塗装している様子を載せるには
動画を撮影するしかないので、なかなかよくわからないよ~という方もいらっしゃるかもしれません

エアブラシを買ったところで、実際にどうやって使うの?と思われたりするかもしれませんが・・・
あまり使い方に難しい点はなくて、希釈した塗料を入れて吹けばほぼOKなのですが、
このあたりもいずれ詳しく紹介できたらな~と思っています。


それでは、次回はいよいよトムニャン完成画像です!



* 関連記事 *
【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~2
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~1
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:合わせ目消し&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:肉抜き埋め&ヤスリがけ編
【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:仮組み編

Newer Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン 完成品

Older Entry【妖怪ウォッチ】 トムニャン制作:塗装編~3

Comments

おはようございます。

urahanaさんのHOW TO特集。
参考になりますね。

最近、ロボットに完全移行してしまい、プラモはさっぱりですが、復帰時のために永久保存ですね。
おはようございます。

urahanaさんのHOWTO特集。
参考になりますね。

最近、ロボットに完全移行してしまい、プラモはさっぱりですが、復帰時のために永久保存ですね。
Re: タイトルなし
pepe32red様
ロボットはロボットで、とても楽しそうな趣味だなーと思っていますよ~♪
自分で組み上げたものが動いてくれるなんて、愛着が湧きますよね。羨ましいです!
またいずれ、プラモデルも制作してくださいね~(^_^)



Newest gallery
トムニャン塗装講座"
 
  バーゼラルド"    ニパ子"    Kジーロ"     Kコマー"    迅雷&パニガーレS"   トムニャン"   メカトロウィーゴ"   FAG轟雷"   グルゼオン"   ジバニャン劉備"   FA:G   IRONFOOT   MG   HGすーぱーふみな"   フユニャン"   ブロックヘッド"
FAG   HGすーぱーふみな"   LBX真リュウビホウオウ"   LBXシャドールシファー"   RGウイングガンダムゼロEW"   妖怪ウォッチ   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ"   ツチノコ"   しゅらコマ"   影オロチ"   オロチ"   フェンリルタイダル"   ウィスパー&妖怪パッド"   HF版イフリート"   イフリート改"   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ   ゴルニャン   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   妖怪ウォッチ   エンペラーM5"   エンペラーM3"   万尾獅子"   1/72   ソルティックH8   妖怪ウォッチ コマさん&コマじろう"   アーバレストD-STYLE"   妖怪ウォッチ ブチニャン"   妖怪ウォッチ キュウビ"
LBXエルシオン+フライトパック"   妖怪ウォッチ ブシニャン"   妖怪ウォッチ ロボニャンF型"   LBXディ・エゼルディ   RGストライクフリーダムガンダム   妖怪ウォッチ ジバニャン   妖怪ウォッチ ジバニャン   νガンダムVer.Ka   LBXルシファー ノーマルキット徹底改修品   LBX黒パンドラ   LBXジャンヌD"   νガンダムVer.Ka   LBXアキレスD9   LBXマグナオルタス   LBXバル・ダイバー
Twitter
 
Twitterブログパーツ
Counter
Category
QR
QR
  
       

« »

12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Information
現在のご依頼状況" 現在の制作ご依頼状況です   現在販売中の作品" 現在すぐにお渡し出来る完成品一覧です   メールはこちらから!" 制作依頼やお見積り等、お問い合わせ下さい
Profile

urahana3

Author:urahana3
(裏花)Twitter @urahana3
模型している普通の主婦です❁
模型雑誌ホビージャパンにてライターをしております。
わっぱ弁当作りが日課のGTR好き。
幼児子育て中の合間にプラモデル制作しています~。
神奈川県相模原市のTamTam相模原店にて、完成品実物展示中です❁


◆当ブログの完成品は販売しています◆
また制作依頼もお受けしております。
お気軽にお問い合わせ下さい(^.^)

●urahana3へメールを送る!●

当ブログ掲載の作品画像は商用での無断使用・転載をお断りしております。

Follow